著作者

亀岡 さくみ

看護師・運営者

亀岡 さくみ

( 看護師 保健師 )

病院の看護師離職率は何%だったら転職を決める?アンケート調査

公開:、更新:2018年03月22日

「1年間・3年間での病院の看護師離職率を聞いて、どれぐらいのだったら転職を決めますか? 」というアンケート調査を現役看護師・元看護師に行いました。

看護師の皆様には、「何%なのか」「その選んだ理由」を回答していただいています。

結果は以下の通りです。

1年間での看護師離職率は何%だったら転職を決める?

1年間での看護師離職率は何%だったら転職を決める?アンケート調査

1年間での看護師離職率は何%だったら転職を決める? 選んだ看護師の割合
気にしない 14.3%
5%以下 23.8%
10%以下 28.6%
15%以下 4.8%
20%以下 14.3%
30%以下 4.8%
40%以下 0%
50%以下 4.8%
51%以上 4.8%

※2017年5月当サイト、登録看護師調べ

一番多いのは、10%以下で28.6%でした。

転職を決意する理由は、様々ありますが、転職先の病院を決める理由としては、1年間の離職率が10%以下であれば、入職しても良いという看護師が多かったということです。理由と共に確認していきましょう。

また、3年目の離職率も同時にお聞きして、理由も回答いただいています。合わせて確認ください

※(注意)長い回答はアコーディオンになっているため、クリックすると全文を読んでいただけます。

 

1.離職率を気にしない看護師の回答

たなごころさん【現役看護師】

看護師たなごころさん
離職率の高低で自分に合う職場は決められないということと、今まで離職率を気にして転職したことがないからです。

私の今の職場は離職率が高いと言われていますが、入職してすぐに退職されるか、3年以上続いている方かといった具合です。仕事として慣れていまえば息が長い職場かと私自身も思っています。逆に離職率の低い勤務先で、退職したいと上司に何度相談しても取り合ってくれずに、実際退職までに数年かかったという話も聞いたことがあります。

離職率は1つの目やすとして考えることは良いですが、決してそれだけで転職先を決めるものではないと思います。

くくるさん【現役男性看護師】

この記事を書いた人 くくる
離職するということは非常にプライベートな問題であり、そこには各人さまざまな理由があるから。

基本的には何年目であろうが、どの程度離職率があろうが気にはしません。

離職するということは非常にプライベートな問題であり、そこには各人さまざまな理由があります。自分自身の健康と生活を優先するなら、どのタイミングで離職しようとも個人の自由だと考えています。

最近の看護師はすぐに辞めてしまうと、現在の職場でも耳にします。しかし15年前に私が卒後最初に入職した病院では、1年間で病棟スタッフの半分が入れ替わったことがありました。ひとつの部署で仕事を身に付けるためには、最低でも3年間は働くことが理想だとは思います。

しかしあまりにもきつい現場だったりすると、無理して頑張らずに早めにリセットする勇気も必要です。自分の健康や家族を優先し、楽しく仕事ができることに重きを置いてほしいです。何年目で何パーセントという数字に左右されずに、客観的に自分自身を振り返り、今よりもっと幸せになれる道を探し出してほしいです。

カリーナさん【現役男性看護師】

カリーナさん 看護師ライター
離職率より勤務する看護師の年齢層で判断をすることが多いからです。

各世代均等に在勤しているのであれば離職率が例え5割でもその看護師が病院の仕事内容にマッチングしてなかっただけだと思えますし、また40代50代が多く20代30代が少なければ、例え離職率が1割未満であっても求人自体が少なく離職が少ない可能性もありますし、それより年代が偏ってる構造上の問題があるのではと疑うこともできます。

私の場合は病院の離職率ではなく在職している看護師の年齢層で判断することが多いです。

離職率以外にも見るべきところがあるからという理由が皆さんの意見でした。

 

1年間での看護師離職率:5%以下の理由

らいすさん【現役看護師】

らいすさん 看護師ライター
1年間での離職率が高いのは、確実に何か問題がある証拠のため。働きやすければ、辞める人は居ないと思います。

看護師は、転職しやすい仕事なので、3年働いたら転職する人が私の周りは多いです。特に新卒から3年経つと、高い確率で転職していました。しかし、やはり働きやすい環境であれば離職率は下がるはず。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:5%以下
  • 3年間での看護師離職率:45%以下

