著作者

masa

看護師転職ジョブ

masa

( 運営スタッフ)

看護師の職務経歴書の書き方<例文(テンプレート)見本付き>

公開:、更新:2017年11月21日
看護師転職時の職務経歴書の書き方

職務経歴書とは、履歴書の「職歴」よりも、細かく自身の職務上の経歴を書き記した書類になり、主に選考や審査に利用されます。

看護師転職時に職務経歴書を求められる病院・施設はかなり少ない状況が続いていましたが、現在では病院と看護師のミスマッチをなるべくなくすように提出するように求められる病院・施設も増えている現状があります。

職務経歴書は、病院や施設側から求められることがなければ提出する義務はありませんが、面接時の対応やその後の合否に関して、大幅に影響する書類と言っても過言ではありません。

では、看護師の転職活動において、どのような面で職務経歴書を利用するのでしょうか。

例えば、

  • 看護師資格を活かして一般企業等に転職をする場合
  • 人気の求人や病院へ転職・応募する場合
  • 転職先から職務経歴書を求められた場合
  • どうしても合格したい(内定をもらいたい)場合
  • 書類選考がある場合
  • 希望の診療科がある場合

などに看護師として活用するのが一般的です。

面接で自分の職務上の経歴を話すのになぜ必要なのか?」と思う看護師の方もいるかもしれませが、中途採用や転職を考える看護師にとっては経験(キャリア)が重要であることは言うまでもありません。

面接上で話せないことを細かく記載する書面だと思えば良いでしょう。

では、看護師転職時の職務経歴書の書き方について詳しく説明していきます。

看護師の履歴書に関しては「成功する!看護師履歴書の書き方【完全マニュアル】」を確認してください。

1.看護師の職務経歴書テンプレート(ひな形)

看護師の職務経歴書テンプレート

看護師の職務経歴書のひな形・テンプレートを以下に用意いたしました。

個人として是非お使いください。(商用的な利用はNGとさせていただきます。)

 

転職が初めての場合、または2回目の看護師の職務経歴書テンプレート

転職が初めての場合、または2回目の看護師の職務経歴書テンプレート

転職回数が少ない場合は職務経歴を目立たせる必要があります。そのため、初めて・2回目の看護師の職務経歴書はこちらを利用してください。

 

Wordファイルダウンロード

 

 

転職回数が多い場合の看護師の職務経歴書テンプレート

転職回数が多い場合の看護師の職務経歴書テンプレート

転職回数が多い場合、職務経歴を記載する際に長くなってしまいます。そのため、病棟勤務などの職種でまとめるのが一般的です。

看護師転職回数が3回を超える場合はこちらを利用してください。

Wordファイルダウンロード

 

2.職務経歴書を書く場合のルール

職務経歴書を書く場合のルールと準備

職務経歴書を書く際のルールについて確認していきましょう。

 

(1)職務経歴書は手書きで書くのはNGです

一番初めにお伝えしたいことは、職務経歴書の手書きはNGとなりルール違反となります。

知らずに手書きしてしまった場合でも、必ずパソコンなどで書き直しましょう。

 

(2)履歴書の書き方のルール一覧

決まり事はありませんが、一般的なルールに従って記載するのがビジネスマナーといえますので、注意しましょう。

職務経歴書のフォーマット ・A4用紙2枚~3枚程度
(多くても3枚まで)
・A4 縦書き
・A$無地を利用
書く前の注意点  ・必ずPCで書く(手書きはNG)
・フォントサイズは10.5~12ポイント
・文字スタイルは統一する
・原則、体言止め
・自己PR欄は「です、ます調」
書く内容 ・その病院特有に利用していた用語は避ける
・守秘義務がある内容は入れない
・分かりやすく書く(長文で書かない)
・ネガティブや否定的な言い回しはしない
職務経歴書の書き方 ・日付:提出日
・職務経歴:勤務時期・施設名・所属部署・仕事内容・仕事実績
・取得資格:取得資格の時期と正式名称
・自己PR:自分の強みや活かせる能力などを中心に書く

実際にルールだけを見ても分かりにくいと思います。

以下に書き方例を掲載しているので合わせて確認しましょう。

 

(3)職務経歴書を書くための準備とは?

