救急外来への男性看護師の転職5つのポイント

救急外来への男性看護師の転職

救急外来と聞いて、みなさんはどんなところを想像するでしょうか。

「とにかく忙しい」「緊急性の高い患者でいっぱい」「いつもピリピリした雰囲気」などと様々なイメージがあるでしょう。

救急外来は男性看護師が重宝され、活躍する場面も多くあるため、ぜひ男性看護師におすすめしたい職場です。

ここでは、救急外来での仕事内容や男性看護師に求められる素質、転職の注意点などについてご紹介します。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.救急外来で働く看護師の仕事内容

救急外来で患者を搬送する医師と看護師

どのような病院の救急外来かによって、看護師の仕事内容は少しずつ変わってくるでしょう。

まず、三次救急指定病院と二次救急指定病院には以下のような違いがあります。

三次救急指定病院高度救命センターを持つ大学病院など
対応する患者の多くは緊急性・重症性が高い
救急車を受けることも多く、その地域の救急搬送のほとんどを対応
勤務時間の全てにおいて、常に忙しいというわけではない
(時間帯や曜日、地域イベント行事、近隣での災害発生など様々な条件によって忙しさの度合いが変化)
二次救急指定病院三次救急ほどの緊急性・重症性の患者を診ることはあまりない
ウォークイン(救急搬送以外で自分または家族の付き添いなどで病院受診)患者の割合が多い

それぞれの一般的な仕事内容は、

  • 救急車の対応
  • 患者・傷病者の対応
  • ウォークイン患者の問診やトリアージ
  • 各患者・傷病者の処置
    (医師の処置介助、採血検査、点滴や内服投与、X-P/CTなどへ案内、12誘導心電図の実施、手術室や病棟への案内など)
  • 患者の家族対応

などが挙げられます。

 

看護師のトリアージは重要な仕事

ほとんどの仕事内容は一般病棟で働く看護師とあまり変わらないでしょうが、違う点を挙げるとすれば、緊急性のある患者を見分けること(トリアージ)は特に重要です。

患者・傷病者の症状訴えや家族や発見者からの情報などあらゆることから、その患者は緊急性が高いのか、重症度が高いのか判断しなければいけません。

患者が全体的に少ない状況であれば周りのスタッフや医師に相談することも可能ですが、そうでない場合は、最初に接触した看護師の判断に左右されることになります。

 

2.救急外来へ転職する男性看護師に必要な資質

救急外来で働く男性看護師

ここでは、救急外来へ転職する男性看護師に必要な資質についてご紹介します。

 

(1)自分で考えて解決する対応力と適応力

救急外来には緊急性・重症性の高い患者が多い中で働くため、常に先輩看護師や医師が側について助言をくれるとは限りません。

忙しい救急外来において男性看護師に一番必要な資質は、あらゆる緊急場面に対応し、自分で考え、解決する力、つまり対応力・適応力となります。

 

女性ならではの環境に対応できる力も必要

また、女性の職場ならではの環境に対応できる力も、救急外来で働く男性看護師に必要な資質となります。

女性看護師は身体的精神的に不安定な時期が男性看護師比べて多くあり、感情的になってしまう場面があります。

男性看護師があるがゆえに理不尽なことを言われるかもしれませんが、それにつられてこちら側は感情的になってはいけません

むしろそれを受け止め、職場環境を落ち着かせるような雰囲気づくりができるようにならなければいけません。

 

(2)患者の心情を察知する資質

救急外来は緊急性が高く、突然の発症や事故などで来る患者が多くいます。

さっきまで普通にしていたのに、今は死に直面するような緊急的な状況にいるという場合、当の患者本人また家族はパニックになり、看護師の言葉を素直に受け止められない状態に陥ります。

緊急的な切羽詰まった状況だからこそ、看護師は誰よりも冷静になって、患者・家族が理解できるように落ち着いた話し方、わかりやすい言葉を使って説明しなければいけません。

 

ポイント!

