著作者

sayo

現役看護師

sayo

( 看護師 )

中途看護師の志望動機の書き方と面接注意点

sayo
現役看護師sayo
中途看護師 志望動機 面接

看護師は離職率の高い職種であり、高齢化により必要とされる看護師の人数もどんどん増え、多くの病院や施設が看護師の人材不足に陥っているという現状です。

そのため、看護師は他の職種に比べて求人も多く、自分の好きな職場を選びやすい状況です。

中途採用の求人も多くありますが、新卒とは違い、採用側は即戦力となりすぐに辞めない人材を求めています。

ここでは、看護師が中途採用をねらう際の志望動機の書き方、面接の注意点についてご紹介します。

1.中途看護師の志望動機の書き方

中途採用面接を受ける看護師の履歴書

中途看護師が履歴書に志望動機を書く際、気を付けたいポイントについてご紹介します。

 

(1)看護師としての経験から学んだことを書く

採用側は即戦力となる人材を探しています。

新卒とは違い、中途採用の看護師は基本的な看護技術や知識があることは当たり前です。

そのため、看護師をしてきた経験の中で自分が一番学んだこと、経験の中から大事にしている看護観と、それが今回の職場を選んだこととどのように関係しているのかを書きましょう。

そのことを簡潔にきちんと書くことが自分のアピールとなります。

 

経験を掘り下げることで自己分析をする機会となる

自分の看護師としての経験を掘り下げていくことは、自己分析にもつながります。

自己分析を行うことは自分を見つめ直すことでもあり、自分が一番何をやりたいかなど職場を選ぶ際にも役に立ちます。

 

ポイント!

ポイント

自己分析を行い自分の具体的な目標を把握することで、その職場を選んだ明確な理由がはっきりして採用者にも自分の熱意がしっかり伝わります。

 

(2)前の職場での経験を自分の強みとして書く

今まで看護師として働いた中で、自分の強みとなることを書くことが重要です。

特に、前の職場から学んだことから、この職場でどのように自分が役に立つのかを書きましょう。

学んだことの書き方の例としては、

  • 救急や外科のような忙しい現場で働き、患者の緊急時の対応を多く学び迅速に動くことができる
  • 内科などの慢性期の現場で働き、患者の社会的背景も考慮し家族も含めて退院指導をしっかり行ってきた

などがあります。

その学びがあるからこそ、今後この職場でどのようなことを学び貢献したいかを書くと分かりやすいです。

 

(3)職場の条件面に惹かれたという記載は避ける

看護師として働く職場を選ぶ際、誰もが給与や待遇、通勤面から選ぶことが多いでしょう。

しかし、そのことを志望動機に書いても相手側に良い印象を与えることにはつながりません。

条件面のことばかりの志望動機だと、良い条件の職場がまた見つかれば辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。

条件面に惹かれてその職場を選んだとしてもそのことは書かずに、その職場の特徴も調べて新しい職場で自分がどのようなことがしたいか、どのようなキャリアを積みたいかを具体的に書くことが重要です。

 

2.中途看護師の面接における注意点

中途採用面接を受けるスーツを着た女性看護師

看護師が中途採用の面接を受ける際、気を付けたいポイントについてご紹介します。

 

(1)退職理由はポジティブな理由を説明する

中途採用の場合、必ず面接で以前の職場の退職理由について質問されますが、理由によっては面接官にマイナスのイメージを与えてしまいます。

前の職場の不満はマイナスに捉えられるため、ポジティブな理由を説明しましょう。

例えば「以前の職場ではこのようなことを学び違う職場でもさらに学びたいと思い退職した」や、「違う場所でも経験やキャリアを積みたいと思い退職した」という理由は印象が良くなります。

 

注意点!

ポイント

人間関係の問題や待遇についてなどの前の職場への不満は、同じようなことがあればすぐに辞めてしまうのではないか、辞めることでしか解決能力がないと思われてしまいます。

 

(2)学んだことや強みなど自己アピールをしっかりする

面接に受かるためには自分をしっかりアピールすることが大切です。

前述した志望動機に簡潔に書いた内容を、さらに詳しく説明しましょう。

志望動機をそのまま読んで全く同じことを言っても、本当のその人の考えには聞こえず印象が良くありません。

今までの看護師の仕事の経験から自分はどのようなことを学び、どのような強みがあるのかなどアピールポイントを強調したり補足したりして自分の言葉でしっかり伝えましょう

それはやる気があることを伝えることにもつながります。

 

ポイント!

ポイント

自分のやりたいことばかりを伝えるのではなく、その職場の方向性や仕事内容と自分がどのようにつながり今後役に立つのかを必ず伝えましょう。

 

(3)条件面の提示はありのままを伝える

面接の中で、夜勤の回数やどのくらい残業ができるかなどを聞かれることもあります。

その際、不採用になりたくないとその場限りの回答をしてしまうと、就職してから対応できずにトラブルになることにもつながります。

対応できない場合はその理由をきちんと伝えて、いずれ対応できそうな時期がくる予定があればそのことも説明しましょう。

トラブルを防ぐためにも事前に転職先の夜勤回数などは調べておくと良いです。

 

(4)面接官への質問はあらかじめ準備しておく

面接の最後には必ず、何か質問はないかと聞かれます。

その時に質問がない場合、関心がないと受け取られてしまいます

就職してすぐに辞めないためにも、疑問や不安点があれば必ず確認しましょう。

自分をアピールするためにも事前に質問について準備しておきましょう。

 

まとめ

看護師の中途採用の求人はとても多く、自分の条件に合う職場を選ぶことができます。

しかし、中途採用は新卒に比べ基本的なことができるのは当たり前で、採用側もハードルを高く設定しています。

即戦力となり、すぐに辞めずに組織に対応できる人材を一番に求めています。

その職場がどのような理念を持ち、どのようなことに力を入れているのかをしっかり調べて、自分のアピールポイントを強調して説明しましょう。

その他、看護師の履歴書志望動機に関しては「看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!」を確認してください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。
私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師の履歴書

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:sayo
(公開日:)(編集日::2017年11月21日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。