職務経歴書を書く上で、必要な準備は以下の2点になります。

自分の経験を書き出す ・今までに身に付けた看護スキルやその他資格を書き出す
・どのような経緯で看護スキルを身に付けたのか
・看護スキルを身につけるために努力したこと
・困難なことがあった場合にどのように対処したのか
・応募先で活かせる看護スキルはあるのか
・看護師として表彰されたことなどを書き出す
転職先の情報収集 ・どのようなことに力を入れている病院なのか
・応募先が求めている人物像
・応募先が看護スキル等について
・自分が働くことで何が身につけられるのか
・応募先に魅力的を感じることは何か

職務経歴書を作成する上では必要不可欠な準備になるので、ノートなどに書き出すなど、必ず行っておきましょう。

また、応募先で必要な看護スキルが不足してた場合でも、不足スキルをどのように補うのかという点に着目することにより、職務履歴書でのアピールポイントとして利用できます。

 

3.職務経歴書の書き方のポイント

職務経歴書の書き方のポイント

職務経歴書の書き方のポイントを説明していきます。

 

(1)「経歴要約」の書き方のポイント

経歴要約は、今までの勤務経験をまとめて要約して記載する項目です。

自己PRや志望動機と一緒にならない程度に、今までの職務経験で転職先の病院や施設でアピールできる経験を強調して記載していきます。

その他ポイントは、

  • 200文字から250文字前後で記載すること
  • 仕事の実績などを記載すること
  • 自分の仕事に対する姿勢を記載すること
  • 応募先の病院や施設で求められていることを記載すること

などが記載する際のポイントとなります。

注意点として、ネガティブな要素を記載する看護師の方がいますが、すべてポジティブな内容を記載するようにしましょう。

 

(2)「職務経歴」の書き方のポイント

職務経歴について

職務経歴はなるべく見やすいように書くのがポイントです。

  • ①経験職務:省略せず記載する。「看護師」や「助産師」などを忘れない
  • ②経験期間:日数は入れず、年と月を記載
  • ③雇用形態:正社員、正職員、パートタイム、派遣社員、など適正な言葉を入れる
  • ④勤務先名:勤務先名は略さない、出来れば病床数も入れる

 

⑤職務内容の書き方のポイント

職務内容では以下のことを記載するとまとまりやすくなります。

  • 実際の業務内容の記載
  • その業務内容から自分が学んだこと
    (または、仕事上で工夫したこと)
  • 評価されたことや数字で分かる実績があれば書く

この2つのポイントを押さえて記載すると、見栄え良く見せることが出来ます。

 

(3)「保有資格」の書き方のポイント

履歴書と同時に提出を行う場合でも、保有資格は記載しておきましょう

保有資格のポイントは、

  • 資格の正式名称で書くこと
  • 取得年数を書くこと
  • 見込みの場合は「年数」「見込み」を記載すること
  • 仕事に関係しない趣味の資格などは入れない

以上がポイントになります。

 

(4)「自己PR」の書き方のポイント

自己PRは、病院側に看護師としての仕事ぶりや、活躍できそうなイメージを伝えるものです。

そのため、その病院で発揮できる自分の強みを記載していきましょう。

自己PRで注意は、

  • どの病院施設でも使える自己PRはやめること
  • 自分の経験に基づく事例を入れること
  • PRが具体的な内容であること
  • 150文字前後でまとめること
  • ネガティブなことは記載しないこと

などです。自分をPRしていきましょう。

 

4.「志望動機」の書き方のポイント

「志望動機」の書き方のポイント

志望動機は、病院や施設の特徴や独自に行っていることを記載しながら、動機付けしましょう。

簡単にお伝えすると「なぜ、その病院を選んだのか」ということを記載します。

注意点としては、

  • 使いまわせる志望動機を書かないこと
  • 前職などの経験から記載すること
  • 熱意をもって記載すること

などが、注意点です。看護師の志望動機の例文に関しては「看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!」を確認してください。

詳細に説明していきます。

 

(1)「なぜここで働きたいと思ったのか」をしっかり書く

志望動機なので「なぜここで働きたいと思ったのか」を書くことが最も重要になります。

相手は志望理由が何なのかとても興味を持っています。

そのため、希望の勤務先についてしっかり調べておき、ここでなら自分がやりたい看護ができるという事をアピールするようにしましょう。

具体性がない内容は避けましょう

「貴院の理念に共感しました」などと具体性がなく内容が薄い志望動機は相手に悪い印象を与えてしまいがちです。より具体性をもって誰が見ても分かる文章を心がけましょう。

 

(2)「絶対にここで働きたい」という思いを書く

志望動機の内容次第では「他の病院で働いてもいいのではないか」と思われてしまうことがあります。

そのため、薄っぺらな文章にならないように自分の思いを伝えることが重要です。

 

ポイント!

