看護師が転職で管理職求人を探す方法と注意点

管理職の看護師求人

大きな総合病院になると、その中に何人のも管理職看護師がいます。病院にもよりますが、看護主任・看護師長・看護部長と上になるにつれて徐々に掌握する範囲が広くなり、責任も重要になるのが一般的です。看護部長は院内すべての看護師の責任者という立場であり、病棟ごとに看護師長がいるケースが多くみられます。さらに、そのサポートをする看護主任になるにも、通常10年くらいの看護師経験が一般的には必要になります。

看護師として、看護のスペシャリストを目指すのか管理職を目指すのかは、人によって分かれるところですが、それぞれ性格や得意なことによっても向き不向きがあるのは確かです。
管理職求人管理職の場合は、看護スキルが秀でていることはもちろん、周囲の人から信頼され、大勢の看護師の管理ができるだけのコミュニケーション能力も必要です。女性の多い看護師の世界は、人間関係が難しいことでも知られています。

トラブルになると業務にも差し支えるため、スムーズな人間関係を促すことも、管理職としての手腕が問われるのです。もちろん看護師ひとりひとりがスキルアップできるように適切なサポートを行い、時には厳しく接する姿勢も必要です。

ナースではたらこ登録
ナースではたらこの口コミもチェック!

1.看護師長、看護部長の仕事

看護師長、看護部長の仕事看護師の仕事は、病院で患者さんの看護やケアに充実することです。看護師長や看護部長の仕事は、そんな看護師たちを取りまとめ、職場環境を整備することや、管理統括する仕事と言ってもいいでしょう。看護師長と看護部長は、以下の様な違いがあります。

 

看護師長の仕事

看護師長は、各診療科などの病棟毎に配置される管理職です。一般企業では課長職のような仕事を任され、ベッドコントロールなどを中心とした病棟運営を主に行います。
ときには、上司である看護部長の業務をサポートしたりすることもありますが、基本的には現場の看護師の相談役になったり、入院患者のクレームに対応したり、ナースステーションをベースに働くことがほとんどです。

 

看護部長の仕事

看護部長は、各病棟に配置された看護師長をまとめることが主な業務です。病院の全看護師のトップに立つ人ですので、それだけの仕事の経験や知識を持ち、現場の看護師たちを指揮するような、仁徳の持ち主でなければ勤まらないと言ってもいいでしょう。

普段は、ナースステーションなどに出向くことも少なく、患者に対応することもあまりありません。病院長などと一緒に行動することも多く、看護部の組織を円滑に運営することが使命になります。環境を整備し、看護師たちが働きやすいだけでなく、病院全体のことを考えて職務にあたる必要があります

 

ポイント!

ポイント

総合病院の看護師長や看護部長のほとんどは、認定看護管理者としての資格を持っている人が多く、専門性の高いスキルを身につけた人が務める役職ということができます。

 

2.看護師長、看護部長が転職したくなる時

転職したくなる看護師としても十分な実績があり、看護師たちのトップに立つような管理職の看護師たち。管理職なだけあり、年収も600〜1200万円と、かなり高額所得者が多いようです。給与面では不満が見当たらなさそうな看護師長や看護部長ですが、中には転職を考える看護師も少なくありません。その理由を紹介していきましょう。

  • 家庭の事情で働けなくなる
  • 病院の経営状態が不安定
  • 院長が変わり、経営理念が変更された
  • 給与を減額された
  • 違法な管理体制を強いられる

 

家庭の事情で働けなくなる

これはどんな看護師でもあり得ることです。結婚や出産、家族の転勤など、実際に病院へ通うことができなくなる人もいることでしょう。また、中には両親の介護などを理由に退職する人もいるかもしれません。

責任のある役職なだけあり、その責任を負えない生活環境の変化があった場合に、転職をして雇用形態を変える人も少なくありません。例えば、看護師長や看護部長として働くには、労働時間に融通が効かないこともあります。

ただ同じ病院で役職を降り、働き続けることはなかなか難しいものです。

思い切って転職をし、労働条件や雇用形態を変えようと思うナースは少なくありません。

 

病院の経営状態が不安定

これもどの業界でも同じかもしれません。病院の経営状態が危ういものであれば、職を失う前に転職したいと考えるでしょう。また、経営状態が不安定だと、看護師の人材が思うように集まらず、現場が混乱しがちにもなります。管理しにくい現場で指揮を取ることは大変な業務です。そんな状態から抜け出すために、転職を考える看護師長、看護部長も多いでしょう。

 

