著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

訪問入浴の看護師バイトでの仕事内容って?体験談インタビュー!

公開:、更新:2018年09月12日
訪問入浴の看護師バイト

「訪問入浴のバイト、給料は良いけど大変そうだな・・・」と、懸念されている看護師は多いのではないでしょうか。

今回は、訪問入浴バイトの豊富な経験を持つ看護師の「小平 希さん」に、訪問入浴のお仕事の実態をインタビューしてきました。

訪問入浴の分野に興味がある看護師の方や、本業とは別に「単発バイト」を探されている方は、とても参考になると思います。

看護師紹介:「小平 希」さん

看護師小平 希さん看護短大を卒業後、看護大学に3年次編入。その頃、訪問入浴のバイトと出逢う。看護大学を卒業後は日本で看護師として3年間総合病院で働き、海外に住みたい夢を叶えるためオーストラリアに看護留学して、2017年に念願のオーストラリアの正看護師となる。日本の看護の良さを海外にもっと広めていきたいと思っている今日この頃。→執筆中の記事一覧 (注:写真はイメージです。)

  • 資格:正看護師
  • 年齢:30歳
  • 訪問入浴での雇用形態:アルバイト・非常勤
  • 訪問入浴での経験年数:2年


スタッフ

スタッフ『「小平 希さん」が、訪問入浴のバイトを始められた経緯を教えてください。』


看護師小平 希さん

小平 希さん:「私は看護短大を卒業後、看護大学に3年次編入をしました。大学編入時には既に看護師資格を持っていましたが、臨床経験はないため、看護師として出来る仕事が限られていました。その中の1つが訪問入浴であり、大学の先輩に勧められて始めました。」


スタッフ

スタッフ:「では、学生時代に、この訪問入浴のバイトをされていたのですね?」


看護師小平 希さん

小平 希さん:「そうです。また、訪問入浴のバイトの給料は普通の飲食店でバイトするよりは、お給料が良かったことと、訪問入浴の仕事の経験が大学卒業後、臨床に出た時に役立つと思ったことも、このバイトを始めた理由の一つです。」


スタッフ

スタッフ:「なるほど。ちなみに、訪問入浴のバイトの給料はどれくらいだったのですか?」


看護師小平 希さん

小平 希さん:「当時、私は訪問入浴のバイトで時給1800円前後もらっていました。」


スタッフ

スタッフ:「学生がやる飲食のバイトだと、せいぜい時給1200円位ですものね。」


看護師小平 希さん

小平 希さん:「はい、なので、当時のそのお給料には、とても満足していました。」

▼【目次】をチェックする

Q1.訪問入浴バイトの看護師の仕事内容について教えてください

看護師小平 希さん「訪問入浴のバイトでは、利用者の健康管理を仕事として行っていました。」

具体的には、訪問入浴の利用者の自宅に到着後、「バイタル測定」「入浴可否の判断「入浴補助」「更衣介助」「傷のガーゼ交換や褥瘡の処置」を行い、最後にそれらを「記録」をしていました。

一緒に働くのはドライバー兼ヘルパー1人、介護士1人です。ですから、看護師の私と含めて3人でチームになって1日大きな車で移動しながら仕事をおこなっていました。
 

(Q):訪問入浴は1日の何件ぐらい訪問しますか?


看護師makoさん

小平 希さん:「訪問入浴の訪問件数は、1日おおよそ7~8件でした。」


スタッフ

スタッフ:「結構訪問するんですね。私は1日5件程度だと思っていました。」


看護師makoさん

小平 希さん:「私も多いな!と思いました。訪問入浴の場合、1軒目の自宅で作業が遅れてしまうと、後がどんどん詰まってしまうので、時間管理はとても大切でした。」

 

(Q):看護師としての仕事での責任は重かったですか?

看護師小平 希さん「訪問入浴のバイトでは入浴可否の判断を看護師が行うため、確かに仕事での責任は重いですが、それが負担になることはありませんでした。」

また、私は訪問経験豊富な介護士やドライバーと組ませてもらっており、利用者の普段の状況を知り判断することも出来たので、それも良かったのだと思います。

 

(Q):訪問入浴のバイト時の服装はどうしていましたか?

看護師小平 希さん「訪問入浴のバイト先からのユニフォームはなく、自分で用意しました。」

上は白いポロシャツ、下は黒のパンツ(ジーンズではない生地)を自費で買いました。

自費購入なのは少し負担ですが、他のバイトにも使えるし、2セットほど持っていると仕事が連続で入った時に便利です。

靴は黒か白の靴ならなんでもよかったので私用の黒いスニーカーを履いていました。

 

(Q):訪問入浴は他の看護師バイトと比較して「楽」でしたか?