ポイント

また、志望動機を相手が読んで「ぜひうちで働いてもらいたい」と思うような自分の魅力も記入することがポイントとなります。

 

(3)なるべく空白は作らない

空白を作ってしまうと、他に書く内容がなかったのかと思われ、やる気がない看護師とみられてしまいがちです。

なるべく空白は作らないようにうまく文章を構成していくことが大切です。

 

(4)ネガティブな内容や受け身の内容を書かない

「私は○○ができません」などのネガティブ意見は相手にとっての印象が悪くなってしまうことが多いです。

「私は貴院で○○がしたいです」などとポジティブな考えを示すことが重要です。

 

勉強させていただきたいでは受け身だと思われてしまう

「勉強させていただきたい」とするだけでは相手から受け身の看護師と思われてしまいがちです。勉強することは大切ですが「勉強させていただき、しっかり貢献していきたい」などと学んできたことを活かして働きたいという思いを伝えるようにしましょう。

また、どのように貢献していきたいか具体的に記入するとより分かりやすくなります。

 

5.看護師の職務経歴書の志望動機の例文集

看護師の職務経歴書の志望動機の例文集

看護師転職時の職務経歴書の志望動機の書き方が分かったと思いますが、例文を見てさらに理解を深め、採用側・雇用側に良くうつる志望動機に仕上げていきましょう。

 

(1)未経験の診療科の場合の看護師志望動機例文

私は今まで内科病棟で勤務してきました。患者様と接するうちにコミュニケーションの重要性を実感し、もっと深く精神的な関わりがしたいと考えるようになりました。精神科での経験はありませんが、患者様の心に寄り添った看護師になりたいです。貴院は患者様と真摯に向き合った医療を提供しているため大変興味を持ち志望いたしました。精神科は未経験ですが、これまでの経験を活かして患者様とのコミュニケーションを大切にしながら働きたいと考えております。

 

書き方ワンポイント!

未経験の診療科でも、今まで培ってきた看護知識や技術が無駄になることはなく、必ず役に立ちます。

そのため、未経験の診療科で働くにあたり自分ができる看護は何なのかを考え、自分の強みや得意な事をしっかりとアピールすることが大切です。

 

(2)経験がある診療科の場合の看護師志望動機例文

私は産科外来に勤務していましたが、妊娠中の患者様と関わる機会が多く、出産や出産後の関わりができないことに物足りなさを感じていました。そのため、妊娠から出産後まで継続的に24時間サポートできる婦人科病棟での勤務を希望しています。貴院は分娩件数も多く、信頼の厚い病院であることが魅力であり志望いたしました。これまでの経験を活かして、貴院の一員となり患者様を支えていきたいと考えております。

 

書き方ワンポイント!

経験がある診療科の場合は今まで得た経験を活かして即戦力となり働きたいという思いを伝えましょう

また、なぜ同じ(経験のある)診療科に転職したいと思ったのかについて詳しく記入することが重要です。

 

(3)外来看護師へ転職する場合の志望動機例文

私は内科病棟で多くの慢性期の患者様の看護に携わってまいりました。その中で入退院を繰り返す糖尿病の患者様が多いことに気付き退院指導の重要性や難しさを実感し、今後は外来看護師として退院後の患者様のサポートがしたいと考えるようになりました。貴院は糖尿病治療に対するパイオニア的病院であり最新の治療を提供しているため志望いたしました。貴院の看護師として糖尿病のスキルを身に付け患者様に貢献していきたいと考えております。

 

書き方ワンポイント!

外来看護師の場合、患者とのコミュニケーションや生活指導をする機会が多くなります。

そのため患者との関わりに焦点を置き文章を書くようにすると良いでしょう。

 

(4)クリニックへ転職する場合の看護師志望動機例文

ICUで勤務してまいりましたが結婚を機に退職いたしました。私は看護師の仕事に大変やりがいを感じていたため、仕事と家庭を両立できる環境で再度働きたいと考えております。貴院は子育ての支援体制が整っており子育て中の看護師も多く在籍していると伺い、とても興味を持ちました。今までの経験を活かして貴院で長く活躍できるよう努力していきたいと考えております。

 

書き方ワンポイント!

クリニックの場合、長期に働くことができるかがポイントとなります。

特に子育て中の看護師は急に休みを取らなければならい事や、辞めてしまう可能性が高い事があり採用が難しい場合が多いです。

そのため長期に働きたいという意志を伝えることが重要です。

 

6.「退職理由」を書く際のポイント

「退職理由」を書く際のポイント

職務経歴書には、退職理由を入れる場合と入れない場合があります。

雇用側に「なぜ!?この看護師は退職したのだろう?」と思われる経歴の方は、退職理由を必ず入れておきましょう。

面接やその後の印象が良くなります。

退職理由を記載するポイントが2つありますので、注意しましょう。

 

