著作者

sayo

現役看護師

sayo

( 看護師 )

内科への看護師転職に注意したいメリット・デメリット

sayo
現役看護師sayo
内科の看護師転職

内科の看護師といえば外科に比べてゆっくり仕事をしている、患者とじっくり関わることができるというイメージを持っている看護師も多いのではないでしょうか。

内科といっても診療科によって多少の違いはありますが、内科で働く看護師の仕事内容や役割、転職するメリット・デメリット、求人を探す注意点について詳しく説明していきます。

1.内科で働く看護師のやりがいと仕事内容

内科の看護師の仕事内容は外科などの他の診療科の仕事内容とほとんど同じとなり、一般的な看護師の仕事(日々バイタルサイン測定や患者の状態を観察して必要なケア)です。

 

(1)内科看護師のやりがいとは?

内科看護師のやりがい

内科で働く看護師は、医師からの指示を実施するだけでなく患者への指導など自分たちで考えた看護を行うことができ、患者の反応から”やりがい”を感じることはとても多いです。

 

長く患者と関わることが内科看護師のやりがいへつながる!

内科の看護師は患者とのコミュニケーションや言動から患者の状態を把握しアセスメントを行い看護計画につなげていきます。

そして、長く患者と関わることが多いため、自分の看護がどう患者に影響したかなど自分の看護計画をしっかり評価する時間もあります

 

看護師が主体となり患者に働きかけることが多い

外科の疾患は状態を目で見て判断できることが多いですが、内科の疾患は違います。

内科では医師ではなく、看護師が主体となって患者に働きかけることが多いので患者と関係性を築き支援するという看護師としての力を発揮する場面が沢山あります

 

(2)一般的内科で働く看護師の仕事内容と1日

一般的内科で働く看護師の仕事内容と1日

内科の診療科や病院によって詳しいスケジュールは多少違ってきますが、一般的な内科での1日のスケジュールについて説明します。

 

日勤:内科病棟で働く看護師の1日

8:30〜9:00 ・情報収集
・夜勤者からの申し送り
・点滴の準備
9:00〜11:30 ・バイタルサイン測定、状態観察
・点滴交換
・検査の搬送、介助
・清潔ケア
・排泄介助、体位交換
11:30〜13:30 ・食事の準備・介助
・配薬
・交代で昼休憩
13:30〜14:00 ・カンファレンス
14:00〜17:00 ・バイタルサイン測定、状態観察
・点滴交換
・検査の搬送、介助
・清潔ケア
・排泄の介助、体位交換
・退院に向けての患者指導
・リーダー看護師への申し送り
17:00〜17:15 ・看護記録記載
・ナースコールの対応
・翌日の検査の説明

 

夜勤:内科病棟で働く看護師の1日

17:00〜17:30 ・情報収集
・日勤者からの申し送り
17:30〜19:00 ・点滴交換
・食事の準備・介助
・配薬
19:00〜21:00 ・バイタルサイン測定、状態観察
・点滴交換
・排泄介助、体位交換
21:00〜21:30 ・排泄介助、体位交換
・点滴確認
・就寝前の環境整備
・消灯
21:30〜5:00 ・1時間毎の巡回
・2時間毎のオムツ交換、体位交換
・ナースコールの対応
・交代で休憩
・点滴交換
・看護記録の記載
・早朝採血や早朝採尿などの検査の準備
5:00〜6:00  ・早朝採血、早朝採尿
6:00〜8:00 ・バイタルサイン測定、状態観察
・点滴交換
・排泄介助、体位交換
8:00〜8:30 ・食事の準備、介助
・配薬
・日勤者への申し送り
・看護記録記載

内科の仕事内容で特徴的なのが採血の検査が外科に比べてとても多いということです。

また、内科に入院している患者は退院しても自己管理をしていく必要がある疾患が多いので退院後も管理できるように患者家族に指導していく場面が多く、慢性的な疾患のため高齢者の患者が多く寝たきりの患者も多いので身の回りのケアが中心となります。

 

2.内科で働く看護師の役割を知っておこう!

内科で働く看護師の役割

内科で働く看護師の役割について、他の診療科にはない患者と看護師との関わり方を元に説明していきます。

 

(1)社会的背景を考慮しながら患者と関わる役割

内科は慢性期の患者が多く入院日数も長く高齢者の患者も多く、患者は入院しての治療が終了しても在宅へと繋がり長期の治療が必要になります。

そのため、内科で働く看護師は、長期間での患者との関わりが必要になり、在宅へと移行できるように患者や家族に退院指導することが多く、社会的背景を考慮しながら患者に関わる必要があり、看護師は大きな役割を担います。

 

(2)医師と患者の橋渡し的な役割

内科で働く看護師は、患者としっかりコミュニケーションをとり、患者の社会的背景や思いも理解した上で医師と患者の橋渡しとなるのが看護師の役割になります。

 

補足説明!

