著作者

aiko

現役看護師

aiko

( 看護師 )

統合医療の看護師求人の見つけ方と仕事内容

aiko
現役看護師 aiko
話し合う看護師

「統合医療って何だろう」・「東洋医学って少し怪しい気がする」というイメージを持つ看護師も多いでしょう。統合医療とは、東洋医学と西洋医学のどちらも否定する事なく、どちらからも良い部分を取り入れて患者主体の治療を実現することです。

医療機関全体でみると統合医療は少数派ですが、その分統合医療の治療方法を求めて全国から患者が集まり、統合医療で働く看護師は患者の思いに応えられるようにチームとして取り組むので、大きなやりがいを感じる職場です。

このページでは、統合医療の現場で働く看護師の仕事内容・必要なスキル・求人の見つけ方などをご紹介いたしますので、少しでも興味を持っていただければ幸いです。

 

1.統合医療で働く看護師の仕事内容

話し合う医師と看護師

統合医療の特徴は、西洋医学と東洋医学のどちらの根拠も大切にすることです。

初診時は患者の全身状態を把握するために、全身状態と生活習慣の丁寧な問診、舌診、自律神経のバランスチェック、採血や尿検査、心電図などの様々な検査を医師の指示のもと実施します。

アレルギーをもつ患者や免疫力が低下している患者が多いので、点滴・注射を行う際は消毒薬の選択や薬剤の副作用を慎重に確認し、処置中の観察も欠かしてはいけません。

また、どのクリニックでも必要な病院全体のマネジメント(カルテチェック・物品管理・在庫確認・物品発注・環境整備)も看護師の大切な仕事となります。

 

患者への生活指導

検査から患者の症状の原因を特定し、必要に応じて漢方薬やサプリメントが処方されますが、生活習慣が同じままでは根本的な解決とは言えません。

そのため、統合医療の看護師は日頃の食事・運動・睡眠等について患者に詳しく聞き、本人がどうしたいか、どうなりたいかの目標に向けて支援していきます。

生活指導としては、患者に必要な栄養素や避けてほしい食材を伝えたり、自律神経のバランスを整える体操やツボを紹介したりと多岐に渡ります。

 

2.統合医療の病院で働く看護師に必要なスキル

差し棒を持つ女性看護師

統合医療の病院で働く看護師は、患者の症状の観察、アセスメント、問題点の抽出など基本的な看護スキルが求められるのはもちろん、東洋医学の知識を持つことも大切です。

処方される漢方薬の効能の説明や生活上の注意点についてはマニュアルがあるため東洋医学の勉強は必須ではありません。

しかし、知識があると患者の状況に合わせて強調する部分や詳しく伝える部分などを組み立てていくことができるなど個別的な対応ができるため、日ごろから東洋医学の考え方を意識することが重要です。

 

コミュニケーションスキル

統合医療を扱う医院に来院する患者は比較的経過の長い患者が多く、初診時は既往歴や生活歴を聴取し医師との調整役も看護師が担います。

そのため、コミュニケーションスキルは、看護する上で最も必要なスキルと言えます。

統合医療の病院に来院する患者が今までにかかった病院数は、平均5~6件あるのでそれだけ悩み苦しみ、なんとか治りたいと思って来たという意識を忘れないように心がけましょう。

 

3.統合医療に向いている看護師

バインダーを抱える女性看護師

統合医療の現場で働くことが向いている看護師は、「東洋医学に興味がある看護師」でしょう。興味のある内容と仕事の内容がマッチしているので楽しく仕事をする事ができ、最高の環境となります。

統合医療を扱っている病院に来院する患者も東洋医学に興味があることが多く、患者が希望した治療を提供できるので安心感や満足感も得られやすいです。

 

患者の症状や訴えに向き合うことができる看護師

現在、原因不明と言われてドクターショッピングを繰り返していたり、慢性的に痛みや痒みといった症状に悩んでいたりなど、様々な患者がいます。

初診時は患者のプライバシーを守るため個室など話しやすい環境を用意し、様々な状態にある患者の思いに寄り添うことができなければなりません。

看護師が採血や点滴などをする際に、患者と接する機会があれば事前にカルテで既往歴を確認し本人の様子を観察、声かけを行うことが必要なため、患者としっかり向き合える看護師が向いています。

 

ポイント!