(1)ネガティブな理由はそのまま伝えない

「人間関係に疲れて辞めました」「仕事量が多く、毎日残業が続いたため辞めました」などのネガティブな理由は避けるようにしましょう。

文句ばかり言う看護師と思われてしまい悪い印象を与えてしまいます。

そのため、ポジティブな理由を伝えるようにしましょう。

例えば、

  • 「もっと専門性を高めたいと思い辞めました」
  • 「新しく○○の分野にチャレンジしたいと思い辞めました」

など看護師としてのスキルアップを目指すために辞めたと伝えると相手の印象も良くなります。

 

(2)あれもこれもたくさん書かない

退職理由はどんなに良い内容でも、長期的に働いてもらいたいと思っている採用側からすると、良い印象にはつながりません。

退職理由をあれもこれもとたくさん記入してしまうと「こんなことでも辞めてしまうのか」と思われ、採用してもまたすぐに辞めてしまうだろうと思われてしまいがちです。

退職理由は最低限の内容を記載する

退職理由が多いと病院などの組織の中できちんと働くことができるのかと不安に思われてしまう事もあるため注意が必要です。退職理由は必要最低限にしましょう。

 

7.看護師の職務経歴書の退職理由の例文集

看護師の職務経歴書の退職理由の例文集

職務経歴書の中でも退職理由は難しいです。

例文とポイントを確認しながら、ベストな退職理由に仕上げましょう。

 

(1)転職回数が多い看護師の退職理由の例文

これまで結婚や夫の転勤のために転職を繰り返してきました。どの職場においても患者様と真摯に向き合い、看護をしてまいりました。これまでに得た経験を活かして看護師として再度働きたいと考えております。

 

書き方ワンポイント!

転職回数が多い場合は相手からの印象が悪い場合がほとんどです。

そのため、退職理由をしっかり記入し少しでも印象を良くすることが重要です。ネガティブな理由で退職してもそのまま記入せずに少しでも相手がポジティブに受け取れるよう工夫する必要があります。

 

(2)新人看護師の退職理由の例文

私は看護師の仕事にやりがいを持って働いています。働いていくうちに心臓血管外科に興味を持ち専門性を高めていきたいと考えるようになりました。看護師経験は浅いですが、たくさん覚えることができ体力がある今しかないと感じ転職を決意いたしました。

 

書き方ワンポイント!

新人看護師が退職する場合も相手からの印象は良くありません。

なぜ今までの病院で基本的な看護知識や技術を習得せずに辞めてしまったのか、本当に今辞める必要があったのか、仕事が嫌いなのか、などと相手側は思うでしょう。

そのため、今転職する事に意味があることを伝えるようにしましょう。

 

8.看護師の職務経歴書の書き方見本・サンプル集

看護師の職務経歴書の書き方見本・サンプル集

看護師の職務経歴書の書き方で説明した内容を見本・サンプルでお伝えしていきます。

 

(1)一般的な看護師の職務経歴書見本・サンプル

職務経歴書

平成27年1月23日
氏名:神田 かん子

■経歴要約

5年間看護師として臨床経験を積みました。2010年からの3年間の間に全科を対象とした150床の病棟で勤務し、3年目にはプリセプター(新人教育)も経験しました。2014年から、新生児から15歳までを対象とした小児医療センター(外科・整形外科・脳外科・形成外科)で勤務していました。

小児医療センターでの経験から得た看護知識を活かして、小児科で働きたいと考えております。

 

■職務経歴

【病棟での看護】

全ての科を対象とした、急性期、術前・術後の看護やターミナル期、がん治療による看護

  • 主に呼吸器疾患・循環器疾患・消化器疾患の患者への生活指導や業務リーダーとしての薬剤・検査・処置等の確認を積極的に行う。患者とのコミュニケーションの大事さを学び、相手の気持ちを考えて行動することを心がけた。
  • 新人教育でのプリセプターとして指導を行う。先輩看護師としての指導力と、後輩看護師との人間関係の大切さを学んだ。

病院名:ジョブジョブ病院(2010年4月~2013年3月)
病床数:150床
従業員数:205名(内看護師120名)

 

【小児医療センターでの看護】

小児内科・外科、整形外科、脳外科、形成外科の新生児から15歳までの患者を対象に看護

  • 小児医療では看護重要性を実感することができ、個別性を考えたうえでの看護を徹底して学び実行していた。
  • 成人患者よりもコミュニケーション能力が必要になる小児看護で、「伝える」という佐合より「聴く」という行動を取るように心がけ、患者の立場に立ったコミュニケーション技術を学んだ。

小児医療センター転職ジョブ病院(2013年4月~現在)
病床数:500床
従業員数:523名(内看護師220名)

 

