「がんセンター」への看護師転職体験談インタビュー

「がんセンター」への看護師転職インタビュー

現在、日本では「がんセンター」が全国に32箇所あり(2018年2月現在)、ここでは、がん患者に対し高度な「がん治療」が提供されています。

「がん看護」に携わったことのある看護師なら、1度は「がんセンター」について、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回は、ベテラン看護師の「ラビウサさん」に、「がんセンター」で勤務されたいた時のお話を伺いました。

【看護師紹介:「ラビウサ」さん】

看護師 ラビウサさん看護師をして20年以上の正看護師であり、がん看護専門看護師。がんセンターでは3年勤務、最初は消化器内科に配属。主に抗がん剤投管理と終末期患者さんのケアを行う。その後、部署異動で、腹部外科病棟で勤務し周術期ケアを中心に行い、結婚を機に退職。現在でも看護師を続けている。

執筆中の記事一覧 (注:写真はイメージ)

  • 資格:正看護師・がん看護専門看護師
  • 現在の年齢:40代前半
  • 雇用形態:正社員
  • 勤務:県立病院のがんセンター
  • 病床数: 503床


スタッフ

「がんセンターへ転職した経緯って教えてもらっても良いでしょうか。」


看護師ラビウサさん

『はい、最初は建物に一目ぼれでした(笑)。あそこの「がんセンター」で働けるなら、看護師も悪くないかなと思ったことがきっかけです。』


スタッフ

『「がんセンターの建物」って、またユニークですね!』


看護師ラビウサさん

『はい、ただ「がんセンター」で働きたいと思いを強く持ったのは、実習の時の患者さんとの出会いを通してですね。その時は、ただ何もできずに、そばにいることしかできなかったですから。』


スタッフ

『じゃあ、実際に働いてみたい!という希望を転職で叶えたわけですね。』


看護師ラビウサさん

「そうですね。」

【目次】を見る▼

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

Q1.看護師として「がんセンター」と一般的な総合病院との違いは何?

『「がんセンター」と一般的な総合病院との違いは、何といっても「がん治療」「緩和ケア」に看護師が集中できることが違います。』

がん医療に力を入れている総合病院であっても、入院中のがん患者さんの割合は2割程度という場合が多いのに対し、がんセンターはほぼ100%が「がん、又はがんの疑い」のある患者さんです。

そのため、がんセンターに勤める看護師の関心事も「がん治療・ケア」であり、ケア統一も難しくありません。

ですが、一般病院では、一人ひとりの看護師が関心のある疾患やケアが違うため、患者のケアへの温度差が大きく、ケアを統一することが難しいことが大きな違いだと思います。

 

Q:がんセンターの看護師は「意識が高い」人が多いのでしょうか?

『そうですね、がんセンターの看護師は皆「がん治療をサポートしていくのは医師ではなく看護師だ」という認識は持っていたように思います。』

その影響か、私は転職した先に常に「患者さんにとっての看護」を考える習慣は身についていました。

ただ、これが「意識が高い」というかどうかは、私にはよくわからないです。

 

Q:がんセンターでは看護師が学べる機会が多いのでしょうか?

看護師 ラビウサさん『がんセンターは「がん拠点病院」としての役割があるため、がん医療・ケアに関する勉強会は一般の総合病院よりも開催されています。』

ですから、自分が学びたいと思えば、他の病院よりも学ぶ機会が多いとは思います。

 

Q:がんセンターは、がん看護を極めたい人には最適な場だと思いますか?

『がん治療の最先端、基本を押さえたい看護師には、がんセンターはとても良い職場だと思います。』

また、がんセンターでは、まれながん腫や治療を担当する機会にも恵まれていますので、勉強になることは間違いないでしょう。

ただ、がんセンターには「がん以外は健康」という患者が多いため、様々な苦悩を抱きつつがん治療や緩和ケアを受ける患者さんの看護を極めるには、がんセンターではない病院の方が、がん看護をもっと広くとらえることができるかも知れません。

 

Q2.がんセンターの仕事で大変だった事、良かったことは?


スタッフ

では、実際にがんセンターで働いた時の感想について、お伺いさせていただきます。

 

Q:がんセンターでの看護師の仕事で大変だった事は何ですか?

『がんセンターでは、がん治療ができる患者を優先する面があり、治療を優先する医師と患者の病状に関するジレンマを感じることがありました。』

私が、がんセンターで勤務していた時は抗がん剤の副作用が今よりも強く、なおかつ、がん患者へのサポーティブケアが充実していない時期だったこともあり、「本当に治療すべきなのか?」という思いを抱くことがあり、辛かったことはあります。

 

Q:がんセンターで働いて良かったと思うのはどんな事ですか?

