看護師の転職10つの理由

転職理由

看護師として働いている中で転職や退職という選択肢に迫られることがあります。看護師の離職率の推移と看護師に多い転職理由をチェックして、転職ノウハウ確認してください。

転職を成功させるためには、転職への知識と情報が必要不可欠です。

ナースではたらこ口コミへ

看護師の離職率について

看護師離職率

離職率 常勤看護師の離職率 新卒看護師の離職率
2008年 12.6% 9.2%
2009年 11.9% 8.9%
2010年 11.2% 8.6%
2011年 11.0% 8.1%
2012年 10.9% 7.5%

看護師の離職率は日本看護協会のデータでは年々低下をしています。都道府県別のデータを見ると、北海道(常:11.6%新:6.8%)、と東京都(常:14.2%新:8.9%)、埼玉県(常:11.6%新:9.4%)、千葉県(常:12.5%新:9.0%)、神奈川県(常:13.6%新:8.8%)、愛知県(常:11.7%新:7.7%)、京都府(常:12.1%新:5.4%)、大阪府(常:14.3%新:9.1%)、兵庫県(常:13.0%新:9.1%)などで離職率が非常に高い傾向が続いています。(引用元:日本看護協会より)

都心部や都会は看護師として選ぶ求人も豊富で、転職する先が多く好条件、高給与の求人も多いからにあります。

 

看護師の転職理由ランキングと方法

看護師が転職する理由はどのようなものがあるのでしょうか。ランキング形式にしてまとめておきました。1位が給与アップなのは、やはり看護師の賃金が低いからでしょうか。

 

(1)給与アップしたい!!

給与アップ

多くの看護師が年代問わず、「給与アップしたい」と転職を希望します。離職率が高いエリアでの転職のほとんどが年収アップを期待しての転職です。給与アップする看護師求人や看護師の受け入れ態勢が整った病院なども多く、初めての転職でも3年目以上であれば年収アップする傾向が高いです。平均年収より低い場合は給与アップ転職は期待できる可能性が高いといえます。

貰っていた給料より高い金額なため転職【匿名さん・現役看護師】

女性看護師
私が転職したときは、同じ病院で10年以上勤めていたため、退職するか、このまま続けるのか随分悩みました。公務員看護師だったこともあり、このまま定年まで勤め上げれば退職金も相当あったと思います。

でも、公務員なのに有休休暇を取得しにくかったり、役職がつき教育的立場の仕事がどんどん増えたりする中で、何がやりたくて看護師になったんだろうと思ったり、この病院にこだわる意味があるのかと考えるようになりました。

そのタイミングで、開業する医師に新たな病院で働かないかと誘ってもらいました。そして、給料交渉する中で、貰っていた給料より高い金額でを提示してもらうことができ、それが決めてとなり転職するに至りました。

看護師の平均年収
看護師の年収アップの3つの方法
看護師で年収アップ転職を成功させる7つのコツ!

 

(2)人間関係が良い職場へ

人間関係が良い

人間関係が悪い職場だった場合や、自分と会わなかった場合に転職理由が人間関係になりますが、看護師は女性組織なため非常に人間関係トラブルが多いと言えます。転職の際にも病院の人間関係まで分からない。という声も聞きますので、是非「看護師200人に聞いた!人間関係が良い病院の5つの条件とは?」をチェックしてみてください。

 

(3)スキルアップ・キャリアアップしたい

スキルアップ

看護師として今後を考えたときにスキルアップ・キャリアアップ転職を望む看護師は非常に多くいます。前向きな転職理由の1つで、希望の転職先に転職できる可能性が高いといえます。スキルアップ・キャリアアップを希望する看護師の場合は具体的なプランをイメージすることが大事になります。

職場サポートを重視して転職【みーちゃん・現役看護師】

看護師みーちゃん
私生活での経験からがん専門看護師を志し、ホスピス緩和ケア病棟のある病院で学びたいと転職活動を開始しました。現在の病院は、認定や専門看護師の育成に力を入れており働きながら大学院へ進学できるという点が決めてとなり転職しました。

キャリアアップを目指す際、学費や教材代などの金銭的問題も出てきます。そのため両立して学業をこなしたいという思いにもなります。それには職場の理解が必要となってきます。交渉次第では金銭面を考慮し、勤務調整してくれる職場はあります。また認定看護師を目指すのであれば資格取得後はその病院へ還元するという条件つきで学費や給料をサポートしてくれる場所もあります。キャリアアップのための転職であれば職場サポートをしっかりみていくことが重要です。

