著作者

すなふきん

専門看護師

すなふきん

( 看護師 保健師 )

若手看護師の多い病院にベテランが転職する際の確認事項3つ

すなふきん
専門看護師すなふきん
若手看護師 多い 病院 

若手看護師が多い病院は、規模が大きい、ある疾患に特化しているといった事から患者数(症例数)が多いと考えられ、これが学びたい、というような目的があるベテラン看護師にとっては、キャリアアップを考えるうえでの良い条件がそろっているとも言えます。

しかし、だからと言ってベテラン看護師はこうした若手看護師が多い病院にすぐに転職を決めるべきではありません。

このページでは、ベテラン看護師が若手看護師の多い病院への転職に失敗しないために、必ず確認するべきポイントを3つ紹介していきます。

1.新卒者やそれ以降の職員の離職率を確認する

面接中の女性

例えば都心部の大規模病院などでは新人研修を終える1年後や3年後に若手の看護師が大量に退職する傾向にあります。

これには様々な要因がありますが、例えば新人看護師自身がその組織を「3年間だけ教育を受ける場」と考えて就職し、その後地元に戻るパターンや、急性期病院特有の煩雑さに疲弊してしまうパターンなどが考えられます。

そのため、「細く長く働き続けられる組織」とは言い難い場合もあるため、その組織が公表している新卒者やそれ以降の職員の離職率を確認してみましょう。

 

2.既卒者に対する教育の実態を確認する

勉強している日本人女性

若手看護師が多い職場は、基本的に新卒者を大量に採用している事が多いです。

この場合、看護師免許を取得したものの即戦力にはなれない人達を大量に迎え入れ、現場で起こる様々な状況に合わせて知識や技術を使いこなせるようになるまで育て上げるわけですから、新人教育に関しては一定の成果を挙げている組織とも言えます。

 

ベテランに新人研修を受けさせるところもある

新人教育に成果を挙げていたとしても、ベテランと呼ばれる看護師が入職する場合への教育制度、組織としての体制が十分であるかはわかりません。

既卒者に対する教育ノウハウが十分にできあがっていない組織では、ベテラン看護師であっても新人看護師と全く同じように新人研修を受けさせるところもあります。

その一方で、年度途中であっても柔軟に既卒者の採用を行っているような組織では、技術講習は受けなくてもよい等、個々の状況に柔軟に合わせる組織もあります。

 

近年の新人教育事情について

近年は、新人看護師の卒後研修の努力義務化、看護学生のカリキュラム変更などが影響し、新人研修そのものを1年から2年以上をかけ、夜勤に新人が入る事を遅らせる組織も増えています。

キャリアラダー制度を導入している組織だと、新人研修を修了して初めて受けられる研修もたくさんあります。

 

注意点!

ポイント

ベテラン看護師が入職した際に、新人看護師が受ける研修を全く同じように課せられた場合、1年以上かけて研修に参加することになるため、自分自身がそういった状況に納得できるかどうかも検討しておく必要があります。

 

3.残業や夜勤の実態を確認する

時計を持つ女医

一般論ではありますが、ベテラン看護師の場合どうしても体力的な低下がありますし、家庭を持つ場合は仕事とのバランスを検討する必要があります。

 

若手看護師が多い病院は残業が多い傾向にある

若手看護師が多く、急性期系の病院であったりすると、どうしても残業が多くなる傾向があります。
 

残業が多い理由とは

残業が多い理由には、患者の入れ替わりが多いため業務が煩雑になるという事や、新人看護師が多くて効率よく業務をこなす術をまだ身につけていない事、看護師自身「疲れたから早く帰りたい、家庭があるから早く帰らねばならない」といった意識が薄れがちになる事が影響しています。

 

注意点!

ポイント

もし、ベテラン看護師が正職員としてこのような組織に入った時に、新人看護師のフォローで自身の残業が増える可能性もありますし、夜勤回数も当然他の若手看護師と同様にこなす事が求められます。

 

看護師転職サイトを活用して確認する

転職を考えるうえで、誰しもできれば新しい職場で長く働き続けたいと考えるのではないかと思いますが、残業や夜勤の実態は仕事の継続において重要なポイントでもあります。

こういった実際の状況は組織が発行しているパンフレットやホームページでは把握する事が難しいでしょう。実際にその組織で働いた事がある人に確認できればよいですが、看護師転職サイトを活用するという方法もあります。
 

まとめ

ベテラン看護師は、若手看護師と同じように体力をフルに使ってバリバリ働くだけが長所となるのではなく、コミュニケーション能力やこれまでに培った臨床的な勘をフルに生かして患者ケアにあたる事、リーダーシップを発揮しチーム医療を円滑にする事などでその組織に貢献する事ができます。

そのためには、自分が転職をする際にその組織に何を期待するか、逆に組織からは何を求められているか、働くうえで必要な義務(夜勤や研修など)を総合的に検討して転職先を決めるようにしてください。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



看護師歴10数年、総合病院の外科系病棟や外来処置室、化学療法室などでずっとがん患者さんの看護に携わってきました。大学院への進学や管理職も経験しましたが、現在は第3子の出産にむけて久しぶりに主婦業・母親業にひたっています。

看護師という仕事は大変な面もありますが、人との関わりの中で成長ができ、自分のライフスタイルに合わせてある程度働く場所を選択できる素敵な職業だと思います。ライターとしてはかけだしですが、これまでの看護経験や知識、ワークライフバランスに対する考えなどを皆さんと共有し、少しでもお役に立てられたらと思っています。よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・保健師・専門看護師
出身/年齢 ・神奈川県/38歳
職務経験 ・総合病院
診療科経験 ・消化器外科・整形外科・乳腺外科・訪問入浴

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師転職に必要な知識

(公開日:)(編集日::2018年03月21日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。