看護師 ラビウサさん『がんセンターで一つの疾患を深く学べたことはとても良かったと思います。』

看護師は医師と違い、専門科を学ぶ続けることは一般病院では難しい面があるので、数年間でも専門医療・専門看護を学ぶ機会を得たことは、看護を深める良い機会になりました。

また、私が、看護の原点と考える時期も、がんセンターの消化器内科病棟での経験ですので、がんセンターで働いたからこそ、今の自分があると思っています。

 

Q:がんセンターの経験は、看護師人生にどのような影響を与えましたか?

看護師 ラビウサさん『患者を擁護するのは看護師しかいないと、教えてもらいました。』

がんセンターでは、患者やご家族の辛さを前に「先生に聞いてください」と逃げなかった先輩看護師の姿を見て育ったため、倫理的に問題があると感じた時は、声を上げる勇気も持てるようになりました。

 

「(がんセンターでの経験が)看護にこだわり続ける、私の原点です。」

がんセンターに在職した年数は、その後の看護人生に比べたらとても短いものですが、自分の看護観や生き方が揺らぎそうになった時、「あの患者さん達に申し訳が立たない」と思い、頑張れています。看護にこだわり続ける、私の原点です。

 

Q3.がんセンターの看護師求人について教えてください


スタッフ

『「ラビウサさん」は、がんセンターの求人はどのようにして見つけたのでしょうか?』


看護師ラビウサさん

「私は県の職員として、がんセンターへ転職しました。私が転職した当時は、民間の病院の方が人気はあり、倍率は低かったので、私でも入れたのだと思っています。」


スタッフ

スタッフ:「そうだったのですね。ちなみに、がんセンターには、中途採用の看護師はどれくらいの割合でいたのでしょうか?」


看護師ラビウサさん

「私の時は、がんセンターの看護師で中途採用の方は、新入社員50名のうち5名程度でした。」


スタッフ

スタッフ:「それは、随分と少ないですね。」」


看護師ラビウサさん

「そうですね、でも今はもっと、中途採用の割合が多くなっているかもしれません。」


スタッフ

スタッフ:『「ラビウサさん」から見て、がんセンターの求人を探す時に注意した方がいい事は何だと思いますか?』


看護師ラビウサさん

「一般のスタッフとして働きたい場合には、特に注意することはないと思います。けれど、がん領域の認定看護師・専門看護師になるために転職する場合には、少し注意しておいた方が良いことがあります。」


スタッフ

スタッフ:「というと?」


看護師ラビウサさん

「がんセンターでは、認定看護師・専門看護師になるための進学に必要な、看護部面接が他の大学病院や綜合病院などよりも厳しく、推薦してもらえない場合もあるようです。また、たとえ認定看護師・専門看護師資格を有して転職しても、すでに先輩認定看護師・専門看護師が所属していることが多いので、自分の役割開発が難しいようです。」


スタッフ

スタッフ:『そうでしたか。では、がん領域の認定看護師・専門看護師の方やそれを目指している方は、「がんセンター」はあえて転職先の選択肢の中から外した方が良いこともあるのですね。』


看護師ラビウサさん

「はい、状況にもよりますが、そういった看護師の方は、よくよく検討した方が良いと思いますよ。」

 

最後に:メッセージをお願いします

がんセンターで働いて良かったことは、患者さんは治療経験を通して緩和ケアを受けていくことを知ることができたことです。

終末期だけでなく、積極的に治療を受けたいと希望する患者さんの思い・体験を知らないで、症状緩和だけを患者さんに提供しても、患者さんに受け入れてもらえないこともあります。

がんセンターは最新の医療・ケアを学ぶことができ、治療支援と緩和ケアの両方を学ぶことができます。

がん患者さんとの関わりに興味がある看護師の方は、数年間でもがんセンターの医療や護を学ぶことはその後の看護に役立つと思いますので、ぜひ、一度、働くことを前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

ランキング1位  ‣看護のお仕事
(4.00) 24件
(全国対応)(求人12万件以上)
ランキング2位  ‣ナースではたらこ
(3.96) 26件
(全国対応)(担当質高・求人数高)
ランキング3位  ‣マイナビ看護師
(3.72) 25件
(全国対応)(担当者質高)
ランキング4位  ‣ナース人材バンク
(3.52) 21件
(全国対応)(求人数高)
ランキング5位  ‣MCナースネット
(3.48) 25件
(全国対応)(派遣・単発)

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。