著作者

Anna

現役看護師

Anna

( 看護師 )

ICUの看護師を辞めたいけど迷っている人へ!どのように決断する?

Anna
現役看護師 Anna
ICU 看護師 辞めたい

看護師のみなさんの中には、「念願叶ってICU配属になったものの、辛くてもう辞めたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、ひたすら勤務表に従って日勤と夜勤を繰り返していると、今後のことについてじっくり考える暇が無いという方も多いことでしょう。

そして、理由によってはICUを辞めることを保留した方が良い場合もあります。

ここでは今までの私のICU勤務経験から、やめるべきか否かをどのように決断するかをお伝えします。

1.ICUの看護師は誰もが挫折を経験している

挫折を感じてICUを辞めたいと思う女性看護師

ICUでの勤務はモニターや人工呼吸器など様々なアラームが鳴り、視覚と聴覚を刺激される中、不安に襲われ、常に緊張した状態が続きます。

また、緊迫した状況では医師・先輩看護師は語気を強めることもあり、さらには常に後ろから技術などをチェックされます。

「見られていなければ失敗せずにできるのに。今後ここでやっていけるのだろうか」と感じることもあるでしょう。

しかし、これはICUで働く誰もが通る道であり、少し怖い先輩でさえ実は挫折を経験したことがあるはずです。

少しの工夫やサポートがあれば、看護師にとってICUでの勤務は乗り越えられるものではないでしょうか。

 

2.まずは師長・信頼できる人に相談してみることが大切

師長に相談するICUの女性看護師

ICUを辞めるか迷っている看護師は、今抱えている問題や困っていることを明らかにしたうえで師長に相談してみましょう。

状況によっては夜勤など業務の負担を軽減してくれる可能性があります。

または、病棟の先輩など信頼できる人に話してみましょう。

一人で抱え込み鬱々とするよりも、人に話すことで簡単に解決することもある上、話すという行為自体がストレスを緩和してくれることもあります。

 

補足説明!

ポイント

話を聞かない、理解してくれない師長である場合、病院によっては教育担当の師長などメンタルサポートをしてくれる部署があるため、そこへ直接コンタクトをとってみるのも良いでしょう。

 

相談をする時の注意点

師長や信頼できる人に相談をする時には、

  • 突然相手に声をかけて相談し始めてはいけない
  • 「相談したいことがあるため、近日中に話す時間を作って欲しい」と相手の予定を確認する
  • ただの愚痴にならないように言葉を選ぶ

以上のことが必要です。

 

3.周囲と信頼関係を築くことで状況が変わることもある

手を重ねるICUの看護師と医師

特に経験が浅い看護師やICUに異動して間もない看護師は、できるだけ早く信頼関係を構築することで働きやすい環境を作ることができます。

  • 自分の機嫌が悪かったり相手の態度が嫌だと感じたりしても、社会人として謙虚な姿勢で接す
  • 初めはどんなに小さなことでもリーダーに報告と相談をする
  • できないことや分からないことはどんなに忙しくても必ず先輩に確認してから行う
  • 最初のうちは過度の染髪を避けるといった外見にも気を遣う

以上のことを、周りの看護師と信頼関係を築くために心がけましょう。

信頼関係を築くには小さな積み重ねとある程度の時間が必要ですが、必ず誰かが努力を見ていてくれるため、焦らずにどうすれば自分も相手も気持ちよく働けるかを考えていきましょう。

私がICU勤務を楽しいと思えるまで

私の場合は、周りの威圧的・懐疑的な態度と患者の容体の悪さに緊張しすぎて、この不穏な日々はいつまで続くのか、もう辞めてしまおうかと思うことが多々ありました。

しかし看護師3年目の頃から先輩看護師・医師らと信頼関係ができ始めると、チームの一員としての誇りややりがいを感じることができ、辞めたいと思っていたこともいつの間にか忘れて楽しく働くことができるようになっていました。

 

4.ICUを辞めない方がいい看護師とは

ICUを辞めることを止める女性看護師

ここからはICUを辞めない方がいい看護師について、本当に辞めてしまっても良いのかそれぞれご説明します。

 

ICUを辞めたい理由が漠然としている看護師

何が原因か分からないが辞めたいと思っている看護師は、経験を積めば次第に環境に慣れ、徐々に辞めたい気持ちは薄れていくことが多いです。

ICUを辞めたい理由が漠然としている看護師は、「これが原因だ」と明らかになるまで転職は保留にした方がよいでしょう。

どんな仕事をしていても漠然とした不安やなんとなく辞めたいと思うことは付きもので、今辞めてしまうと次の仕事で同じことでつまずき退職と転職を繰り返してしまう可能性があります。

 

ポイント!

