著作者

椿

現役看護師

椿

( 看護師 )

血液内科に転職を考える看護師のメリット・デメリット

血液内科の看護師

病棟看護師経験十数年のアラフォーママ、現在は離職中で引きこもりがちなのが悩みです。 楽しい思い出と黒歴史がありすぎて、書きたいテーマはたくさん! 経験から得た自分なりの実践理論で、悩める看護師さんの背中をそっと押すような記事を書いていきたいと思います。

血液内科には白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫などいわゆる「血液のがん」の患者が多いため、その治療の軸となるのが抗がん剤治療と移植治療です。

また、血液内科のおおまかな一日のスケジュールは一般的な病棟とほぼ同じです。

朝の申し送りを受けた後、看護師達はそれぞれの担当患者さんのもとに散っていきます。バイタルを測ったり、点滴をつないだり、抗がん剤治療を始めたり、検査の移送、検体の提出、清潔援助を行います。

膨大な仕事量を自分でプランをたてながら効率よく進めないと、休憩を取ることもままならないですし、患者や他のスタッフに迷惑がかかるのでプレッシャーも血液内科の看護師にはあります。

今回は血液内科に転職を考える看護師のメリット・デメリット等について詳しく説明していきます。

ナースではたらこ登録
ナースではたらこの口コミもチェック!

1.血液内科で働く看護師に必要な5つのスキル

血液内科
看護師が血液内科で働くためには、必ず必要なスキルがあります。その必要スキルとは次の5つです。

  • 患者の痛みと寄り添い苦しさを理解する能力
  • 静脈確保の技術は必須スキル
  • 血液内科で働くには脱毛に関する知識が必要
  • コミュケーション能力は血液内科でも必要なスキル
  • 基本的な作業や技術をきちんと確認する能力

これらのスキルがなぜ血液内科で働く看護師に必要になるのか、治療や患者の特徴をふまえながら説明してゆきます。

 

(1):患者の痛みと寄り添い苦しさを理解する能力

血液内科における化学療法、移植療法は、全クールを終了しても、再発の可能性が高いため定期的な受診が必要です。長期的な治療の他に、下記する内容によって更に患者は出口の見えない苦しさを味わいます。

  • 移植後も無事生着を認めるまで長い期間を要する
  • 移植片が患者の身体を異物と見なして攻撃するGVHDの辛い症状

同じ経験をしない限り理解することは出来ないことは患者もわかっています。ですが、出来るだけそばに寄り添って、時には怒りを受け止める覚悟が看護師には必要です。

 

(2):静脈確保の技術は必須スキル

化学療法の仕事に血液検査と抗がん剤の投与は必要不可欠です。そのため、看護師が血液内科で働くためには静脈確保が出来ないと仕事になりません。静脈確保の技術で大事なポイントは2つです。

  • 採血は1回で確実に行うこと
  • 抗がん剤ルートは漏れがないようにすること

このポイント2つについて更に詳しく説明します。

 

採血は一回で確実に行えないと仕事が進まない

基本的に血液内科では、早朝の忙しい時間帯に十数人の採血をしなければなりません。化学療法後の患者も、頻繁に血液検査をする時期があります。そのため、採血で失敗を繰り返していては仕事が進まないのです。

 

ポイント!

ポイント

点滴についてもその都度穿刺する患者にとっては、看護師の静脈確保技術が重要な問題となります。

 

抗がん剤ルートは漏れがないようにすることが大事

血液内科病棟の化学治療患者への抗がん剤投与の静脈穿刺は、医師が行うことが基本です。しかし、医師の業務量を軽減するため、病院での研修を受け認定された看護師は抗がん剤投与を代行出来る場合もあります。

  • 確実に静脈確保出来ること
  • 血管外漏出をしないこと
  • 21Gよりローゲージの太い針で穿刺できる技術

抗がん剤を投与する技術で必須要件は上記の3つになります。看護師が抗がん剤投与できることは、医師の業務軽減とともに、医師を待たなくて良いことから患者にとってもメリットがあります。

 

ポイント!

