著作者

ラビウサ

執筆:専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

看護師が長く働けるクリニックの選び方とは

公開:、更新:2017年08月09日

クリニックは病院と違い看護師が少人数の職場になります。

そのため、出入りが激しい場合と、長く働く看護師が多いクリニックとが二極化する特徴があります。

このページでは、看護師がクリニックに転職した時に可能な限り長く働き続けるために、働きやすいクリニックの選び方について解説していきます。

1. 看護師が長く働けるクリニックを選ぶコツ

ファイルを持って指を指す看護師

クリニックを選ぶときは、そのクリニックの規模や診療科などの基本情報をはじめ、面接時で労働条件以外のことについて知ることが大事です。

それに加えて、面接時や自分自身でできる限りの情報収集をすることが、長く働けるクリニックを見つけることにつながります。

 

診療科だけでなく診療内容を確認する

クリニックは、様々な診療科を標ぼうしています。外科・内科・整形外科・アレルギー科・内視鏡内科・胃腸科など、患者さんがどんな症状でも来院しやすいようにしています。

ですが、それだけでは実際に働く時にどのような看護師業務に携わることになるかはわかりません。

補足説明!

ポイント
長くストレスなくクリニックで働き続けるためには、そのクリニックではどんな業務に対応しなければならないのか、その業務を自分が対応できるのかを確認していくことが大切です。

 

クリニックの募集理由を確認する

クリニックを選ぶ時に面接時などに募集理由やスタッフの勤務年数を確認することも、長く働けるクリニックを見つけるためのコツです。

新規オープンし収支が安定したための募集なのか、スタッフの欠員のための募集なのかを確認するだけでなく、スタッフの人数と平均年齢、長く勤めている方の年数を確認します。

 

ベテランスタッフが多いのに平均勤務年数が1~2年程度の場合は要注意!

若いスタッフが多いクリニックは3年程度で全員が入れ替わることも多いのですが、30代・40代のベテランスタッフが多いのに平均勤務年数が1~2年程度の場合には働きにくい職場だと考えることもできます。

 

患者の口コミを確認する

可能であればクリニックの評判や口コミを知ることも、クリニック選びに失敗しないポイントです。

私は3か所ほどクリニックで働いた経験がありますが、患者の口コミは正直です。「先生は優しいけれど、看護師さんが入れ変わるからね」と、クリニックを変える患者さんもいます。

 

ポイント!

ポイントクリニックは地域に密着しているところが多いのも特徴です。患者さんにはもちろん、実際に働くスタッフにも「あそこのクリニックはとてもいい!」と言われているクリニックをチェックすることも、長く働けるクリニックを探す時のコツのひとつです。

 

2. 長く働きたい時に避けるべきクリニックの特徴

バツをする看護師

面接や見学だけでは見分けられないこともありますが、長く働けるクリニックを探しているのであれば、できる限り以下のようなクリニックは避けましょう。

  • えこひいきされているスタッフがいる
  • 社会保険・福利厚生に力が入っていない
  • スタッフは非常勤ばかり
  • 外部の税理士を入れていない

それぞれ詳しく説明していきます。

 

えこひいきされているスタッフがいる

気に入ったスタッフを中心として業務を動かしているクリニックの場合には、変な人間関係に巻き込まれることがあり、長く働くことは避けた方が賢明です。

 

医師とスタッフの距離感を見極める

クリニックは院長である医師のお城です。そのため、以前勤めていた病院から気に入った看護師を引き抜く場合も多くあります。

引き抜いたスタッフがいても、どのスタッフにも同じように対応する医師であれば、長く勤めることができます。長く働きたいと思う時は、医師とスタッフとの距離感がどうかを見極めることが大切です。

 

注意点!

ポイント

私自身「私は声をかけてもらったのだから、大切に扱われるべきだ」と思うスタッフと一緒に働いたことがあります。医師にとっては長年の付き合いがあるためやりやすいですが、その関係が崩れた後は他のスタッフも巻き込まれてしまうことがあるので、気をつけましょう。

 

社会保険・福利厚生に力を入れていない

長く働くためには、自分の将来を保証してくれるクリニックを選ばなければなりません。就業規則が、社会保障や福利厚生が整っていないクリニックに長く勤めても、自分の将来にプラスになりません。

補足説明!

ポイント

新規クリニックの場合には初年度はボーナスなし、社会保障なしということも多いですが、2年、3年と経過しても、職員に対する保障にお金をかけないクリニックは長く働くことは避けるべきクリニックとも言えます。

 

スタッフは非常勤ばかり

常勤がいない、非常勤ばかりを雇うクリニックも要注意です。

常勤を雇う余裕がないか、雇用主である医師がスタッフの入れ替わりに鈍感であることの表れです。社員として頑張って働いても見返りはないとすると、長く働くことが難しくなる時がくる可能性があります。

 

外部の税理士などを入れていない

あまり知られていませんが、クリニックは税理士と個人契約をしています。税理士がしっかりしているクリニックは、収入も安定してきます。さらに、職員に対する社会保障・福利厚生についても院長に進言してくれます。

 

税理士がいれば適切な財務管理と社会保障・福利厚生が守られる

医師は診療が仕事であり、スタッフの福利厚生よりも自分が診療しやすい物品などを購入し、借金を抱えてしまう傾向があります。

外部の税理士などが入ることで、適切な財務管理とスタッフへの社会保障・福利厚生が守られることになります。

 

まとめ

クリニックは、医師が雇用主である個人商店とも言えます。その中で長く働き続けるためには、看護師はオールプレーヤーで働く覚悟が必要ですし、社会保障や福利厚生などに自分達で目を光らせることが大切です。

自分のために、目を皿のように周囲の状況を確認しながら地域の中で長く働けるクリニックを選んでください。


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・専門看護師・消化器内視鏡技師・心理相談員
年齢 ・40代後半
職務経験 ・がん専門病院・クリニック・総合病院・訪問診療クリニック
診療科経験 ・消化器内科・腹部外科・透析室・内視鏡室 ・相談室
・放射線治療室・整形外科 ・一般内科・カウンセリング室

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。