ポイント

仕事日記をつけて、日々どのようなことに困っているか・どんな瞬間に辞めたいと思うかを書き出すことで、辞めたい理由が明らかになり、それに対する改善策を考えることで働きやすくなるでしょう。

 

技術・知識不足を叱責されている看護師

医療は日進月歩で、ICUでも新しい機器や治療法が絶えず入ってくるため、勉強や体力が追いつかず辞めたいと思う看護師もいるでしょう。

しかしこれは誰にとっても同じであり、遊んでいるように見える先輩も実は勉強をしています。

しばらく辛いかもしれませんが、どこの部署や病院でも技術と知識は必要であるため、これが原因で辞めるのは思いとどまる方が良いでしょう。

長く働いていると技術は必ず慣れていき、勉強のコツが分かるためプライベートと仕事のバランスが少しずつ取れるようになっていきます。

 

叱責された点については早めに勉強する

患者の安全のために、先輩看護師が技術や知識の確認をすることは当然のことです。

分からなくてその場で叱責されてしまったとしても、その日・その週のうちに調べておけば良いのです。

インターネットや本で調べてみて分からなければ「ここまでは調べて分かったけど、ここからが分からない」と先輩に質問することで、努力していることを見てもらえるチャンスになる上、知識を深めていくことができます。

 

人間関係が原因で辞めたいと思っている看護師

どこの職場でも、数人は怖い・嫌な人はいるものです。自分のための転職なら良いのですが、数人の嫌な人のためにするのは勿体無いことです。

そのため、人間関係が原因でICUを辞めたいと考えている看護師は転職を保留した方が良いでしょう。

もちろん悪質なパワーハラスメントであれば然るべきところに報告すべきです。

 

人間関係は時間が解決することが多い

私の経験から言うと、怖い・嫌な看護師も数年すれば異動していきますし、初めは怖くても数年すると仲良くなってしまうこともあります。

ぜひ看護師が習得すべき「アセスメント」を応用して、どんな時・何をするとその怖い人の機嫌が悪くなるのかを見極めて話しかけるタイミングを見つけましょう。

また、前述の通り患者を守るために厳しく指導するのは当然のことで、あなたが嫌いだから、人格を否定したいから厳しいのではないと割り切ることも大事です。

 

患者のためには厳しい態度であるべきと感じた

私が以前働いていたところはとても人間関係が良く、まるで仲良し友達グループのような環境でした。

しかし今考えると看護の質は低く、私が患者の家族だったら医療安全に厳しい方が安心して家族を任せられると断言できます。

 

5.ICUを辞めて転職した方がいい看護師とは

スーツを着たICUの女性看護師

一方、ICUを辞めて転職した方がいい看護師についてご説明します。

 

不眠など身体症状が出ている看護師

睡眠導入剤を使用しないと眠れないなど、仕事が原因で身体に不調をきたしている看護師は、上記の辞めない方が良い看護師に当てはまっているとしても、自分の体・心を守るため、辞職を躊躇する必要はありません。

転職し業務量の少ないあるいは体に負担の少ない職場で働き体調を整えた後、また別のICUや急性期病棟で奮闘している看護師もたくさんいます。

「今辞めてしまったら逃げることになる」と考えてしまわずに、思い切って転職した方が良いでしょう。

 

辞めた後のビジョンがしっかりしている看護師

ICUが希望の配属ではなかった場合や、勤務中に他に目指したいものが見つかった場合、転職を考えるでしょう。そして、

  • 次の目標がはっきりしている
  • それを達成するための資金力にある程度の目処がついている

この状態であれば、ICUを辞めて転職した方が良いです。

職場の人も、夢に向けて離職する人に対してはネガティブなイメージを持たずに応援してくれるため、自分の人生のため後悔しないよう早めに決断して良いでしょう。

 

勉強や努力に疲れた看護師

看護師がICUで勤務し続けるためにはある程度の勉強や努力することが求められ、プライベートの大半を勉強して過ごしているかもしれません。

この努力は必ず自分に返ってくるものですが、長期間続くと、疲れ果ててワークライフバランスを立て直したいと思うこともあるでしょう。

ICUなどでハードに働くことだけが人生ではありません

これ以上勉強や努力を続けられないと感じているのであれば、思い切って一旦ICUを離れて負担の少ない職場を探すのも良いかもしれません。

 

まとめ

辞めたい理由が、環境に慣れないから、理由が自分ではなく他人にある場合は次第に環境が変わることが予測されますし、のちに自分が後悔する可能性があるため辞めない方が良いでしょう。

一方で体と心のバランスが崩れているあるいは、自分で納得できる明らかな理由がある場合は転職を考えて良いでしょう。

「辞めたい、辞めたい」が口癖だった私が、いつの間にか辞めたいと言っている後輩に「もうちょっと頑張ってみようよ」と声をかけていると思うと不思議な気分です。

この記事がみなさんの納得のいく決断の参考になれば幸いです。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

コーヒー、紅茶そしてお酒が大好きな看護師です。思い立ったが吉日な性格で総合病院、大学病院、国際医療、訪問入浴やデイサービスを経験してきました。
「仕事なんて行きたくない、もう嫌だ」と思いながらも、忙しい1日が終わってお酒を飲んでいると「やっぱり好きだな」と感じてしまいます。今までの経験をお伝えし、どこかで誰かのお役に立てればと思います。


カテゴリー:看護師辞めたい

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:Anna
(公開日:)(編集日::2017年11月10日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。