分娩室への転職!助産師の仕事内容や求人を探す際の注意点は?

助産師 分娩室 転職

助産師の資格を取得しても、施設によっては病棟やNICU、手術室などの分娩室以外の配属となり、気付いたら数年、ということもあります。

資格をとったからには、助産実習の経験を忘れないうちに分娩室に異動や転職をしたいという気持ちは自然なものでしょう。

そんな助産師や、助産師資格を取得しようと考えている看護師のために、分娩室の助産師の仕事内容と転職するメリット・デメリット、求人を探す注意点などついてご紹介します。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.分娩室で働く助産師仕事内容と1日のスケジュール

分娩室で新生児をとりあげる女性助産師

分娩室に勤務するからには、助産師の主な仕事は分娩介助です。

高い個別性を持つ分娩に対し、その方の分娩進行が安全かつ安楽に進むために、自分の持つ知識や経験が試されます。

その他にも、外回り介助、ベビーキャッチ、流産処置の介助、分娩待機者からの外線電話対応など、仕事は多岐にわたります。

以下で分娩室での助産師の仕事内容について詳しくご紹介します。

 

(1)分娩進行の管理、直接介助

助産師が取り扱えるのは正常分娩のみです。

「対象者の分娩進行が正常から逸脱していないか?」という視点を常に持ちながら分娩進行を見守り、ときに介入することが求められます。

また、陣痛発来や破水などの主訴で入院する産婦の受け入れ、誘発分娩となった方への医師の診察や処置の介助も分娩室担当の役割です。

 

補足説明!

ポイント

緊急帝王切開が決定した場合、手術室への申し送りは、直接介助者の仕事であることが多いです。

 

産婦の希望に沿ったお産になるよう働きかける

「バースプラン」という言葉が広く知られるようになった昨今、自然に出産したい、無痛分娩にしたい、フリースタイルでの分娩をしたい、など産婦が持つ希望はさまざまです。

そして、分娩進行の主役は助産師ではなく、産婦自身です。

産婦のもつ力を発揮できるよう、その方の背景、全体像を考慮し安全に、そのうえで産婦の希望に近付けるお産になるような働きかけが必要です。

 

小さな異常を見過ごさず、緊急事態に迅速に対応する

助産師には異常の発生時に医師への報告義務があります。

どの施設でも当たり前のことですが、特に医師が常時いるわけではない場合は、どんなに小さな異常でも見過ごさない視点が重要視されます。

また、分娩が正常に終わったとしてもその後に何が起こるかは分かりません。

産婦が持つリスクから起こりうる緊急事態を予測することはもちろんですが、予測できなかった事態に対して迅速に対応できる能力と、日々の学習・経験の積み重ねが求められます。

 

ポイント!

ポイント

多くの場合、分娩後2時間経過の時点で問題がないと判断されると、入院病棟へ褥婦を移動させ、スタッフ間の申し送りを行います。

 

(2)外回り介助とベビーキャッチ

助産師の仕事のうちの外回り介助とベビーキャッチを、施設によっては兼任していることがあります。

 

外回り介助者は直接介助者を支援する

外回り介助者は、直接介助者のアセスメント、プランに基づき、直接介助者を支援します。

実際に対象者と接する機会としては、産婦の体位交換、立ち会う家族への声かけ、緊急時の応援要請など、直接介助者が滅菌手袋をはいてからの仕事が多いといえます。

 

ベビーキャッチは新生児へのケアを行う

ベビーキャッチは、出生後の新生児へのケアが主たる仕事です。

出生前のモニターからもある程度出生後の乳児の状態予測は可能ですが、何が起こるかは分からないのが分娩です。

新生児救急蘇生法(NCPR)の取得を推奨している病院も多く、そうでなくとも、大切な命を預かる身としては習得しておきたい技術です。

 