ポイント

入院が長いため患者とコミュニケーションをとる機会も多く、慢性的な疾患の場合長く身体的症状が続くことや入院が長いことから精神的ストレスもとても強くなります。

そのような患者の入院中の一番身近な存在が看護師となります。

 

(3)患者の在宅生活支援を行う役割

内科の疾患は治癒するまでに時間がかかり、ずっと病気と付き合っていく患者などが多いです。

そのため、患者は退院してからも自己管理が必要となり、それらを支援することが内科看護師の役割となります。

 

ポイント!

ポイント

看護師は入院中患者の状態観察だけでなく患者の生活習慣や思いを理解した上でその人その人に合った退院指導をすることが大事です。

 

3.内科で働く看護師に必要なスキル

患者の問診をする看護師

内科の特徴は、目に見えない箇所にある患部の治療を行うということです。

逆に、ちいさな街のクリニックの場合は、いわゆる「具合が悪い」人がすべて訪れることになるますので、幅広い知識が必要になります。

 

(1)患者の話をじっくり聴くことが出来る看護スキル

病棟の内科で働く場合、入院中の患者の一番身近な存在が看護師であり患者の不安が少しでも軽減するように患者の思いを聞き出すことが必要です。

そのため、内科で働く看護師は患者や家族の思いをじっくりと聞き、寄り添うことができる看護スキルが必要です。

 

補足説明!

ポイント

また、内科の看護師は患者の入院が長い分、コミュニケーションをとる時間も多くなります。

入院が長くなると患者や家族の精神的ストレスは強く、退院後も疾患と付き合っていかなければいけないことなどから不安はとても強くなります。

 

(2)採血の技術~数も量も多い~

採血の技術

内科で看護師として働く場合、内科の患者は外科に比べて採血がとても多いです。

退院までに定期的に採血がありますし、一度にとる採血の量も多いく、夜勤で行う早朝採血は外科に比べると倍以上多いことがあるので採血の技術は必ず必要です。

 

補足説明!

ポイント

また疾患が長期化することで血管が細くなり採血にしにくい患者も多く、働く上で採血のスキルは必要ですが、逆に内科で働くと採血のスキルも身につきます。

 

(3)患者1人1人に合わせた退院指導を行うスキル

内科の疾患の場合は、退院してから患者の自己管理が必要となる場合が多く、看護師として退院指導を行うスキルが必要となります。

 

患者の理解や生活習慣に合わせた指導を行う

内科で働く看護師は、入院中に患者1人1人に合った退院指導をしていくことが必要になります。

退院指導の説明も、ただ説明するだけでなく患者の理解力や生活習慣に合わせた指導が必要になります。

 

(4)ちょっとした状況の変化を感じるスキル

内科で働く看護師には、毎日の患者へのバイタルチェックや会話、顔色などからちょっとした状態の変化を読み取るスキルが必要です。

 

患者とのコミュニケーションが大切になる

このような患者の状態変化をいち早く察知するには、普段から患者としっかりコミュニケーションを取っておくこと大切となります。

そのため、ひとりひとりと時間をかけて看護をしたいという志向の看護師が内科への転職は向いているといえます。

 

4.内科に転職する看護師のメリット

ガッツポーズする看護師

先述した通り、基本的に内科は投薬治療で経過を看ていく診療科であるため、全体的に落ち着いた雰囲気で働くことができます。

 

(1)患者と深く関わることができる

内科の患者は慢性期の場合が多いので入院日数が長い場合や、入退院を繰り返すなど、看護師として患者と関わる時間がとても多くなります。

そのため、患者や家族の思いをきちんと聞きながら計画を立案・実施し修正しながら患者1人1人に合った看護計画を実施することができます。

 

補足説明!

ポイント

患者とも自然に顔見知りになるので名前を覚えてもらうことや、しっかりとコミュニケーションをとる時間が持てます。

 

(2)外科よりは落ち着いた環境で働ける

忙しいほうがやりがいを感じるという看護師は別ですが、そうでなければ看護師にとって内科は働きやすい職場になります。

 

クリニックであれば病棟よりもさらに処置が少なくなる

内科のクリニックなどの場合は、さらに行う処置が少なくなり、主な仕事が医師のサポートで、注射や点滴をする程度ということがほとんどです。

定期的に訪れる患者も多いので、ひとりひとりの患者とコミュニケーションを取って、経過をしっかり把握することが大切になります。

 

(3)退院支援がしっかりと行える

慢性期の疾患は退院してからも状態が悪化しないように自己管理が必要になる疾患が多く入院中から看護師が患者の理解力を確認しながら指導していきます。

他の診療科と違い、退院支援がしっかりと行えることもメリットといえます。

 

看護師としてのやりがいも感じやすい

内科で働く看護師は比較的入院期間が長く、ある程度時間をかけて患者の看護をするケースが多いため、看護師としてのやりがいを感じやすいのもメリットといえます。

 

補足説明!

