著作者

masa

運営Staff

masa

( 運営スタッフ)

看護師を辞めたいっと思ったのは何年目?<徹底調査>

masa
運営Staff masa
看護師を辞めたいっと思ったのは何年目?

あなたは看護師をしていて辞めたいと思ったこと、感じたこと、または実行に移して退職や転職したことはありますか?

看護師たちが辞めたい!と思ったのは何年目の時なのでしょうか。

1年目の新人看護師に向けて辞めたいときの対処法から、看護師の年数別で辞めたいと思った理由をアンケート調査と共に説明していきます。

1.新人看護師1年目のときに看護師を辞めたいと思いましたか?

新人看護師1年目のときに看護師を辞めたいと思いましたか?

看護師の方に、「新人看護師1年目の時に看護師を辞めたいと思いましたか?」というアンケートを行いました。

1年目で辞めたいと思った 71.8%
1年目で辞めたいと思ったことはない 28.2%

以上のような結果となりました。

およそ7割以上の看護師が「新人看護師1年目で辞めたい」と感じていることが分かりました。(やっぱり多いですね。)

 

新人看護師1年目で辞めたいと思った理由

新人看護師1年目で看護師を辞めたいと思った理由は以下の通りでした。

新人看護師1年目で辞めたいと思った理由

先輩看護師に毎日怒られるため 43.8%
仕事が激務のため 17.3%
思っていた仕事と違う・向いていないと感じた 13.0%
ミスを繰り返す・インシデントが怖い 8.6%
その他の理由 17.3%

その他の理由の中には、不規則な生活が耐えられなかった、人間関係が無理だったなどの意見もありました。

辞めたい理由のNo.1はやっぱり、「先輩看護師に毎日怒られるため」がダントツ多い意見でした。

 

2.何年目のときに看護師を辞めたいと思いましたか?

1年目・新人看護師を除いて、「看護師を何年目のときに辞めたいと思いましたか?」というアンケートを行いました。

何年目のときに看護師を辞めたいと思いましたか?

2年目で辞めたいと思った 5.4%
3年目で辞めたいと思った 59.4%
4年目で辞めたいと思った 10.8%
5年目で辞めたいと思った 10.8%
6年目で辞めたいと思った 10.8%
7年目で辞めたいと思った 2.8%

アンケート結果を見て分かるように、1年目(新人看護師)を乗り越えることで2年目の看護師で辞めたいと思う方が、3年目から6年目に比べて低いことが分かります。

また、一番看護師で辞めたいと感じる年齢は、「3年目の看護師」ということが分かりました。

 

看護師が辞めたいと思った理由とは?

看護師を辞めたいと思う理由は人それぞれですが、大きくセグメントすると以下の結果になりました。

看護師が辞めたいと思った理由とは?

仕事がしんどい・辛く疲れたため 16.9%
仕事内容の問題 13.2%
異動などの問題 11.7%
人間関係の問題 11.3%
結婚のため 11.3%
職場環境の問題 9.4%
給与や待遇の問題 7.5%
上司・経営者の問題 5.6%
ミスやアクシデントの問題 3.7%
その他 9.4%

「仕事がしんどい・辛く疲れたため」が一番の辞めたいと思った理由でした、仕事内容の問題、異動などの問題が2位、3位となり、多くの辞める理由である人間関係の問題はそこまで多くなかったことがうかがえます。

では、次に看護師の勤務年数別で辞めたいと思った理由の詳細を確認していきましょう。

 

3.新人看護師1年目で辞めたい場合の対処法を聞いた

新人看護師1年目を辞めることなく乗り切った、先輩看護師に辞めたい場合の対処方法を聞きました。

是非、辞めたいと思う看護師の方は参考にしながら、2年目を迎えましょう。

 

(1)先輩看護師に怒られ辞めたい場合の対処法

先輩看護師に怒られ辞めたい場合の対処法

  • 初めてのことばかりでオドオドして怒られていた
  • 怖い先輩に怒られたり、質問攻めにあったりしていた
  • 仕事が出来ない自分にイライラした
  • 「看護師は向いてないから辞めろ」と暴言を吐かれた
  • とにかく毎日怒られていました