■自己PR

どの病院でも、患者のことを考えて行動する看護を心がけてきました。小児でも成人でも患者とのコミュニケーション能力が必要だと考え、日々コミュニケーション技術を磨くことを努力し、適切な看護が出来るように努めました。

新しい職場でも、患者様やスタッフの方々と適切なコミュニケーション、連携を取り、より良い看護を目指していくことに自信があります。

 

■志望動機

私が貴院へ志望した理由は、小児看護をより極めることが出来る環境であり、看護師としての力を伸ばしていけると感じたからです。

今までの小児看護の経験を活かしながら、貴院ではあらためて基礎から学びなおしたいと考えております。

また、実績を積んだのちに小児看護専門看護師としてのキャリアアップを目指していきます。

 

(2)クリニックへ転職する看護師の職務経歴書の見本・サンプル

職務経歴書

平成27年1月23日
氏名:神田 かん子

【経歴要約】

看護師として5年間、病棟で臨床経験を積みました。2010年からの3年間は内科・外科の混合病棟に勤務しました。2014年からは内科病棟で勤務しました。病棟では看護スタッフが情報を共有できる場を設けて、積極的に意見交換できるようにしました。その結果、様々な看護師の意見を聞くことができ看護知識・技術の幅を広げることができました。
今後は、今まで培ってきた知識や技術を活かして内科クリニックの看護師として働きたいと考えております。

【職務経歴1】

経験職務 内科病棟勤務(看護師)
経験期間 平成○○年4月~平成○○年3月
雇用形態 正社員
勤務先名 医療法人○○病院 病床数520床
職務内容

●内科・外科混合病棟(急性期、慢性期~ターミナル期、がん治療、手術前後の看護)

●内科では消化器疾患・呼吸器疾患の患者様への日常生活の援助を行う。バイタルサイン測定、採血、点滴管理、検査、処置、医師の介助を行う。特に化学療法中の患者様に対して病気の受け入れや脱毛などの精神面でのサポートに力を入れた。患者様にとって看護師の精神的なケアはとても重要な役割を果たしており、コミュニケーションの大切さを実感した。

●外科では消化器疾患・呼吸器疾患・循環器疾患の患者様への検査についての説明、手術前後の看護を行う。バイタルサイン測定、採血、点滴管理、検査、処置、医師の介助を行う。特に手術後の観察を頻回に行い異常の早期発見に努めた。

●患者様に対して病棟内で統一した看護が提供できるように定期的に看護スタッフ同士で意見交換する場を設け、病棟ノートに患者様のケア内容のポイントなどを
記入して情報の共有に力を入れた。
看護スタッフ同士の意見交換・情報共有の重要性を学んだ。

【職務経歴2】

経験職務 内科病棟勤務(看護師)
経験期間 平成○○年4月~平成○○年3月
雇用形態 正社員
勤務先名 医療法人○○病院 病床数250床
職務内容

内科病棟(慢性期~ターミナル期、がん治療による看護)

●主に消化器疾患の患者様への日常生活の援助を行う。バイタルサイン測定、採血、点滴管理、検査、処置、医師の介助を行う。糖尿病の合併症を併発した患者様に対しての精神的な関わり方に力を入れて取り組んできた。

●患者様の立場に立って考え、今の患者様に必要なケアは何なのかについてその都度考えるようにした。

【保有資格】

看護師国家資格(平成○○年 取得)

【自己PR】

私は常に患者様の立場に立った看護を心がけてきました。患者様とのコミュニケーションを大切にし、今の患者様の状態に合った適切な看護ケアを提供できるように努めました。貴院でも患者様とのコミュニケーションを大切にし、より良い看護ケアを実践していく自信があります。

【志望動機】

私は今まで働いてきた中で慢性疾患(特に糖尿病の合併症がある)患者様の精神面でのサポートに看護師としてのやりがいを感じるようになりました。貴院は慢性疾患の患者様が多く、地域に密着したクリニックであり私が行いたい看護ができると思い志望いたしました。内科病棟で勤務した経験と知識があるため貴院では即戦力として活躍できると思っております。
今までの経験を活かして貴院で働かせていただき、さらに内科看護師としての知識や技術を深めていきたいと考えております。

看護師のクリニック転職時の職務経歴書のポイント

クリニックへの職務経歴書を作成する際は、病棟でどんな仕事をしていたのかを詳しく記入することがポイントになってきます。

クリニック勤務の場合、看護師の人数は少人数のところが多く、病院のように1から指導することが難しいため、新しく入る看護師に求められるのは即戦力になります。

そのため、看護師ができる仕事内容が多い方が良く、最低でもクリニックで行っている看護処置が1人でできることが重要になります。「私は即戦力があります」などすぐに一人前の看護師として働くことができる事をアピールするようにしましょう。