ポイント

21Gよりもローゲージの太い針を扱える技術が必要になる理由として、血液内科の多血症患者へ瀉血療法を行うときに必要になるためです。

 

(3):血液内科で働くには脱毛に関する知識が必要

化学療法を行うと2週間過ぎたころに脱毛が始まります。治療により脱毛の症状があるとわかっていても、ほとんどの患者は男女ともにショックを受けます。患者が感じる脱毛のショックを少しでも緩和させるために大事なポイントが3つあります。

  • 抜けた患者の毛髪は速やかに処理すること
  • 化学治療法が終了すれば髪の毛は生えると希望をもてる説明ができること
  • 脱毛のショックを軽減するための提案をすること

看護師が脱毛についての知識を持っていると患者ごとでより良い対応ができるようになります。ここで紹介したポイント3つについても具体的に説明していきます。

 

抜けた患者の毛髪を速やかに処理して脱毛のショックを軽減する

化学治療法によって抜けた毛はベッド周りに飛散しやすいです。そこで活躍するのが粘着テープのコロコロになります。患者の家族に持ってきてもらうか、病院の貸し出し用のものを使い、ベッド周りを清潔に保ちましょう。患者は抜けた自分の髪を見ると落ち込みやすいので、こまめに掃除をします。

 

化学治療法が終了すれば髪の毛は生えると希望をもてる説明ができること

 

化学療法が終了すると、しばらくして毛は生えてきます。そのことを説明してあげることで患者は希望を持って治療に臨むことが出来るのです。しかし、抜ける前の髪質とは違った毛が生えてくることがあり、直毛だった人が巻き毛になることがあるのです。そのリスクも説明に加えましょう。

 

脱毛のショックを軽減するための提案をすることも看護師の仕事

化学治療法により抜けた自分の髪を、ショックを受けながらも自分で処理をしようとする患者も多くいます。そうした患者の心に寄り添うためにも、気配りや提案をするのも看護師の仕事です。

  • 女性患者は脱毛の量を減らすために髪を短くしたり、坊主にする
  • 治療中は帽子やウィッグを使って今しか出来ないおしゃれを提案する

患者ごとに精神状態や考え方は違うので、しっかりと気持ちを汲み、提案をします。

 

(4):コミュケーション能力は血液内科でも必要なスキル

血液内科の患者はADLが自立している方が多く、自由に売店に行ったり、庭園を散歩したり出来ます。しかし、感染予防のためにクリーンルームに入ると患者の環境は大きく変わります。

  • 家族との面会もガラス越しで会話もインターホンを使って行う
  • 患者が生身の人と接するのは医師と看護師のみになる

このように患者はクリーンルームへ入ったとたんに、気分転換活動が出来なくなり、テレビが友達になってしまいます。そこで看護師には少しでも患者の気分を紛らわせるコミュニケーション能力が必要です。

 

ポイント!

ポイント

看護師には楽しいトークばかりが求められているわけでは無く、患者が話すことをうなずきながら聞いてあげる事が、最大の気分転換につながります。

 

(5):基本的な作業や技術をきちんと確認する能力

基本的な作業や技術をきちんと確認することは、他の診療科目で働くうえでも大切なスキルです。血液内科は化学療法や移植治療の後、多量で様々な種類の注射や点滴を投与します。

  • 使用する機器は間違っていないか
  • 薬を溶解する量はどのくらいなのか
  • 静注、混注どちらを使用するのか
  • ダブルルーメンカテーテルのどちらから投与するのか

この他にも、確認項目は上げればきりがありません。何を今さら、と思われるかもしれませんが、繁雑だからこそ丁寧に確認することが重要なのです。

 

手や白衣を常に清潔に保つことは血液内科でも特に重要

白血球数が限りなくゼロに近くなる血液内科の患者にとっては、看護師が清潔を保てないと患者を感染の脅威にさらしてしまうことになります。作業が続き、つい手洗いを怠ってしまったなんてことは言語道断です。どんな時も、基本を忘れないことです。

 

2.血液内科で働く看護師のメリット

看護師のメリット

血液内科で働く看護師のメリットは、やはり看護師としてのスキルアップが可能だということです。そもそも、血液内科はどこの病院でもあるわけではなく、大きな総合病院にしか設置されていないことがほとんどです。

そのため、血液に関する重大な疾患を持つ患者さんが各地から集まってくるケースが多く、また、病院でも一般の内科では出来ないような特殊な検査や治療を行うこともあります。

 