など、先輩に怒られて辞めたいと感じた看護師の意見でした。

沢山の対処法を先輩看護師が出してくれました。以下の通りです。

 

対処1:先輩とうまく付き合う方法を考えた

先輩と上手く付き合っていけば仕事も楽しくなると考えました。

そこで、先輩の機嫌のいい時には色々な話をして共通の話題を見つけたり、先輩をとにかく褒めて図に乗らせたりして関係性を作りました。

女性看護師cocoさん

 

対処2:先輩からのアドバイスをもらう

看護師の先輩が「先輩に怒られないかを気にしているからしんどくなる、今は怒られても注意されても大丈夫、そうゆう時期だから」とアドバイスを貰いました。

そのアドバイスで、自分の気持ちがすっと楽になったことを思い出しました。

女性看護師匿名さん

 

対処3:同期の看護師に助けてもらう

同期の看護師に相談したり、仕事や先輩の対応などのアドバイスを貰ったりしました。

先輩から怒られる回数は激減し、逆に頼まれることも増えたため楽になりました。また、先輩たちが遅くまで残って新人の記録などをチェックしているのを知ったこともあり、辞めたいという気持ちは減りました。

同期の助けもあり看護師1年目は無事のりきることができました。

女性看護師ER看護師はるちっちさん

 

対処4:1年は我慢するつもりで仕事を行う

1年我慢すればきっと先輩の目が離れるということと、次の新人教育に注意が全体的に向けられるので楽になると思い込んでやっていました。

毎日いつ辞めようか、どうやって辞めようか考えていましたが結局、周りが怖いため、辞めたいという言葉自体を言えずに過ごしてきた結果、仕事の楽しさが生まれ、管理職に着くまでになれました。

女性看護師匿名さん

 

対処5:上司に相談して指導者を変えてもらう

最初は我慢していたのですがあまりにも指導者である先輩の当たりが強かったので、辞めたいくらい先輩の指導が辛いことを上司に相談しました。

すると、上司は先輩に指導してくれ、上司の判断で担当の指導者が変更になりました。

それからは関係性も築けて楽しく働くことができるようになりました。

女性看護師azukiさん

 

対処6:同期とストレスを発散すること

先輩に日々怒られて過ごしていました。どんどん、自信がなくなり看護師を辞めたいと思うように。

しかし、そこで思いとどまることが出来たのは同期の存在でした。いつも辛いことがあっても、同期と仕事終わりにご飯に行ったり、飲みに行ったりして辛さを紛らわせていました。

先輩の愚痴なんかも言ったりして、スッキリ。

同期との絆深まり、一緒に旅行にも行ったりしてストレス発散していました。

女性看護師匿名さん

 

(2)仕事が激務のため辞めたい場合の対処法

仕事が激務のため辞めたい場合の対処法

  • 交代勤務で仕事が激務のため夜勤もきつくて辞めたいと何度も思った
  • 三交替勤務がとてもきつかった
  • 仕事量が多く3~4時間の残業は当たり前という環境だった

上記のような理由で仕事が激務なため辞めたい新人看護師1年目の意見でした。

 

対処1:仕事以外に楽しめるものを見つけること

解消する方法として旅行を楽しむ事にしました。

夏季休暇や年休を利用して旅行することや、美味しい食事やカラオケでストレス発散をして仕事を続けました。

仕事以外に楽しめるものがあると、仕事に対しての意欲も出てきました。

女性看護師匿名さん

 

対処2:思い切って転職する

新人の頃は先輩看護師よりも先に病棟を出ることは憚られ、また、覚えなくてはいけない仕事も多く、残業もしばしばありました。

また、介護との両立が難しく忙しかったため辞めたいと思いました。

看護師の仕事は好きでしたので本当には辞めたくはなかったですが、自宅に近い病院へと転職を行い、理解のある上司に恵まれ、看護師として働き続けることができました。

女性看護師匿名さん

 

