著作者

L&K

看護師ライター

L&K

( 看護師 )

看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!

L&K
看護師ライターL&K
看護師の志望動機

看護師が転職する際に書く履歴書の志望動機は、とても重要なポイントだと知りながらも何をどのように書けばよいのか頭を悩ます看護師が多いでしょう。

私も3回の転職を経験しておりますが、初めての看護師転職の時は、これでよいのかどうかと不安を抱きつつ恐る恐る書いておりました。

ここでは、そのような同じ悩みを抱える看護師に向けて、転職する際の志望動機の書き方や事例別の例文、ポイントなどを詳しく紹介していきます。

1.看護師の志望動機の書き方~記載すること~

看護師の志望動機の書き方

看護師の志望動機で抑えてほしい書き方と、必ず記載したことを3つの視点に分けて説明していきます。

まずは、志望動機として、3段階で記載できるように、書くことを整理していきましょう。

 

(1)転職先の病院(施設)を選んだ理由

採用側の病院(施設)は、なぜ当院(当施設)を選んだのかを疑問に思うことが多いです。

看護師は需要が多い為、転職先の選択肢がたくさんあるにも関わらず、転職でその職場を選んだ理由が一番気になると転職した後々にスタッフの看護師や医師から言われたこともあります。

 

転職先の理念や業務内容・分野の下調べを行おう

転職希望する病院や施設の業務内容、理念、力を入れている分野などを十分に下調べした上で、

  • 自分が最も魅力を感じた点
  • その職場ならではのできると思ったこと

などを必ず伝えるようにしましょう。

しっかりと自分がその職場を希望する理由を分かりやすく簡潔な文章で採用側に理解してもらう必要があります。

病院(施設)を選んだ理由は重要度が高い

私は3回転職して3回とも直接面接で「なぜここを選んだのですか」と質問をされました。面接でも聞かれることなので、重要度は高いといえます。

 

(2)自分の看護師としての経験やスキルを盛り込む

どんなに短期間であっても看護師としての経験年数、経験を通して習得したことやスキルを簡潔にまとめて必ず書くようにしましょう。

  • 希望する転職先に対して自分ができること
  • 経験してきたこと
  • 自信を持っていること

などを可能な限りアピールするべきです。

どんなに経験やスキルが少なくて自信が持てないとしても何かしらできることは必ずある為、自分の看護観や経験を振り返って看護師としての自分自身にできることをしっかりと見つけ出しましょう。

 

補足説明!

ポイント

採用側にとっては自分の経験や持っているスキルをはっきりと明確に伝えることができるようなポジティブな看護師の採用を理想としています。

 

(3)転職後は看護師としてその病院(施設)でどのように活躍していきたいか

採用する側の病院や施設からすると、採用する看護師がその職場で、どのように前職の経験やスキルを発揮して働きたいのかを知りたいと思っています。

明確に

  • 「どのような看護師になりたい」
  • 「どのようなことを生かして働きたい」

など意思をしっかりと伝える必要があります。

要するに自分自身の活躍のイメージを明確伝え、知ることで採用する看護師のやる気の程度を量りたいと思っているのです。

 

「ただ何となく働きたい」というような看護師は歓迎されません。できれば即戦力として長い期間働きたいという強い熱意を持っているようなやる気が十分にある看護師の採用を希望しているのです。

2.志望動機の書き方注意点!NGな行為

看護師の志望動機の書き方注意点!NGな行為

看護師の志望動機に記載する書き方が分かった時点で、行ってはいけないNGな行為を3つ説明していきます。

以下の内容に当てはまれば良い志望動機とは言えませんので、注意していきましょう。

 

(1)インターネット上の例文をそのままコピーにする行為

ネットで「看護師 転職 志望動機 書き方 例文」などと検索ワードを入れて検索をしてみると、志望動機の例文がたくさん出てくると思います。

その例文のまま書き写したという友人も中にはいますが、そのままコピーすることは絶対にやめましょう

書き方を参考にすることは構いませんが、自分自身の言葉で自分の思いをきちんと伝えるよう必ず文章はオリジナリティを出して書きましょう。

 

