著作者

くくる

男性看護師ライター

くくる

( 看護師 保健師 )

妻子持ちの男性看護師が家族の幸せを願って転職する条件!

くくる
男性看護師ライターくくる
妻子持ち 男性看護師 転職条件

看護師になってこれまでに数回の転職を経験しましたが、それぞれ振り返ってみると、転職する理由はいつも家族のことを考えてのことだったなと思い返しています。そして実際に転職する際に、転職先に求めた自分なりの条件がありましたので、整理してみました。私と同じように妻子持ちの男性看護師の方はぜひ参考にしてみてください。

【目次】
1.転職先に求める条件を決めることになった背景
2.男性看護師が転職先に求めた4つの条件
(1)現在の職場より高い給与を得ることができること
(2)正社員として雇用されること
(3)夜勤がなく日曜日など決まった休みがあること
(4)自宅から無理なく通勤できること
3.まとめ

 

1.転職先に求める条件を決めることになった背景

男性看護師 背景

私が看護大学を卒業したのは、一般的な年齢と比べると遅い方で、そろそろ20代後半にさしかかるという時期でした。最後の学年は病院実習やレポート、卒業論文、看護師と保健師の国家試験の勉強、そしてアルバイトと本当に目の回るような忙しさでした。

しかしそれらと同じくらい私を悩ませていたのは、「いつ結婚するか?」という人生のビッグイベントについてでした。男性看護新方なら共感いただけるのではないかと思います。

 

看護学校を卒業し仕事が落ち着いた頃に結婚

卒業後の最初の就職先として選んだ病院は、結婚して家族を養うという前提のもとで考えた結果、選びました。実際は、就職後20代後半に結婚しました。

就職して看護師という仕事にも慣れ、子供が生まれ成長していくと、私自身にもいろいろな面で変化していくことが求められてきました。よりよい生活環境を求めて何度か転職することになりました。
 

キャリアよりも家族がより幸せになるための転職が必要だった

看護師としてのキャリアをより深く究めていくために、新たな環境でのチャレンジを求めて転職する選択ももちろんあります。

ただ、私の場合は看護師としてのキャリアももちろん大事にしていましたが、それよりも家族がより幸せになることを考えて、次の4つの条件を元に転職先を選択していきました。

 

2.私(男性看護師)が転職先に求めた4つの条件

男性看護師 転職先 条件

それでは、私が家族の幸せのために転職先に求めた女権を、それぞれ優先順位が高い方から挙げていきます。この記事が、私と同じく家族を支える立場にある男性看護師の参考になれば幸いです。

  1. 現在の職場より高い給与を得ることができる
  2. 正社員であること
  3. 夜勤がなく日曜日など決まった休みがあること
  4. 自宅から無理なく通勤できること

詳しく説明していきます。

 

(1)現在の職場より高い給与を得ることができること

転職する上での第一条件・絶対条件として「現在の職場より高い給与」は外せないものでした。

特に子供が生まれ成長していくと、いろいろな面で経済的な負担が増していきます。ある病院では職場環境は申し分なかったですが、昇給やその他の手当等がカットされることになったために、転職を思いとどまったということもありました。

 

病院側から給与アップを提示され入職を決めた経験

またある病院では、面接の中で前の職場よりも低い給与を提示されたために一度断ったのですが、後日先方から前年度の源泉徴収を持ってくるように言われ、その後給与アップを提示されたために入職することを決めたということもありました。
 

都合を押し通すつもりはないが譲れない一線はある

転職希望先との最初の面接で、いきなりお金について詳細を確認することは難しいことだと思います。

決して自分の都合だけを押し通すつもりはありませんが、やはりどうしても譲れない一線はあります。最終的に決定権があるのは雇用者側ですが、幸いにも私の場合は、いつも良い職場に恵まれていたと思います。
 

総支給額ではなく基本給の金額が大切

一つ注意してほしいのは、提示された給与額について、各種手当などをすべて合わせた総支給額の数字だけを見のではなく、基本給の金額を見てほしいということです。特に賞与については基本給に対して何ヶ月分と決められることが多いので、多少、各手当が低くても基本給が高い方が長い目で見ると総手取額は増えていきます。
 

(2)正社員として雇用されること

女性であるならライフスタイルに合わせて、正社員からパートタイムや時短勤務に変更し、一時休職などいくつかの選択肢が考えられます。しかし正直なところ家庭を持つ男性看護師は、正社員で働く以外の選択肢は無いと言ってもよいのではないでしょうか。
 

妻がパート勤務であったため正社員になることが必然に

各家庭の事情にもよりますが、私の場合は妻がパート勤務であり、家事育児に忙しい現状を考えると、どうしても私が、給与や福利厚生のしっかりした正社員で働くことが必然となりました。

 

ポイント!