 

(3)転職回数が多い看護師の職務経歴書の見本・サンプル

職務経歴書

平成27年1月23日
氏名:神田 かん子

【経歴要約】

私はこれまで内科・外科・小児科などの職場で看護師として経験を積んで参りました。3年目にはプリセプター(新人教育)も経験しました。様々な分野の中でも特に小児看護について大変興味を持つようになり、より深く学びたいと感じました。今まで得た看護知識・技術を活かして小児科病棟で働きたいと考えております。

職歴 年月/雇用形態 勤務先および業務内容
看護師
病棟勤務 
2年間/正社員
(平成○○年4月
~平成○○年3月)
医療法人○○病院(病床数250床)内科病棟勤務

【職務内容】
消化器内科、循環器内科の看護師として勤務。
点滴や内服管理、バイタルサイン測定、採血、
医師の介助に加え患者様の日常生活の援助を行う。

また、プリセプターとして新人教育を行う。

 3年間/正社員
(平成○○年4月
~平成○○年8月)
医療法人○○病院(病床数300床)外科病棟勤務

【職務内容】
消化器外科、呼吸器外科の看護師として勤務。
点滴や内服管理、バイタルサイン測定、採血、
手術前後の看護、医師の介助を行う。

病院内の感染委員会に所属し感染源の早期発見、院内感染の撲滅に取り組む。

1年間/正社員
(平成○○年9月
~平成○○年10月)
 医療法人○○病院(病床数550床)小児科病棟勤務【職務内容】
小児科病棟の看護師として勤務。
小児に日常生活のサポートに加え、点滴管理、内服管理、医師の介助を行う。
小児と保護者の精神面でのサポートに力を入れる。
看護師
外来勤務
2年間/パート
(平成○○年12月
~平成○○年11月)
医療法人○○病院(病床数700床)小児科外来勤務

【職務内容】
小児科外来の看護師として勤務。
採血、点滴管理、医師の診察・処置の介助を行う。

【保有資格】

看護師国家資格(平成○○年 取得)

【自己PR】

私は今まで様々な職場で経験を積んできたため幅広い看護知識や技術を患者様に提供することができると自負しております。また、プリセプターとして新人看護師を指導した経験からコミュニケーションの大切さを感じ、患者様や看護スタッフ間の連携を密に行いたいと考えております。

【志望動機】

私はこれまで勤務してきた中で、特に小児分野に興味を持ちました。入院時は重症でも日に日に状態が改善し無事に退院できるようになった子供を見て看護師ケアの重要性を実感いたしました。貴院はNICUを併設したり最新の医療機器を揃えたりし常に小児医療の最前線にいます。私も貴院の一員となり小児看護の知識や技術をさらに深めていきたいと考えております。

転職回数が多い場合の職務経歴書のポイント

転職回数が多い看護師の場合、職務経歴書をコンパクトに分かりやすくまとめることが大切です。

転職回数が多いとそれだけ書く内容が増えてしまいます。あまり多すぎてダラダラと書いてしまうと相手にとって「転職回数が多い」という印象しか与えません。必要最小限の内容で分かりやすくまとめることにより転職回数の多さよりも経験内容の多さに目が行き好印象を与えることができます。

また、転職回数が多いことによるメリット(例えば経験が豊富、人間関係の構築が上手いなど)をアピールし強みにするようにしましょう。

 

(4)転職が初めての看護師の職務経歴書の見本・サンプル

職務経歴書

平成27年1月23日
氏名:神田 かん子

【経歴要約】
看護師として7年間産婦人科病棟で勤務してきました。3年目にはプリセプター(新人指導)を経験し、5年目には病棟のチームリーダーとして看護スタッフをまとめてきました。今までの経験を活かして今後は産婦人科クリニックの看護師として勤務していきたいと考えております。

経験職務 産婦人科病棟勤務(看護師)
経験期間 平成○○年4月~平成○○年3月
雇用形態 正社員
勤務先名 医療法人○○病院 病床数300床
職務内容
産婦人科病棟(婦人科疾患の手術、妊娠~出産まで)

【職務内容】

手術前後の看護、妊娠管理、出産前後の看護、点滴管理、採血、バイタルサイン測定、医師・助産師の介助を行う。

プリセプターを経験し後輩指導に携わった。

チームリーダーとしてチーム内をまとめる事に力を入れて取り組む。チーム会(10名程度の看護スタッフチームで患者様に必要なケアについての話合いを行う)を毎月開き、毎朝チームスタッフ間でミーティングを行い患者様・看護師それぞれの1日の流れについて確認をした。