採用側のスタッフは数多くの志望動機を見ている

面接を担当する採用側のスタッフは、これまで数多く履歴書の志望動機を見てきたプロフェッショナルだと言えます。

例文をそっくりそのまま書くようでは、その旨を見破られる、もしくは熱意が全く伝わらないことがあります。

 

(2)志望動機をダラダラと長く行為

長く文章を書けばその分言いたいことが伝わり、高い評価を受けるのではないかと間違った認識を持っている看護師もいます。

採用側からするとダラダラと長く書かれるよりは、伝えたいことだけを簡潔に明確に書かれた文章の方が読みやすく好印象を持てます。

 

志望動機は150~250文字程度がベスト

具体的には読みやすい志望動機は150~250文字程度がベストだと言われています。

自分が採用側になったと仮定して、誰が読んでも読みやすいと思えるような伝えたいことが明確にまとまった150~250文字程度の文章を目指しましょう。

 

(3)ネガティブな内容を志望動機に書く行為

転職理由は看護師それぞれであり、ポジティブな場合もあればネガティブな場合もあります。

ポジティブな理由の場合はそのままを書いてもよいのですが、

  • 「前の職場での人間関係が悪かった」
  • 「前の職場の待遇が悪かった」

など悪口のようなネガティブなことを書くことは絶対にやめましょう。

すぐに悪口を言うような人柄なのかもしれないと人間性を疑われることや不信感を抱かれることがあります。

例えネガティブな理由で転職するとしても言い方をポジティブな表現で上手く表しましょう。

 

3.<例文>総合病院への志望動機

<例文>総合病院への志望動機

総合病院へ看護師転職する場合の志望動機を「希望の診療科がある場合」と「特に希望の診療科がない場合」の2つのパターンを例文でご紹介します。

 

(1)希望の診療科がある場合の志望動機例文

<例文>
私は〇年間総合病院の内科混合病棟に勤務してまいりました。混合病棟では消化器内科、血液内科、呼吸器内科の診療科があり、内科分野の幅広い知識やスキルを身に着けることができました。

その中でも私は特に血液内科の患者を担当することが多く徐々に血液疾患の治療や看護に強く興味を持つようになりました。

この度単科の血液内科病棟があり、血液疾患の新しい治療にも力を入れている貴院で、血液内科の看護師として前職で習得した白血病患者などとの関わりや治療におけるスキルを十分に生かして一生懸命勤務したいと考えております。

 

ポイントと解説

行きたい診療科がある場合には、なぜその診療科を希望するのかをしっかり志望動機に記載して伝えましょう

また、前職の経験のどのようなことを転職希望する診療科で生かしたいのかも書くとよいでしょう。

 

補足説明!

ポイント

ただ漠然とこの診療科で働いてみたいという明確な理由がない看護師はあまり歓迎されません。心からその診療科で働きたいという意思が伝わるような文章を書くことが大切です。

 

(2)特に行きたい診療科がない場合の志望動機例文

<例文>
私は〇年間総合病院の整形外科病棟、消化器外科病棟で勤務してまいりました。

その期間に出産をし、半年の産休をとって職場に復帰をしましたが、子供を通わせている保育園が6時までである為勤務の都合によってはお迎えが間に合わないことも何度かありました。

私は子供のお迎えの心配をすることなく仕事中は業務だけに集中したい為、院内保育園が完備されているなど子育て支援が整っている貴院にて、前職で身に着けた患者が心地よく入院生活を送れるよう努める看護経験や的確な看護処置、知識を生かして働きたいと思っております。

 

ポイントと解説

総合病院へ転職希望の看護師で、行きたい診療科は特にないけれども福利厚生の充実を求めてその病院で絶対働きたいという看護師もいるでしょう。採用側にとってはどんな福利厚生を求めているかをしっかりと知っておく必要があります