(3)流産・死産の処置と患者への心理的ケア

悲しいことですが、助産師は生まれてくる命だけではなく、亡くなってしまった乳児を看ることもあります。

流産後の子宮内容除去術の介助や、週数によっては死産の分娩介助を行います。

流産処置の場合、全身麻酔をかけて行う手術になるため医師の介助が主な仕事となりますが、死産の場合、分娩経過は正常分娩と変わりありません

どちらの場合も、喪失の悲しみ、後悔、さまざまな気持ちを抱えながら手術や分娩に臨む対象者・家族への心理的なケアも求められます。

 

(4)分娩待機者からの外線対応

産科外来診察時間外の場合は助産師が外線の対応も行います。

その方へのアセスメントをもとに、来院を促すか自宅待機で様子を見るか、必要時はもちろん医師に報告、相談し対応していきます。

 

分娩室で働く助産師の1日のスケジュール

施設によって助産師の数、分娩件数が異なるためこの限りではありませんが、一例をご紹介します。

 

日勤助産師の1日のスケジュール

8:30分娩進行者、当日の処置の有無を確認する
カルテを見て在患の情報収集を行う
8:40夜勤者からの申し送り、担当者決定
他のスタッフの動きを予測するため、分娩室全体の動きもある程度把握する
9:00対象者へのあいさつ、助産展開の開始
対象者が分娩進行者:対象者の現状と予測される進行をアセスメント、そこからのプランを産婦とともに実施
対象者が処置、介助の場合:物品準備や対象者への説明などから始まり、医師の介助を行う
11:30~13:00交代で休憩
自分の受け持ち者と並行し休憩スタッフの受け持ち患者を看る
(休憩に入る前に分娩進行者の状況とアセスメントを医師に報告する施設もある)
14:00~15:00勤務交代にむけてこれまでの経過のアセスメントと医療介入の検討
日勤帯中に分娩にする必要があるか、また医療介入は必要かどうか、医師を交えて検討
16:30夜勤者への申し送り

分娩経過はほんの少しの時間経過でアセスメントが変わり、プランが変わり展開していきます。そのため、オンタイムで記録をしていく必要があります。

 

夜勤助産師の1日のスケジュール

16:20在患全体の情報収集
(日勤よりもスタッフ一人に対する受け持ち患者が多くなるため、他のスタッフの動きも予測・把握する必要がある)
16:30妊娠経過を含めた基礎情報、これまでの分娩経過と日勤帯で行った医療介入があれば申し送りを受ける
スタッフの経験に応じて受け持ちの割り振りを行う
(助産師が1人の場合どの産婦から分娩になりそうかアセスメントが必要)
17:00対象者へのあいさつ、助産展開の開始
19:00~交代で食事休憩
23:00~交代で仮眠休憩、巡視
分娩進行の支援、医師への報告、外線対応、記録、(分娩患者がいない場合)病棟患者の対応
8:40夜間の分娩進行のアセスメントも含め、日勤者へ申し送りを行う

夜勤はスタッフの人数が減るため、日勤時よりもさらに産婦ひとりひとりへの安全への配慮が必要です。

分娩はいつ何が起こるかわかりません。食事も摂れず日付をこえていることもしばしばあります。

忙しさはスタッフの数や分娩件数に左右されます。

 

2.分娩室で働く助産師のメリット

分娩室の新生児と母親

助産師資格を取得したからには経験しておきたい、分娩介助にまつわるメリットをお伝えします。

 

分娩介助技術とアセスメント力が向上する

助産師の分娩介助は手技だけではなく、アセスメントやリスクへの視点も重要です。

たくさんの産婦に出会い、それぞれの分娩に携わり、丁寧に振り返ることで、自分の助産技術の向上を図れます。

 

命の誕生の瞬間に立ち会う感動を味わえる

新しい命の誕生に立ち会うことは、何度経験しても毎回違う感動を覚えます。

分娩に携わることが好きな助産師にとっては、分娩室はまさに最高の職場でしょう。

 