【保有資格】

看護師国家資格(平成○○年 取得)

【自己PR】

私はプリセプターやチームリーダーを経験し、看護スタッフをひとつにまとめることの大変さを学びました。スタッフそれぞれの意見を尊重して患者ケアにつなげる事は難しさもありますが、それだけやりがいのある事だと考えております。私は人間関係を構築する事ややスタッフの意見をまとめる事に自信があります。人間関係での悩みはどの職場にもありますが、スタッフが働きやすい環境を作ることができることが自分の強みであると感じております。

【志望動機】

私は7年間勤務した中で患者様に対する精神面での看護師ケアの大切さを実感いたしました。お産は病気ではありませんが100%安全な出産はありません。出産に対し恐怖心を抱いている方も多くいます。そのため精神面でのケアを行いながら安心して出産に臨めるような環境を作りたいと考えております。妊娠初期から出産後まで一貫したサポートを行っている貴院で患者様の気持ちに寄り添い継続的な看護がしたいと考え志望いたしました。

また、将来的には助産師の資格も取得したいと考えております。

転職が初めての看護師の職務経歴書のポイント

初めて転職する場合、職務経歴書を記入するのも初めてだと思います。

転職経験のある看護師に比べたら記入する内容が少ないかもしれませんが、職務経歴書で必要なことは記入内容の量より質なので今までの経験をしっかり書けば問題ありません。

また、将来的に取得したい資格(専門看護師や認定看護師など)があればぜひ書くようにしましょう。

当然やる気のある看護師だと思われますし、採用する側からの印象が良くなります。

 

(5)外来へ転職する看護師の職務経歴書の見本・サンプル

職務経歴書

平成27年1月23日
氏名:神田 かん子

【経歴要約】

5年間看護師として経験を積みました。2010年からの3年間は外科病棟で勤務いたしました。2014年からの2年間は内科クリニックで勤務いたしました。外科病棟ではプリセプター(新人研修)を経験し、内科クリニックでは他の看護師スタッフの中心となり率先して患者様の看護ケアにあたりました。
今後は総合病院の内科外来看護師として働きたいと考えております。

【職務経歴1】

経験職務 外科病棟勤務(看護師)
経験期間 平成○○年4月~平成○○年3月
雇用形態 正社員
勤務先名 医療法人○○病院 病床数100床
職務内容
外科病棟(急性期~慢性期)

【職務内容】

消化器外科、呼吸器外科患者様の日常生活の援助を行う。加えて手術前後の看護、検査、医師の診察の介助、点滴管理、内服管理、バイタルサイン測定、採血、ドレーンの管理を行う。

手術目的の患者様に対し手術後の日常生活についての指導を行う。

プリセプターとして新人看護師の教育を担当、新人看護師指導マニュアルを作成から携わり、教育にあたった。

【職務経歴2】

経験職務 内科クリニック勤務(看護師)
経験期間 平成○○年4月~平成○○年3月
雇用形態 正社員
勤務先名 医療法人○○クリニック 病床数0床
職務内容
内科クリニック(慢性期)

【職務内容】

主に慢性疾患の患者に対し医師の診察の介助、検査(放射線、超音波)、採血、点滴管理、日常生活指導を行う。

特に糖尿病患者に対し、病気の受け入れができているかの確認や合併症についての説明、食事療法・運動療法の指導を中心に行い自己管理ができるようサポートした。

クリニックスタッフの中心的立場となり、スタッフ間での連携がうまく図れるように連絡・相談を密に行った。また、看護手順の見直しや定期的に勉強会を開催し看護知識の向上に努めた。

【保有資格】

看護師国家資格(平成○○年 取得)

【自己PR】

私は今まで患者様へ丁寧な対応をするように心がけてきました。特に患者様の日常生活の指導に力を入れ、疑問や不安が軽減できるよう関わってきました。そのため患者様の対応には自信があり、これからも気持ちに寄り添った看護を提供していきたいと考えております。

また、病棟で勤務していた時に、プリセプターとして新人看護師指導マニュアル作成から携わり指導にあたりました。看護師を指導し育成していくことの難しさを感じましたが、新人看護師が日に日に成長していく姿を見てとてもやりがいを感じました。そのため看護師を指導し育成していくことに自信があります。また、医療スタッフが同じ目標に向かって患者様に関わることができるような環境を作っていきたいと考えております。

【志望動機】

私はこれまで勤務してきた中で患者様の日常生活指導の難しさとやりがいを感じました。貴院は慢性疾患患者の通院数が多く継続的なサポートをしているため、私も貴院の一員として働かせていただき、患者様の気持ちに寄り添った看護をしたいと思い志望いたしました。今まで経験した看護知識や技術を活かして貴院で一日も早く貢献できるよう精進したいと思います。

