著作者

林みずほ

現役看護師

林みずほ

( 看護師 )

看護師から異業種の転職はリスクが高い理由を解説

林みずほ
現役看護師林みずほ
看護師を続けるほうが良い理由

看護師として働いていると、誰でも1度は「看護師を辞めたい」と思うことがありますが、本当に看護師を辞めてしまっていいのでしょうか

看護師自体を辞めてしまうと、人生に以下のような影響を与えます。

  • 看護師に復帰したいと思ってもブランクがあるため不利になる
  • 給与が下がるので今までより生活水準が下がる

一時の感情で看護師自体を辞めてしまうのはもったいないです。看護師として働き続けるメリットや看護師を辞めるリスクをご紹介するので、1度この記事を読んでから看護師を退職するのかどうか考えてください。

1.看護師の悩みは職場を変えることで解決できる場合がある

転職の看板 分かれ道

 

まだ転職の経験がないという看護師は1度職場を変えてみましょう。働く環境が変わると看護師の仕事に対する見方も変わり、自身の視野も広がります

環境を変えることがリフレッシュに繋がり、新たな課題を見つけて頑張る看護師は多くいます。以前の職場を辞めたいと思ったときの理由を忘れずに新たな職場を探せば、同じ失敗を繰り返さずに済むことでしょう。

 

転職サイトを利用すれば良い求人に出会える

転職するにはまず念入りな情報収集が必要ですが、自分1人では限界があります。周囲の口コミや噂話ばかりを鵜呑みにすると情報が偏ってしまうため、そういった場合は看護師転職サイトを上手に活用しましょう。

求人紙面だけではわからない詳しい業務の内容や人間関係などの情報を客観的な立場から教えてもらえます。職場見学などの時間調整なども行ってくれるので、ぜひ転職の際は活用しましょう。

 

2.看護師として働き続けることはメリットが大きい

メリットを紙に書く女性

 

看護師の求人はたくさんあるし資格さえあればいつだって働ける、と思っているならば危険です。医療の世界の進歩は目ざましく変化していくことを忘れてはなりません。

数年の臨床経験の末、医療の現場から離れてまた第一線に戻るということは、新人に戻ることと同じだと思ってください。看護師としての経験が浅いのであればなおさらです。

ですので、仕事を辞めたくなったときは異業種に転職するよりは、看護師として職場を変えるという形で転職することをお勧めします

 

看護師歴が長ければ長いほど転職が容易になる

転職するときに非常に重要となるのが看護師としての経験年数です。どのような医療施設で場所でどれくらいの経験があるのかは、採用側からするとどれくらい仕事ができる看護師なのかを判断する基本材料となるからです。

転職回数が多くても、ずっと看護師の仕事を続けているのであれば採用される確立は高いです。

 

ポイント!

ポイント

転職回数が多くても採用されますが、できれば1つの職場では3年以上の勤務経歴を残しておくことが理想です。

 

3.看護師を辞めて異業種に転職するのはリスクが大きい

リスクを消しゴムで消す

 

看護師を辞めたら、「憂鬱な人間関係から解放される・責任の重い仕事から離れられる・仕事が楽になる」と思っていませんか。それは間違いであり、異業種にも異業種の大変さがあります

それでも看護師の仕事を辞めるなら、それなりの覚悟が必要であることを私の友人の経験談でご紹介いたします。

 

看護師を辞めたら時給800円程度で働くことになる

友人は看護師になり3年で辞めました。とにかく仕事を覚えることが苦手で、いつも先輩から怒られていたので自分には向いていないと思ったようです。看護師を辞めてから彼女は、大型ショッピングモール内で働く販売員になりました。時給は800円です。

 

低い時給では生活できず掛け持ちしてもお金が足りない

販売員として働き始めた友人ですが、生活する為にはそれだけでは収入が足らず、コンビニでの夜間バイトを掛け持ちする日々となりました。彼女曰く、それでようやく月の収入は15万ほどだと言います。

手取り15万の収入から家賃、光熱費、食費に保険、通信費などを引いたらほとんど手元に残らないようです。

 

節約しているのに貯金ができず将来が不安…

貯金もできないし旅行にも行けない、美容院に行けるのは年に1回になってしまったと言っていました。看護師時代にためた貯金も早々に底をつき、アルバイトなので社会保障や福利厚生、ボーナスもない生活は将来が不安で仕方がないようです。

 

異業種は看護師の仕事と比べてやりがいを感じずらい

そんな生活が続き2年が過ぎたころ彼女は、看護師の仕事を辞めたことを実は後悔していると言いました。看護師として働いていたときは手取りで28万はもらっていたのでその差は歴然です。