例えば、院内保育園が完備されているとは言え園児が定員に達していれば受け入れできない可能性もあります。

しっかりと希望する福利厚生の内容を伝え可能であるかどうか聞きましょう。

また、例え福利厚生だけがその病院を選んだ理由であったとしても、転職先で生かしたいことややる気もしっかり伝えることを忘れてはいけません。

 

4.<例文>クリニックへの志望動機

<例文>クリニックへの志望動機

<例文>
私は〇年間総合病院の内科病棟に勤務しておりました。病棟では毎日の業務に追われることが多く患者1人1人にゆっくりと向き合う時間が十分に取れなかった為、徐々に1人1人の患者に丁寧に寄り添えるような地域に密着した看護を行いたいと思うようになりました。

貴院は地域に密着した患者からの信頼が厚いクリニックであるとお聞きした為、私は前職で身に着けた臨機応変に患者対応する判断力や患者と良好な関係を築けるコミュニケーション能力を十分に生かして貴院で即戦力となれるような看護師になりたいと強く思い志望致しました。

 

ポイントと解説

病院など大きな規模の職場からクリニックへ転職する場合は、採用側より病院からクリニックへ転職を希望する理由をネガティブに考えられることも多いでしょう。

クリニックでの業務内容や看護師の役割をしっかりと理解した上で、病院からクリニックへ転職を希望する

  • クリニックへ転職するはっきりとした理由
  • 病院での経験や学びから得たどのようなことをクリニックへ生かしたいか

などを明確に書くようにしましょう。

クリニックの看護師採用は雇用側も不安に感じる

実際に私が勤務していたクリニックでは、看護師が不足する度に募集をしており合計15人程面接をしましたが、病院から転職希望の看護師の履歴書を受け取る度に院長が「病院が忙しいからクリニックへ転職したいのかな」や「バリバリ病院勤務していた看護師はクリニックだと物足りなく感じてすぐやめたらどうしよう」など不安な言葉を発していました。

 

5.<例文>急性期病院への志望動機

<例文>急性期病院への志望動機

<例文>
私は〇年間慢性期病棟に勤務してまいりました。前職では基本的な医療処置や知識を習得し、ゆったりとした雰囲気の病棟で患者1人1人とじっくり向き合いその患者に合った看護計画を立てて実行することができました。看護師としての基盤を十分に作ることができたことで高度な医療処置や手術前後の看護を限られた時間の中で臨機応変に行いたいというスキルアップしたい気持ちが強くあり、外科に力を入れており手術件数も多い貴院にて前職での経験を生かしながらいち早く外科での業務をこなせるよう努めていきたいと思っています。

 

ポイントと解説

急性期病院は慢性期病院や施設とは違い、手術を受ける患者の看護がメインとされており急性期ならではの限られた時間内で多くの業務をてきぱきとこなしていく能力が必要となってきます。

急性期病院への転職では急性期ならではの特徴とデメリットを十分に把握した上でその旨を上手く交えながら自分が働きたい熱意を伝えるようにしましょう。

前職での経験などを自身をもってまとめて書くこと

前職で得たことや自信を持って行えることを簡潔にまとめてきっぱりと書くことで、例え急性期の看護が未経験であっても自分が今現在できることをアピールでき、採用側から自分が今後に期待できる人材であるかを見計らってもらう評価要因になると思います。

ただ「スキルアップしたい」や「外科の看護が学びたい」など抽象的な表現だけを使うことは避けましょう。

 

6.<例文>精神科への志望動機

<例文>精神科への志望動機

<例文>
私は〇年間外科病棟に勤務し周手術期における看護を経験してまいりました。外科病棟であっても精神疾患を合併している患者、手術後に不穏状態になる患者の看護も行う機会が度々あり、徐々に精神疾患患者の看護を積極的に行いたいと思うようになりました。前職で身に着けた臨機応変に患者の対応ができる判断力を生かし、精神疾患患者に対しても例え回復が目に見えにくくとも1人1人に心から寄り添って状況に応じた適切な対応ができる看護師になりたいと考え、多くの患者を受け入れている貴院の精神科病棟で働くことを志望致します。