ポイント

看護師は、アレルギー疾患や自己免疫性疾患など、患者に多い疾患の症状を頭に入れておくことで、患者の生活を予測し話を膨らませることが出来ます。

 

治療変化に順応できる看護師

統合医療は、東洋医学と西洋医学、どちらの良い部分も取り入れて患者自身が主体となる治療を行うことを目的にしているので、常に治療内容は変化していきます。

治療変化に伴い、病院によっては月に1回全体勉強会があることや、仕事後30分程度その日にあったことをまとめる時間を設けている病院もあります。看護師間だけでなく、医師や検査技師など他職種との意見交換も重要となります。

そのため、治療内容の変化に順応できる必要があります。新しい知識を増やす事が好きな看護師にとっては最適の環境です。

 

4.統合医療の求人の見つけ方

タブレットで仕事を探す人

統合医療、つまり東洋医学を治療に取り入れていると掲げているクリニックや病院の求人は、看護師の求人の全体からみるとほんの一部であるのが現状です。

東洋医学と一言でいっても、漢方・鍼灸治療・気功など多岐に渡り、その他にも伝統医療のアーユルヴェーダやアロマテラピーなどを取り入れている病院もあります。

そのため、統合医療の求人を見つける際は自分がどんな治療に興味があり、学びたいかを明確にすることが大切です。

統合医療の求人の情報収集方法は大きく分けて2つあります。1つは看護師転職サイトの活用、もう1つは自分自身でインターネットなどを利用して情報収集する方法です。

統合医療は内科・皮膚科・婦人科で取り入れられていることが多いので、どちらの見つけ方を採用するにしてもチェックする科をこれら3つに絞ることが見つけ方のコツです。

 

看護師転職サイトを活用する

看護師転職サイトを活用すると、求人のある病院の検索がしやすく何よりアドバイザーの存在になります。

転職活動中は孤独との戦いになりますがアドバイザーの存在は心強く、支えとなるでしょう。

看護師が統合医療へ転職するためには、まず看護師転職サイトの病院検索に「漢方」「東洋医学」等というキーワードを入力して情報収集を開始し、気になる病院へ詳細情報を問い合わせましょう。

また、看護師転職サイトのアドバイザーに自分が希望する勤務条件を伝えておくことで、新たに求人が出た病院の情報を教えてもらうことが出来ます。

さらに、看護師転職サイトを活用することで給料や福利厚生といった個人では確認しにくい情報を知ることも可能です。

 

ポイント!

ポイント

転職サイトを利用することで、病院とのやり取りにアドバイザーが仲介に入りタイムラグが生じることがあります。

また、紹介してもらう病院の数は多いけれど希望に合う病院は少なく、条件に合わないと面接に至らない場合もあります。

 

自分自身で情報収集をする

自分自身でインターネットやSNSを利用して情報収集することで、看護師転職サイトでは求人をしていない医療機関に出会うことができます。

ホームページが魅力的であったり、メールマガジンを発行していたりと、「ここで働きたい」と思う病院を見つけた時は、まずホームページを隅々までチェックして看護師の求人が掲載されていないかを調べましょう。

意外なほど大半の病院で求人情報が載せてあり、問い合わせ先が掲載されています。

直接、病院とやり取りすることで病院の雰囲気も知ることができ、自分の熱意も伝えられるチャンスがあるので働き方も交渉可能です。

 

病院見学で治療方針を確認する

気になったクリニックや病院には、その職場の治療方針を知り考え方に共鳴するかどうかを確認しましょう。

そして、長く勤めていく上でとても重要になるため病院見学をお勧めします。

病院見学をする際は、自分の中で譲れない条件を明確にして質問内容をまとめていき、そして見学後には必ずお礼の連絡を入れましょう。

 

ポイント!

ポイント

自分自身で情報収集すると、個人として動くため後ろ盾がないことや、福利厚生等の情報を聞きにくいことがあります。

 

5.まとめ

私が東洋医学に興味を持つきっかけとなったのは、自分自身の成人性アトピー性皮膚炎でした。

ステロイド軟膏は使用していましたが、痒みは一向に収まらず、夜も眠れない生活を送っていましたが、ある日漢方薬局で日常の全てに漢方の考え方を取り入れて生活する「養生」という考え方を教えてもらい、漢方薬の内服と生活習慣の見直しで、成人性アトピー性皮膚炎の症状が和らぎました。

私のように東洋医学に興味のある看護師にとって、学びたい内容と仕事の内容が直結しているので何より嬉しく楽しいでしょう。

一般の病院でも漢方薬が処方されている場面は多くありますが、統合医療の現場でさらに漢方について勉強して看護に取り入れることができれば、より個別的なケアが可能になり、やりがいがうまれます。

統合医療について、少しでも興味が持った看護師はぜひ参考にしてみて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内総合病院に勤務後、保健師として在宅医療に携わりました。体調不良をきっかけに漢方を知り、現在は東洋医学を取り入れているクリニックで看護師として勤務しています。全ての女性が「身体の中から健康に、いきいきと美しく過ごす」をテーマに活動しています。
これまでの経験を活かして、少しでも皆さんのお役に立つことができればうれしいです。

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・東京都/29歳
職務経験 ・総合病院 ・地域包括支援センター ・クリニック
診療科経験 ・神経内科 ・皮膚科 ・消化器内科


カテゴリー:看護師転職のノウハウ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


(公開日:)(編集日::2017年06月05日)
当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。