院長が変わり、経営理念が変更された

病院のトップは、なんといっても医院長です。そのため、トップが代わることによって、運営や経営の方針に変化や、経営理念や看護の理念まで影響を受けることがあります。病気やケガで困った人たちに貢献する仕事をする看護師たちは、これらの経営理念には敏感です。自分がやりがいを持てる、気持よく働けることは、重要なことなのです。

病院の理念が大きく変われば、それに賛同できずに、転職したいと思う看護師は少なくありません。

 

給与を減額された

通常の看護師と比べれば、年収の多い看護師長や看護部長ですが、それでもやはり、給与をカットされると生活が大変になることに違いはありません。

また、給与を減額されるということは、病院の経営に何らかの落ち度や、経営方針の転換があったはずです。これらの環境の変化を受け、加えて給与をカットされたとなれば、転職を考えるのも無理はないでしょう。

 

違法な管理体制を強いられる

これはあってはならないことですが、病院によっては、経済状況が思わしくなく、無理な労働条件で看護師たちを働かせ、悪環境で業務を行わせる病院も少なくありません。

看護師長や看護部長は、ある意味看護師たちの味方としての役割を果たします。できるだけ、看護師たちが気持ちよく働けるように環境を整えるのが仕事です。でも、それができないとしたら、管理職についている意義すら感じられないかもしれません。

中には、違法な管理体制を医院長に強いられて看護師たちとの板挟み状態が続き、ストレスに悩まされて転職を考えるケースもあるそうです。

 

3.看護師で管理職への転職は可能か?

管理職転職は可能

管理職としての看護師を外部から採用しようとする病院も多く、管理職の看護師求人は意外と少なくはありません。もちろん求めるスキルも普通の看護師求人に比べると高くなりますが、管理職手当が付くなど給料も高くなるので、チャレンジしてみてもよいでしょう。

管理職求人にはいくつかのパターンがあり、管理職としての即戦力採用で管理職経験があることを資格に設けている場合もあれば、管理職候補として管理職経験がなくても目指したいという人を採用する場合もあります。管理職を目指したいけれど、働いている病院の管理職のポストが空きそうにないという場合などは、管理職候補での転職を目指しましょう。もちろん看護主任や看護師長としての経験があれば、その経験を活かして管理職としての求人に応募することもできます。

 

4.管理職の求人を探す方法とは

自分で探す方法

  • 今まで築いた人脈でヘッドハンティングされる
  • 看護師求人サイトの非公開求人に管理職募集を探す

 

この2点が管理職看護師の求人を探す大きな方法になります。少しこの2つを説明しますので、どちらが良いか判断してみてください。

 

今まで築いた人脈でヘッドハンティングされる場合

ヘッドハンティング看護師で管理職の転職をする方法はいろいろあって、たとえばこれまでに築いた人脈によって「うちで看護師長にならないか」と声がかかることもあれば、求人を見て自ら応募することもあります

 

紹介による転職は、事前に職場の雰囲気や内情を聞いてから判断することができるという点でメリットが大きいのですが、その反面働き始めてどうしても自分に合わないとなった時に、紹介者の立場上簡単に辞めることができないというリスクもあります。

 

 

自分で管理職看護師求人を探す場合

自分で探す自分で求人を探して応募するのは気楽ですが、細かい内情を確認できないまま入職するケースもあるので、自分に合った職場かどうかは不安が残るところでしょう。

 

そこで最近人気を集めているのが、看護師求人サイトの利用です。登録すれば担当コンサルタントがひとりひとりの希望を聞いて、その人に合った職場を紹介してくれるので、応募先を探す手間もかかりません。また不安な点は担当コンサルタントに質問できるので安心です。さらに一般には公開されていない非公開求人も登録することで紹介してもらえるので、条件の良い求人に巡り合える確率も上がります。

 

5.看護師長、看護部長が転職先を探す一般的な流れ

転職先を探す流れ看護師長や看護部長が転職をする際には、まずは人材紹介会社や、転職エージェントなどに相談することになるでしょう。大病院などで勤務していて、他の病院とも人脈がある場合には、引き抜きにあうということも少なくないようですが、多くの看護師長や看護部長は、看護師専門の人材紹介サービスを利用することになります。

 

看護師専門の人材紹介サービスを利用する

なぜ、看護師専門の人材紹介サービスを利用するのかというと、看護師長や看護部長の求人情報は、一般に簡単に見つけることができないからです。管理職を求めている病院は、あまりそのことを公には出したくありません。そのため、非公開で採用活動を行うことがほとんどですので、専門の人材紹介会社に登録して、専任のコンサルタントに転職先を見つけてもらった方が、結果的には多くの求人案件の中から選ぶことができるでしょう。

 

上司への内定の報告

転職先を見つけたら、面接を受け、内定を受けてから現場の上司へと伝えます。この場合は、看護師長なら看護部長に、看護部長なら副医院長や医院長に伝えるのが基本となるでしょう。