転職したばかりのころは、人の命にかかわらない仕事に快適さを感じていたようですが、それも長続きはしませんでした。

アルバイトの仕事は業務を覚えてしまえば早々にやりがいは感じなくなり、ただ毎日が流れ作業のように過ぎていきます。

 

だんだん看護師時代の人間らしい感情が懐かしくなってくる

看護の仕事をしているときは毎日のように先輩に怒られていたけど、笑ったり泣いたりと人間らしい感情の中で仕事ができていたと言います。

彼女が看護の世界に戻りたいと思った理由は、そんな人間らしい感情の中でもう一度仕事がしたくなったからです。

 

ブランクがあるとなかなか採用されない

いざ看護の世界に戻ろうとハローワークに通いだしたけれどなかなか採用はされません。

やはり2年以上のブランクがあることが再就職にはかなり不利となっていました。彼女は夜勤ができる病院勤務に戻りたいと言っていましたが、ようやく見つかった就職先は老人介護施設でした。看護師としての再就職は簡単ではありません。

 

4.看護師は効率よくお金を稼ぐことができる

お金がたくさん

看護師の給料を時給800円で稼ぐなら1日18時間労働となります。世の中には楽をして稼げる仕事などありません。また自分の理想がすべて揃っている職場もないことが現実です。そして看護師の仕事が特別大変なわけではありません。

確かに他人の命を預かる責任重大な仕事ではありますが、どのような仕事にも苦労はつきものです。嫌なことがあったときに辞めたいと思ったり、他が良く見えたり、自分だけが辛いのではないかと思ったりするのはみな同じです。

確かに看護師の仕事をしていると、夜勤で生活リズムが不規則になったり、休みが取りにくかったりと辛いことばかり目につくかもしれません。でも看護師にはそれなりの対価が支払われているはずなのです。

 

看護師の月収モデル

例えば、月に日勤(8時間勤務)を12回、夜勤(16時間勤務)を4回勤務するとして、同じ時間を時給800円で働いたとします。月の収入はいくらになるでしょう。

  • 8(時間)×800(円)×12(日)=76,800円
  • 16(時間)×800(円)×4(日)=51,200円
  • 合計:128,000円

正職員の看護師の月収が夜勤も含め13万円弱というところはないはずです。手取り額では平均28万円ほどになるでしょう。では、これを単純に時給換算してみます。

  • 280,000(円)÷160(時間)=1,750円

首都圏でもパートの最低賃金は930円です。地方では700円台のところもありますから、時給だけで見ればアルバイトでは月収が半分以下になることは仕方がありません。では、逆に280000円を時給800円で稼ぐためには何時間働けばよいのでしょうか。

  • 280000(円)÷800(円)=350(時間)
  • 350(時間)÷20(日)=17.5(時間)

このように、毎日17時間半も働かなくてはいけなくなります。

 

まとめ

看護師の資格を捨てるなら今の生活を捨てる覚悟が必要です。看護師の仕事を辞めたいと思ったとき、辞めた後も生活ができるのか否かは重要です。

誰にでもできる仕事ならば確かに精神的な負担は軽減されますが、収入面ではかなりの不安要素となります。

そして看護師の仕事はいったん辞めても資格さえあれば簡単に戻れるだろうと思っているなら、それは大きな間違いであることを知っておいてください。ある程度、安定した収入が得られるような規模の大きな病院への再就職はブランクがあればあるほど難しくなります。

看護師を辞めたいと思っている方はよく考えてください。どうしても仕事を辞めたくなったら少し休むことも大切ですが、看護師の資格が生かせて今より仕事量の負担が少ない場所などを探してみてからでも遅くはないはずです。

また病院で働くことだけが看護師ではありません。最近では病院以外で活躍する看護師も増えています。自分1人で抱え込まずに、転職サイトなどを上手に活用することをお勧めいたします。まずは自分の悩みを少しでも解決できるような職場を探してみてはいかがでしょうか。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

看護学校卒業後、某有名企業が運営する病院へ就職。その後地元へUターン。
結婚・妊娠・出産・離婚という怒涛のような20代をおくり、転職ラッシュな30代を走り抜け、ようやく安定の40代を迎えることができました。
趣味はライブと旅行とダイビング。酒とロックと煙草をこよなく愛す不良看護師です。
総合病院で勤務する傍ら、現在は執筆活動に邁進中。
看護師歴20年の知識と経験・私の失敗を活かしつつ、若い世代にいろいろ伝えていきたいと思っております。


カテゴリー:看護師転職に必要な知識


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:林みずほ
(公開日:)(編集日::2017年04月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。