(3)思っていた仕事と違う・向いていないと感じ辞めたい場合の対処法

思っていた仕事と違う・向いていないと感じ辞めたい場合の対処法

  • 「自分には看護師は無理だ」とずっと考えて辞めたいと思った
  • 自分の非力さを感じ辞めたいとよく思っていました

などの辞めたいと思う意見が目立ちました。

 

対処1:看護師としての本当のやりがいを見つけた

看護師としてのやりがいを本当に少しずつですが感じ始めていたからでした。

その気持ちがいつの間にか辞めたい気持ちを上回り、15年以上経った今でも看護師を続けられています。

看護師くくるさん

 

対処2:先輩や同僚に相談した

同僚の仲間や先輩に相談したり話したりすることで、問題を解決したり、ストレスを発散してなんとか続いていた状況でした。

新人の頃は本当に何もできず、何も分かっていなかったですが、看護師を続けてよかったと今は感じます。

女性看護師Takaさん

 

対処3:1年未満で向いていないことは分からないから続ける

新人から外来に配属され、自分が思い描いていた看護師の仕事とは違っていました。

医師の診察介助がほとんどで、その中になかなかやりがいを見出せずにいました。そのときによく辞めたいと思っていました。

しかし、何年か続けていると外来の仕事にもやりがいを感じるようになり、楽しく仕事ができるようになりました。

1年目では、「向いていない」や「仕事にやりがいを感じない」と思う前に続けてみることが大事だと痛感しました。

女性看護師匿名さん

 

(4)ミスを繰り返す・インシデントが怖く辞めたい場合の対処法

ミスを繰り返す・インシデントが怖く辞めたい場合の対処法

  • 新人の頃は仕事に慣れずミスを繰り返して辞めたいと思った
  • 自分が何かミスをしたら死んでしまうと恐怖だった

新人看護師1年目の場合は初めてのことばかりで怖いと考える看護師の方も多いのではないでしょうか。

 

対処1:何で看護師になったか思い出すこと

何度も仕事をやめたいと思いましたが、「辞めたいけど、辞められない!なぜ私は看護師になったんだ!」と単純な事ですが、自分に言い聞かせ仕事に取り組んでいました。

同じ職場に同期もいなかったため孤独感があり、とても辛かったことを覚えています。

女性看護師匿名さん

 

対処2:決められた手順を守りシミュレーションを繰り返した

毎日重症患者を目の前に、自分が何かミスをしたらこの人はすぐに死んでしまうのではないかと思うと不安で仕方なかったです。

しかし、決められた手順をしっかり守り、小さいことでもすぐに相談し、何度もシミュレーションを繰り返すうちに慣れてきて、辞めたいと思うことは減っていきました。

女性看護師Annaさん

 

(5)辞めたいと思わなかったという意見も!

辞めたいと思わなかったという意見も!

看護師
miya「気づいたら1年過ぎていた」
辞めたくなかったと言うよりは、そんなこと考えつきもしなかったという感じでした。

なにより日々の業務のほかに勉強会も多くて忙しく、気が付いたら1年なんてあっという間に過ぎていた気がします。あとは、同期の仲間が頑張っているうちは頑張ろうという思いも強かったです。

 

看護師
匿名「一つ上の先輩方が優しくて一緒に頑張れた」
新人の頃は毎日厳しい指導で自分の仕事に自信を持てず、不安な毎日でした。質問も勉強してからするものだと言われていたので容易に出来るものでなく、緊張感が半端なかったです。

ナースステーションに戻るのが辛く、休憩時間が苦痛で胃が痛かったです。

それでも看護師になりたい気持ちが強かったので早く一人前になりたいと思っていましたが、看護師を辞めたいとは思いませんでした。

 