こもこもさん【現役看護師】

現役看護師こもこもさん
1年間での看護師離職率5%以下なら転職します。これまで仕事をしてきた病院を考えても、3年目で離職する方はわりと多い印象をうけるため、30パーセントくらいは普通かなと思いました。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:5%以下
  • 3年間での看護師離職率:30%以下

匿名さん【現役看護師】

女性看護師
一年目は、新人だろうと、経験者だろうと初めは誰にとっても一番辛い時期だけど、教えるこっちも時間は取られるし、間違っていることをはっきり伝え続けることは精神的にも辛いので、そこで辞められたらたまったもんじゃないから。

でも3年で辞めるなら、仕事を覚えた後で、給料を上げたいとか、それぞれの事情で辞めていくはずなので、辞めても仕方ないかなと思います。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:5%以下
  • 3年間での看護師離職率:50%以下

ふーさん【現役看護師】

この記事をかいた人 ふーさん
1年間の離職率というのは、やはり教育体制がしっかりしているか、先輩との関係がうまくいっているか、などの指標になるため、どうしても気にしてしまう。

教育体制がしっかりしていないと、新卒・中途入社の1年目は、やはり悩みを抱えてしまい、離職に繋がりやすいと思うので、中途も入りにくいというイメージがある。

3年目の離職率は、3年目はどうしても次のステップに行きたくなると言われている頃になるため、そこまで個人的には気にならない。そこで頑張り続けるか、次のステップに進むかのターニングポイントになるのではないかと思う。

いい職場でも、自分のやりたいことがあれば辞めるだろうし、私自身は3年目の離職率はそこまで気にならない。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:5%以下
  • 3年間での看護師離職率:15%以下

匿名さん【現役看護師】

女性看護師

せめて1年目は育ててあげられる環境であってほしい。3年をめどに離職する人が多いのは仕方ないが、3割程度にとどまっていれば、わりと働きやすい病院なのかなと思う。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:5%以下
  • 3年間での看護師離職率:30%以下

 

1年間での看護師離職率:10%以下の理由

ラビウサさん【現役看護師】

ラビウサさん 看護師ライター
新人は病棟勤務となることが多いけれど、夜勤が向かない、腰が痛いなどの理由で業務があるので、離職率10%以下であればなんの問題もないと思います。

看護師は、人の命にかかわる仕事なため、就職した先での仕事内容が自分とは合わない、怖いという気持ちを持つ新人がいるのはおかしくないと思う。

新人は病棟勤務となることが多いけれど、夜勤が向かない、腰が痛いなどの理由で業務があるので、離職率10%以下であればなんの問題もないと思います。

そして「石の上にも3年」と頑張ってきた看護師が、晴れて退職する時期の離職率は3割以下であれば問題ないように思います。3年たてばリーダー業務も自信をもってできる時期なので、新天地目指して飛び立つことはありだと思うから。

  • 1年間での看護師離職率:10%以下
  • 3年間での看護師離職率:30%以下

匿名さん【現役看護師】

女性看護師
日本看護協会が毎年公開している、一般的な看護師の離職率は10.0%前後なため。

新卒の場合は、少し下がって7%前後です。その数字を目安に考えたときの許容範囲が1年間10%以下、3年間15%以下と選びました。やはり、あまりに高い離職率の病院には、何か理由があると考えてしまいます。離職率が高いということは、入職後も人の出入りが激しい場所で働くことになります。

それ自体が間違いなくストレスになります。転職時にそんなに細かな離職率を気にする必要はないと思いますが、その病院の一つの指標にできることは間違いないと思います。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:10%以下
  • 3年間での看護師離職率:15%以下

miracleさん【現役看護師】

看護師ライターmiracle
1年以内で10%以下の数字を越えてくると「おや、この職場大丈夫なのかな?」と感じるのが正直なところです。

看護師とはそもそもが離職率の高い世界だと思います。

なぜならは自分が働いてきた職場の3ヵ所の病院でも、やはりすぐに辞めるケースや、3年以内に辞めるケースも多々目にして来ました。辞めるのが早い人なら1ヶ月以内に辞める場合もあったりと、なんとも切り替えが早いなと思いました。

ただし、やはり3年は同じ職場で働いてみなければ良いも悪いもはっきりとはしないのではと思います。ただし、1年以内、3年以内など離職率のデーターをもし開示しているのであれば、1年以内で10%以下、3年以内で30%以下といった数字を越えてくると「おや、この職場大丈夫なのかな?」と感じるのが正直なところです。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:10%以下
  • 3年間での看護師離職率:30%以下

