著作者

Tree

現役看護師

Tree

( 看護師 准看護師 )

頭頸部外科で働く看護師のメリット・デメリット

Tree
現役看護師Tree
頭頸部外科で働く看護師のメリット・デメリット

頭頸部外科と聞いてよくわからない看護師も多いのではないでしょうか。

私も頭頸部外科に配属されるまでは「どんな科で何をするのだろう?」と思っていました。配属されてわかったのは首から上の部分を見るので耳鼻咽喉科に近いのですが、「耳を診ない耳鼻咽喉科」という印象でした。

現に頭頸部外科では耳鼻科医なのに「耳はあんまりわからないから診ることができない」と言う医師が多かったことも特徴的でした。

そんな特殊な科である「頭頸部外科」で働く看護師について、またメリット・デメリットについても説明していきます。

1.頭頸部外科で働く看護師の仕事内容

看護師 仕事内容
頭頸部外科では頭頸部のがんに対して手術、化学療法(動注を含む)、放射線の主に3種類の治療を行います。そのため、頭頸部外科で働く看護師は治療に関する援助がたくさんありますが、手術後以外の患者は動ける患者が多く、日常生活援助は少ないです。

頭頸部外科で働く看護師は以下のような仕事内容となります。

 

治療の準備(手術前管理)

患者の手術に向けての準備を看護師が行います。

上顎洞や上顎骨、下顎骨などのがんではその部分を切除することになるので手術後の傷も見える上、他の部位においても機能面で大きなハンディとなるため、手術前からそのことについても患者が具体的に理解ができ、受容できるよう看護師が援助を行います。

 

ポイント!

ポイント

頭頸部の手術を受ける患者は、ボディイメージの変容も大きくなり、機能の損失も重大なことが多く、精神的ダメージも大きくなります。

 

治療の準備(抗がん剤投与にむけて)

抗がん剤や放射線治療では個人差もありますが、副作用が問題となるため、患者に事前に起こりうる副作用についてのことや対処、セルフケアについて看護師が説明します。

 

ポイント!

ポイント

抗がん剤や放射線治療を行う患者のスケジュールを把握し、患者にも説明を行い、クリティカルパスのある治療に関してはクリティカルパスを使って進めていきます。

 

治療直後の看護(手術後管理)

手術は色々な術式がありますが、大きな手術では再建術と言って切除部分を大腿などから移植して代用する術式となることが多く、その場合は移植部分の血流が問題ないかの確認が非常に重要となります。

そのため、手術後は看護師は頻回な観察を要します。抗がん剤治療では抗がん剤の確実投与を行い、投与中の観察を重点的に行いながら進めます。創部や腫れなどが治癒していく目安などについても説明し、不安を増強させないような援助が必要です。

 

頭頸部外科の患者特徴

頭頸部外科の特徴として、喉や舌などの口腔内に近い部分を触ることが多いため、数日は唾液の飲み込みを禁止されたりします。そうなると患者に必要になるのが吸引になります。

感染予防のため口腔内の清潔保持も看護師の重要なケアとなります。

 

治療直後の看護(抗がん剤投与に関する管理)

抗がん剤投与日には大きな副作用はないですが、その後、徐々に口内炎や食欲低下、嘔気などが出現します。副作用に対する処置のため、点滴を施行することも多いです。

その経過を説明し、理解してもらえるよう努める作業を行うことで以後のセルフケア指導へ繋げます。白血球の減少にも注意を払い、感染予防に努めることも重要な看護です。

 

2.頭頸部外科で働く看護師に必要なスキル

求められるスキルを説明している女性看護師
他の診療科にはない、頭頸部外科で働く看護師に必要なスキルについて詳しく説明していきます。

 

外科的処置への介助技術

手術後の創部のガーゼ交換は毎日あるので清潔操作や外科的処置時の介助技術は必要です。

耳鼻科領域で使用する器械についても把握や取り扱いを覚える必要があり、ファイバーを使った診察も多いため、その取扱い、操作方法も覚える必要があります。

 

セルフケア指導技術

患者へどのような形に説明すればわかりやすいのか、理解してもらうにはどうすればいいかを看護師として考えることが多いです。個人差があるので、実際に手技を実践してもらいながら、自己で実践できる方法を考えることが重要となります。

 

患者の伝えたいことを読み取る力

頭頸部外科では、色々な理由で会話が困難な患者が多く患者の伝えたいことを読み取る力が看護師には必要です。

筆談が第一手段となるためボードは必需品ですが、書くことが面倒に感じている患者さん、手術後後は身体的にも辛く書く気力のない患者もいます。

 

ポイント!