 

ポイントと解説

精神科は他の診療科と比べると目に見える明らかな治療の効果を実感しにくい科であり、患者とのコミュニケーション1つ1つが患者を刺激させてしまう可能性もある為慎重に関われるような看護をしていかならなければならない診療科であると言えます。

しかし精神科へ転職を希望する看護師は、純粋に精神科看護を行いたいという理由ではなく「残業が少ないから」「医療処置があまりなく楽に働けそうだから」という理由で希望する人が多いそうです。

採用側にとっては精神科のデメリットを十分に理解した上で心から精神科患者の看護を行いたいという熱意のある看護師を採用したいと思っています。

必ず「残業が少ない」、「医療行為が少ない」など自分が働きやすいことを志望理由にすることはやめましょう。

志望理由によっては採用側に不安を与える

「残業が少ない」、「医療行為が少ない」などを書くことで実際に思い描いていた職場と違った場合にはすぐに退職してしまうのではないかという不安を与えてしまいます。前職を生かして精神科ではどのような看護師になりたいか、どのような看護を行いたいのかをできれば精神科のデメリットに上手く触れながらまとめるとベストです。

 

7.<例文>外来への志望動機

<例文>外来への志望動機

<例文>
私は〇年間総合病院の外科病棟に勤務してまいりました。病棟では周手術期の看護を通して一般処置や術後の処置、患者の状態変化に気づける観察力、てきぱきと業務をこなす力などをしっかりと身に着けることができ看護師としての自信につながりました。今後はこのような前職で習得したことと自信を生かし、医師に指示された処置や検査を適切に行って診療介助もスムーズかつ丁寧に行えるような即戦力として働ける外来看護師になることを目標に、外来患者数の多い貴院の外来で働くことを志望致します。

 

ポイントと解説

外来は病棟と違って診療時間が決まっており、基本的にはその時間内に患者の診察や検査、処置を行わななければなりません。

その為外来看護師の大きな役割は、診察がスムーズに進むよう上手く医師と連携して診察の介助を行うことだと言えます。

志望動機にはこのような外来看護の特性である「診察がスムーズに進むような介助を行いたい」という旨を書くとよいでしょう。

採用側は病院の顔となるような看護師を希望している

病棟とは違って外来では働くスタッフがその病院の「顔」のような存在として患者の評価を受けることが多く、採血や注射など処置の失敗はクレームにつながることがあります。

採用側にとっては患者からのクレームを避けたいのはもちろんのこと、病棟にて十分に経験を積んできた即戦力となれるような看護師がその病院の「顔」となるような外来で働くことを希望しています。

看護師としての自分に自信がある看護師はその自信を外来に生かしたいという熱意をしっかり伝えましょう。

自信がない看護師は、外来で最も生かせる経験やスキルを簡潔にまとめてとにかくやる気をアピールするべきです。

 

8.<例文>訪問看護師への志望動機

<例文>訪問看護師への志望動機

<例文>
私は〇年間外科病棟に勤務してきましたが、退院後に訪問看護を利用する患者のサマリーを書くことや訪問看護師に連絡をする機会もあり、そのような業務を通して徐々に退院後の患者の看護ケアに興味を持つようになりました。

病棟勤務を通して身に着けた臨機応変に多様な場面で判断・行動する力、高度なスキルや知識を在宅ケアに生かし、患者、その家族と信頼関係を築いた上で安心した在宅ライフを提供できるように貴社の「〇〇〇」の理念の元仕事をしたいと思い志望致しました。

 

ポイントと解説

訪問看護では看護師1人体制で自宅を訪問し看護ケアを行うことが多いです。

要するに病院とは違ってすぐに医師に相談できる状況ではなく、看護師は自分でよく考えて判断し行動する力が十分に必要であると言われています。

 