看護師小平 希さん「訪問入浴は他のバイトに比べて精神的には楽だったかもしれませんが、体力的にははっきり言ってキツイです。」

訪問入浴の利用者は介護度4または5と重度であり、ほぼ全介助が必要です。ヘルパーと介護士が主に入浴介助をしてくれますが、看護師もチームの一員であり、もちろん介助を行います。

よって、訪問入浴のバイトは他の単発バイトと比べると、キツイ仕事です。体力に自信がある人、腰痛がない人が向いています。

 

(Q):訪問入浴のバイトで何かトラブルはありましたか?

看護師小平 希さん「私が働いた訪問入浴の仕事での2年間は特に大きなトラブルはなかったです。」

お互い顔なじみの利用者と介護士は関係がとても良く、楽しい仕事でした。また、介護士やドライバーは派遣看護師の対応に慣れており、新人の私にも丁寧に教えてくれました。

 

「作業をするのに大変な場合はありました。」

これはトラブルではありませんが、訪問入浴のバイトでは様々な利用者の自宅に行くため、場所によっては家の中が散らかっていたり、掃除が行き届いていなかったりと、作業をするのに大変な場合はありました。

その時は先に部屋を片付けなくてはならず、入浴の時間が短くなってしまったことがありました。

 

(Q):訪問入浴のバイトの仕事で良かったことは?

看護師小平 希さん「利用者さんの笑顔を見ると体力的にキツイ仕事ですが、訪問入浴の仕事を行って良かったなと思います。」

利用者さんは、毎回お風呂をとても楽しみに待っています。

入浴後は別人のように笑顔になったり、たくさん話をしてくれたり、信頼関係を築けているのが分かりました。

また、利用者さんが派遣から来ている私のことを覚えてくれる時はとても嬉しかったです。

 

Q2.訪問入浴のバイト看護師求人の注意点とは?


スタッフ

スタッフ:「訪問入浴のバイト求人はどのように見つけられたのでしょうか?」


看護師makoさん

小平 希さん:「1つ学年が上の大学の先輩(編入4年生)に看護師専用の派遣会社を紹介してもらって、求人を見つけました。」


スタッフ

スタッフ:そうだったのですね!求人はすぐに見つかりましか?


看護師makoさん

小平 希さん:「そうですね、利用した派遣会社も、訪問入浴の求人数は沢山あったため、求人を見つけることに苦労はしませんでした。」


スタッフ

スタッフ『訪問入浴は「単発バイト」から始める人が多いと聞きますが、「小平 希さん」もそうされていたのでしょうか。』


看護師makoさん

小平 希さん:『はい、私も先輩のススメでそうしていました。最初の頃は、派遣会社から紹介していただいたた単発の訪問入浴バイトで経験を積んでいました。そして仕事に慣れてきた頃に、別の看護師転職サイトで紹介していただいた訪問入浴の事業所で「非常勤」として週に1回バイトするようになりました。』


スタッフ

スタッフ『ありがとうございます。現在であれば訪問入浴の単発バイトは、「MCナースネット」・「看護のお仕事」がお勧めです。非常勤として探すのであれば、「ナースではたらこ」なども利用してみてください。』

 

(Q):新卒の看護師が訪問入浴のバイトをしても問題ないと思いますか

看護師小平 希さん「私自身、臨床経験がないまま訪問入浴のバイトをしていましたので、結論的には問題はないと思います。」

訪問入浴のバイトでは、採血や点滴などの医療行為は求められませんし、褥瘡や傷の処置、バイタルサイン測定が出来れば問題なく働けます。

私は実際の訪問入浴の仕事をするまで褥瘡の処置をしたことがなかったのですが、仕事をやりながら覚えていくことができました。

 

「分からないことは分からないとはっきり主張できれば大丈夫」

というのも、初めてと2回目のバイトは同じ派遣会社の看護師と一緒に行い、看護師としての業務や利用者の情報を教えてらもいました。

また、説明だけではなく、実際に利用者の自宅へ行き、薬や記録の場所を教えてらもうことで次回以降はスムーズに仕事をすることができました。

よって3回目以降のバイトでひとり立ちした時もそれ程不安ではありませんでした。

派遣看護師を雇っている職場は基本的には新しい人には慣れているはずです。新卒であっても、分からないことは分からないとはっきり主張できれば、訪問入浴のバイトは大丈夫なはずです。

 

3.最後に:メッセージをお願いします

訪問入浴のバイトは、まずは単発の仕事から始めて徐々に慣れていくことをオススメします。

訪問入浴を行っている事業所によって仕事の内容や情報共有の仕方が異なるので、良い職場を選ぶためにも何か所か働いてみるといいでしょう。

また、体力的にキツイ仕事なので腰を痛めないように気をつけて下さい。

私は、腰痛予防のために私はピラティスのクラスに週に一回通っていました。おかげで訪問入浴の仕事で腰痛になったことはありません。

お風呂に入るのを楽しみに待っている利用者を喜ばせる訪問入浴の仕事は、とてもやりがいがありますので、ぜひより多くの看護師の方に興味を持ってもらいたいと思います。

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】


関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。