あゆたかさん【現役看護師】

現役看護師 あゆたか
離職率が低い職場は、それだけ長く続けられるという事で働きやすい、魅力的な職場という事になる。また人間関係も良好なことが多い。

今の自分が育児中で、職場に求めている条件が給与、知識や技術を得る事より、生活と両立でき働きやすい事から、離職率が低い職場は、それだけ長く続けられるという事で働きやすい、魅力的な職場という事になる。また人間関係も良好なことが多い。

離職率は低いに越したことはない。しかし5パーセント以下はなかなか現実的には少ないのではないかと思われ、家庭の事情や出産などで辞める人が続くとすぐ上がってしまう。そのため最低ラインを10パーセント以下とし、それ以外の労働条件も追加して働きやすいか総合的に考える。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:10%以下
  • 3年間での看護師離職率:10%以下

匿名さん【現役看護師】

女性看護師
1年間で離職は早すぎると思いますが、本当に自分に合った職場ではないと思ったのならしょうがないと思える数字だから。

3年間での離職は、女性の場合結婚や出産などのイベントを迎え働き方を変える場合が出てくるので、必ず数人は出てくるだろうと思います。ただ40%以上になると、院内の雰囲気や待遇、人間関係に難ありなのかなと考えてしまいます。

また他の科も経験してみたいと考えるのも大体3年間経験してみてという人が周りに多い様に思います。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:10%以下
  • 3年間での看護師離職率:30%以下

 

1年間での看護師離職率:15%以下の理由

Treeさん【現役看護師】

看護師のTreeさん
1年目で自分の思っていた職場でなかったりして挫折する看護師は結構いるのではないかと思います。1年で辞めるメリットは少ないため希望はこのくらいで収まってほしいと思うから。

昔であれば転職自体が今ほど自由でなく、就職した場所でできるところまで頑張ろうと言うことも多かったと思いますが、今は抵抗が少なく転職という手段を取れるので、環境や条件で納得がいかないのであれば転職を考え離職するのもありかと考えます。

しかし、1年で辞めるメリットは少ないため希望はこのくらいで収まってほしいと思います

3年目では同じ病院で数年働き、仕事も一通りはこなせ、周りの色々なことも見えるようになりマンネリを感じて物足りなくなってくる時期であると考えると、この先自分は何をしたいのかと自問自答する人も多いと思うのです。

そこで踏みとどまり、もっと看護も目を養っていく人もいて欲しいと願う一方で、新しい風を取り入れるために離職し、新しい道に進む人もいていいかと思うからです。

ただ、苦労して育てた3年目がいなくなくことは戦力を失くすことになるため中堅看護師にとってはとても痛手であることを考えると希望も込めてこのくらいであって欲しいと思います。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:15%以下
  • 3年間での看護師離職率:20%以下

 

1年間での看護師離職率:20%以下の理由

りんさん【現役看護師】

看護師りん

看護師は離職率の高い職種であると言われているため、離職率のみではあまり考えない。実際に働いてみて自分に合うか合わないかだと思うから。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:20%以下
  • 3年間での看護師離職率:20%以下

匿名さん【現役看護師】

女性看護師

離職率は少ないに越したことはありませんが、自分は、いろいろな理由で転職が多いので多くは気にしません。ただ、1年未満の離職率が多いのは職場に問題があるとも推測されるので気になります。

総合病院は離職率が高いかもしれませんが、個人のクリニックは離職率が高いところは要注意です。

でも、クリニックの場合は離職率がわからないと思います。総合病院なら3年働くといろいろな方向性が出てくるので離職率が高くても仕方がないと思います。転職でスキルアップ、結婚、学校に通う、ほかのことをしてみる等。

でもクリニックだと離職率が低いとよい院長(経営者)ということになり評価が高くなります。表に現れないところなので判断が難しいです。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:20%以下
  • 3年間での看護師離職率:50%以下

匿名さん【現役看護師】

女性看護師
新人や転職者には優しく接しましょうという世の中の風潮がある中、5人も6人も辞めてしまうような職場だと、新人や転職者への配慮がない職場なのかなと感じ、不安に思ってしまいます。