雇用側は臨機応変に対応できる看護師を求めている

採用側は病院で経験を積み、様々な場面にも臨機応変に対応できる看護師を雇いたいと思う可能性が高い為、しっかり自分が病院での経験を生かして在宅ケアに対応、順応できるということを書くようにしましょう。

また、訪問看護では患者だけではなく家族との信頼関係もとても大切である為、その旨も志望動機の中に触れるとよいでしょう。

 

9.<例文>老人介護施設への志望動機

<例文>老人介護施設への志望動機

<例文>
私は〇年間療養型の病院に勤務し、老人看護の経験を多く積んで参りました。

病院では退院までの患者とよくコミュニケーションをとってよい関係を作り、患者が安心して過ごすことのできる入院生活を送れるように努めました。

今後は高齢者にとって安心できる第二の「家」のような存在である老人介護施設にて介護職の方と協力をしながら、利用者が心地よく暮らせるような環境作りを病院での経験を生かしつつ、貴施設の〇〇〇という理念に基づき行っていきたいと思い志望致します。

 

ポイントと解説

老人介護施設では医師は常駐しておらず、看護師と介護士の連携により良い環境を利用者に提供していくことが大切となっています。

その為、介護職と協力しながら仕事をしていくというような表現を使うことがポイントとなるでしょう。

 

臨機応変に柔軟に対応できる看護師が好まれる

時々看護職と介護職の間にてトラブルが起こる施設もあるそうで、採用側からすると協力的であり臨機応変に柔軟に対応できるような看護師が好まれると思います。

 

10.<例文>デイサービスへの志望動機

<例文>デイサービスへの志望動機

<例文>
私は総合病院で〇年間勤務した後に〇年間老人保健施設の看護師として老人看護の経験を積んでまいりました。施設では介護スタッフと協力しながら高齢者が過ごしやすい環境作りを行いつつ褥瘡ケア、胃ろうの管理など医療処置も多く行ってきました。施設での業務やスキルは全て習得し達成感を感じることができた為、今後は御社のデイサービスにて前職で身に着けた高齢者との信頼関係の築き方や医療処置を生かしながら、高齢者ができる限り自宅で自立した生活ができるように機能訓練や健康管理を一緒に楽しく行っていきたいと思っています。

 

ポイントと解説

デイサービスは、残業や医療行為が少ない為気軽な気持ちで勤務できるという理由から転職希望をする看護師が多いそうです。

しかし私も派遣でデイサービスの仕事をたくさん経験しましたが、まれに利用者の体調が急変して看護師の迅速な対応が必要であることや、胃ろう、尿道バルーンの管理や血糖測定は全て看護師が責任を持って行うことが当然とされている為、決していつでも気軽な気持ちで働けるような職場ではありませんでした。

その為「医療行為が少ないから」や「定時に帰れる為育児と両立できる」という志望理由の看護師は、採用側より心から歓迎されることはない為志望動機には書かないようにしましょう。

デイサービスの特性を理解しながら記載しよう

採用側は、医療行為が少ない業務の中でも必要な時はしっかりとてきぱきした対応や医療処置を行うことができ、医療行為がない時には「利用者と明るく元気に機能訓練やコミュニケーションをとることができる」、「状況に応じて行動できる」ような看護師の採用を希望しています。

志望動機には必ずデイサービスの特性を理解した上で前職の経験から生かせること、積極的に楽しく働きたいという意思を示すようにしましょう。

 

11.<例文>結婚やライフスタイルの変化での志望動機

<例文>結婚やライフスタイルの変化での志望動機

<例文>
私は〇年間総合病院の混合病棟に勤務してまいりましたが、この度結婚を機に退職する運びとなりました。今後も看護師として仕事を続けていきながら家事との両立も図っていきたい為、無理のない時間帯で精一杯働けるよう貴社のデイサービスでの勤務を志望致します。

初めての分野で不安なことも多くありますが、前職で多くの高齢者と築いてきた信頼関係や急な状況変化に対応する判断能力を生かして、〇〇〇という貴社の理念の元長期にわたり一生懸命仕事をしていきたいです。