看護師
あおいロワイヤル「憧れの先輩がいたし、辞めるのはもったいないと思った」
看護師の仕事をマスターして一人前になるためには数年かかるだろうと覚悟していましたし、憧れる先輩がいたので、その先輩のようになりたいと頑張ることができました。

また看護学校での実習や国試に耐えてきたという思いもあったので、新人のうちに辞めるなんて3年間が勿体ないから頑張るしかない、早く一人前になるんだという気持ちが強かったです。

 

看護師
たなごころ「看護師になることは通過点だったため」
元々、看護師になりたくてなったわけではなく、「通過点」でしかなかったので、実際就職して、激務と緊張の毎日で厳しい職場でしたが目標があったので、辞めたいとは思わなかったです。

さらに、同期が多かったことも救いでした。日々、情報交換や愚痴を言い合っていたので、ストレス発散にもなっていて、同士として心強かったです。

 

辞めたいと思わなかった理由

先輩が優しかったことや、同期の看護師たちの仲間意識、ストレスを解消できたことが、辞めなかった理由にやっぱりつながりますね。

今苦しんでいる新人看護師1年目の方も対処方法を元に、頑張ってください。

 

4.看護師2年目で辞めたいと思った理由

看護師2年目で辞めたいと思った理由

1年目を乗り越えた、2年目看護師として辞めたいと感じる方は少なかったです。

辞めたい理由としては、

  • 仕事がしんどい・辛く疲れたため
  • 異動などの問題
  • 仕事内容の問題

などが挙げられました。2年目の辞めたいと思う理由は「仕事がしんどい」「疲れた」などの理由が一番多かったです。

 

(1)仕事がしんどい・辛く疲れ辞めたい

休みの日も勉強に追われ自分の時間がなく辞めたくなった

一年目はやめたいなどとは思いつきもせずにがむしゃらに過ぎていきましたが、2年目になっても休みの日も勉強に追われ、自分の時間は殆どなく、辞めたら楽になるのかな~と常に感じていました。

女性看護師miyaさん

 

ケースレポートを書くことで辞めたいと思った

総合病院勤務であったため、2年目の時にはケースレポートを書くことが必須でした。

どうしてこの患者さんについて書きたいのかと師長にひたすら聞かれ、患者さんに承諾を得た後に、経過と共に看護介入しレポートにまとめ、アドバイザーに訂正してもらい、カンファレンスで発表するも、言いたいことがわからないなどといわれ何度も書き直しをすることがありました。

通常勤務している上の仕事だったので辛く辞めたくなりました。

女性看護師cocoさん

 

(2)異動などの問題で辞めたい

異動によりショックを感じて辞めたくなった

看護師の仕事に慣れてきた1年目の終わり頃に、異動を命じられました。これからこの部署で頑張ろうと意気込んでいたところだったので、とてもショックを受けました。

異動した部署は経験のない業務ばかりでした。2年目ということできちんとした教育もなく、ミスが続きました。

スタッフの方も厳しい人が多く、毎日辞めたいと思っていました。

女性看護師匿名さん

 

(3)仕事内容の問題で辞めたい

家庭との両立が難しく辞めたいと感じた

2年目は、仕事と家庭との両立が難しくなったから辞めたいと感じました。

上司は、前職を辞めて大学まで出て取った資格だからと止めてくれ、最終的には職場には、家庭もちが多く、同僚に弱音を吐いて、残業も少しずつ減らしてもらうよう配慮もされました。

女性看護師匿名さん

 

5.看護師3年目で辞めたいと思った理由

看護師3年目で辞めたいと思った理由

看護師3年目は一番「辞めたい」と思う看護師が多かった年代です。

そのため、辞めたい理由も様々ですが、3年目から4年目に変わるときに移動をさせる病院も多いことが分かりますね。

 