外来看護師の職務経歴書のポイント

外来看護師の仕事内容で重要なことは患者への対応になります。外来は病棟とは異なり1日に何人もの患者に対応しなければなりませんし、対応が良くないと患者からクレームが来ることもあります。

そのため1人1人の患者の不安や悩みが軽減できるように丁寧に受け答えをする必要があります。

外来勤務を希望する場合は「患者対応に自信がある」などのアピールをするようにしましょう。

 

以上が職務経歴書の見本・サンプルとなります。

 

9.看護師の職務履歴書についての注意点

看護師の職務履歴書についての注意点

職務経歴書を書く場合に看護師が注意したいことを記載していきます。

 

(1)職務経歴書にあった正しい言葉を使うこと

×こちらのクリニック
×こちらの病院
○貴院
×今では ○現在では
×思いました ○感じました
○考えます
○実感した
○思い、志望しました
※もしくは言い切る
×「また」が2回以上 ○「また、」文節に1つ
×もっと ○より
×したい ○行いたい
×患者 ○患者様
病院によっては「患者」でもOK

以上が良くある間違いです。注意しましょう。

 

(1)誤字脱字に注意し、修正液で直さない

職務経歴書を作成する際には、誤字や脱字が無いか何回か見直しをすることも大切です。

後から誤字や脱字に気付いて修正液で治すというのは転職活動においてはNGです。誤字や脱字に気づいたら、最初から作り直すぐらいの心構えが必要です。

 

(2)最低でもA4用紙1枚は埋める

経験がそれほど豊かではない人の場合には、1ページも埋まらない場合もあり、「薄い職務しか行わなかったこと」になってしまいます。

職務経歴書は、A4用紙1枚は埋めることで心象が良くなるので、細かい雑務でも何でも良いので、工夫してください。

 

(3)転職回数が目立つような書き方はしない

転職回数が多い看護師は必然的に職務履歴も長くなります。

回数が多い場合は、勤務先の病院ごとに記載するのではなく、同じ職務内容ごとにまとめて記入しましょう。

例えば、病棟勤務であれば、【病棟での看護】などでまとめてしまいます。

 

(4)退職理由などネガティブなことは書かなくても良い

前職の勤務先都合ではなく、自己都合によって退職した場合はマイナスなイメージを与えてしまいます。

書類選考通過後や、面接時に出す職務経歴書なので、必ず口頭で聞かれます。

補足説明!

ポイント

わざわざ文章にしてマイナスのイメージを面接官に与えるのは辞めておきましょう。

 

(5)職務履歴書で人物が想像できてしまうので注意

職務履歴書を見てわかることは看護師としての経験や看護スキルなどです。

しかし、書き方やまとめ方で自分という人柄まで相手に伝わります

つまり、どれだけ「この職場で働きたいのか」という意欲も職務履歴書ひとつで相手に見抜かれるということになります。

 

(6)パソコンスキルがない看護師の方への注意点

パソコンに不慣れな看護師の場合は、以下のことを守りましょう。

  • 必ずA4用紙で印刷できる大きさで書くこと
  • 余計なことはせずに、「文字の大きさ」や「太字」だけで段落を表現すること

より見やすくするために、色々とデコレーションをする方がいますが、余計見にくくなりますので注意しましょう。

 

まとめ

看護師にとって難しそうなイメージが強い職務経歴書ですが、基本的な書き方や注意点を守ることで、見やすく漏れのない、自分らしい職務履歴書になります。

職務経歴書の形式は自由になるので相手にいかに伝わるかを考えて書いてみてください。

また、どうしても職務経歴書で困ってしまった場合やすでに1度書類選考で落ちてしまった看護師の方は、看護師転職サイトを利用して転職活動を1から見直すのもお勧めです。

履歴書や職務経歴書の添削やアドバイスも丁寧に行ってくれる転職会社は以下の2つです。

是非利用してみてください。

こんにちは、看護師転職ジョブを運営しているスタッフのmasaです。
看護師転職サイトには複数社インタビューに行き、転職を考える看護師の方の調査や、エージェントの実態など幅広く記事を執筆しています。
転職を考えている看護師の方、仕事に悩みを抱えている看護師の方に、看護師にまつわる情報を発信していきます。また、ニックネームがない看護師の記事もこちらに記載していきます。
当サイトの記事を読んでいただき、少しでも看護師の方の生活のプラスになることを、スタッフ一同、考えて執筆・配信しております。これからも多くのお役立ち情報を配信していきますので、是非よろしくお願いいたします。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】


関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。