医者に好かれる看護師になる方法 | 好かれるメリット・デメリット

医者に好かれる看護師になる方法 | 好かれるメリット・デメリット

このページでは、医者に好かれる看護師になる方法を医者に好かれるメリット・デメリットとともに紹介します。そもそも、医者に好かれる看護師にはどのような特徴があるのか?メリット・デメリットは何か?を説明したあと、医者に好かれる看護師になる方法を確認します。ポイントを押さえて医者と良い関係を築きましょう。

1.医者に好かれる看護師の特徴

医者に好かれる看護師の特徴医者に好かれる看護師の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。下記のポイントについてそれぞれ確認していきましょう。

  • 大変さを表に出さずに笑顔で冷静に対応できる
  • 医療に対する正確な知識を持っている
  • 身だしなみが整っている
  • 指示待ちにならない
  • 報告・連絡・相談を怠らない

 

大変さを表に出さずに笑顔で冷静に対応できる

まずはどのように忙しくても大変さを表に出さずに、笑顔で、そして冷静に対応できるということです。

特に急性期病棟では常に忙しく、忙しいと人間はイライラしてしまいます。全員がイライラしながら仕事をしていれば、職場の雰囲気がわるくなります。その中で指示を出さなければならない医者のストレスは高まりやすいのです。

そこで笑顔でそして冷静に対処をすることの出来る看護師がいれば、イライラしている看護師よりも、笑顔の看護師の方へ医者は指示を出しやすいですし、結果的に医者から好かれる看護師となります。

 

医療に対する正確な知識を持っている

もちろん、その看護師が科や疾患、医療器具などの正確な知識がなければ、へらへら笑うなという、医者の新しいストレス元となります。科や疾患、医療器具の正確な知識を持っていれば、さらに医者から好かれる看護師です。

 

身だしなみが整っている

また、夜勤明けの看護師は疲労のピークになりますが、小汚い恰好のままでは、見た目からして医者は好感を持ちにくくなってしまいます

何事においても見た目は重要です。医者から好かれる看護師はきちんとした身だしなみをしています。

 

指示待ちにならない

そして、指示待ちにならないということです。これは独断専行をするというものではありません。医者の考えをくみ取って、指示が出る前に先回りをして、指示が出ても即座に理解して仕事に取り組む看護師は医師にとって好かれます。

 

報告・連絡・相談を怠らない

最後に、報、連、相が出来ることです。報告、連絡、相談ですね。これは社会人として当然のスキルです。

 

2.医者に好かれる看護師のメリット

医者に好かれる看護師のメリット医者に好かれる看護師は、仕事をしやすくなるという点です。病院は看護師だけでは成り立ちません。医者が存在して初めて病院となります。そこで、医者のご機嫌といいますか、医者がどれだけ働きやすいのかという点が重要です。その働きやすさをサポートするのが看護師の務めです。

病院では医者の数の方が少数です。そのため、医者は常に仕事に追われていますので、わずかなミスで時間をとられてしまったら、そのストレスというのは大変溜まります。ストレスが溜まりすぎれば辞めてしまい、辞めてしまったら新しい医者を探さなければなりません。そのような無駄をなくすために、医者に好かれる看護師がいなければならないのです。

 

医者に信頼されることで仕事が効率的にまわる

医者のご機嫌とりをしろというわけではなく、言い方が悪いのですが医者に信頼される看護師が医者をうまく操って、仕事を効率よくこなさせていけば、誰もストレスはたまりません

医者もその看護師と仕事をしていれば、余計な仕事が増えないのであれば、新しいパートナーとなりえる看護師がいるのかもわからない別の病院へ転職するという可能性は低くなります。

 

余計な残業がなくなる

さらには、看護師自身の仕事も片付いていきますので、余計な残業をするということもなくなります。もちろん、医者をうまく操ることの出来る看護師は病院の中で評価されますので、高い役職に就ける可能性があります。