(1)人間関係の問題で辞めたい

上司が変わり働く環境が悪くなったため辞めたいと思った

ある施設で働いているときに、仕事自体は非常にやりがいがあり給与や福利厚生も満足していましたが、3年目のころに上司の異動があった後から仕事環境が一変しました。

どんなに小さなミスでも大声で皆の前で叱責され、仕事が終わっても残業を強いられたりとスタッフ皆の雰囲気が悪くなっていきました。

当時の私もかなり怒られていたほうで、仕事の意欲も少しずつ小さくなっていき、最終的には環境を変えるために転職することとなりました。

看護師くくるさん

 

上司と折り合いがつかず辞めたいと思った

入社当初から、ICUに配属になり、三交替勤務で、精神的にも体力的に疲労が蓄積し、限界を感じました。新人から中堅へさしかかる大事な時期に、上司に不条理なことで怒られ、その時の言葉もきつく、私は鬱になってしまいました。

精一杯やったつもりでも、上司のイメージするところと合致しなかった、事の流れはわかっているのですが、どうしてもショックな出来事を払拭できず、仕事に出るのも嫌になり、しばらく休暇をとりました。

このまま辞めたい!と思いました。

女性看護師しゃくやくさん

 

新人の頃には見えなかった人間関係が見えたため

新人のころには分からなかった人間関係がだんだんと見えてくるようになりました。

仕事ができない人にキツく当たるような状況や、主査クラスのスタッフの人間関係の悪さなどが仕事に影響が出るようになったため、働きにくさを感じました。

それに伴って、仕事が効率よく回らず時間外勤務も当然のような環境になっていったために辞めたいと思うようになりました。

女性看護師匿名さん

 

新人看護師と先輩看護師の板挟みに合った

看護師3年目でやめたくなった理由は、新人と先輩との板挟みです。

新人看護師からは頼られる一方、先輩看護師からは怒られる状況が多々ありました。

先輩看護師からは、新人看護師への指導について、もう少し厳しくしないとだめだと強く言われましたし、リーダーとしての責任やプリセプターの心構えのことも厳しく指導を受けました。

新人看護師の目の前で、怒鳴られることもあり、仕事への自信がなくなってきたある日のこと、辞めたいと思うようになってきました。

女性看護師匿名さん

 

(2)異動などの問題で辞めたい

自分が希望する病棟へ移動できなかったため

当時働いていた病院で私が4年目になる際に、新病院が完成し病棟配置が変更になる予定でした。

私は希望していた病棟があり、そこで新たな学びを得たいと思っていたのですが、直前でその構想がなくなってしまいました。

新病棟での経験や学んだことを元に大学院への進学を考えていましたが、変更となった病院編成では新たな経験や学びはできそうになかったため、このタイミングで病院を辞め大学院へ進学することを決めました。

看護師nnnさん

 

異動になったため辞めたいと思った

助産師としてお産の技術を磨きたいと思い就職したのにも関わらず、お産から離れたNICUへ異動となったため。

お産は経験できなくてもせめて妊婦、褥婦に関わる産科に居たいと思った。しかし、異動先の上司からNICUでも助産師としてできることはあることと周産期という大きな見方をするといい経験になると諭されたこと、辞めようと思えばいつでも辞められるのでその時既に異動していた同期と一緒に頑張ろうと思った。

 

異動を拒否したが無理だったため

3年目の時に内科病棟に移動することになり、外科で働きたかったため移動を拒否しましたが受け入れられませんでした。

そのため、辞めたいという気持ちが強くなりました。内科病棟で半年働きましたが、やはり外科で働きたかったため結婚を機に転職しました。

女性看護師ER看護師はるちっちさん

 

(3)仕事内容の問題で辞めたい

自身がない中で責任の重圧に耐えかねた

学生の時から、「就職して3年は働き、その働いたお金で留学する」という目標がありました。

働いている中で、臨床経験として3年は短いと先輩からのアドバイスがあったのですが、経験年数が増えるとその分責任の重さも比例していくことを感じ、自分がやりたいことではないような仕事もしなければいけないことや先輩方からの期待などにも不安もありました。

後輩への教育も任され、自信がない中で責任の重圧に耐えかねて辞めたいと感じ、結果退職しました。

女性看護師たなごころさん

 

