著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

ICU(集中治療室)看護師転職|ICUに転職する看護師のメリット!

kameko
看護師スタッフkameko
ICU看護師転職

看護師がICUの転職を考える場合、注意したいことは下記です。

  • 科を超えた幅広いスキルが必要
  • 科を超えた幅広いスキルが身につく
  • 仕事は精神的にハード
  • ICUは常に緊張感が漂う現場である

キャリアアップとスキルアップに最適なICUですが、スキルが身につく変わりに仕事がハードだったり、精神的に辛かったりなどのデメリットはあります。それでもやりがいも含めてICUに一度は転職してみたいですね。しっかりチェックしましょう。

1.ICU(集中治療室)で働く看護師に必要なスキル

ICUスキル

ICU(集中治療室)で働く看護師に必要とされるスキルは、何より緊急時に的確な処置ができるということです。重症の患者や手術後の患者のケアを集中的に行って、状態の改善を図るICUでは、常に生命を意識した働きが求められます。

 

ICUの看護師に「正確性」が求められる

医師の診断や施術はもちろんですが、看護師が処置をミスすることでも生命の危機につながるので、非常に「正確性」が求められる現場ではあります。

患者には多くの計器が繋がれ、状態によっては警報音が鳴って速やかな処置が求められますが、そんな中でも落ち着いて的確な処置をしていかなければなりません。

 

科を超えた幅広い知識とアセスメント力

ICUは科ごとに設けられているわけではなく、あらゆる科の患者のケアを行うのが原則です。そのため、看護師にも科を超えた幅広いスキルが必要とされます。

生命を維持し、状態を把握するためにいくつもの器械が使われますので、そういった器械の使い方も覚えなければなりませんし、心電図もある程度は読めるようにしておかなければなりません。

 

2.ICU(集中治療室)に転職する看護師のメリット

ICUメリット

看護師として確実にスキルアップできる!

それだけに、医療の現場で働いているという実感も大きく、やりがいを感じる看護師も多いでしょう。転職しすぐにはテキパキ動けないかもしれませんが、数年勤めれば緊急事態にも落ち着いて対処できるだけのスキルが身につきますし、計器や心電図の読み方も覚えることができます。

他の科で勤務するのに対して、短期間に驚くほどのスキルアップができるのがICUで働く看護師のメリットです。

ICUの看護師は急変対応に強くなる!

ICUは常に「急変」隣り合わせの現場です。そのため、そこで働く看護師は必然的に急変対応に強くなります。そして急変対応を冷静に行える看護師は、今後どこの職場に行っても重宝されるに違いありません。

 

一般病棟よりも残業が少ない

ICUでは日勤の場合、看護師1人につき最大1~2人の患者しか担当しません。もちろん、それだけ緊急性の高い患者を看ているということなので、勤務が終わる頃には心身ともに疲労感でいっぱいですが、一般病棟の看護師よりは格段に残業が少ないのです。

 

嬉しいことは?

ポイント

実際のところ重症患者が多いので、そのまま快方に向かわないケースもありますが、一般病棟に移れるまでに回復するとなると、はじめの段階に比べると回復度はかなりのものです。患者の回復にやりがいを実感する看護師にとっては嬉しい瞬間になるでしょう。

 

3.ICU(集中治療室)に転職する看護師のデメリット

ICUデメリット

仕事のハード感はいなめない

ICU(集中治療室)に転職する看護師のデメリットは、やはりその仕事のハードさでしょう。一瞬の判断が命に関わるICUでは、まず前提としてそこで使われる器具や器械について確実に覚えてしまわなければなりません。

 

仕事中は常に緊張感に晒されている

ICUの看護師は、頻繁に起こる緊急事態に対処するために、気が休まるときはありませんし、何かあれば素早く決断を下し、フットワーク軽く的確な処置をすることも求められます。

もちろん命を預かるという点でもプレッシャーは大きく、ミスをすれば命に関わる状態で毎日働くということは、やりがいがある反面大きなストレスにもなりえます。

 

冷静さを欠いた家族の対応は苦労が大きい

重症患者が多いということは、患者だけでなく患者の家族のストレスも大きいということです。命の危険がある状態なので、家族も冷静さを欠いていることも多いですし、看護師としてはそんな家族も支える必要がありますから、相手がどんな状態でも落ち着いてコミュニケーションを取る力が求められます。

こうした家族との関わりを負担に感じる看護師も多く、そのストレスが大きくなりがちなICUでは、デメリットと考えられているのも現状です。

 

4.ICU(集中治療室)看護師求人を探す場合

ICU求人を探す

ICUの看護師求人を探す場合は、なるべく家から近めの求人で、その他福利厚生、給与・年収が良いところを吟味して転職することがおすすめです。人間関係も多少ありますが、気にしているヒマがないぐらい忙しい場合もありますし、病院が忙しい場合は団結力も出ます。

だからこそ、仕事内容以外の条件をはっきりとさせることが重要です。

看護師求人サイトを複数登録して、求人を比較しましょう。

 

面接の際に確実な「取り決め」を交わすことも重要

ICUは総合病院にしか配置されていません。そのため、面接などの際に正式な取り決めをしておかないと、後になって「言った・言わない」のトラブルになりがちです。実際、曖昧な話し合いのまま入職した結果、全く希望しない部署に配置されすぐに退職した看護師もいます。

 

まとめ

基本的にはチームによるクリティカルケアになりますので、患者ひとりひとりの状態に応じて策定されたスケジュールによって処置が行われることになります。

そのため、急変がなければやるべきことは決まっているのですが、とにかく緊急事態の起こりやすい部署になりますので、緊急時の処置については確実にスキルアップすることができるでしょう。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師業務内容の特徴


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年06月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

2 コメント・感想

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。