 

ポイントと解説

結婚や引っ越しなどのライフスタイルの変化によって退職し、勤務時間や自宅からの距離などを考えて働きやすく通いやすい職場へ転職する看護師は多くいます。

ライフスタイルの変化により泣く泣く退職を選択することとなってしまったが、看護師としての仕事自体は長く続けていきたいという前向きな気持ちをしっかり伝えましょう。

 

12.<例文>ブランクがあり復職する場合の志望動機

<例文>ブランクがあり復職する場合の志望動機

<例文>
私は〇年間看護師として総合病院の内科病棟に勤務してまいりましたが、出産を機にしばらく育児に専念する為退職を致しました。この度子供が成長し育児が一段落着いた為、〇年間のブランクがありますが看護師としてもう一度働きたいと強く思い貴院に応募致しました。

貴院は地域に密着した慢性期病院である為、私は前職で習得した内科でのスキルや知識を十分に生かしスタッフの一員として一生懸命働きたいと考えております。すぐに対応できないこともあるかもしれませんが、貴院の方針に従い業務をこなせるよう努めていきたいです。

 

ポイントと解説

育児のためにしばらく仕事をお休みし、育児が落ち着いた頃に復職するようなブランクのある看護師は多くいます。

採用側も育児によるブランクはよく理解してくれていることが多い為、はっきりとその旨を書きましょう。

 

一生懸命働いて仕事に慣れたいというやる気は大事

「子供が成長したからもう一度働きたい」など復職しようと思ったきっかけも書くとよいと思います。

そして絶対に欠かせないのがブランクはあるものの早く仕事に慣れて一生懸命働きたいというやる気を伝えることでしょう。

 

13.<例文>パート看護師として転職する志望動機

<例文>パート看護師として転職する志望動機

パート看護師として、転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

主に、病院とクリニックのパート看護師の志望動機例文をご紹介していきます。

 

(1)病院のパート看護師の志望動機例文

<例文>
私は〇年間総合病院の外科病棟にて主に消化器外科と呼吸器外科の経験を積んでまいりました。

この度主人の母親の介護を手伝うこととなった為、介護と仕事を精一杯両立していく為に、貴院でパート勤務の看護師として週3回勤務することを希望いたします。

私は継続した病棟での看護がとても好きであり、今後も前職の経験を生かして患者と信頼関係を築きながら丁寧かつてきぱきと責任を持って業務をこなすように一生懸命努めていきたいと思っております。

 

ポイントと解説

常勤看護師から病院のパート看護師へ転職希望をする場合には、なぜパート勤務を希望するかの明確な理由と病院を選んだ理由も併せて書くようにしましょう。

また、やる気もしっかり伝えるようにしましょう。

 

パートでも責任をもって働く姿勢を記載することが大事

病院では常勤看護師のスタッフが多い為、パート看護師はあまり負担にならないような患者を担当することや、勤務時間までに業務が終わらなくても常勤看護師に引き継いで定時に帰宅できるというような病院も中にはあります。

やむを得ない場合は仕方ありませんが、「自分はパートだから大丈夫…」とどこか常勤看護師に甘えてしまっているパート看護師もいます。

病院でのパート勤務を希望する場合にはしっかりと責任を持って勤務するという内容も付け加えるとよいでしょう。

 

(2)クリニックのパート看護師の志望動機例文

<例文>
私は総合病院の内科病棟で〇年間勤務してまいりました。出産を機に育児と仕事を無理のないよう両立したいと考え、パートとして勤務することを希望いたします。

夫も育児に協力的である為、仕事中は安心して業務に専念することができます。

クリニックによくあると耳にする繁盛期の急な残業や雑務なども問題なく対応でき、前職で得た患者との良好なコミュニケーションや臨機応変に判断して行動する能力を生かして貴院の即戦力となれるよう長く勤務したいと思っております。

 