対話が難しい患者とのコミュニケーションスキルが身に着く

陣痛に耐えている産婦にとって、必要以上の対話はストレスとなります。

会話だけではなく表情、しぐさ、体位、バイタルサイン、家族への対応など、さまざまな視点から対象者を観察し、対話し、過不足なく情報を得て、アセスメントし、プランにつなげていきます。

時には言葉に頼らず情報を得ることも必要です。

 

3.分娩室で働く助産師のデメリット

疲れた分娩室の女性助産師

次に、助産師が分娩室で働くデメリットについてご紹介します。

 

産婦と新生児2人の命を預かるため責任重大である

責任が大きいことは他科でももちろんそうですが、分娩においては産婦と新生児の2人の命を預かります。

少しの見落としで、2人の命を危険にさらす可能性はいつでもあります。

助産師は正常分娩を取り扱えますが、裏を返せば正常経過でない場合は医師への報告義務があり、正常か異常かの判断は常に求められます

分娩進行中は、そういった判断をオンタイムで行っていかなくてはならないのです。

 

とても忙しい日とそうでない日の差がある

産科は日勤帯でも夜勤帯でも、時間を問わず何人でも産婦が入院してくるのが当たり前です。

入院の受け入れをしながら、多数の分娩進行者を受け持ち、分娩介助をし、産褥病棟へ申し送りをし、記録をするなど、気付いたらご飯を食べる暇もなく勤務交代になっていることもあります。

緊急帝王切開が入るときももちろんあります。

反対に、分娩進行者も処置もない1日もあり、忙しさに波があることが挙げられます。

 

流産・死産で亡くなる命を看なければならない

流産、死産で喪失体験をする産婦にとって、手術や分娩は大きな身体的・精神的負荷を負います。

分娩室の関わりだけではなく、術後・産後や退院後、対象者に寄り添うことが必要ですが、一方で助産師自身も大きな悲しみと向き合うこととなります。

 

常に知識のアップデートをする必要がある

「安全神話」という言葉があります。医療の進歩によって周産期死亡率は低下してきてはいますが、「絶対に安全な分娩」は存在しないと言っても良いでしょう。

そして、産科訴訟が多いことも広く知られるようになりました。

このような産科をとりまく現状で、産婦、新生児、そして助産師自身を守るためには、いつでも正しい知識をアップデートしていくことは必須です。

 

4.分娩室で働く助産師の給与事情

分娩室の助産師のお金

分娩室で働く助産師の給与事情を、クリニックと大学病院・総合病院を比較してご紹介します。

クリニックで助産師として働く場合

クリニックの魅力は各手当です。分娩手当がつく施設もあり、また、夜勤手当は3万円以上となる施設がほとんどです。

また、助産師の配置から夜勤回数が多い傾向にあるため、手取りは30~40万円まであがります。

ただし、この手取りの高さは諸手当によるところが大きいため、基本給は総合病院に比較すると低く設定されている場合が多いです。

 

補足説明!

ポイント

分娩手当がつくのは主にクリニックです。5千円~多いところでは2万円以上つく施設もあります。

 

クリニックは助産師の負担が大きいため給与が高めである

クリニックでは助産師の確保が難しいことが原因で、看護師を主に配置し、分娩担当にだけ助産師を配置するという施設も少なくありません。

よって一人の助産師に対する負担が大きくなることも推測できるため、助産師が多数いる病院に比較して給与を高く設定しているということも考えられます。

 

大学病院・総合病院で助産師として働く場合

産婦人科に配属される助産師が多い都合上、分娩手当はつかないことがほとんどです。

また、夜勤手当も1万~2万程度です。

助産師の配置人数によりますが、夜勤回数はクリニックに比べて少ないと言えるでしょう。

大卒初任給で手取りはおおよそ25~30万というところが多いです。

クリニックに比較すると諸手当は低い設定ですが、基本給はクリニックよりも高いことがほとんどであるため、ボーナスは総合病院・大学病院のほうが高くなります

 

5.助産師が分娩室の求人を見つける際の注意点

分娩室の求人をPCで探す助産師

助産師が分娩室に転職する際、求人の見つけ方の注意点についてご紹介します。

 

自分の経験値を踏まえて求人選びをする

自分の経験が、求人の条件に見合うかは重要です。

クリニックは「分娩介助経験何件以上」といった条件を提示されることがあります。

というのも、クリニックは助産師を一から育てる場ではない、という見方が強いためです。

クリニックの夜勤では助産師一人と看護師一人という組み合わせも珍しくありません。

 

ポイント!

