著作者

RAY

現役看護師

RAY

( 看護師 )

看護師が中途入社初日から良い印象を与えるための方法5つとは?

RAY
現役看護師RAY
看護師 第一印象

転職活動が終わり、中途入職の日がやってきました。中途入職者が最も緊張するのが中途入職初日。

特に、転職が初めてという人は、新卒時には自分以外にもたくさんの仲間が同じスタートラインいるから安心だったのに、いきなり1人ぼっちでのスタートラインになるということから緊張する人が多いようです。

中途入職初日にやるべきこと5つを中途入職からその日過ごすであろう1日に沿って考えてみました。始めが肝心という言葉通り初日を難なくクリアすることが明日につなげるカギとなるのです。中途入職初日に絶対にやるべき5つのことについてお伝えします。

1.中途入社初日の自己紹介・挨拶はしっかり行う

自己紹介・挨拶はしっかり行い相手に良い印象を与える

転職時、1番最初に行うことはみんなの前でのあいさつ。人見知りであったり大勢の前で話すことが苦手だったりすると緊張することと思います。

心理学で初頭効果と呼ばれる効果をご存知でしょうか。これは、初対面の相手の印象は10秒で決まってしまうというもので、決まってしまった印象を払しょくするにはだいぶ時間がかかると言われています。つまり、中途入社初日の印象はとても重要なものとなるのです。

 

話の内容はほとんど意味ありません

話が得意な人では自己紹介で一ネタ入れるなどと小技を聞かせて印象つけるかと思いますが、人見知りの人はそうはいきません。

メラビアンの法則という言葉をご存知でしょうか。これは、心理学の教授が見つけ出した法則であり、人は自己紹介などで話をしていても話の内容すなわち言葉そのものの意味は7%ほどしか伝わっていません。

 

見た目や聴覚からの情報が88%

声の質や声の高さ・口調といった聴覚から得る情報は33%、表情やしぐさ・視線といった見た目から得る情報は55%相手に伝わります。

ということは、気の利いたことを言わなくても、柔らかな口調や表情、しぐさで自己紹介をすれば相手からは良い印象を持ってもらえるということになるのです。

 

ポイント!

ポイント

自分も人見知りのため、毎回気の利いたことは言えませんが笑顔でゆっくりと話すことを心掛けているためか、第一印象は良い印象を持ってもらえることが多かったです。

 
 

2.周りの看護師の反応は気にしないこと

周りの反応は気にしないこと

自己紹介が終わって業務開始となります。その日の担当さんが親切に教えてくれる一方で回りはなんだかよそよそしい。新人の頃だったら「一緒に頑張ろう」とか「何でも聞いてね」と声をかけてもらえた。

この職場の人は冷たい人ばかりなのか、なんて思ったことはありませんか?実際、中途入職初日は周りの反応を気にしすぎ、話しかけてもらえないと嫌われているのではないかと思ってしまう人が多いそうです。

 

中途採用の場合は、話しかけられにくい

新卒の頃であれば病院中に新卒の配属される日が知らされており、たくさんの新人が入ってくるため声をかけてくれる優しい看護師が圧倒的多数です。しかし、あなたの中途入職初日は他の人たちにとってはいつもの日常です。そのため、自分の業務を止めてまでわざわざ話しかけて仲良くなろうなんて思っている人は少ないです。また、特に中途入職者で経験年数が長い場合はベテランさんだからと話しかけることを躊躇している人も多いのです。

 

ポイント!

ポイント

中途入職初日に誰にも話しかけてもらえなかった、相手にしてもれなかったということは気にせず、自分が業務を覚えることに専念しましょう。

 
 

3.中途入社では自分をアピールせずに周りを知る努力をする

自分をアピールせずに周りを知る努力をする

やる気のある中途入職者の初日によくあるのが、自分の出来ることを過剰にアピールしてしまうこと。例えば採血が入らない人がいる、分からないことがあるという時に周りを差し置いて私ができるとしゃしゃり出てしまうことは中途入職初日に絶対にやってはなりません。

 

自分から周りをしる努力をしましょう

病棟は技術、知識ももちろんですが信頼関係で成り立っていることも多くあります。経歴を見てあなたができるということをもしかしたら周りは知っているかもしれませんが、あえて頼まないのは信頼関係が構築できていないという場合もありますよね。

また、過剰なアピールは周りから嫌煙される一因にも。できる、わかると思っていてもぐっと我慢してまずは周りを知る努力から始めましょう。

 
 

4.良い印象を与えるためにスタッフの顔と名前はできるだけ覚える

スタッフの顔と名前は覚えるように

中途入職の場合、新しい顔は自分一人のためみんなが自分を覚える早さはとても早いです。なので、知らない人から名前を呼ばれるなんていうこともしばしばあります。しかし、自分は1人多人数の顔と名前を覚えなければなりません。

 

仕事を円滑に進められるようになる

看護師は分からないことは自己判断せずに聞くことを求められます。聞くためには相手の顔と名前が一致していなければ声をかけることができません。そのため、まずはスタッフの顔と名前をしっかりと覚えるようにしましょう。

そうすることで聞きたいことがあるときでもすぐに聞くことができますし、相手に失礼がありませんよね。

 

空いている時間に覚えるようにしていた

自分も人の顔と名前を覚えることが苦手でした。患者の顔と名前は受け持っているうちに覚えられるのですがスタッフがどうしても覚えられませんでした。

病棟であればスタッフ紹介という顔と名前が書いてあるものが貼ってある場合が多いので、空いている時間にそれを見て覚えても良いかと思います。

 
 

5.前の職場との比較はしない

前の職場との比較はしない

中途入職初日でまず教わるのがその病院でのやり方。看護技術も原理原則が一緒であってもやり方が微妙に違うなんていうことはよくあるものです。そういった時に「前の病院と違う」と声高に主張することは絶対にしてはなりません。

その病院にはその病院のやり方やルールが存在します。それを守れなければそこでやっていくことはできません。ましてや、前の病院を引き合いに出してしまうなんてこと設楽「じゃあ前の病院に戻ればいいじゃないの」なんて言われてしまっても仕方ありません。

 

病院のやり方に従う必要がある

新人看護師さんや転職したての看護師さんのお悩みを聞く機会がちょこちょこありましたが、話を聞いていると転職後に仲間外れにされている気がする、無視されているのではないかと思うという相談に来る人の大半が転職初日にこの前の病院と比較しまくるということをしているように思います。

長い間、前の病院の慣習でやってくれば新しいことは違和感があるかと思いますし、慣れている方法でやる方が圧倒的に楽ということは周りもわかっています。しかし、その病院の一員になるためにはその病院のやり方に従わなければなりません。どうしても納得いかなければ初日ではなく、日を改めて言うことが良いかと思います。
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
中途入職初日は、自分が苦労して選んだ病院である上に周りはあなたのことを査定しているという状況であるから新卒以上に緊張するものです。

中途入職をうまく乗り越えられるかどうかでその後の転職先の居心地の良さは変わります。居心地が良い職場を作れるかどうかはあなた次第です。

苦労して選んだ転職先だからこそ、一日でも長く働けるように頑張って初日を乗り越えましょう。

第一印象に関して調べている方は「第一印象が大切!看護師が新しい勤務先・転職先でよい人間関係を築く方法」こちらの記事も合わせてご覧ください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。


カテゴリー:看護師転職後の注意点


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:RAY
(公開日:)(編集日::2017年05月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。