看護師と主婦業を両立した人生を送るための4つの工夫

看護師 家庭 両立

主婦も看護師業もそして趣味も全部よくばった人生にしたい、と思いませんか。主婦だからそして看護師だからと色々なことをあきらめる必要はありません。

何かを諦めてばかりでは後悔だけが心残りとして後に引きずってしまうばかりです。看護師も主婦業も無理なく続けていく方法をご紹介していきます。

1.主婦看護師は家庭と両立できる働き方を選ぼう

主婦看護師は家庭と両立できる働き方を選ぼう

主婦業も看護師も諦めないためには、看護師の働き方についていい選択をしていくことから始めましょう。看護師は職場の働き方に左右されますが、多くは夜勤ありの過酷な働き方が多いです。

 

子育て中は夜勤のない職場を選ぼう

子供が熱でも家族に預けて夜勤に出かけてしまうことが心苦しいなんて経験はありませんか。子育て中は夜勤のない職場を選ぶ、また、病院では日勤のみの職場にしてもらうなど、自分から働きかけることが重要です。多くの看護師が家庭との両立について悩んでいます。

この問題を解決する場合は、子供が大きくなるまで夜勤のない職場で働くか非常勤の看護師として働くことをおすすめします。

 

ポイント!

ポイント

子供が大きくなるのはあっという間ですし、大変なのも数年間です。自分が無理をすることで、子供に負担がかからないような働き方を選びましょう。

 

2.バリバリ働きたい看護師は周囲にサポートしてもらう

バリバリ働きたい看護師は周囲にサポートしてもらう

主婦業も看護師もバリバリとあきらめたくない人も多い中、どのようにしていろんなことを乗り越えているのかというと、家族のサポート何より夫の支えが一番です。

 

看護師は周囲のサポートなしで続ける事は難しい

近くにいる親族やお友達、近所の人達と看護師をフルで働き続けている人は周囲のサポートを受けているのが一番多いです。子供は体調を崩しやすいですが、その都度休むわけにもいきません。

それだけフルタイムで働く看護師は周囲のサポートなしで続けることは難しいとも言えます。バリバリ働くにはまず頼れる味方をたくさん見つけておくことです。そして、家事はできるときに無理せずすればいいのです。

 

3.限界にならないためにパートという働き方もOK

限界にならないためにパートという働き方もOK

看護師も主婦業も全部負担なくやりたいと思う人は、働き方を変えることです。毎日重くのしかかる雑務が比較的楽になる方法として、パートという働き方を選択することも一つの方法です。

 

主婦行は代わる事はできないが働き方は変えられる

主婦業は代わることができませんが、働き方は変えられます。看護師の働き方は幾通りにもあり、夜勤のない職場選びから土日休みOKのところまで幅広く選ぶことができるのです。

看護師として働いていることに携わってはいたいものの、それほどバリバリ働くこともできないと思っている方にはパートをすることによって、家庭との両立はよりしやすくなります。

 

ポイント!

ポイント

少しゆとりを持って働くことは自分にとっても家族にとっても負担も少なく、仕事を継続させる秘訣でもあります。

 

主婦看護師はゆとりを持って働こう

限界になって苦しむよりも、余裕のあるスタートから始めていくこともおすすめです。子供が大きくなれば悩むこともありません。今だけの悩みは働き方を変えるだけで軽減することができるのです。

子供と一緒にいられる時間は今しかありませんし、どんどんと自分のことを出来るようになってきます。子育てを楽しみながら仕事もしたいという方にはパートという選択もおすすめです。

 

4.周囲の看護師が育児に協力的な職場を選ぼう

周囲の看護師が育児に協力的な職場を選ぼう

看護師と主婦の両立をしていくためのポイントとして重要なことは、働く職場が育児に協力的かどうかです。その雰囲気があるのか見極めるためには師長が子育て経験があるのか、周囲の看護師が子育て中であるのかです。

 

周囲が子育てを経験していない職場は辞めよう

子育てを経験していない職場で働くことは、自分自身の首を絞めながら働くことと同様、結果的に無理をしてしまいがちです。

子供はいつ体調が悪くなるのか予測できませんし、朝機嫌が良く熱が無かったのに保育園に行っている最中に発熱の連絡が、なんてことはよくあることです。そんな時でも、すぐに対応してくれる職場は働くママにとって何よりありがたいものです。

 

ポイント!

ポイント

職場を選ぶときには、育児経験、育児中の看護師が多い職場をおすすめします。

 

5.家事を上手に工夫して、負担を減らそう

家事を上手に工夫して、負担を減らそう

看護師も主婦業も両立させるためには家事も上手に工夫していくことで、少しでも負担を減らしましょう。バタバタしがちな朝は、洗濯物を干す時間すら惜しいです。

 

家庭での時間の使い方を工夫しよう

わずかな時間ですが、洗濯物の時間が無くなればもう少し朝の時間も余裕が出てくるかもしれません。ですので、洗濯は夜にしてしまうことで朝のやることが一つ解決できます。

一方、朝が強いという方は、朝のうちに夕食の下ごしらえまで簡単にしておくことで、早めの夕食早めの就寝をすることが可能です。冷蔵庫に何もないといったこともないように、買い物は一週間分の献立を考えながらしていくと慌てずに済みます。

 

ポイント!

ポイント

どこかで楽になれるポイントを自分で作ることによって今まで負担に感じていたことも軽くなります。そして、たまには外食をし、息抜きをしましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか、看護師として働きながら子育ても両立していきたい方はたくさんいます。強い責任感から泣く泣く看護師を辞めた方も多いです。ですが、パートであれ病院でなくても看護師として働いていることで、働いている事への自信もついていきます。

働きながら子育てをすることは大変なことですが、やってみれば案外できるものです。

はじめから諦めずにやってみてから諦めても遅くはありません。そして転職するにも経験がある以上、自分の強い武器にもなりますよ。

yu-na

【群馬県/38歳・資格:看護師】

ママであり現役看護師です。結婚・妊娠・出産・子育てを経験し、准看護師と看護師の資格を取得するため、主婦から看護の道へ進みました。子育てや家庭の都合により、何度か仕事を辞めては復職し、転職をしての看護師人生です。私が実際に経験し、体験したことをそのまま執筆していますので、色々な考え方があるのだと認識していただけたら幸いです。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。