ポイント

ただ最近の求人情報を見ていると、正社員登用制度があって、半年ほど非正規で働いた後に正社員になることもあるようです。よほど気に入った職場環境で、将来的な正社員への可能性が高いなら検討してみることも良いと思います。

 

(3)夜勤がなく日曜日など決まった休みがあること

当時は三交代制の急性期病棟におり、非常に忙しい毎日でした。新婚生活を味わうというより、妻が完全に私の仕事スタイルに合わせてくれているような状況でした。結婚して最初に転職するときに挙げた条件でした。

今となっては笑い話になりますが、新婚旅行から帰ってきて2時間後には、夜勤のために自宅を出て、楽しい思い出に浸るまもなく病棟で朝を迎えたこともありました。

 

休みを合わせて一緒に時間を過ごしたい希望が強くあった

これから先に起こる、妻の妊娠や出産、育児を考えたときに、どうしても私が夜勤を続けることに迷いが出てきました。もっと家事や育児に参加したり、子供が学校に通うようになったときには、休みを合わせて一緒に時間を過ごしたいなどの希望が、だんだんと強くなってきたからでした。
 

キャリアが認められ夜勤をやっていた時以上の収入を得ることに

実際夜勤をする上での最大のメリットである夜勤手当を貰えなくなるのは、家計にとっては大きな痛手ではありましたが、転職する際にそれまでのキャリアが認められて夜勤をしていたときと同等以上の収入を得ることができました。

何より家族で夕食を囲んだり、土日や祝日に子供たちと過ごせるのは、私にとっては仕事で得られる以上の喜びがあります。

 

(4)自宅から無理なく通勤できること

妻も私ももともと同じ市内に住んでいて、そこが非常に暮らしやすい環境であったために、必然的に結婚後の生活もそれぞれの実家からそう遠くない距離で始めることになりました。

そして家族が増えて引っ越しとなったときに、子供の学校や普段の買い物といった生活環境を考えて、同じ市内でも更に都市化が進んだエリアで生活を始めました。

 

自宅から車で30分程度の距離内が1つの目安

基本的に自宅から車で30分程度の距離内が、一つの目安となっています。現在住んでいるところは地方都市で、バスやモノレールなどの公共交通機関もありますが、職員用の駐車場が確保されているケースも多いため車通勤が基本となっています。
 

通勤がかかりすぎると家族との接触が少なくなってしまう

一度家から車で一時間以上かかる所に勤めていましたが、通勤に時間がかかりすぎると、朝職場に着いた時点ですでに疲労を感じますし、帰宅も遅くなるため家族との接触も少なくなりました。職場選択の上での優先順位としては低いのかもしれませんが、それでもできるだけ、楽に通勤できる距離で働く方が望ましいと考えています。

 

まとめ

男性看護師 まとめ

たくさんの看護師の転職事情を見てきて、自分の場合にもいろいろ参考にしてきました。そして私自身の転職事情を思い返してみたときに、転職するときには、対人関係のリセットや看護技術の向上だけが目的ではなく、やはり一番は家族の事を優先にして、その成長に合わせて転職先も決めていたことがわかります。
 

妥協した転職では満足できないこともある

転職に際して、何を条件とするかは個人によって異なります。自分が理想とする条件に完全に一致する職場はなかなか見つからないもので、どうしてもいくつかは妥協する点もあるかと思います。しかし急いで転職を決めて妥協点を残したままだと、新しい環境に入ってもなかなか満足できないということになるかもしれません。
 

信用を得るために最低でも数年間は働ける転職先を選択しよう

あまりにも短い期間で転職を繰り返していると、特に男性では就職面接の時に信用を落としかねません。転職先で看護スキルの向上を得るためにも、最低でも数年間は働けるようにしっかりと転職先を選択しましょう。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

アラフォーの男性看護師です。国立大学の看護学科を卒業し、看護師と保健師を取得しました。卒後は脳外科病棟で急性期看護を学び、数回の転職を経て、現在は民間の総合病院で保健師として働いております。
看護師としてのキャリアアップと、ワークライフバランスとの両立に関心があります。妻と息子2人の4人家族で、焼肉とチョコレートが大好きです。


カテゴリー:男性看護師転職ノウハウ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:くくる
(公開日:)(編集日::2017年04月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。