ポイント

個人的な意見ですが、基本的に男性看護師の方が患者・家族に対して優しくできるため、本来持つ優しさと周囲を思いやる気持ちで患者・家族の心情を察知できることが必要でしょう。

 

3.男性看護師が救急外来に転職するメリット

ガッツポーズする救急外来の男性看護師

男性看護師が救急外来に転職するメリットについてご紹介します。

 

(1)救急外来は男性看護師が重宝される

救急外来は一般病棟よりも力のいる場面があるため、女性看護師より男性看護師の方が頼られることが多いです。

男性看護師は割と安定した働き方ができ、力仕事もできるため、救急外来で重宝されるのは間違いないです。

  • 患者が暴れてしまって抑えなければならない
  • 女性看護師にセクハラをする患者の対応
  • クレームの対応

など、どうしても女性看護師よりは男性看護師が対応した方が良い場面が多々あります。

 

(2)女性看護師よりも色んな仕事を任せてもらえる

男性は女性よりも体力的・身体的に安定していると評価され、いろんな仕事を任されることが多いです。

救急外来は男性看護師が重宝されるため、男性看護学生や新卒男性看護師も多く入職します。

そのため、男性看護師は教育係などを任されることが多いでしょう。

 

補足説明!

ポイント

様々な仕事を任せてもらうことで経験値がアップし、思わぬ仕事を貰えることもあります。

 

4.男性看護師の救急外来への転職注意点

救急外来へ転職するスーツを着た男性看護師

男性看護師に限った話ではありませんが、救急外来へ転職する際には今の自分が何を重視するかを考えましょう。

まだ若く経験が浅いのであれば、多少給料が他より安くても経験を積むためにその点は妥協できます。

むしろそのくらいの妥協は必要でしょう。

 

(1)自分にとって何が優先順位かを明確にすること

全て完璧な条件の場所はなかなか無いため、自分にとって何が一番必要なのか優先順位をつけましょう

ある程度看護師としての経験がある、または家庭を持っている男性看護師であれば、給料の面は考えなければなりません。勤務体制や休日・有給休暇、長期休みが取れるか取れないかなども必要な条件です。

 

ポイント!

ポイント

行きたい病院がすでにあるのであれば、直接その病院の院内見学をさせてもらったり、実際に病院で働く看護師(中途採用)の方に話を聞いたりして、自分の理想とマッチするか、それに近いものであるか確認するのが良いでしょう。

 

 

(2)男性看護師の転職では三次救急の病院を希望する人が多い

救急外来は、受け入れ体制によって治療対象が異なります。男性看護師の転職では、三次救急に対応している医療機関を希望する人が多いのが特徴です。

患者の命を救うために活躍したいなら、三次救急施設のある病院や救命救急センターからの求人を探しましょう。

 

ポイント!

ポイント

このほかにも、救急ヘリに乗って事故現場などに向かうフライトナースを希望する男性看護師もいます。このような場合は、救急ヘリのある医療機関からの求人を探す必要があります。

 

5.救急外来の男性看護師求人を見つけるには

パソコンで救急外来の求人を探す男性看護師

男性看護師が救急外来の求人を見つける方法についてご紹介します。

 

看護師求人サイトを利用する

救急外来の男性看護師求人を見つける一番簡単な方法は、インターネット上にある看護師求人サイトを利用することです。

サイトに簡単な条件を登録するといろんな病院を紹介してくれます。

もし行きたい病院・興味のある病院がすでにあるのであれば、直接連絡して見学・面接をお願いするのが良いでしょう。

 

働きやすい職場は非公開求人として募集されることが多い

男性看護師が多く活躍しており、有給休暇の消化率が高いなど、働きやすい職場からの求人を探さなければいけません。このような職場は、大病院がほとんどです。

しかし、大きな病院からの求人はめったに見かけることがありません。大病院は福利厚生が整っているなど待遇が良いので、公開求人にすると応募が殺到し、採用に手間がかかります。

このため、大病院や誰が見ても条件が良い求人の多くは、非公開求人として募集されます。

 

友達や先輩、知りあい看護師に紹介してもらう

看護学生時代の友達や、尊敬できるまたは目標の先輩に相談して、病院を紹介してもらう方法も挙げられます。

その先輩がどういう病院でどういう経験を積んできたのかというのは参考になります。

その他では、院外研修や講義などで出会った他病院の看護師に、その病院の情報を聞き出すことも参考になるでしょう。

実際に、私も以前この方法で就職を決めたことがあります。

 

まとめ

私はこれまで、自分の経験のために何度も病院を転職しており、結果して良かったと思えています。看護師という仕事は他の職業に比べて、転職がしやすいのではないでしょうか。

ただし、それなりの経験があればの話です。近年、看護師に求められる知識と技術が増えてきています。自分の専門が決まっている方なら、その分野を突き詰めて勉強・経験を積むのが良いでしょう。

もし、専門が決まっていないのなら、救急外来という選択肢を考えてみてはどうでしょうか。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。