著作者

azuki

執筆:現役看護師

azuki

( 看護師 )

ハンディキャップのある潜在看護師が再就職するためには?

公開:、更新:2018年09月14日
看護師 ハンディ 再就職

人の健康管理をしたり、常に病気のことについて学んでいる看護師であっても、病気になったり怪我をすることはあります。むしろ、看護師だからこそ忙しさのあまり、自分のことをないがしろにしてしまうこともあるかもしれません。

怪我であれば、ある程度の休暇をとれば治るかもしれませんが、病気やその後遺症のために、職場を長期間離れてしまうと今までと同じようには働けない不安から看護師とは違う仕事を探す方もいるようです。

しかし、そのようなハンディがあるからこそ、それをプラスにした再就職をすることができるのです。

1. 今の自分にできることを探す!始めの一歩

今の自分にできることを探す

看護師の仕事はとてもハードで、生活も不規則になりがちです。しかし、病棟勤務から外来勤務に変更したり、動きの少ない採血室や地域連携室の看護師など、病気や後遺症を抱えながら、自分がどこまでならできるのかを探してみます。

 

出来ることを自分から提示して相談することが大切

私自身も体調を崩し、休職をせざるを得ない時期がありました。復帰しても今までのようにハードに動き回るような働き方が難しく、しばらくの間様子を見たいと申し出て、採血や注射、点滴などの処置をおこなう部署に一時的に異動させてもらったことがあります。

それはやりたい仕事内容や自分の理想とする看護師像とは違うものでしたが、何よりも看護師として働くことができる喜びが大きかったです。

 

仕事と身体のバランスが分かるようになった

その部署で勤務したことにより、仕事と自分の体調とのよいバランスがわかり、新たに自分のやりたいことに近い部署への異動をすることができました。

体調を崩していなければ、希望しなかった部署ではありますが、そこで学んだことは今でも私の支えであり、看護師としてのやりがいを感じるものでもあります。

 

2. 看護師転職サイトで障害者雇用を行っている病院を探す

障害者雇用を行ってる

身体に障害が残ったり、うつ病など心と身体のバランスがうまくいかないために、自宅療養をしていたり、再就職ができずにいる方も少なくありません。

病院に通いながらであったり、体調が悪くて休みが多くなれば勤務先に迷惑をかけてしまう、周囲の当たりが気になるなど、ハンディを抱えて働くことに対してそれぞれの思いもあることでしょう。

 

障碍者雇用という働き方

病気や後遺障害などのために、障害者手帳を受給している方の場合は、障害者雇用という働き方もあります。

すべての事業主には、法定雇用率に基づいて何%か障害者(障害者手帳を保有するもの)を雇用するという義務があります。そのため、自分の心や身体と相談し、できる範囲で雇用してもらうことができるのです。

常勤やフルタイム勤務だけでなく、通院のために休みをもらったり、身体に負担のない時間で勤務させてもらえるよう交渉することもできます。

 

人気の高い病院に就職できるチャンスがある

また、障害者の求人を出している病院が人気の病院である場合もあります。その場合、通常であれば倍率が高くいくつか試験があるなど、なかなか採用されないような病院であっても、就職できるチャンスがあります。

 

自分に合った病院を探す必要がある

障害者雇用とはいえ、ある程度の障害の状態や雇用の条件などはあるため、障害者雇用で求人を出している病院の中から、自分のハンディや希望する条件でも就職が可能なところを探す必要はあります。

 

転職サイトを活用して求人を探すのがおすすめ

自分のハンディや希望に対応してもらえるのか、応募することが可能かを聞くのは、想像以上に勇気がいります。もしダメと言われた時の複雑な気持ちや落ち込んだ自分が想像できるからこそ、ためらってしまうものです。

しかし、転職サイトなどを利用すると、気になる病院に担当者から確認を取ってもらえたり、あらかじめ情報を持っているため、直接聞くよりもはるかに気持ちが楽です。

 

ポイント!

ポイント

障害者雇用はあまり求人情報として載せられていないこともあるため、情報を多く持っている優良な転職サイトに相談してみてもよいでしょう。

 

3. 病院にこだわらず看護師という資格を活かせる場所を探す

看護師資格を活かした働き方

転職サイトが持っている求人情報は、登録することにより紹介を受けたり、インターネットを使って検索することができます。

ほとんどは、病院や施設の看護師としての求人ですが、それ以外にも企業の医務室勤務、電話相談員など、変わった求人もあります。

 

看護師資格があるため比較的待遇はいい

医療と深く関係のない職場であれば、病院での看護師業務とはまた違う仕事内容にはなりますが、看護師という資格があるため、時給や月収など待遇は割と高めのところが多いです。

看護師という資格があってこそできる、違った働き方を知ることができ、再就職先の幅も広がります。私自身も転職先を探す際、病院という枠にとらわれずに紹介していただいたことがあります。

結局転職はしなかったものの、24時間の電話健康相談や、高齢者専用賃貸住宅、検診センターの看護師業務などの情報をいただきました。このように、看護師だから患者さんや医療に関わる仕事しかないわけではありません。

 

ポイント!

ポイント

せっかく免許を取得したのですから、少し視野を広げてみると、まだ自分が知らない“できることを”見つけられるかもしれません。

 

4. 患者の気持ちを理解できるという特権を活かす

理解できるというメリット

看護師はみな患者さんのつらさ、苦しさ、痛みなどを共感しようと努力していると思います。しかし、実際にはなかなか患者さんの本当の気持ちを理解することは難しく、患者さんを我慢させてしまっていることもあるでしょう。

 

自分の経験が患者さんの励みになる

私も、「あんたにはわからんでしょ、このつらさ…」と言われてしまったことがあります。

ところが、病気のために入院したことや自分自身も同じように人に頼らざるを得なくてつらい時期があったことを患者さんに話すと、患者さんの方から心を開いてくれることがよくありました。

状況は違うものの、自分が患者として感じたいろんな気持ちや思いがあるからこそ、わかることや患者さんに伝えられるもあるのです。また、そんなときを乗り越えて働いていることも患者さんにとっての励みになります。

さらに、患者さんの励みになれること自体が、自分の励みにもなるのです。看護師も職場を離れれば、病気や障害を抱えた患者です。職場で患者さんからもらった励みで頑張ることができるのも看護師という資格があるからこその特権なのです。

 

まとめ

ほとんどの看護師は、免許取得後に病院に就職すると思います。しかし、病院でも特に病棟勤務はハードであり、自分自身が健康でないと患者さんの看護をすることが難しくなります。だからと言って、病気や障害のために看護師という仕事を辞める必要はありません。

病院、病棟以外にも看護師という資格を必要としているところがたくさんあります。それは意外なところかもしれません。自分の望む看護師像とはかけ離れたものかもしれません。

しかし、自分の心と身体と相談しながら看護師として働くことができる場所を見つけられたら、きっと、そこでまたやりたいことに出会えると思います。


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

高校卒業後、大学に進学したものの将来の方向性に悩み中途退学。その後、学生時代から勤めていたアルバイト先で看護師という仕事に魅力を感じ、社会人経験を経て看護師になりました。

看護師としての経験はまだ浅いですが、他の職種での経験を活かした視点で、どんなときも患者さんを思った優しさのあるケアができる看護師になることを目指しています。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・東京都/30代前半
職務経験 ・総合病院 ・療養型病院 ・歯科医院(クリニック) ・デイサービス
診療科経験 ・小児科 ・脳神経外科 ・眼科 ・救急外来

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。