ポイントと解説

看護師の常勤勤務からクリニックでのパート勤務へ転職を希望する場合には、何かしら常勤では働けないという明確な理由があり、その中でも育児中であることやご主人の扶養の範囲内で働きたいという人が多いと思います。

どちらの場合の転職においても、採用側に残業はできないのではないかと不安に思われる可能性もある為、しっかりと採用側のクリニックに合わせることが可能だというような意思を伝えましょう。

 

勤務できない曜日や時間帯なども面接で合わせて伝えよう

どうしても勤務できない曜日や時間帯、残業できない曜日があるような場合には、採用後にその件でスタッフや院長ともめることがないように、あらかじめその旨を面接で伝えるか志望動機以外の欄に書いておくべきです。

また、常勤で勤務していた時に習得したクリニックで生かせることをしっかりと伝えて例えパートであっても「パートだから…」という気持ちを絶対に見せず、常勤勤務と変わらないようなやる気や熱意を伝えるべきでしょう。

 

14.<例文>転職を繰り返している看護師の志望動機

<例文>転職を繰り返している看護師の志望動機

<例文>
私は看護師になって〇年間の間、様々な分野で業務を経験しスキルを身に着けたいという思いがあり、病棟や手術室、外来看護と幅広く経験を積んできました。

その経験の中でも特に外来での看護に興味を持ち、地域に密着した安心して通えると評判の貴院のスタッフの一員として、1人1人の患者に向き合って丁寧に対応できるような看護師になりたいと思い志望致しました。

貴院では即戦力として働ける看護師になれるように長く勤務したいと思っております。

 

ポイントと解説

転職を繰り返している看護師は、採用側からしてみると、「何かその看護師に問題があって同じ職場に長く勤められないのではないか」と思われることもあります。

転職を繰り返している看護師はそれだけで信用がないと判断されてしまう可能性がある為、志望動機には必ず転職を繰り返している理由を明確に書きましょう

例文のように幅広い経験をしたい、もしくは転勤など退職を避けられない理由があったならばその旨をはっきり書きましょう。

人気がある病院やクリニックは受かりにくくなる

実際に私が勤務したクリニックに応募をしてきた看護師の中で10ヶ所もの職場を転々としている看護師が数人いました。

その理由は採用する院長が後々本人に直接聞いたところご主人が転勤族であることなどの理由でしたが、最初に職歴だけを見た院長は「こんなに転職を繰り返していたらすぐにまた退職する可能性が高いから採用はやめよう」と言っていました。

 

15.<例文>新人看護師が転職する場合の志望動機

<例文>新人看護師が転職する場合の志望動機

<例文>
私は学生の時からずっと外科病棟で急性期看護を経験し、早く即戦力として動けるようになることを目標に過ごしてきました。前職では診療科の希望を出せず手術室勤務となりました。

手術室でも様々な経験を通してスキルや知識を身に着けることができ有意義な時間を過ごせましたが、手術を受ける時間だけではなくやはり学生時代から希望していた手術前後の急性期看護をしたいという思いが徐々に強くなっていき、外科病棟に力を入れている貴院で手術室勤務の経験を生かして長く働きたいと思っています。

 

ポイントと解説

新人看護師が転職することは、

  • なぜすぐに前職を退職したのだろう
  • 何かトラブルがあったのかもしれない

などと採用側にネガティブな印象を抱かれることが多いです。

例え人間関係のトラブルや業務内容が大変すぎてもっと楽な職場に移りたいと思ったことが退職理由であったとしても、そのままその理由を単刀直入に書くことは避けましょう。

 

補足説明!