看護師で出世したい|最短で出世するための7つの秘策
看護師のキャリアアップ資格

 

(4)自宅から近い(通勤便利)場所で働きたい

通勤便利

看護師は女性が多いのでライステージに合わせて生活環境が変わります。家事や主婦、子育てに奮闘しながら、看護の仕事を続けていくことは容易ではありません。少しでも通勤時間を短く、自宅から近くの病院へと思う看護師が多いですね。

 

(5)他の看護関連の仕事を経験したい

いろんな看護

総合病院へ勤めている看護師はクリニックへ、大学病院へ勤めている看護師は企業看護師へ。など看護師といっても様々な仕事が最近あります。注目するのは病院以外で働く、企業看護師の仕事ですね。看護師としての資格を活かしながら、転職を行うのにはもってこいです。企業看護師は「企業看護師とは|企業看護師6つの種類と特徴」を確認してみてください。

 

今までの看護スキルが通用するか不安だったため【miracleさん・現役男性看護師】

男性看護師miracle看護師として働きだす場合先ずは希望や目標といったものがあるはずです。私の場合は奨学金制度を利用できる病院に就職したため、金銭面で安心して看護学校に就学出来るというのが大前提でした。

私の場合は先ずはゆったりとあまり忙しくない病院からこつこつと学びたいと思い、慢性期の病院に就職しました。そこからお礼奉公という形で3年間は勤めましたが、看護師としては急性期の看護も経験しておきたいという気持ちが芽生えてきました。

必ずしも看護師が急性期を学ばなくてはいけないとは言いませんが、その背景には、今までのスキルが他でもし転職する事になった場合通じるのかといった不安感でもありました。

(6)追加の収入が必要になった

追加の収入

看護師として働いている女性も男性もライフステージによってお金が必要になるケースが多いです。そんな転職内容も多くあります。少し以外でしょうか。追加の収入が必要になった場合は非常勤看護師(パート)やダブルワークなどを行う看護師も多いですね。

 

(7)地元に帰りたい(Uターン転職)

地元へUターン

看護師として資格を取得した後に、首都圏や都市部で働く看護師は多いです。1年~3年ほど働いた後に、地元にUターン転職を行う看護師も多くいます。逆に9位には、都心に出て働きたいと上京を考えているナースもいますね。

地元でも都市部や首都圏でもやはりメリット・デメリットが存在します。

御礼奉公が終わったため地元へ【匿名さん・現役看護師】

女性看護師
私の場合は看護学校が県外であったことから、自宅を離れて奨学金を受けながら、看護学校に通っておりました。当時は御礼奉公という制度があり、奨学金を受けていた期間は、付属の病院で働くことが半ば強制的に義務化されていました。

御礼奉公が終わったら、地元に帰ることが既に決まっていました。

 

(8)勤務時間や勤務形態が希望に合わない

希望に合わない

看護師として病院に勤務した後に、勤務時間(残業が多かったり)、勤務形態に不満を持つ看護師は多いです。転職時には、福利厚生面も含めてしっかりとチェックしたい項目の1つです。

子供の都合で転職した【匿名さん・現役看護師】

女性看護師はじめは夫婦二人で、今はシングルでずっと仕事をしていたので子供の都合になります。学童保育がなかったり、子供の不登校があったり、フルタイムに難しいため。また時間の調整がついても、役割があり、なかなか休めなかったり、自分のライフスタイルにあわせて転職を繰り返しました。仕事を選ばなければ仕事はあります。それが看護師免許の魅力と思いました。

常勤である以上夜勤帯の業務が必須だったため【azukiさん・現役看護師】

azukiさん現役看護師以前の職場は、常勤である以上夜勤帯の業務が必須でした。3歳未満の子供がいる場合は免除されますが、私の子供は当時6歳でした。また、子供がいると夜勤に入れる日は限られてしまいますが、他にも子持ちの看護師がおり、夜勤に入れる日を希望していても別の日に夜勤を入れられてしまうこともありました。

また、子供が小学生になってからは朝家を出る時間が園児の頃より遅くなり、私が先に家を出ないと出勤時間に間に合わない状態でした。子供がいるということでギリギリの出勤になり、夜勤の回数も他のスタッフより減らしてもらうなど、それなりの配慮はありました。しかし、よく思わないスタッフもいて、何も悪いことはしてないのに謝らなくてはならず居心地の悪さを日に日に感じるようになりました。