 

看護師長や看護部長の場合は、看護師が現場の業務を引き継ぐように簡単な引き継ぎとはいきません。まずは代わりに役職に就く人材も必要ですので、転職のタイミングは一般の看護師よりも都合がつかないことが多いでしょう。

現場の状況を把握しながら、タイミングを見計らって転職活動を進めることも大切です。

 

6.看護師で管理職転職する注意点

看護師で管理職転職
看護師として管理職の求人を探し、転職するための注意点は以下の通りです。

  • 転職前に職場の情報収集は必須
  • 前職の管理者はなぜ退職したかを確認する
  • 看護師の人数と病棟の人数も確認する
  • 仕事の割り振りもチェックする
  • 看護師の病棟での命令系統はどうなっているかチェックする
  • 人間関係と働いている看護師の年代もチェックする
  • 複数の人材紹介サービスやエージェントを活用する
  • 転職理由はポジティブに話す

など、看護師の管理職の転職は転職後すぐに、リーダー的存在になるため、自分を知ってもらう前に病院も相手も、しっかりと把握している必要があります。

 

情報収集看護師で管理職転職する注意点としては、転職前にどんな職場であるのか情報収集をしておくということです。管理職といっても、病院によって仕事の内容はかなり違いますから、看護師長としての求人であれば、前職の看護師長はどうして退職したのか、何人ぐらいの看護師がいる病棟で、看護師への命令系統はどうなっているのか、毎日の仕事の割り振りはどのように行われるのかなど、細かい点までチェックしておきたいものです。

もちろん面接で細かく聞けばよいのですが、なかなかそこまで聞きにくいという人や、面接の席で言われても実際の職場は違うのではないかと不安があるという人は、看護師求人サイトを利用し、コンサルタントに確認することが大事です。

 

病院の内部情報をしっかりと知っている求人サイトがお勧め

看護師求人サイトに登録すると、担当コンサルタントが転職先について細かい点まで相談に乗ってくれるので安心です。また、サイトのスタッフが実際にその病院に行って話をしているので、雰囲気などについても教えてもらえるケースも多く、安心して転職することができます。面接で聞きにくそうなことを、あらかじめ担当コンサルタント経由で確認しておくもの良いでしょう。

 

ポイント!

ポイント

いずれにしても、管理職で転職するということは、看護師をまとめる立場になるというだけでなく、看護師の要望を病院側に伝えたり、病院側の無理な要求から看護師を守ったりする覚悟も必要です。もちろん自分自身も看護師として人一倍勉強し、努力する姿勢も見せなければなりませんので、待遇や給料アップだけでなく、それだけの意識を持って転職するようにしましょう。

 

複数の人材紹介サービスやエージェントを活用する

人材紹介業を行っている業者は、得意先の病院を持っていることがほとんどです。看護師長や看護部長の経験者という人材は、なかなか得られるものではありません。ここぞとばかりに、あなたを得意先の病院へと紹介することも考えられます。

そのため、看護師長や看護部長の方が転職をするときには、少なくとも2〜3社の人材紹介サービスや転職エージェントを利用することをおすすめします。1つの会社にのみ登録をして転職をすると、「もっと他にもいい病院があったのに…」という後悔にもつながりかねません。1つの病院だけを勧めてくる業者や、他の病院のことを蔑む表現をする業者には、注意が必要です。

 

転職理由はポジティブに話す

看護師長や看護部長の経験を持つ人の中には、採用活動をしていたという人も少なく無いでしょう。実際に面接を受ける際には、その時のことを思い出しながら、よりよいアピールをできるようにしましょう。転職理由を聞かれた際には、あまりネガティブな理由は話さない方が得策です。十分な実績をアピールして、自分が望むような転職ができるといいですね。
 

まとめ

普通は周囲の信頼を経て徐々に昇進していくものですから、転職していきなり管理職に就任するのはとてもハードルが高いことです。もし転職先の部下の信頼が得られなければ、仕事をまわしていくことができず最悪の場合、すぐに転職することにもなりかねません。そのため、職場探しは非常に慎重に行っていかなければなりません。ぜひ、内部情報を把握している看護師転職サイトを利用して失敗のない転職を目指してください。


看護師求人サイト口コミ
  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職サポートしてくれる看護師口コミが良い転職サイトです。口コミには個人差がありますので、自分自身で比較検討することで転職成功への近道となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

この記事は「看護師転職ジョブStaff」さんの執筆でに執筆しています。 (最終更新日:2016年12月13日) By看護師転職ジョブ


当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事を読んだ看護師さんへのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。