つまり、医者に好かれるメリットは、職場を仕事がしやすい環境にすることが出来る点です。

 

3.医者に好かれる看護師のデメリット

医者に好かれる看護師のデメリットメリットばかりではなく、もちろんデメリットもあります。どのようなデメリットが存在するのか確認していきましょう。

  • 媚を売っていると誤解される
  • 独立開業の際に誘われる可能性がある
  • 無理な要求をされることがある

 

媚を売っていると誤解される

医者に媚を売っているのではと誤解される点です。これは、単純に医者へ媚を売っており、そのような態度が見受けられれば立つ誤解となります。それが、医者に好かれる看護師のデメリットになるのでしょう。

 

独立開業の際に誘われる可能性がある

また、医者が独立開業をする際に、一緒に病院を辞めないか、と誘わることもあります。これはデメリットなのか正直わかりませんが、その医者に開業医としての才能がない場合は、デメリットになりえます。

 

無理な要求をされることがある

さらにもうひとつ、あまりにも医者に好かれてしまいますと、無理な要求を頼まれたりします。この看護師ならこれくらいの要求をしてもこなしてくれると、信頼されているともいえますが、それが依存されるまでに行きますと、看護師にとってはストレスが溜まるデメリットになるでしょう。ちゃんと無理なことは無理と断れる力が必要です。

余りにもこの医者にお願いされることが多くなりますと、看護師の仕事をこなせなくなる上、高い役職になってきますと、病院全体の看護師や地域の包括センターの看護師たちの面倒までを見ることをお願いされることもあります。余りにも便利な人なので、良いように医者に使われないようにしておく必要があります

 

ポイント!

ポイント

医者に好かれることは仕事上ではメリットが多いのですが、あまりにも好かれて依存されてしまいますと、それはデメリットになります。うまく調整する能力というのを身につけることで、回避することができますが、その能力は経験によってしか身に付きません。

 

4.医者に好かれる看護師になる方法

医者に好かれる看護師になる方法医者に好かれるために媚を売るようなことは必要ありません。媚を売って好かれてしまいますと、同僚の看護師から非難を受けることになります。社会人として必要なスキルである、報連相である、報告、連絡、相談を常に心がけて、医者や周囲の人の思考を読むような努力をして、常に求められることを先回りして行っていくことが重要です。

それぞれのポイントについておさらいしていきましょう。

  • 当たり前のことを着実にこなしながらわからないことを覚える
  • 勤める診療科の知識を身につける
  • 忙しいときも冷静に対処する力
  • 夜勤明けの身だしなみに気を付ける

 

当たり前のことを着実にこなしながらわからないことを覚える

もちろん、医療行為に関して、よくわからないけど、とりあえずやってみるというのは、絶対にダメなので、先回りをしなければと焦るのではなく、報連相を徹底していき、次第に覚えていくというのが理想的です。これに関してはすぐに出来るようなものではなく、経験を積むことで次第に出来るようになります

 

勤める診療科の知識を身につける

また、看護師が勤める科の知識を得ることも大切です。その科でどのような疾患があるのか、そしてその疾患への対処法はどのようなものか。さらに、使用する医療器具の知識などです。これは看護師として常に向上心を持って勉強していくことで身に付きます。

 

忙しいときも冷静に対処する力

どのようなときも冷静に対処することの出来る力も重要です。忙しいと人間は冷静さを欠いていきます。そのような冷静さを欠いたままですと、職場の雰囲気も悪くなりますので、どのようなことがあっても笑顔を忘れずに物事に対処できるようにしましょう

 

夜勤明けの身だしなみに気を付ける

最後に身だしなみです。人間はどうしても視覚情報によって相手を判断してしまいますので、夜勤明けであっても身だしなみに気を付けるだけの、気配りが出来るようになる必要があります。

 

看護師転職サイト口コミランキング

1位   ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位   ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位   ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】

監修者

亀岡さくみ看護師

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。