看護師のお団子ヘアー!アレンジ方法をご紹介

お団子 ヘアアレンジ

看護師といえばお団子ヘアがお決まりですよね。髪を綺麗にまとめていると清潔感があります。当の本人も、忙しく動き回っても邪魔になったり乱れたりしないので楽ですよね。

ただ、仕事後に予定があって髪を下ろして出かけたいなという時などは、結んでいると跡がついてしまうのが難点。そこで、そんな状況にもある程度対応できるよう、お団子ヘアのレパートリーを幾つかご紹介します。

 

1.お団子ネットを使ったお団子ヘアー

お団子ネットを使ったお団子ヘアー

病院の決まりなどでネットを使わなければならない場合もあると思います。見た目的には、ちょっとひと昔前…という印象ですよね。ポニーテールを作り毛先をまるめながらお団子ネットにいれるだけで完成です。

ネットを使ったお団子ヘアーは、以下のようなメリットがあります。

  • 簡単にまとまる
  • 毛先が飛び出ない

時間がないときにはお勧めのヘアースタイルです。

 

バレッタ付きのお団子ネットがお勧め

バレッタがついているものを使うと、毛先の重みに負けて崩れるという危険を防げます。そして、ポニーテールをそのまままとめるので跡が付きにくいです。

 

ポイント!

ポイント

ポニーテールをする時に「スプリングヘアゴム」という昔の電話器の受話器をつなぐ線のようなゴムで結ぶと、さらに跡が付きにくいです。

 

2.かっちりまとめるお団子ヘアー

かっちりまとめるお団子ヘアー

ネットは使わないけれど崩れないようにかっちりまとめたい場合は、1つにまとめた髪を一般的なお団子(最後の1回を通す時に毛先を全て通さず、毛束を2つに折り込む)にします。

その際毛先が出てしまうので、毛先部分を軽くねじりながらお団子部分に巻きつけ、ヘアピンで固定します。

髪に長さがある看護師の場合は、ヘアピンでなく結んだゴムを少し引っ張り、隙間にねじった毛先を通すと崩れにくですし、ヘアピンを使わずにセットできます。

 

髪が短い看護師の上手なお団子の作り方

毛先部分に十分な長さがない髪の短い看護師場合は、お団子の下に毛先をヘアピンで固定すると毛先が目立ちません。ですが検査に行く時にヘアピンを外さなければいけない時もありますよね。

大量のヘアピンを使っていると、それを外すのもまた元に戻すのも大変です。そのような事態を防ぐには、サイドの毛だけを編み込みまたは三つ編みして一旦シリコンゴムで結んでおきます。

そして最終的に後ろの毛とまとめてお団子にします。これでサイドの毛がパラパラ落ちてくるのを防ぐことができます。

 

3.仕事後に髪を下ろせるお団子ヘアー

仕事後に髪を下ろせるお団子ヘアー

できるだけ結び跡がつかないようにするためには、先ほどご紹介した「スプリングヘアゴム」で結ぶのが良いです。髪に長さがある看護師は、スプリングヘアゴムで髪を結び、毛束を二つに分けて1つずつ毛束をねじりながら根元に巻きつけていきます

両方巻きつけ終わったらお団子全体をゴムで結び固定します。これで髪を解くと、少し巻いたような感じになるので仕事後髪をおろして遊びに行くことができます。

 

髪を巻いてからお団子するのもアリ

もっと巻いた感じにしたい場合は、朝コテで毛先を巻いてから同様にセットするといい具合の巻き髪ダウンスタイルになると思います。長時間結んでいると根本がヘタレるので、少しバサバサと崩すと良いと思います。

 

ポイント!

ポイント

三つ編みの跡は残りますが、ねじって巻きつけると毛先が飛び出てしまったり崩れてしまう場合は、ねじる代わりに三つ編みをしてから同じように根元に巻きつけても良いです。

 

4.そのまま出かけても可愛いお団子ヘアー

そのまま出かけても可愛いお団子ヘアー

そのまま出かけても可愛いお団子ヘアーの作り方は、まずポニーテールを作り、毛束をねじって結んだ根本に巻きつけていきます。そして毛先をヘアピンで留めるか、結んだゴムの隙間に入れ込みます。そうすると、いわゆる「シニョン」ができます。

他には、サイドの毛は残し、残った髪を上段と下段(下段は多目)に分けます。上段の毛を1つにまとめて結び「くるりんぱ」し、下段の毛は2のお団子または4のシニョンにします。サイドの毛はねじってヘアピンで留めるか、下段の結んだゴムの隙間に入れ込みます。

 

シニョンの可愛い崩し方

仕事中はかっちり目にまとめておいて、出かける前に毛束をすこしずつ引き抜いて崩していきます。1回に引き抜く毛束の量ひとつまみ程度の少しの量です。結び目から放射状に5~6本引き抜くとちょうど良いです。

まとめているシニョンの部分も少しずつ引き抜いてお団子を崩していきます。あまりやりすぎると毛先が出てきてしまうので、様子を見ながら少しずつです。ワックスをなじませておくと崩れにくくやりやすいです。

 

まとめ

色々なお団子ヘアーのアレンジ方法をご紹介しましたがいかがでしたか。髪をまとめなければならないのは看護師の宿命なので避けられませんが、少し工夫するだけで髪型を楽しむことができます

また、伸ばしかけの前髪など前髪が落ちてくるのがうっとうしい場合は、前髪を外側方向にねじってから留める・前髪を三つ編みしてから留めるとパラパラ落ちてくるのを防ぐことができます。前髪のアレンジ方法もたくさんあるので試してください。

あくまで病院の決まりの範囲内とはなりますが、ぜひ色々なヘアアレンジを試してみてくださいね。

Tabilove

【資格:看護師】

看護師を初めてから、旅行が大好きになり、休み希望を出しては色々なところに足を運んでいます。病棟看護師歴が長いですが、結婚を機に、主婦になった経験もあります。臨床を離れて気づいたこともたくさんありました。少しでもお役に立てるような記事を書いていきたいと思います。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。