若い患者が多く、ADLが自立している

年齢層が幅広い血液内科では、10代の高校生から40代の働き盛りの患者も多く見られます。入院の目的は抗がん剤治療や移植治療ですが骨髄抑制からの立ち上がりを待っている時期はADLも自立しており、身体ケアはほとんどありません

他の診療科に比べて血液内科でのメリットといえるでしょう。

基本的に一人で食事できる患者が多い

感染予防や外傷予防のための指導や脱毛へのケア、吐き気へのケアなどは大切ですが、基本的に一人で食事を出来ますし、入浴も出来ます。女性大部屋などは雰囲気も明るく、毎日女子会が開かれている感じです。

患者同士で助け合ったり、情報交換をしてくれるので看護師はついつい甘えて、手のかかる患者さんに専念させてもらったりします。

 

無事に寛解(治癒)していく患者の様子がみられる

血液疾患は再発が多く見られる特徴があり、そのため治癒という言葉を使わず寛解(かんかい)と言います。

入院期間の長い患者さんが化学療法の予定を終えて再発が見られず、寛解して退院して行く姿を見送るときは、とても嬉しい瞬間です。血液内科のメリットといえます。

ポイント!

ポイント

抗がん剤の副作用で全身に脱毛がみられますが、帽子やウィッグ、時にはつけまつげを利用しキレイにメイクをして退院していく女性患者さんはとてもキラキラしています。入院期間が長くなりがちなため、退院する時の男性患者さんもとても晴れやかな表情をしています

 

クリーンルームでの看護が経験出来る

患者に感染の危険がある場合にクリーンルームへの入室が指示される場合があります。化学療法を実施した患者が1週間ほどで白血球が減少し始め、普段の10分の1以下に低下し感染の危険が強くなる場合にクリーンルーム利用します。

クリーンルームでの看護経験が出来るのも血液内科ならではのメリットといえます。

クリーンルームは外から感染性物質が入り込まないように空気の流れが陽圧に調整されており、入り口には前室が設けられています。クリーンルーム内にいくつかの個室がありそれぞれに大きな空気清浄機が設置されおり洗面所、トイレも各個室内にあります。

 

クリーンルーム内での看護について

看護師がクリーンルームへ入室する際、一昔前はガウンテクニックを用いていましたが、徐々にスリッパの履き替えと手洗いのみなど緩和されつつあります。

清掃業者は入室しないので、毎日看護師にて環境整備、トイレ掃除、ゴミ集めも行います。

閉鎖空間のため患者のストレスもどんどん貯まり、クリーンルームから出られないために自分でコーヒーを買いに行くことも出来ません。そのような閉鎖空間での看護を学ぶことができます

 

最先端の医療が経験出来る

血液内科の治療は大きく分けて化学療法(抗がん剤)と移植治療(骨髄、末梢血幹細胞、臍帯血)です。最先端の医療が経験出来るのも血液内科でのメリットといえます。

化学療法前には患者さんに予定を分かりやすく説明し、安心して治療に臨めるようにします。副作用も治療の時期によって異なり、治療当日には血管外漏出に気をつけないといけませんし、治療後は吐き気や倦怠感、1週間ほどで骨髄抑制、その後脱毛が始まります。その時に合ったケアや指導をしていく必要があります。

 

ポイント!

ポイント

骨髄移植や末梢血幹細胞移植は血液内科でないと経験出来ない治療です。前処置の大量抗がん剤、放射線全身照射に始まり、治療後の副作用、拒絶反応への対応までやることはたくさんあります。しかも移植はクリーンルームに長期間入室することになります。家族ともガラス越しでしか面会出来ない中、患者さんの精神的ケアも看護師の大きな役割です。

 

抗がん剤治療に関する知識を深められる

血液内科に入院する患者の多くは抗がん剤治療を受けています。そのため、血液内科で働く看護師は抗がん剤に関する様々な知識を深めることができ、ここで培った知識は必ずどこの内科でも通用します。

 

これらはどの診療科で働くにも必要なスキルでもあります。血液内科で大切なのは患者が置かれている状況を察して、身体と心の両側からのアプローチしていくことです。長期の療養が必要になる血液内科の患者に、少しでも心穏やかに治療に専念してもらえるよう看護に取り組めると良いです。