ポイント

少ない経験で、その勤務帯すべての分娩を看ていくことは、自身にとっても不安が付きまとうでしょう。

自分の経験を考え、その施設で必要とされている技術やアセスメント力があるかどうかを判断することは、自分を守るためにも必要です。

 

施設の規模や現状の確認を必ず行う

入院病床数や分娩室の数、分娩件数は助産師の仕事の忙しさを大きく左右します。

クリニックでも、病院と同様の分娩件数を取り扱っているところもあります。

自分のライフワークバランスを考え、よく検討するようにしましょう。

 

注意点!

ポイント

給与条件の良い施設は、助産師の配置が少ない、分娩件数がスタッフの数に見合わず多すぎる、などの問題がある場合もあります。

 

見学でチェックするポイントを明らかにしておく

ホームページなどで年間分娩件数、スタッフの数などを提示している施設もありますが、分からない場合は見学の際に確認しておくことが必要です。

可能ならば分娩の見学をさせてもらいましょう。その施設の分娩管理の仕方を確認できるチャンスです。

以下に、見学で確認したい事項をまとめました。

見学で聞きたいこと年間分娩件数
助産師の数
各勤務帯での平均分娩数
緊急帝王切開率
緊急時の呼び出しがあるかどうか
分娩の見学で確認したいこと一人の助産師がどれくらいの人数を受け持っているのか
医師がどれくらい分娩に介入してくるか
分娩に関するリスク管理はどうか
スタッフがどれほどの技術を持っているか
産婦や家族に対する声かけや説明は適切か

 

自身の助産観に合う施設を選ぶ

助産師にとって、分娩に対する考え方は千差万別です。

必要な医療介入はもちろんなされるべきですが、過剰な医療行為を本意でなく行わなくてはならないケースもあります

自分の助産観も大切にしてくれる施設を入職前に見極めるのは難しいことではありますが、実際に見学に行き、産婦や働いている医師、助産師を見て感じるものも、転職に際しては重要です。

 

自分が何を重要視するかはっきりとさせる

自分がなにを重要視するかを考えて探すようにしましょう。

給与が高い職場は忙しいことが多いです。クリニックならば院長がいわゆる「ワンマン」で運営している場合もあるでしょう。しかし、それに見合ったお給料がもらえるのもまた事実です。

経験を積みたい場合は大学病院や総合病院をおすすめします。この場合は給与が下がりはしますが、教育体制がしっかりしているためスキルアップには良いと言えるでしょう。

長く働くために、自分が何を重要視するかをはっきりさせてから見学に行くと、より注目するポイントも明確化されます

 

まとめ

生命の誕生に立ち会える分娩室は、多忙で責任も大きいことに間違いはありません。

しかし、寄り添ってきた産婦が分娩に至り、乳児に出会う瞬間に立ち会うことは、どれだけ経験を重ねても変わらず素敵なものです。

ぜひ、皆さんの転職や助産師資格の取得に役立てていただければ幸いです。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

ランキング1位  ‣看護のお仕事
(4.00) 24件
(全国対応)(求人12万件以上)
ランキング2位  ‣ナースではたらこ
(3.96) 26件
(全国対応)(担当質高・求人数高)
ランキング3位  ‣マイナビ看護師
(3.72) 25件
(全国対応)(担当者質高)
ランキング4位  ‣ナース人材バンク
(3.52) 21件
(全国対応)(求人数高)
ランキング5位  ‣MCナースネット
(3.48) 25件
(全国対応)(派遣・単発)

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。