未経験者必見!デイサービスへの看護師転職時の志望動機と例文

デイサービスは夜勤がなく、さらに土日が休みであることが多いため、多くの看護師が転職してみたいと思う職場です。

また、医療行為も少なく、ブランク明けの看護師や臨床経験の少ない看護師でも働きやすい職場であるとも思われがちです。

しかし、「医療行為が少ないから」や「夜勤がない」「定時で帰られる」という志望理由を履歴書に書くわけにはいかず、どのように書けば良いのか悩む看護師も多くいるでしょう。

ここではデイサービスへ転職する際に、看護師が履歴書へ志望動機をどのように書けば良いのか、ヒントとなるよう例文とポイントを紹介していきます。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.採用側が必要としている人材(看護師)とは?

採用者担当者が必要としている人材(看護師)

デイサービスへ転職した看護師は、「医療処置を思うようにできない」「想像していたイメージとのギャップ」などを感じ、すぐにやめる看護師は多いです。

そのため、デイサービスの採用担当者側は長く勤務し続ける意思のある看護師を求めています。

 

(1)救急時の対応と的確なアセスメントを行える看護師

デイサービスに通う利用者は基本的には家庭で生活ができる元気な方ばかりですが、採用担当者としては、救急時の対応や利用者の状態を的確にアセスメントを行える看護師を求めています。

なぜならば、利用者は高齢者ということで、様々な持病を持っていることが多く、利用者がいつ急変するか分からないからです。

また、デイサービスで働く看護師は、利用者の異常を早期発見し家族やケアマネジャーに報告する役割も担っています。

 

(2)基本的なケアができる看護師

デイサービスは基本的に必要最低限の人数のスタッフで運営しています。

そのため、看護師もトイレ介助や食事介助、入浴介助を行うことがあります。

また、入浴時に褥瘡などの創部処置やストーマの処置を行うこともあるため、基本的なケアができる看護師が求められているのです。

 

2.デイサービス未経験の志望動機<例文>

デイサービス未経験の看護師
【志望動機例文】

私は6年間総合病院で整形外科と脳外科で勤務していました。当時は、患者様1人1人とじっくり向き合う時間が持てず「これは私がやりたい看護じゃない」と思う気持ちが強くなり、転職を決意しました。

そんな時、たまたま外来で後遺症残したまま退院された患者様がデイサービスを活用し入浴や食事、そしてレクリエーションを通して有意義な時間を過ごしているという話を聞きデイサービスに興味を持つようになりました。

また、私は病院勤務時にリハビリを必要とする患者様と関わることが多かったため、日頃のケアからリハビリの方法を学でおり、貴施設でもその経験を活かすことができると思い、貴施設への就職を希望させていただきました。

 

書き方のポイント

看護師としてデイサービス未経験であっても、ある程度臨床の経験があればその知識を活かして働くことができることが強みとなり、アピールポイントとなります。

また、これまで病院で働いていた看護師は、なぜデイサービスへ転職しようと考えたのか明確な理由をしっかりと記載する必要があります。

 

3.ブランク明け看護師の志望動機<例文>

志望動機を書くブランク明けの看護師
【志望動機例文】

私は10年間総合病院に勤務していましたが、出産を機に5年間看護師の仕事を離れていました。最近になりようやく育児が落ち着いたので、大好きな看護師の仕事に再びチャレンジすることにしました。

今回デイサービスへ転職することを決めたのは、看護学生時代から地域看護や老年看護に興味を持っていたからです。卒業論文も、地域で暮らす高齢者を題材にして執筆しておりました。

また貴施設は子育て中のスタッフが多いということを耳にし、育児と両立しながら長く働かせてもらえるのではと思い、今回志望させていただきました。

5年間のブランクはありますが、働きながら積極的に老年看護を学び、デイサービスの仕事を理解して、お役に立てるよう頑張っていきたいと思います。

 

書き方のポイント

デイサービスで働きたい理由を記載することはもちろん重要ですが、ブランク明けというデメリットがある分、その点をフォローする内容を入れる必要があります。

看護師として「いかにやる気があるのか」「長く続ける意思があること」を伝えることが重要です。

 

4.臨床経験が浅い場合の志望動機<例文>

臨床経験が少ない看護師の志望動機
【志望動機例文】

私は専門学校を卒業後、急性期の総合病院に就職しました。私が配属された肝胆膵外科は驚くほど慌ただしく、業務をこなすことが第1優先となっている病棟全体の風潮に疑問を抱くようになり、2年で退職しました。

この経験を機に私は、1人1人とじっくり向き合い、地域に根差した看護ができるデイサービスで働いてみようと思うようになりました。

いずれは、ケアマネジャーの資格も取得し、地域看護のプロフェッショナルを目指していきたいと考えております。

臨床経験は少ないですが、前勤務先では高齢者と関わる機会は多く、また基本的な看護ケアは一通り就職したため、貴施設でお役に立つことができると思っております。

 

書き方のポイント

臨床経験が少ない看護師は採用者側としては、老年看護の理解が不十分なのではないか、利用者の急変時に対応ができないのではないかなど不安を抱きます。

そのため臨床経験が少ない中で何ができるのか伝えることや、デイサービスでの仕事にいかに興味があり勉強をしたいのかアピールする必要があります。

また、前職場を短期間で退職した理由は必ず気にしますので、退職理由も明確に記載しましょう。

 

まとめ

まとめ

デイサービスで働く看護師の仕事は「楽そう」というイメージは強いですが、その考えは一旦置き、採用者がどのような看護師を採りたいのか理解して志望動機を書くと良いです。

デイサービスの実際の状況を理解している看護師だとより採用されやすくなります。

デイサービスの看護師転職時のことは「デイサービスへの看護師転職8つの注意点、メリット・デメリット」を確認しておきましょう。

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。