3.血液内科で働く看護師のデメリット

デメリット

血液内科で働くデメリットとして、治療の難易度が高い患者さんが多いことが挙げられます。血液の疾患は、白血病にせよ悪性リンパ腫にせよ、深刻なものが多くあります。

また、こうした血液の疾患は完治が難しく、再発率も高いために、入院が長期になったり、せっかく退院しても再発して再入院になってしまったりすることも珍しくありません。命に関わる病気も多いため、治療や看護が難しく、患者さん自身や家族もナーバスになっていたりもします。

 

膨大な量の点滴との戦い

血液内科の業務は点滴との戦いと言っていいほど、注射、点滴がたくさんあります。中心静脈カテーテルが入っている患者さんは、血管確保の手間は省けますが、とにかく数が多いため、投与の順番やかかる時間を考慮しないと次の勤務者に迷惑がかかります

血液内科の点滴業務は膨大な量があるため苦手な看護師にはデメリットとなります。

 

ポイント!

ポイント

ダブルルーメンカテーテルを使用する場合は、投与する側を間違えれば医療事故になります。朝、夕投与の抗生剤は間隔が十分空くように時間を考えないといけませんし、配合禁忌の薬剤は前後の薬も気にしないといけません。

 

採血の患者数も多い

血液内科では基本的に朝の採血は夜勤の看護師の仕事になります。起床時間は6時でしたが、5時半ころから患者に声をかけ、採血をして回ります。化学療法後の患者さんは1日おきに検査をするので、毎朝看護師一人あたり15人近くの採血をするなど、とにかく採血が多くあります。

そのため、採血が苦手な看護師にとってはデメリットと言わざるを得ません。

 

治療しても良い結果にならないことがある

血液疾患は再発率が高いことで知られています。化学療法を終了して退院しても寛解(治癒)期は長く続かず、再発してまた入院してこられる患者もいます。繰り返す再発に我慢できなくなり、一切の治療を拒否して、自宅で亡くなった方もいます。

治療しても患者が良い結果になりえないことが血液内科で働く看護師のデメリットといえます。

 

ポイント!

ポイント

移植も前処置や拒絶反応に身体が絶えられず、亡くなる患者さんもいます。特に若い患者さんの死に立ち会うのは、本当に辛いです。

 

残業が多く多忙である

深夜勤の早朝に採血をし、午前中に検査結果が出ても、主治医が外来や所用で結果の確認が遅れることがあります。

やっと検査結果を見てもらってから、抗生剤の変更の指示が出たり、赤血球輸血、血小板輸血のオーダーが出れば、実施するのは夕方です。日勤が終わりそうな時間であっても、忙しい夜勤にお願いするのは申し訳ない時は日勤が輸血をつないで帰ります。

血小板輸血はアレルギーなどの副作用が出やすいため、主治医に報告しステロイド注射で対応などしている内に、どんどん残業になってしまいます。

 

患者のベッドサイドで仕事をするほど多忙?

終業時間まで患者のベッドサイドで仕事をするほど血液内科の看護師は多忙なので、座って記録に取りかかれるのは終業時間後です。毎日2~3時間は残業している看護師が多いと言います。

 

夜勤帯でもメインの治療をしている

骨髄移植で血縁者がドナーの場合は、骨髄の採取から移植まで病院内で出来ますが、骨髄バンクの場合はドナーが住んでいる地域まで、新幹線や飛行機で骨髄液を受け取りに行かなくてはいけません(医師と事務職員など)。

そのため骨髄液が届く時間によっては、移植開始が夜勤帯になることもあります。こちらも血液内科ならではのデメリットといえます。

ただでさえ忙しい夜勤に移植が重なるため、夜勤人数や遅出勤務者を増やして対応するしかありません。

 

まとめ

血液内科は内科の中でもかなり忙しい診療科です。また、患者の治療もかなりヘビーであることから、看護師として精神的に負担に感じる場面も多いでしょう。しかし、ここで立派に看護師として働くことができればどんな患者にも対処できるコミュニケーション力がつき、また専門的な知識・技術も身につけられるため必ずスキルアップしていくことができます。


看護師求人サイト口コミ
  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職サポートしてくれる看護師口コミが良い転職サイトです。口コミには個人差がありますので、自分自身で比較検討することで転職成功への近道となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

この記事は「椿」さんの執筆でに執筆しています。 (最終更新日:2017年03月24日) By看護師転職ジョブ


当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事を読んだ看護師さんへのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。