今の職場は、9時出勤、5時退勤で残業、夜勤もないので周りの嫌な視線を感じることなく働きやすいです。しかも、お給料は以前の職場で夜勤2回と残業もしていた時と変わらず、とても満足しています。

夜勤が異常に多く改善されなかったため転職【匿名さん・現役看護師】

女性看護師
夜勤が異常に多く、なかなか改善されませんでした。人が常に足りず、有給も全て使われるようなちょっと悪い職場だったので、最後はクタクタに疲れて、転職を決意しました。そのため、私は「勤務形態が希望に合わない」が転職理由です。

勤務時間、勤務形態が不満な看護師は、「良い病院看護師求人条件と福利厚生の9つの見分け方!」をチェックしてみてください。

 

(9)都心に出ていきたい

都心に出たい

地元や地域にいた場合、一度は上京して東京の病院で働いてみたい!という希望の看護師も多いですね。実際に上京するまではいかなくても、半年ぐらい東京の病院で勤務して働けるサービスもあります。給与面も非常に良いので、稼ぐために利用する看護師もいるぐらいです。

暮らしている環境に不満で上京【みなみさん・現役看護師】

看護師ライターみなみ
転職したいと思った一番の理由は、暮らしている環境でした。
私は生まれてからずっと北海道で暮らしていましたが、年々寒さが嫌いになってきて、雪が降るのを見るたびに気持ちが落ち込むようになっていました。

そんな時に夏休みで関東に旅行をして、湘南の海沿いを歩いていた時に、ふと、私はどこでも暮らせるのにどうして辛い思いをして北海道で暮らしているんだろうと思ったんです。

ちょうど前職で5年目となり、仕事の上でも一人前になってきていて、そこの職場で経験しうる全ての経験をしたように思えたので、地域を変えての転職を決意しました。ちょうど転職を決意した折りに病棟へ異動となり、やりがいが見いだせなかったために予定よりも3ヶ月早く退職しまし、都心への転職が成功しました。。

 

上京を考える場合は「田舎・地方から都会の病院に転職、上京する看護師が5つの注意点」や「看護師が上京して転職・働くメリット・デメリット」を確認してください。

また、短期で都心の生活を経験したい方はナースパワーという看護師専用の求人サイトに登録をして、「都心応援ナース」を希望して相談してみてください。

 

(10)子育てがひと段落、家族の引越し

子育て

家庭の状況に合わせて、再就職をする看護師も多いです。一度退職していても、看護師の資格を利用して、正雇用や非常勤看護師として働くことも一つですね。また、旦那の転勤などでやむなく転職する看護師も非常に多いですね。

夜勤回数は上限つけずに慢性期病院に転職しました【匿名・現役看護師】

女性看護師今まで転職したことはありましたが、急性期病院での病棟勤務がほとんどでした。結婚後、転居する事になり、今までの職場は通勤時間的に厳しく感じたため退職しました。仕事と家庭との両立を考えて、急性期病院での外来か慢性期病院で働くことを考えました。夜勤はやめる方向で、どうしても必要なら月2回の夜勤勤務を希望しました。

新居エリアの病院情報は皆無であったため、看護師転職サイトとネットの口コミ情報を利用して就職活動を行っていました。なかなか自分の希望する条件に合う病院が見つからず、転職サイトの担当者さんと相談して夜勤回数は上限つけずに慢性期病院で働くことにしました。担当者さんいわく、紹介された病院なら状況が変われば夜勤なしに変更可能ということでした。就職して半年ほどで再度病院側と話し合い、現在は日勤常勤で働くことができました。

子育てのために転職!新たなキャリアを得ることができました【くくる・現役男性看護師】

現役男性看護師 くくる
転職理由はさまざまでしたが、幸運なことに人間関係でのトラブルではなく、男性看護師ですが、子育てのために転職を行いました。皆様は転職したいという正当な理由があっても、その選択が10年後の自分にどう影響するのかじっくり考えて決定してほしいと思います。

私が転職した時は、まだ看護師としての経験も浅く、転職の仕方もよくわからず、相談できる人もいない中での転職活動でした。今のようにインターネットが普及している時代でもなかったので、情報収集方法も限られていました。

