著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

メディカルコピーライターとは?看護師でもできる求人を見つける方法

ラビウサ
専門看護師ラビウサ
メディカルコピーライターとは

メディカルコピーライターは、看護師としての知識や経験を活かしながら、適切な医療情報を看護師などの医療従事者や一般の方・患者に情報として届けるための大切な役割です。

ここでは、直接患者や看護スタッフに関わることはないけれど、成果物でたくさんの人の役に立てるメディカルコピーライターについてご紹介します。

1.メディカルコピーライターとは?

メディカルコピーライターとして働く看護師

メディカルコピーライターとは、「クライアントから依頼された医療や健康に関する専門的な情報をまとめ、医師をはじめとする医療従事者のために発信」「医療情報をわかりやすく解説・説明し、一般の方や患者のために小冊子やパンフレットを作成」等をする人のことです。

メディカルコピーライターは、どのような仕事であるのか詳しく見ていきましょう。

 

クライアントから依頼された内容に沿って作成する

メディカルコピーライターは、自分の知識をもとに記事を書くのではなく、クライアントから依頼された内容に沿って文献などを確認して広告や文書を作成します。

 

ポイント!

ポイント

医療については、正確さと倫理的配慮が求められるため、メディカルコピーライターの中でも医療資格を有したライターが求められます。

 

2.看護師のメディカルコピーライターが行う仕事内容

看護師向けの情報発信をするメディカルコピーライター

看護師のメディカルコピーライターは、主に看護師か患者に向けて情報を発信していきますが、この世界ではライターとしての経験値よりも文章力・英語力の方が求められます

それでは、看護師のメディカルコピーライターが行う仕事内容について詳しく見ていきましょう。

 

看護師向けの情報発信

看護師がメディカルコピーライターして活躍できる業務の1つに、看護師・介護士向けの情報発信があり、学会発表や論文などの内容を分かりやすくまとめ、雑誌や学会誌、WEB情報などで発信していきます。

また、医療者向けに生涯教育ツールやDVDの作成などにも関わることがあります。

 

看護師目線で情報発信できる

医療情報を解説して記事にするだけなら、専門知識がないライターでもできますが、医療情報を読み解く際に「看護師として知りたいこと」「看護師が注目する見出し」等は、看護師だからこそ判る部分です。

看護師のメディカルコピーライターは、看護師目線で看護師に情報発信する際に力を発揮することができます。

 

患者向けの情報発信

メディカルコピーライターは、医療者だけでなく一般の人や患者向けにも情報発信を行うため、「患者の声を集める」「医療用語を分かりやすい文章に書き替える」等のことが必要です。

 

補足説明!

ポイント

「医療情報を患者に分かりやすく説明する」「ポイントを絞って理解を促していく」等の作業は、看護師の視点が役立つでしょう。

 

ライター経験よりも文章力・英語力が求められる

メディカルコピーライターになるために必須の公的な資格はありませんが、クライアントがあって業務が始まるメディカルコピーライターの仕事を行うためには、文章力や英語力があると強みになります。

そのため、将来メディカルコピーライターとして「看護師に情報発信をしたい」「一般の方や患者に分かりやすく情報を提供したい」等と考えている場合は、英語の読解力をつけたり編集に関する勉強を始めたりしておくと転職に有利になるでしょう。

 

募集要件に経験を求められる場合もある

メディカルコピーライターは、看護師免許があれば未経験者でも募集を出している会社もあり、1年目は先輩に教わりながら仕事を覚えることが一般的ですが条件の良い会社は、大卒・大学院卒であることや英語力、ライターとしての経験を募集要件としている場合もあります。

 

3.看護師でもできる求人の見つけ方

出版の担当者に声掛けする看護師

普段看護師として働いている方でもできる、メディカルコピーライターの求人を見つける方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

以下に詳しくご紹介していきます。

 

出版や編集を担当している方に声がけ

メディカルコピーライターは、決して募集が多い職種ではないため知り合いに出版や編集を担当している人がいる場合は、「メディカルコピーライターになりたい」と声をかけて意欲を見せることをお勧めします。

私は、ライターの仕事をしていますが、やりたい仕事を受注するには「自分から声を上げる」「関連職種とつながる」等のことが次の仕事につながったという経験を何度もしています。

 

ポイント!

ポイント

出版や編集の担当者に声掛けからメディカルコピーライターになった場合、始めから正社員といった高条件での仕事は期待できない可能性もありますが、信頼と経験を積み重ねることが次のステップにつながるでしょう。

 

「メディカルコピーライター×看護師」で検索する

インターネットで「メディカルコピーライター×看護師」と検索すると数少ない募集ですが、いくつかの会社を探すことができるため、メディカルコピーライターの求人を探す1つの方法と言えるでしょう。

 

募集要件を細かく確認する

現在、メディカルコピーライターは、薬剤に関する知識を求められることが多く薬剤師への求人が多いようですが、応募要件などを確認すると看護師でも募集可能な場合が多くあるため、募集要件などを細かく確認しましょう。

 

転職サイトをチェックする

看護師専門に限らず、大手の就職サイトをチェックすることでメディカルコピーライターに転職できる道が開けます。

わたしの場合は、大手の就職サイトをチェックして「未経験者可・看護師の資格をお持ちの方募集可」を見つけることができました。

 

ポイント!

ポイント

メディカルコピーライターの場合は、看護師専用転職サイトよりも、一般の転職サイトの方が良い条件が探せるかもしれないため、諦めずに探すことが大切です。

 

ライターの経験を積む

WEBライターとしての経験を積むことは、実績を見せることができアピールに繋がるため、メディカルコピーライターになる道が開ける場合もあります。

 

補足説明!

ポイント

看護師系WEBサイトのライターになることや、医療や健康に関する記事を書くことが、メディカルコピーライターの基礎につながります。

 

4.まとめ

看護師に対するメディカルコピーライターの求人は、決して多くはありませんが看護師が医療情報を調べたり教育ツールを活用したりする際には、看護職のメディカルコピーライターが活躍しています。

メディカルコピーライターは、クライアントがあって初めて成り立つ仕事であるため、メディカルコピーライターとしてやりたい仕事を転職したい会社が請け負っているのか確認した上で面接に申し込むことをおすすめします。

メディカルコピーライターは、数が少ない求人だからこそ慎重に、そして自分から動くことを大切にしましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師業務内容の特徴


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ラビウサ
(公開日:)(編集日::2017年09月01日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。