プリセプターを任され不安になり辞めたくなった

3年目はプリセプターが始まり後輩を指導しなければいけなくなったからです。

今まで教えてもらっていた立場から急に教える立場に変わり、きちんと教えることができるか不安になり辞めたくなりました。

女性看護師匿名さん

 

看護を行うことが怖くなった

仕事に慣れた頃に職場の研修がありました。

実際に起きた医療事故をとりあげて、看護師の責任について討論するというものでした。

討論をしていくうちに、看護師の仕事が命を預かるとても責任の重いものであることを改めて感じ、看護を行うことがこわくなってしまい、辞めたいと思うようになりました。

女性看護師りりぃさん

 

(4)仕事がしんどい・辛く疲れ辞めたい

日々の看護における疲労感、無力感で辞めたくなった

新人の頃の夢中で頑張る時期を越え、後輩への学びや勤務帯リーダーの責任、院内の委員会活動などが増えて来る三年目の頃、日々の看護における疲労感、無力感の上、更にプレッシャーが加わっていっそのこと辞めてしまえば、今この抱えている辛さはなくなるのではないかと思いました。

でも、一つ一つ、自分に課せられている問題を抽出して、できるところから解決していくように努力を重ねることを繰り返し、次第に重圧が減りました。

女性看護師ゆりかさん

 

業務量に疲れ、もっと良い職場があるのではないかと考えたため

3年目になり、仕事にも慣れて一応後輩もいる時期です。そして、プリセプターや看護研究や重要な仕事を任されるようになってきています。

その業務量に疲れることや、もっと良い職場があるのではないかと模索中する時期でもあります。

同期も、3年目で退職する人も多くいたので、自分もそのような気持ちが大きくなりました。

女性看護師縄文縄子さん

 

毎日同じことの繰り返しに嫌気がさしたため

最初は一人前の看護師になりたくて頑張っていました。年数を重ねるごとに仕事に慣れ、なんとか一人前に仕事も回せるようになるのが3年目。

しかし、同時にやる気も枯れ果て、毎日同じことの繰り返しに嫌気を感じるように。

看護師を辞めたい、転職したいと思うようになりました。

同期や先輩に相談したところ、学会への参加や勉強会を勧めら、参加したところまだまだ自分の未熟さを痛感。一人前になった気がしていた自分が恥ずかしくなり、心を入れ替えて仕事に励みました。

女性看護師匿名さん

 

(5)給与や待遇の問題で辞めたい

勤務状況もきつくお給料が安いことにも不満だったため

奨学金をもらっていて3年のお礼奉公の契約で、かつ勤務状況がきつくお給料が安いことが不満で辞めたいと思いました。

3年働いていた中で新しくやりたいことも見つかり、そのやりたいことが勤務して来た病院には無い診療科だったので退職して転職を決意しました。

結局、スキルアップの為という理由でお礼奉公が終了した時点で退職しました。

女性看護師こむぎさん

 

残業が多く時間外手当もなかったため

残業が多いのに時間外手当てがなかったこと、休日でも委員会の仕事のために無給で出勤しなければならなかったことが辛かったです。

別の病院から来た看護師が堂々と時間外手当てを師長に直談判して了承されて不公平だと感じました。

看護師は辞めたくなかったので、別の病院で働くことを決意し、辞めることにしました。

女性看護師匿名さん

 

 

6.看護師4年目で辞めたいと思った理由

看護師4年目で辞めたいと思った理由

看護師4年目は3年目と違い、病院勤務の場合、リーダーの仕事や委員会の仕事なども増えるとともに責任も感じてくる時期です。

4年目看護師は、どんな時に辞めたいと感じるのでしょうか。

 

(1)仕事がしんどい・辛く疲れ辞めたい

業務ができるようになったのに忙しさは変わらないため

看護業務にも慣れてきてちょうど後輩も出来たころです。

いくら業務が出来るようになっても忙しさは変わらず、夜勤も仮眠がとれないほどでした。

何度も改善策を話し合ってもまとまらず先輩はいつもイライラし、八つ当たりされて悪循環に陥っていました。

女性看護師匿名さん

 