その分、それぞれの病院と直接やり取りして交渉する力や、自己PR能力などが身についたと思います。また家族の支えも大きく、家族のためにという思いで必死でした。現在は転職するにも情報を集めやすい時代ですが、それらの情報を見極める力というのも以前より必要な時代だと思います。

 

転職を思い立ったときに、どの看護師求人サイトを利用するかは、転職成功の分かれ道になります。是非こちらの「人気看護師求人サイトランキング|口コミと利用度でランキング!」も確認してみてください。

 

年齢別、看護師転職理由ランキング

転職理由 20代 30代 40代
給与アップ 2位(43.6%) 1位(49.5%) 1位(50%)
人間関係 1位(43.7%) 4位(28.5%) 2位(30.7%)
スキルアップ 3位(27.5%) 2位(31.2%) 3位(29.8%)
通勤便利 5位(10.3%) 4位(30.1%) 4位(21.4%)
他の仕事をしたい 4位(15.4%) 3位(30.3%) 5位(16.7%)

20代の看護師転職理由

20代の看護師の場合は、人間関係での転職理由が非常に目立ちます。看護師にアンケートを取ると、必ず人間関係が上位に食い込んでくる転職理由になりますね。2位は給与アップと、少し低い賃金で働く環境に納得が行っていない看護師が多いと言えるでしょう。スキルアップやキャリアアップを行いたいという看護師が高いものの、20代は他の仕事を経験したいという意欲はそこまで多くない傾向にあります。

20代看護師の転職理由|20代で知りたい4つの知識

 

30代の看護師転職理由

30代はなんといっても管理職も多くなるため、お金の不満やスキルアップ・キャリアアップへの意欲が非常に高くなりますね。またライフスタイルに合わせて、結婚・妊娠・出産・子育てと色々とイベントが起きやすい年とも言えますので、通勤に便利な場所や他の仕事を選ぶ傾向にあります。夜勤ありの常勤などの勤務を辞める方も多いですね。

30代看護師の転職理由|30代で知りたい4つの知識

 

40代の看護師の転職理由

40代の看護師の場合でも給与アップは1位です。つづいて人間関係が2位ということで、40代の管理職になると、まわりとトラブルが起きるケースも多い傾向にあるため、1位と2位の理由での転職がほとんどになりますね。

40代看護師の転職理由|40代で知りたい4つの知識

 

今回50代はなかったですが、50代の看護師の方は「50代看護師の転職理由|50代で知りたい4つの知識」を確認してください。

 

看護師として転職するなら利用したい転職サイト

看護師専用の求人サイトは完全無料でプロの転職コンサルタントがサポートしれくれる、求人紹介会社が運営しています。看護師全体の4人に1人は利用しています。ただ全国に40社以上あるため、どの会社が良いのか、悪いのかわかりません。当サイトの看護師口コミランキングをもとに、看護師転職したい場合に利用したほうが良い本当の転職サイトは以下の通りです。

 

【全国対応】ナースではたらこ
バイトルドットコムで有名なディップが運営しています。求人の質、担当の質共にバランスが良いです。

 

【全国対応】マイナビ看護師
病院・治験・企業看護師などはここです。担当者の丁寧、親切さはどこよりも高いです。

 

【全国対応】看護のお仕事
担当者がやや若目でパワーがあります。わがままな求人条件でも探してくれます。

 

【全国対応】ナースフル
リクルートが運営する看護師求人サイトです。転職といえばリクルートのブランド力・サービス力は看護業界でも通用します。

 

※できれば上記3サイトに無料登録をしてより良い看護師求人を探しましょう。
※複数登録は各求人サイトとも認めています。
※転職の相談から、転職後のサポートまで完全無料で利用できます。
※悩んでいる方も相談から行えます。
※働きながら転職する方の場合でも、求人を専任の担当者が探してくれます。

 


看護師求人サイト口コミ
ナースではたらこ
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースフル

全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。

口コミランキング



この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「看護師転職ジョブStaff」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年04月26日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


3 コメント・感想

  1. […] 看護師の転職理由の1つに、「追加の収入が必要になった」という転職理由が6位に入っています。(詳しくは:看護師の転職10つの理由) […]

  2. […] 転職を考える上で次に優先順位を考えていきます。なんで転職するかですね。思い浮かばない方は「看護師の転職10つの理由」を確認してみてください。主なものを上げます。 […]

  3. […] ⇒看護師が転職を考える10の理由 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。