1年間で辞める人が1、2人出てしまうのは、看護師それぞれの性格や私情もあるので仕方ないかなと思います。

また、3年で半数以上辞めてしまうような職場だと、スタッフも次々に変わり、落ち着いて働けないと感じます。毎年一から職場を立て直していると、看護のレベルアップを図るのも難しそうに感じ、自分がその職場に居続けるメリットがあまりないように思います。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:10%以下
  • 3年間での看護師離職率:40%以下

匿名さん【現役看護師】

女性看護師

1年目は、まだ訳も分からないまま、早まって辞めてしまったのかな、と思えるけれど、3年目で、色々経験してある程度、内部事情も把握した上で辞めるのは、何か問題があると思います。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:20%以下
  • 3年間での看護師離職率:50%以下

 

1年間での看護師離職率:30%以下の理由

さくらさん【現役看護師】

さくら現役看護師
それぞれの離職率の入職時経験年数にもよると思いますが、1年間働いてみて職場の「合う」「合わない」はあると思います。そのなかで「どうしても合わないからやめる」というのは、あるのかなと思いますし実際に自分も経験したこともあります。

入職したけど、一身上の都合などでも離職しなければいけないケースもあると思うので30%以下は仕方ないのかな…と思います。

3年間での離職率については、おおよそ3年である程度のことはできるようになります。そのなかで、やはり「転職して違うところで学びたい」という気持ちも出てくると思います。また始め入職していた職場のレベルにもよると思いますが、他病院へ転職して学んだ方が良いケースもあるので50%としました。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:30%以下
  • 3年間での看護師離職率:50%以下

 

1年間での看護師離職率:50%以下の理由

匿名さん【現役看護師】

女性看護師

1年間での離職率は特に高くても問題ないと思います。1年で辞めようと思う人は、ものすごく強い意志があり、違う分野で働きたいとか、自分にはこの仕事は向いていないとか何かしら理由があると思うからです。

3年も4年も教育してあっさり辞められると残るスタッフには痛手ですが、1年程度でやめるならそんなに痛手ではないと思います。

また、3年間、ある一定のレベルのある総合病院などで勤務をすると、自分の性格や傾向がわかって来ると思うので、自分に向いた仕事がわかって来るのではないかと思います。

就職する際に希望通りの部署に配属されなかった場合、3年後に、その希望の部署を目指して転職するというのもいいと思います。ただ、みんながそれをすると、スタッフがコロコロと変わりすぎて、看護の質の低下を招くと思うので、20%以下でいいと思います。

【選択内容】

  • 1年間での看護師離職率:50%以下
  • 3年間での看護師離職率:20%以下

 

1年間での看護師離職率:51%以上の理由

azukiさん【現役看護師】

この記事を書いた人azuki
1年間での離職というのは、当事者にも問題があるのかもしれませんが、やはり51%を超えると新入職員を守れない病院なのかなという印象があります。

新入職員が次々に辞めるということは、逆に長く勤めている付き合いが難しい看護師が居座っているのかなという印象もあります。

3年間での離職率は、50%以下であれば私は納得できます。多くの病院は退職金が3年間勤務で支給されます。それを考えると、長く勤めたい病院ではないかもしれないけれど3年間は勤められる病院という印象を持ちます。また、3年間くらい働くと若手の看護師は結婚や出産を機に退職することもよくあります。実際に私も転職するときには3年働ける職場かどうかで見極めていました。

それに、いろんな経験を身につけるために1つの職場で学ぶというのも一つの考えですが、自分に合わない職場で働き続けるのもただでさえきつい仕事なのにメンタルが持ちません。いい職場に早く出会って長く勤めていくことを考えれば、3年未満の退職もありですし、切りよく3年で退職金をもらって辞めるのもありだと思います。

  • 1年間での看護師離職率:51%以上
  • 3年間での看護師離職率:50%以下

 

まとめ

「病院の看護師離職率は何%だったら転職を決める?」アンケート調査でした。

看護師転職の求人確認事項にも「離職率」を確認する看護師も多いのではないでしょうか。看護師1人1人に様々な意見がありますが、転職する職場を決定するための1つの選定基準として、離職率を考えてみてはいかがでしょうか。

やっぱり「離職率が高いところは、何かしら問題がある」と思うのが看護師の意見でした。

 


都内の日本赤十字医療センターで3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして「はたらきナース」を運営中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職、仕事、生活をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師・保健師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
SNS Facebookプロフィール
出身/年齢 ・東京都/30歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。