ポイント

将来的に、地域で活躍したいと考えている看護師は、内科で経験を積むことをおすすめします。

 

5.内科に転職する看護師のデメリット

内科に転職する看護師のデメリット

内科のデメリットとして挙げられるのは、「日常の変化が少なく、治療よりも日常生活上の援助がメインとなる」点です。

ただし、これは外科と比較した場合の話であり、看護師によってはメリットにもなるかもしれません。

 

(1)患者の状態が回復するところをリアルに感じにくい

内科に転職する看護師のデメリットのひとつは、患者の状態が回復するところをリアルに感じにくいということでしょう。

 

補足説明!

ポイント

内科は患部が目に見えるわけではなく、投薬などによって時間をかけて患者を治療していくことが基本となります。

徐々に患者が元気になっていくとはいえ、外科のように明らかに治っていくというわけではありませんので看護師として患者の回復を感じにくいといえるでしょう。

 

(2)仕事はルーティン業務も多い

仕事はルーティン業務も多い

仕事の内容も比較的ルーティンな作業が多く、バイタルチェックの他は、医師の指示に応じて投薬を行ったり、注射を打ったりする程度となり、デメリットを感じる看護師も多いです。

 

治療よりも日常生活の援助の方が多い

内科には長期入院患者が多いため、治療よりも「日常生活の援助」の方がメインになることがあります。

 

(3)急変時対応の経験が少なくなる

外科に比べると患者が急変することも少ないため、緊急時の対応を経験することがとても少ないです。

そのため、急変対応のスキルが看護師として身に付かないことが内科への転職するデメリットといえます。

 

内科で長く働いた看護師は外科への転職は厳しい?

また、ゆっくりと患者とコミュニケーションを取りながら仕事をすることが多いので、内科で長く働いていると外科のような術後の管理のバタバタ忙しい職場ではなかなか対応できないということもあります。

 

6.内科への転職を考える看護師求人で注意すること

内科への転職を考える看護師求人で注意

内科へ看護師転職する場合の注意点を内科病棟と内科クリニックに分けて説明していきます。

 

(1)内科クリニックの看護師求人を探す場合の注意点

患者と深く関わりたいと思って内科を選ぶ人はクリニックの求人は注意しましょう。

内科のクリニックの場合は、看護師の役割は事務仕事や医師の診察の介助のことがほとんどのため看護師が患者と深く関わることはほとんどありません。

 

補足説明!

ポイント

内科クリニックで働く看護師は決められた仕事を日々こなしていくというイメージです。

患者への必要な指導も医師が行なっていることも多いため、内科の看護を学びたいという人はクリニックの求人は注意しましょう。

 

(2)内科病棟の看護師求人を探す場合の注意点

内科といっても診療科によって行う看護や対象の患者は違うので内科の看護師でもどのようなことがしたいのかを考えて求人を選ぶと良いでしょう。

 

大きな病院だと内科の看護師は忙しい場合がある

総合病院などの大きな病院だと内科は緊急入院があり、難しい疾患の患者や急変する可能性のある患者がおりバタバタ忙しいことがあります

内科でも難しい疾患の経験を積みたいという看護師は良いですが、患者と深くじっくり関わりたいと思って内科を希望する人は大学病院のような大きな病院は注意しましょう。

 

まとめ

内科の看護師の仕事内容は一般的な看護師の仕事内容ですが、患者と深く関わることができ指導することも多いため自分の行なった看護がどうだったのか患者の反応を通して感じることができます。

しっかりと患者と関わることでとても看護師としてのやりがいを感じることができます。

内科の看護師として転職する場合もメリット・デメリットがあるので、

  • まず自分のしたい看護はどのような看護なのか
  • 自分の性格は内科看護師の仕事に合っているのか

などを考えて内科の看護師へ転職するか決めると良いでしょう。

(「外科と内科の看護師どっちが向いている?特徴とメリット・デメリット」の記事も参考にしてみてください。)

いずれにせよ、自身の性質に合った職場を選択することが、看護師転職成功の鍵です。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。
私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師に人気の科

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:sayo
(公開日:)(編集日::2017年12月04日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

2 コメント・感想

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。