患者の死を目の当たりにすることで精神的負担になったため

高齢の患者さんが多くたくさんの死を経験することが精神的負担で、仕事を辞めたいと思いました。

精神的なストレス解消のためには習い事を始めたり美味しいものを食べに行ったりしました。

他には夜勤をしていた時は平日に休みを取りやすかった為、看護師の友人と予定を合わせて海外旅行に行っていました。

女性看護師匿名さん

 

(2)異動などの問題で辞めたい

部署異動でモチベーションが下がり辞めたいと思った

仕事に慣れてきた頃に病棟異動があり、自分に合わなかった部署のためモチベーションが下がり、仕事に行くのが嫌になっていました。

看護師4年目になると、責任が重くて仕事に対してのストレスが大きくなりました。

異動があるのは仕方のないことなので、周りのスタッフと仲良くするように努力して困った時は助けてもらえました。

スタッフの人間関係に恵まれると、仕事に徐々に慣れてきました。

女性看護師匿名さん

 

(3)職場環境の問題で辞めたい

違う病院で学びたいと思って辞めたいと感じたため

自分のスキルアップのため、ある程度仕事に慣れた頃、違う病院で学びたいと思い、自分の勤めていた病院を辞めたいと思いました。

実際、辞めようと決心し転職活動を内緒で行っていましたが、自分の希望する病院に採用されることが出来なかったため、病院を退職することなく継続して仕事をしていました。

女性看護師匿名さん

 

拘束時間がながくなるため辞めたいと思った

看護師4年目の時、職場の経営者が新しい検査を導入しようとしていました。

しかしスタッフの拘束時間が長くなることや安全性の確保に不安があったため経営者以外は反対していました。同じころ、ボーナスが減ったり休日出勤などもあり、職場への不満がたまっていました。

退職を考えましたが、経営者との話し合いの場を設けることが出来、結果待遇が改善されたので続けることが出来ました。

女性看護師匿名さん

 

7.看護師5年目で辞めたいと思った理由

看護師5年目で辞めたいと思った理由

看護師を5年目で辞めたいと思う理由の1つに看護師として自信がなくなったという意見も多かったのが特徴的でした。

5年目になると自分の実力も分かる年代になってくるため、力不足を感じる方も多いのではないでしょうか。

また、看護師5年目になると様々な理由で辞めたいと思う看護師も増えてきます。

 

(1)仕事内容の問題で辞めたい

責任の重さから辞めたいと感じた

チームリーダーや総リーダーなどを経験し、日常業務の責任を負うようになると、すべての判断責任と病棟のその日の責任が自分にあるという重さを感じるようになりました。

さらに、自信を失っていき辞めたいと感じました。

評価されて、期待されていると思うと頑張れる時と、その期待に応えられていないのではと自分で自分を追い詰めてしまうときがあります。

女性看護師匿名さん

 

看護師としての自信がなくなったため

5年目は私がトップの夜勤の時に患者さんが急変して亡くなってしまったことがありました。

急変時の医師への連絡が上手くできず医師から怒られてしまったため看護師としての自信がなくなり辞めたくなりました。

女性看護師匿名さん

 

(2)結婚のため辞めたい

結婚のためと離婚したことしか辞めていない

私が仕事を辞めたのは、結婚し、出産したためと、離婚したための二つしかありません。

辞めたいなと思ったら、その職場でやりがいを感じられるように自分から見直してみるのもよいかもしれません。

女性看護師くるみんさん

 

(3)その他の理由で辞めたい

家庭の両立ができないため

五年目に辞めたいと感じたときは結婚後すぐにすれ違いの生活で家事と両立できなかったからです。

結局、他にも求人は沢山出ていたので退職し別の職場に変わりました。

女性看護師Takaさん

 

 