ポイント

喉頭切除術ではもちろんですが、ラリンゴの後は発声が禁止されたり、放射線治療などで痛みや嗄声が出現し声が出なかったり、舌の手術では上手く発声できなかったりと色々な理由で患者会話が困難です。

 

 

点滴管理能力

術後前も抗がん剤治療前も必要な量の輸液を投与する必要があるため、看護師は滴下速度を合わせて時間通りに正確に輸液をコントロールする技術はあることが求められます。

 

3.頭頸部外科で働く看護師のメリット

紹介している女性看護師
頭頸部外科で働く看護師は解剖整理を再度学習した上で病態、治療においても学習しないと業務を行うだけでは看護ができません。裏を返せば、単科であるため、治療法を覚えて慣れていけばルーチン化できるため仕事上も転職も有利になるといえます。

病棟の勉強会なども利用しながら疑問点を解決していき、看護を行っていくことで専門知識をつけることができるため貴重な経験となります。

そのような頭頸部外科で働く看護師のメリットについていくつか説明していきます。

 

頭頸部の疾患のため、ADLは自立している人が大半で介助が少ない

患者のほとんどは治療ができる体力のある患者で、頭頸部の治療のため、歩行ができる患者さんが多く、看護師として介助の必要が少ないことがメリットとして上げられます。まれに、ターミナル期の患者を看護することがあります

そのため、手術後は介助が必要なこともありますが、それも大した労力を要さず、看護師の職業病と言われる腰痛などがあっても負担は大きくありません。

 

手術前、手術後管理が学べる

頭頸部外科の患者は手術が頻繁にありますが、経過も早く、回復などの段階にあわせた必要な看護と不必要な看護をアセスメントしながら看護を進めていくことができます。

そのため、手術前、手術後管理を看護師として学ぶことができます。

また、手術後すぐはICUで経過をみることが多いのが特徴です。

 

耳鼻科のクリニックへの転職時には有利

耳鼻科領域で使用する器具の使い方などの知識があるため、看護師として耳鼻科クリニックへ転職する場合は経験上有利になります。

また、疾患の知識もあるため、色々な患者が来院した際にも対応ができるのは強みになります。

 

4.頭頸部外科で働く看護師のデメリット

看護師 デメリット
他の診療科と比較した場合に頭頸部外科で働く看護師のデメリットについて説明していきます。

 

特殊な診療科ため活かせることが少ない

特殊な診療科ため、一般的な病院では、特別「役に立った~」ということは少なくなります。

ただ、抗がん剤治療に関しては薬剤が違っても投与や看護に関するノウハウは役に立つことがあります。

 

看護計画の変更も多く残業が多い

手術後の回復は早く、看護計画も数日で変化していきます。そのために多くの時間も割かれる上、手術後は看護度も高く、処置にも時間や手間が多くかかります。そんのため、看護師としては残業する場合が多くなることがデメリットといえます。

 

ポイント!

ポイント

頭頸部の特殊性でもありますが、経管栄養を行っている患者が常時10名前後はいたため、経管栄養や内服の準備や片付けも多忙でした。

 

ナースコール対応が多い

吸引を必要とする患者さんが多く看護師としてナースコールの対応が多いことがデメリットとして上げられます。

発声できない患者がいないため、ナースコールがあれば要件が全くわからず、とりあえずはすぐ訪室し、もう一度ナースステーションに戻って必要なものを準備する、と言うことが多いです。

 

5.頭頸部外科で働いて楽しかったこと・辛かったこと

辛かったこと
患者は比較的男性が多く、あまり細かいことを気にしない、明るく前向きな患者が多かったです。毎日の患者との会話も楽しく、治療が終わって退院しても外来に訪れた際には顔を出して元気な姿を見せてくれる患者が多かったので日々刺激がありました。

また、単科であったため医師との関係も良く業務もスムーズに進み、看護師スタッフも師長もみんなが協力して業務を終わらせようという姿勢がありチームワークがとてもよかったです。

特殊な知識を身に付けることも、結果として看護や指導に活かせ、向上意欲を高めてくれたように感じます。

 

頭頸部外科で働いて辛かったこと

再発で亡くなる患者が多かったこと、手術で失う機能が大きいことやボディイメージの変容に苦しむ患者さんなど自己で乗り越えるべき問題が多い患者さんに対して援助できることが限られていることにジレンマを感じました。

失った機能をリハビリで回復できることもありましたが、なかなか回復しない機能も多くあり、社会復帰に向けてどうすることがいいのか悩むことも多かったです。

また、治療を行ってきたが、完治できなくてこれ以上治療できない患者さんの受け皿がない現状を目の当たりにして憤りを覚えることもありました。毎日多忙で残業も多かったため、体力的にはかなりしんどかったと感じます。

 

まとめ

頭頸部外科は私自身も色々な意味で学ぶことも知ることも多く、実習に来た看護学生が希望して就職してくれることもありました。

頭頸部がんと言う特殊ながんを患って来院する患者がいること、その治療でハンディを背負って日常生活に戻っていく人がいること、普通に過ごしていればあまり遭遇することがないけれど、その存在を知れたことは私にとって大きな意味のあることでした。

色々な人を看護している中で遭遇するアセスメントの場でも経験値が増えたことで幅も広がったと感じます。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

美味しい食べ物への探求心が強い看護師です。最近は着付けを習ったので着物でのお出掛けが楽しみです。若い頃はいろいろな経験がしたいと転職し、現在は子育てをしながら施設中心の訪問看護をしています。

経歴で一番長いのは小児科、新生児看護師です。治験コーディネーターも経験し、妊娠中にはサロンの接客など看護以外の仕事も経験しました。


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:Tree
(公開日:)(編集日::2017年06月13日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。