著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

腫瘍内科に転職を考える看護師のメリット・デメリット

kameko
看護師スタッフkameko
腫瘍内科で働く看護師

腫瘍内科とは、いわゆるがんを専門に治療する診療科です。全国でも数は少なく、大学病院などに設置されていることが多い腫瘍内科ですが、特定の部位ではなく、あらゆる部分のがんを総合的に治療するのがその特徴で、内科や外科等とも連携をとりながら治療を進めていきます。

1.腫瘍内科で働く看護師に必要なスキル

看護師のスキル

腫瘍内科に勤務する看護師の仕事内容は、基本的には一般的な病棟勤務と同じで、日々のバイタルチェックや検査、体を動かすことが困難な患者さんについては、食事や排せつの介助などを行います。

腫瘍内科の場合は他の科との連携を取りながら治療を進めていくことが多いので、その連絡や確認なども大切な業務です。がん治療については、がん化学療法看護やがん性疼痛看護、乳がん看護やがん放射線療法看護、そして緩和ケアなど、認定看護師に指定されている分野も多いので、スキルを磨きながら勉強して認定看護師の資格を目指すのもよいでしょう。

難しい資格ですが、取得できれば仕事の幅が大きく広がります。

 

抗がん剤に関する幅広い知識が必要

求められるスキルとしては、腫瘍内科自体が全国でも少ないため、腫瘍内科での勤務経験を求められることはまずありません。ただし、抗がん剤治療をメインに行う病棟ですから、抗がん剤に関する幅広い知識を身につけておく必要があります。

また、腫瘍内科ということは、がん患者、しかも他の医療機関から紹介されてくるような深刻な病状の患者さんが中心になりますから、精神面も含めて慎重な看護ができることが大切になります。

 

ポイント!

ポイント

簡単ではありませんが、がん治療の最前線での仕事ということになりますから、スキルアップをめざす看護師には最適の職場になるでしょう。

 

どんな血管にも対応できる採血とルート取りの技術

腫瘍内科に限らず内科全般に言えることですが、どんな血管にも対応できる採血とルート取りの技術は必須です。特に、抗がん剤治療を受け続けている患者さんは血管がもろくなっていることが多いため、なおさらのことです。

 

2.腫瘍内科で働く看護師のメリット

メリット

腫瘍内科で働く看護師のメリットは、がん医療の最前線で働くことができるということです。がん看護のスキルを身に着けるのは最適の職場でしょう。大きな大学病院などにしか設置されていないため、簡単に入職できるわけではありませんが、スキルアップしたい看護師には人気の高い診療科です。

 

高いモチベーションで仕事ができる

がんに関する認定看護師制度も多いことから、腫瘍内科には認定看護師を目指す看護師も多く、意識の高い同僚の中で、モチベーションを保ちながら仕事をすることができます。

患者さんはがんでの長期入院になることが多いため、コミュニケーションをとる機会も多く、治療についての不安なども聞いて、医師との懸け橋になる大切な仕事です。

ひとりひとりに対して、じっくり看護がしたいという看護師にもよいでしょう。ハードな職場ではありますが、やりがいも大きいのが腫瘍内科の特徴です。

 

総合病院や大学病院に設置されているため給与は高め

給料に関しては、腫瘍内科が大きな総合病院や大学病院にしか設置されていないこともあって、必然的に全国でも高い金額になりがちです。これは、他の診療科に比べて給料が高いというよりも、総合病院や大学病院の給料相場が高いことが理由。もちろん夜勤や残業もありますが、看護師としてはトップクラスの水準の給料になるでしょう。認定看護師などの資格を取得すれば、さらに資格手当がプラスされる場合もあります。

 

ポイント!

ポイント

総合病院や大学病院は、併設の保育所や寮など福利厚生が手厚いところが多いので、働きやすさの面でもメリットは豊富です。

 

3.腫瘍内科で働く看護師のデメリット

デメリット

腫瘍内科で働く看護師のデメリットは、どうしても精神的に辛いということがあります。入院しているのは基本的にがん患者で、他の医療機関から紹介されてくるような重篤な患者さんも少なくありません。抗がん剤の副作用で吐き気と戦っていたり、髪の毛が抜けてしまったりと、患者さんにとっても辛い症状の患者さんもたくさんいます。

 

看護師としてのメンタルが強くないと務まらない

病気と闘いつつも、最終的には亡くなってしまう患者さんも決して少なくはありません。もちろん最も辛いのは患者さんやその家族ですが、毎日ケアをする看護師もメンタルが強くないと務まらない職場です。

 

看護師としての責任がストレスになるケースも

腫瘍内科には重篤な患者さんも多いため、どうしても急変などを起こすことが多くなります。中には命に関わるようなケースもありますから、看護師は迅速かつ適切な処置をすることが求められます。ちょっとした判断ミスが取り返しのつかない結果につながることもあるので、責任も重大です。

この責任の重さがやりがいにつながる場合もあれば、ストレスになることもあるなど、人によってとらえ方は違ってきますが、ストレスになる人にとっては辛い職場だと感じられるかもしれません。しかも急変が多いということは、残業になりやすいということ。

急に容体が悪くなった患者さんがいると、その日のやるべきことがすべてずれ込んでしまうため、就業時間内にすべてを終わらせることが難しいのです。

 

ポイント!

ポイント

腫瘍内科自体が看護師にとっても勉強することが多い上に、大学病院では勉強会や研修なども頻繁に行われるため、就業時間外の拘束時間が多くなりがちです。

 

まとめ

腫瘍内科は高度な医療を提供する総合病院や大学病院に設置されているのが特徴です。そのため、常に忙しくまた懸命に勉強しないと付いていくのも難しい現場です。一方、がん治療について知識・技術を身につけていきたいと考える看護師にとっては最適な職場だと言えます。

求人は非常に限られており、またすぐに腫瘍内科に配属されるとは限りませんが、興味のある方はぜひ一度看護師転職サイトやナースバンクに問い合わせてみてください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。