8.看護師6年目で辞めたいと思った理由

看護師6年目で辞めたいと思った理由

看護師6年目になると中堅の看護師となり、様々な問題にもなれ、辞めたいと思うことは減ってくる傾向にあります。

しかし、異動や仕事内容への不満は6年目の看護師になると顕著に出てくることではないでしょうか。

 

異動などの問題で辞めたいと思った

仕事に楽しさが見いだせなくなった

当時、育休を開けて小児科に異動がありました。そもそも、小児科領域に興味がない上に、その科で上司となった師長を慕えない自分がいて、仕事に楽しさが見出せない状態でした。

さらに、自分の子供が熱を出し、なく我が子を実家にあずけ自分が仕事に出なければならなかった時は、自分の子を見ないでなんで人の子のお世話をしなければならないのかと涙が出てきて仕事を辞めたいという気持ちを持ちました。

そんな時は、前に所属していた科の慕っていた師長や主任に少し愚痴を聞いてもらって乗り越えていました。

女性看護師匿名さん

 

自分より下の世代から教えられるということが、苦痛で辞めたい

自分の転職で看護師5年目の時に手術室へ配属になりました。

それまでの仕事と全く別世界で、何もわからず、自分より下の世代から教えられるということが、苦痛で辞めたいと思っていました。

ですが、転職をしたのは自分なので、自己責任だと思い、とりあえず、その手術室で心臓血管外科の手術に着くまでは、辞めずに頑張ると目標を決めました。実際に、心臓血管外科の手術に着く頃には、手術室の仕事に慣れ、だんだん楽しくなったので、長く勤務することができました。具体的な目標はやっぱり頑張れると思います。

女性看護師匿名さん

 

仕事内容の問題で辞めたい

モチベーションが保てなくなった

仕事に慣れ、プリセプターやリーダー業務も経験し、看護師としてその部署で一通りの仕事ができるようになったとき、ちょうど師長が変わり職場の雰囲気も変わってきて、これからどうしようかなとモチベーションが保てなくなりました。

研究の成果を学会で発表するという新しい目標を決めてやる気を出したりしましたが、その後夫の転勤を機に辞めてしまいました。

女性看護師きっちょむさん

 

その他の理由で辞めたい

仕事が100%できないことがストレスになったため

仕事はいつも100%でしたいと思っていたので、独身の頃は全力で働き、休みは寝て過ごすという生活をしていました。

結婚を機に家のことをしなくてはならなくなると休む時間が減り、仕事中に「今、仕事中なのに力を抜いて、体力温存しているな・・・」と感じることがストレスになり、これが理由で辞めたいと思う様になりました。解消方法としては私が業務量を減らすため派遣へ転職をしました。勤務日数を減らせたので、満足です。

女性看護師Annaさん

 

 

まとめ

まとめ

看護師の年数別に辞めたい理由をアンケート調査すると、年齢別に様々な傾向が出てくることが分かりましたね。

看護師の皆様が共感できる部分はありましたでしょうか。

「辞めたい」と毎年思いながら10年働いているつわものの看護師の方もいらっしゃいました。

辞めたい場合の対処法は人それぞれですが、看護師として資格を取得しているなら有効活用しながら、自分が目指す看護や、楽しい働き方をしたいものですね。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

こんにちは、看護師転職ジョブを運営しているスタッフのmasaです。
看護師転職サイトには複数社インタビューに行き、転職を考える看護師の方の調査や、エージェントの実態など幅広く記事を執筆しています。
転職を考えている看護師の方、仕事に悩みを抱えている看護師の方に、看護師にまつわる情報を発信していきます。また、ニックネームがない看護師の記事もこちらに記載していきます。
当サイトの記事を読んでいただき、少しでも看護師の方の生活のプラスになることを、スタッフ一同、考えて執筆・配信しております。これからも多くのお役立ち情報を配信していきますので、是非よろしくお願いいたします。


カテゴリー:看護師辞めたい

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:masa
(公開日:)(編集日::2017年11月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。