著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

内科への看護師転職に注意したいメリット・デメリット

kameko
看護師スタッフkameko
内科の看護師転職

内科への看護師転職を考えた時に注意する点は以下の通りです。

  • クリニックの場合は夜勤なし
  • 一人一人と向き合いたい看護師に向いている
  • ルーティン業務が多い

などの注意点があります。内容を確認していきましょう。

1.内科で働く看護師に必要なスキル

患者の問診をする看護師

内科の特徴は、目に見えない箇所にある患部の治療を行うということです。だからこそ、以下のようなスキルが求められるのです。

 

ちょっとした状況の変化を感じるスキル

内科で働く看護師には、毎日のバイタルチェックや会話、顔色などからちょっとした状態の変化を読み取るスキルが必要です。

こうした状態の変化をいち早く察知するには、普段から患者さんとしっかりコミュニケーションを取っておくこと大切。そのため、ひとりひとりと時間をかけて看護をしたいという志向の人のほうが向いているかもしれません。

 

採血スキル

基本的に、内科は外科よりも採血検査が多いため、とにかく採血スキルは絶対に求められます。特に、内科クリニックで働く場合はなおさらのことですので、注意しておきましょう。
 

それぞれの診療科に合わせたスキルを磨くことも必要

総合病院などの場合は消化器内科や神経内科、循環器内科、腎臓内科、呼吸器内科など細かく分かれている場合が多いので、それぞれの病気に合わせたスキルを磨くことも必要になります。
 

注意点!

ポイント

逆に、ちいさな街のクリニックの場合は、いわゆる「具合が悪い」人がすべて訪れることになるますので、幅広い知識が必要になります。

 

2.内科に転職する看護師のメリット

ガッツポーズする看護師

先述した通り、基本的に内科は投薬治療で経過を看ていく診療科であるため、全体的に落ち着いた雰囲気で働くことができます。

 

看護師としてのやりがいを感じやすい

看護学生の頃から、患者さんと交流することをイメージして看護師を目指した人などは、外科だと物足りなさを感じることもあるのです。

一方、内科の場合は比較的入院期間がく、ある程度時間をかけて看護をするケースが多いめ、看護師としてのやりがいを感じやすいのも確かです。

 

外科よりは落ち着いた環境で働ける

忙しいほうがやりがいを感じるという人は別ですが、そうでなければ働きやすい職場になります。

看護研究をやりたいという人や、研究会に積極的に参加したいという人は、あまり忙しい科で勤務しているとそちらまで手が回らないケースもありまるから、内科で落ち着いて仕事をしながら研究を進めるほうがよいかもしれません。

 

クリニックであれば病棟よりもさらに処置が少なくなる

内科のクリニックなどの場合は、さらに行う処置が少なくなり、主な仕事が医師のサポートで、注射や点滴をする程度ということがほとんどです。定期的に訪れる患者さんも多いので、ひとりひとりの患者さんとコミュニケーションを取って、経過をしっかり把握することが大切になります。

 

病院以外へ転職した時にも役立つ知識が沢山得られる

看護師の職場は病院以外にも、企業・市役所・学校・老人福祉施設など、様々あります。このような病院以外の職場へ転職した場合、内科で得られた知識は必ず役に立ちます。

 

補足説明!

ポイント

将来的に、地域で活躍したいと考えている看護師は、内科で経験を積むことをおすすめします。

 

3.内科に転職する看護師のデメリット

内科デメリット
内科のデメリットとして挙げられるのは、「日常の変化が少なく、治療よりも日常生活上の援助がメインとなる」点です。ただし、これは外科と比較した場合の話であり、人によってはメリットにもなるかもしれません。
 

患者さんの状態が回復するところをリアルに感じにくい

内科に転職する看護師のデメリットのひとつは、患者さんの状態が回復するところをリアルに感じにくいということでしょう。

内科は患部が目に見えるわけではなく、投薬などによって時間をかけて治療するのが基本なので、徐々に元気になっていくとはいえ、外科のように明らかに治っていくというわけではありません。

 

仕事はルーティン業務も多い

仕事の内容も比較的ルーティンな作業が多く、バイタルチェックの他は、医師の指示に応じて投薬を行ったり、注射を打ったりする程度で、その合間に患者さんとコミュニケーションを取って病変に備えるのも大切な仕事です。ルーティンな作業が嫌ではないという人には向いている職場ですが、若い看護師の中には退屈に感じる人もいるようです。

 

治療よりも日常生活の援助の方が多い

先にも述べた通り、内科には長期入院患者が多いため、治療よりも「日常生活の援助」の方がメインになることがあります。そのため、「高度な医療知識を活かしたい!」という看護師にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

 

まとめ

看護師であれば一度は自分が外科向きか内科向きかを考えたことがあるでしょう。ケースバイケースではありますが、患者とゆっくり関わりながら看護をしていきたいという人は内科に向いています(詳しくは、「外科と内科の看護師どっちが向いている?特徴とメリット・デメリット」の記事も参考にしてみてください)。

一方、日々の業務に変化を求めるタイプの看護師は外科に向いていると言えるでしょう。いずれにせよ、自身の性質に合った職場を選択することが、転職成功の鍵です。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月27日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

1件の返信

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。