著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

集中ケア認定看護師の資格条件とおさえておきたいポイント5つ

kameko
看護師スタッフkameko

近年の高度医療や救急医療の発展により、集中ケアに求められる役割は年々高くなっています。集中ケアに携わるスタッフは日々重い責任がのしかかることになりますが、特に若い看護師に人気の分野でもあるのです。このページでは、集中ケアのスペシャリストである集中ケア認定看護師について知っておいてほしいポイントをまとめています。現在、集中ケアに携わっている看護師の方はぜひ一読ください。

【集中ケア認定看護師の資格取得条件】

●日本国の看護師免許を保有している
●実務経験が通算5年以上あること(うち3年以上は集中ケアの実務経験
●日本看護協会が認定している認定看護師教育課程を修了(6ヶ月・615時間以上)
●認定審査(筆記試験)に合格
●認定看護師認定証交付・登録
●資格取得後は、5年毎に更新(書類審査)

※詳細については日本看護協会のHPをご確認ください。

参照サイト:日本看護協会:資格認定制度「認定看護師」より

 

【認定看護師資格取得にかかる最低限の費用】

入試検定料 約5万円
入学金 約5万円
授業料 約70万円
実習費 約10万円
認定審査費用 約5万円
認定費用 約5万円
 合計約100万円

※ここに記載してある費用に加え、無給となる6ヶ月間の生活費用も考慮する必要があります。
認定看護師を目指す看護師の方は「認定看護師支援がある病院への看護師転職で知りたい6つのポイント」を確認してください。

 

1.集中ケア認定看護師とは

集中ケア認定看護師

集中ケア認定看護師は、集中治療室など、命の危険がある患者さんのケアを専門的に学び、その知識とスキルの高さを認定された看護師になります。患者さんに対するケアはもちろん、その家族にたいするサポートも重要で、命の危険から混乱する家族もいますから、その家族に対しても親身にサポートを行い、信頼を得る必要があります。

他の認定看護師同様、集中ケア認定看護師も、その資格を取得することによって出来る業務が増えるわけではありません。ただし、スキルの高さや知識に対して信頼を得ることができ、任される仕事の幅は広がるでしょう。

 

定期的にカンファレンスや勉強会・知識や技術の指導などを行っていた

私が勤務していた病院には、集中治療部で活躍する集中ケア認定看護師がいました。

主に、超急性期である手術後の患者や、心肺蘇生後の患者などの看護を行っていました。知識の深さや、その専門性を活かして、チームの中心となることが多かったです。

また、院内では定期的にカンファレンスや勉強会をひらき、知識や技術の指導を行うことで、院内全体の、看護ケアの質の向上に取り組んでいました。院外の活動では、集中ケア認定看護師として、講演会などにも参加されていました。

看護師ぴーち看護師:ぴーち

2.集中ケア認定看護師が職場で期待される役割

集中ケア認定看護師に期待

認定看護師は、自分が高いスキルを持って看護を実践するだけでなく、そのスキルを同僚や後輩に伝えることで、集中治療室全体のスキルアップを図ることが求められています。

個別に指導を行うこともあれば、勉強会を開いて指導することもありますが、いずれにしてもケアの底上げは認定看護師に求められるケースが多いです。

 

3.集中ケア認定看護師に必要な資質

集中ケア認定看護師資質

集中ケア認定看護師には、高いコミュニケーションスキルも求められます。集中ケア認定看護師が対応するのは、集中ケアを受けている患者さんだけではありません。その家族への対応も、集中ケア認定看護師の仕事です。家族が命の危険があるということで、混乱したり取り乱す人も少なくありませんから、そんな家族の心に寄り添いながらも適切な説明を行い、治療に対する信頼を得ることが集中ケア認定看護師に求められる重要な資質です。

もちろん集中治療室は非常に忙しい勤務であることがほとんどなので集中ケア認定看護師には体力も必要ですし、激務でも前向きに仕事ができる精神力も必要です。

 

4.集中ケア認定看護師のメリット

集中ケア認定看護師メリット

高度医療や救急医療の発展により、集中ケア認定看護師に求められる役割は年々大きくなっています。そんな集中ケア認定看護師にはどのようなメリットがあるのか見てみましょう。

 

より自信をもって高度な処置を行うことができる

集中ケアは、命の危険がある患者さんへのケアが基本ですから、ひとつひとつの処置に神経を使うことが多いです。自信のない看護師だと、そのストレスだけで疲れてしまいます。しかし、集中ケア認定看護師になるということは、それだけ知識をつけたり実習をしたりするわけですから、より自信を持って処置にあたることができます。よくわからないから不安に感じる処置でも、どうしてその処置が必要なのか、それを施すことでどうなるのかなど、しっかり知識をつけることで安心してケアにあたることができるでしょう。

 

病院内での活躍の場が広い

集中ケア認定看護師は、集中治療室だけでなく救急救命センターや救急外来などにも活躍の場が広がります。救急を設けている病院は多いので、勤務先の幅はかなり広がると言ってよいでしょう。

 

かなり転職に有利!

集中治療室での看護は、スピードと正確性、さらには家族との緊密なコミュニケーションを必要とします。しかも患者さんは命の危険がある状態ですから、常にそういった緊張感もあるのです。集中ケア認定看護師は、そういった集中治療室での看護のスペシャリストですから、どの病院でも非常にニーズが高く、採用される確率は非常に高くなるのです。そのため、求人が出ていない場合でも、集中ケア認定看護師が応募すると、採用されることは少なくありません。それくらい、多くの病院で必要とされているのです。

 

5.集中ケア認定看護師の将来性

集中ケア認定看護師将来性

集中ケア認定看護師は、認定看護師の中ではそれほど少ないわけでは有りませんが、必要としている病院に対してはまだまだ数が少ないため、求人の数は非常に多いです。今後人数が増えていくにしても、すぐに充足するとは考えにくいため、将来性については非常に有望な資格だと言えるでしょう。

救急など、迅速で適切な処置が必要な部署では、集中ケア認定看護師のニーズは高く、出来ることなら採用したいと考える病院は多いです。

 

まとめ

集中ケアはどこの病院でも大体‘花形’とされているのではないでしょうか。もちろん、やりがいや充分にあるはずですが、常に緊張を強いられる環境であるためにバーンアウトしてしまう看護師も少なくないのが現状です。

しかし、もしあなたが集中ケアの看護に対して強くやりがいを感じ、そこでの働きかたが自分に合っていると思えるのであれば、ぜひ集中ケア認定看護師の資格にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

認定看護師を目指す看護師の方は「認定看護師支援がある病院への看護師転職で知りたい6つのポイント」を確認してください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:認定看護師の資格


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年09月07日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。