内科混合病棟への看護師転職!必要スキルとメリット・デメリット

内科混合病棟で働く女性看護師

内科混合病棟とは、

  • 呼吸器
  • 循環器
  • 内分泌
  • 神経科

等のあらゆる疾患の分野の患者を外科処置とは対象的に、保存的・対処療法によって治療を進めていくところです。

特に専門病院の役割を担わざるを得ない地方の病院では、混合病棟が存在するところも多いです。

地方の混合病棟では、設備も限られており病院全体で様々な患者の受け入れとベッド調整など、適切な処置を行うべく、看護師は日々他職種や病棟責任者間で連携を図っています

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.内科混合病棟で働く看護師が必要なスキル

点滴を用意する看護師

内科混合病棟には様々な疾患の患者がいるため、必要とされる技術も多種多様です。

内科の病棟では一般的に、

  • 点滴
  • 注射
  • バイタルサイン
  • 中心静脈栄養の挿入介助とその後の管理
  • 経鼻・胃瘻からの栄養管理
  • 急変時の対応

等が挙げられますが、混合病棟となると他にもたくさんあります。

 

多方面から医療的アプローチができるスキル

広く様々な患者が入院する混合病棟では、多方面からの医療的アプローチが必要です。

神経内科の脳卒中の患者・24時間の血圧モニタリングを始めとした全身状態の観察
(急性期患者の場合)
糖尿病患者 ・時間ごとの採血
・インスリン注射の指導
(退院が近い患者の場合)
呼吸器科の肺炎の高齢患者・痰の吸引
・夜間c-papを使った呼吸管理
(呼吸不全が著しい患者の場合)
循環器科で入院している患者・心電図モニタリング
・ペースメーカー植え込み後の管理

特に心電図は、看護師が異常派形にいち早く気づき主治医へ報告・指示を仰ぐ事が重要です。

 

ポイント!

ポイント

内科混合病棟では、各疾患の治療ポイントを押さえると同時に、より細かな洞察力や観察力も重要になります。

 

2.内科混合病棟で働く看護師のメリット

患者と関わる女性看護師

内科混合病棟では、行わなければならない技術がとにかく多いため、中堅看護師にさしかかるあたりで、おおよその内科における看護技術はマスターできます。

最初は、習得するまでが大変ですが仮に他の病院に移ることになっても、自信をもって転職できることがメリットです。

 

患者とじっくり関わることができる

内科は長期入院となる患者も多く、看護師は比較的じっくりと患者に関わることができるため患者から不安なことや病気に関すること等の訴えがあったときは、看護師が傾聴して言葉をかけます。

患者の話を傾聴し言葉をかけた時に患者が、

  • 安心した笑顔をした時
  • 「また話ができたらいいね。」と言ってくれた時

等、少し患者の心に寄り添うことができたのかなと気持ちが温かくなります

 

家族・友人の健康相談窓口になることができる

専門的な疾患については、医者に行くことを勧めますが看護師として働くようになると親族や友人から健康相談を受けることが増えてくるでしょう。

相談を持ちかけられた場合でも内科での経験を活かしてある程度のアドバイスができ、周りの人に頼りにされることがメリットと言えます。

 

3.内科混合病棟で働く看護師のデメリット

休憩する女性看護師

混合病棟の看護師だけが忙しいというわけではありませんが、先述の通りこなさなくてはならないことが1日の内にたくさんあります。

 

休憩時間が十分に確保できない

時間でやらなくてはならないことがある場合は、自分の休憩時間を返上して患者の元へ向かいます

内科混合病棟には、様々な疾患の患者が入院しているため、

  • 医師の回診時には看護師からの状態報告
  • 医師の回診後には医師からの新たな指示

を受けます。

一息つくのも束の間、また別の専門医の回診がやってきて状態報告をするため、十分に休憩時間を確保できません。

 

栄養が偏る・早食いになる

看護師は、貴重な昼休みに急いで簡単なものを食べることが多いため、おにぎりやパン、カップラーメン等になりがちです。

お弁当は、食べるのに時間がかかるため持ってきている看護師はあまりいないでしょう。

 

日々自主的な勉強が必要

内科混合病棟で働く看護師が胸腔ドレーンやドレナージの手技を1度見たからと言って、次に完璧に医師のサポートができるわけではありません。

頻度が比較的少ない医療技術については、

  • メモをとる
  • 復習をする

など自分で学習をして習得していく必要があります。

働きながらも、技術や知識を自分のものにしていくことは、日々の業務に追われる看護師にとっては大変なことかもしれませんが、1つ1つの積み重ねがより成長させてくれるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

夜勤中は、スタッフの数も少なく自分の持ち場を看る事が優先のため、看護師は他のスタッフに頼らずに施術の介助を行う事を余儀なくされる場合がほとんどです。

 

4.まとめ

内科混合病棟は、休む暇もない程に忙しく多様な疾患の患者の加療にあたり、多くの知識と技術も必要とされます。

そのため、看護師にとっては日々仕事の中で多くの事を学び自分の糧としていくことが重要です。

大変さはありますが、内科混合病棟で得た全ての経験が基盤となり今後看護師を続けていくとき必ず役に立つことでしょう。

内科混合病棟での技術の多さと多様な疾患をもつ患者に不安になることもありますが、1つ1つの技術にきちんと向き合って、自分のものにすることで看護師としての自信につながるでしょう。

「看護師としてスキルを磨き成長したい」と考えるのであれば、是非内科混合病棟での勤務も選択肢の1つとして考えてみて下さい。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

ランキング1位  ‣看護のお仕事
(4.00) 24件
(全国対応)(求人12万件以上)
ランキング2位  ‣ナースではたらこ
(3.96) 26件
(全国対応)(担当質高・求人数高)
ランキング3位  ‣マイナビ看護師
(3.72) 25件
(全国対応)(担当者質高)
ランキング4位  ‣ナース人材バンク
(3.52) 21件
(全国対応)(求人数高)
ランキング5位  ‣MCナースネット
(3.48) 25件
(全国対応)(派遣・単発)

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。