ポイント

自分が本当に志望している仕事内容、職場はどのようなところであり、そこでいち早く働きたいがゆえに前向きな気持ちではりきって転職を考えているということをしっかりと採用側にアピールするべきです。

 

16.<例文>中途看護師として病院へ転職する場合の志望動機

<例文>中途看護師として病院へ転職する場合の志望動機

<例文>
私は〇年間大学病院の救命救急センターに勤務してまいりました。三次救急であった前職を通して緊急時の的確かつ迅速な判断能力や処置を行う力、高度なスキルを習得することができ、看護師としての自信につなげることができました。

精一杯仕事をしていく日々の中で、誰もが受診できるわけではない大学病院の救命救急とは違い、地域に密着した救命救急で地域の患者の救急看護がしたいと思うようになりました。

私は前職での様々な経験と多くの学びを生かし即戦力として地域で評判の貴院にて長い期間働くことを志望致します。

 

ポイントと解説

中途看護師の転職では採用側より、

  • 前職を退職した理由
  • どれくらいのスキルや経験があるか

など必ず併せて問われることが多いです。

やる気があるだけの看護師よりもできれば即戦力となるような看護師の採用を望んでいることが多いです。

自分が経験したことや自信があることを最大限アピールしましょう。

もし、自信がない場合でも経験したことはしっかりと書き働きたいという熱意を伝えるように心がけましょう。

 

17.<例文>転職先でスキルアップしたい場合の志望動機

<例文>転職先でスキルアップしたい場合の志望動機

<例文>
私は新卒から〇年間総合病院の消化器内科病棟に勤務し様々な経験を積んでまいりました。

前職で身に着けたことは私にとって大きな自信となり、これを糧にさらなる消化器における専門性を高めていきたいと思っております。貴院は消化器分野で高度かつ様々な治療を行っており認定看護師も即戦力として勤務されていると聞いておりますので、私も貴院にてスキルアップを図り消化器分野のスペシャリストとして働けるようなスタッフになることを志望致します。

 

ポイントと解説

看護師がスキルアップを目的に転職する場合には、

  • 採用側にとってある程度の経験
  • 看護師としての自信
  • みなぎったやる気

などを持ち合わせている看護師を受け入れたいと考えられることが多いと思います。

前職で経験したどのようなことをスキルアップしたいのかに加えて転職先での目標も明確に伝えましょう

心からスキルアップをしたいと熱意が伝わるよう高い目標を書いてもよいでしょう。

 

まとめ

看護師が転職するパターンは多種多様であり、どのような場合の転職でも志望動機には必ず転職先で長い期間働くことへのやる気や熱意を伝えることが最も大切です。

やる気や熱意を伝えることが最も大切

自分が経験したことや転職先へ生かせることをしっかりと自分の言葉で明確にアピールし、その職場を選んだ理由も必ず書きましょう。

そして例えネガティブな転職理由であってもポジティブな表現に変えることを忘れないようにしましょう。志望動機はその看護師の第一印象になるといっても過言ではないくらい転職が成功するか否かの鍵となっています。

履歴書の書き方や診療科別の志望動機を知りたい方は「看護師の履歴書」から確認してください。

ここでお話ししたことを参考に誰が読んでも分かりやすいようなオリジナルの魅力的な志望動機を書いて転職に挑戦していただければ嬉しく思います。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

私は4年間大学病院に勤務し、その後5年間クリニックに勤めました。また、空いた時間に様々な単発アルバイトも経験しました。
現在は2児の母として子育てに奮闘している為、在宅にて看護師の経験を生かせることはないかと考え、看護師ライターに挑戦することにしました。私の経験したことを転職や就職を考えている看護師に分かりやすくお伝えできるよう努めて参ります。


カテゴリー:看護師の履歴書

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:L&K
(公開日:)(編集日::2017年11月21日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

5 コメント・感想

  1. […] その他、看護師の履歴書志望動機に関しては「看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!」を確認してください。 […]

  2. […] その他、看護師の履歴書志望動機に関しては「看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!」を確認してください。 […]

  3. […] その他、看護師の履歴書志望動機に関しては「看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!」を確認してください。 […]

  4. […] その他、看護師の履歴書志望動機に関しては「看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!」を確認してください。 […]

  5. […] などが、注意点です。看護師の志望動機の例文に関しては「看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!」を確認してください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。