著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

不妊症看護認定看護師の資格条件とおさえておきたいポイント5つ

kameko
看護師スタッフkameko
不妊症看護認定看護師について知っておきたい5つのポイント

少子化が進んでいる今、不妊治療は世間からも大きな関心が寄せられています。不妊治療を受ける人も年々増えていますが、不妊は非常にデリケートな問題であり、患者さんの中にはナイーブになっている人も少なくありません。そんな患者さんに対して看護師が取るべき対応は難しく、不用意な一言で傷つけてしまったり、負担に感じさせてしまったりすることもあります。不妊症看護認定看護師は、不妊症看護のスペシャリストとして、患者さんが嫌な思いをすることなく、前向きに治療に取り組めるようにサポートを行う必要があるのです。

このページではそんな不妊治療認定看護師について知っておきたいポイントをまとめていますので、現在認定看護師に資格取得について検討されている方はぜひ一読ください。

【不妊症看護認定看護師の資格取得条件】
●日本国の看護師免許を保有している
●実務経験が通算5年以上あること
●通算3年以上、不妊症患者の多い病棟または外来等での看護実績を有すること
●不妊症患者の看護を5例以上担当した実績を有すること
●現在、不妊症患者の多い病棟・外来等で勤務していることが望ましい
●日本看護協会が認定している認定看護師教育課程を修了(6ヶ月・615時間以上)
●認定審査(筆記試験)に合格
●認定看護師認定証交付・登録
●資格取得後は、5年毎に更新(書類審査)

参照サイト:日本看護協会:資格認定制度「認定看護師」より

【認定看護師資格取得にかかる最低限の費用】

入試検定料 約5万円
入学金 約5万円
授業料 約70万円
実習費 約10万円
認定審査費用 約5万円
認定費用 約5万円
合計約100万円

※ここに記載してある費用に加え、無給となる6ヶ月間の生活費用も考慮する必要があります。
認定看護師を目指す看護師の方は「認定看護師支援がある病院への看護師転職で知りたい6つのポイント」を確認してください。

1.不妊症看護認定看護師とは

不妊症看護認定看護師とは

不妊症看護認定看護師とは、不妊症に悩むカップルに対して行われる不妊治療について専門的な知識やスキルを持つことを認定された看護師です。不妊治療は非常にデリケートであり、治療に身体的・金銭的な負担が大きいこと、さらに治療しても妊娠に成功するという保証がないことから、精神的な負担を感じるカップルも少なくありません。不妊症看護認定看護師はそういったカップルを治療の面はもちろん、精神的にもサポートしていくのです。

不妊症看護認定看護師になっても、看護師として出来る業務は看護師免許の範囲内になります。専門領域におけるスキルが高いと認められているだけで、看護師として許されている以上のこと出来るわけではありません。しかし、病院によってはそのスキルの高さを信頼して、より重要な業務を任されることもあります。

 

2.不妊症看護認定看護師が職場で期待される役割

不妊症看護認定看護師期待役割

それでは次に、年々需要が高まっている不妊症認定看護師が職場で期待されている役割を見ていきましょう。

 

期待される役割①不妊治療に携わる看護師の教育

まず期待されるのが、他の看護師の教育です。不妊治療はデリケートな問題だけに、看護師の対処も非常に重要です。しかも、この場合は対応する看護師全員がある程度きちんとした対応ができないといけません。不妊症看護認定看護師だけが適切な対応ができても、他の看護師の質が低ければ意味がありませんし、極端なことを言えば、ほとんどの看護師が質の高い看護を行っていても、1人の看護師が言った無意識な一言で台無しになってしまうこともあります。

 

期待される役割②病院全体の不妊症看護のスキルアップ

また、不妊症治療は今や世間からも非常に注目されており、その技術革新やケアの向上が求められています。不妊症看護認定看護師は、地域や他の病院の看護師と連携を取ながら、不妊症の解消や不妊症に悩む人への対処などにいて意見交換を行ったり、勉強会に参加したりと、情報を共有しながらスキルアップを行っています。不妊症看護認定看護師のスキルアップが、病院全体のスキルアップにもつながっているのです。

 

3.不妊症看護認定看護師に必要な資質

不妊症看護認定看護師資質

不妊症看護認定看護師は、認定看護師の中でもまだまだ非常に数が少ない分野です。しかし時代の流れを考慮すると、今後不妊症認定看護師の数が増えていくことは予想できそうです。そんな不妊症看護認定看護師にはどのような資質が必要なのか確認していきましょう。

 

必要な資質①対応力がある

不妊症認定看護師に求められる資質は、やはり相手に合せた適切なコミュニケーションがとれる人でしょう。不妊症は非常にデリケートな問題で、不妊症に悩むカップル、特に女性はナーバスになっていることが多いです。不妊症認定看護師は、そんな不妊症に悩むカップルに親身になって寄り添い、サポートをするのがその役割です。相手によって適切な対応が取れることが、不妊症認定看護師には必要でしょう。

 

必要な資質②向上心がある

また、不妊治療に関する知識ももちろん必要です。認定看護師を目指す過程で、教育機関で勉強することが義務付けられますので、もちろん不妊治療に関する知識は十分に得た上で認定試験を受けるのですが、不妊に関する研究は今も続いており、新しい治療法などもどんどん導入されています。また、不妊症認定看護師は常に模範的な不妊ケアを行う必要があるため、資格取得後も勉強を続けなければなりません。

 

4.不妊症看護認定看護師のメリット

不妊症看護認定看護師メリット

不妊治療認定看護師は、個々の夫婦に合った情報提供を行い、治療方法の自己決定をサポートし、ゴールを目指して一緒になって治療に取り組むことになります。そのため他の分野と比較すると患者さんとの一体感を得られる瞬間が多く、そういった面がこの資格のメリットだと言えそうです。また、日々研究が進む話題の最新の不妊治療に携われる面も、人によってはメリットになるでしょう。

 

5.不妊症看護認定看護師の将来性

不妊症看護認定看護師将来性

今後、少子化が進行するとニーズが高まることが予想されるため、さらに採用を希望する病院がふえる可能性のほうが高いです。その点では、不妊症看護認定看護師は非常に将来性のある資格だと言えるでしょう。転職先に困ることはありませんし、かなりの好条件で迎えられることも考えられます。

 

まとめ

不妊治療の現場で働くことは、もちろん良いことばかりではなく、時にはやりきれなさを感じる場面も少なくありません。しかし、そうやって患者さんに深く寄り添えることに強くやりがいを持つことが出来るのは間違いないでしょう。現在、不妊治療に携わっており、今後更に自分のスキルを磨き、不妊治療に関する学びを深めたいと考える人にはぜひ取得していただきたい資格です。

認定看護師を目指す看護師の方は「認定看護師支援がある病院への看護師転職で知りたい6つのポイント」を確認してください。

看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:認定看護師の資格

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年11月17日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。