著作者

齋藤

執筆:看護師

齋藤

( 看護師)

看護師が世間知らずと言われる原因を徹底検証!

公開:、更新:2018年04月23日
看護師が世間知らずと言われる原因を徹底検証!

「看護師は世間知らずだ」と世間から言われているのをご存知でしょうか。

看護師に限らず医師など医療系の職種は世間知らずだと言われる傾向にあり、世間知らずの代表格に挙げられてしまう傾向にはあるようです。

この記事を読んだあなたは明日からもう世間知らずな看護師だと言われないようにしましょう。

1.看護師が世間知らずだと言われる5つの原因

看護師が世間知らずだと言われる5つの原因

なぜ看護師が世間知らずだと言われてしまうのでしょうか。

病棟やクリニック、老人保健施設の看護師を経て一般企業で働く看護師としての私の目線からその原因を徹底検証していきます。

 

(1)そもそも本当に世間を知らない、知る機会がない

そもそも本当に世間を知らない、知る機会がない

原因としてまず考えられるのがそもそも本当に世間を知らないという場合です。

看護師が看護師になるまでに世間を知る機会と言えば恐らく学生時代のアルバイトが精いっぱいでしょう。

しかし、看護学生時代は学校生活に忙しくてアルバイトどころではないという人、また学校自体が看護学生のアルバイトを禁止しているという所も多いため初めて社会に出るところが就職先となってしまう看護師が多いのです。

順当に学生生活しか送っていなければ一般社会について知らないし、知る機会もないでしょう。

そのため、世間をそもそも知らないために世間知らずと言われるゆえんです。

 

看護師は世間を見ることができない教育や環境が整っている

看護師になっても他の一般社会人と違っていきなり取引先に連れていかれるというようなことも無く、初めは優しく丁寧に対応してくれる患者をつけてもらい、家族や外部の人間との関わりも持たないような環境を整えてもらえます。

そのため、他の職業と違い1年目は学生の延長という感じが強く、他の職種のような社会人という扱いを受けないこともあり、世間知らずのまま育っていってしまうようです。

 

補足説明!

ポイント

私の看護学校時代の友人も、半分以上の看護師がアルバイト経験なく、社会人になって務めた病院が初めての社会になるため世間知らずと言われて苦労した人が多かったようです。

 

(2)「看護師」という名前の力によって世間から尊敬されて育っているから

「看護師」という名前の力によって世間から尊敬されて育っているから

看護師と聞くと世間の反応は尊敬や称賛の言葉ばかりです。

というわけで、例え看護師が世間知らずなことをしても、怒ってくれることや、正してくれる大人が周囲にいないというのも看護師が世間知らずに育つ原因と考えます。

例えば、一般社会であれば社会人の先輩が間違ったことをすれば間違っていると怒ってくれることや、失礼なことをすれば取引先の態度が変わるなど自分のどの行動が世間知らずであったかを知ることができます。

しかし、看護師の場合は教えてくれる先輩ですら、世間について理解していないため「間違っていること」が「間違っているのか理解できていない」ことが多いです。

 

患者や取引先からも尊敬され注意されることはない

患者や患者家族もこの看護師世間知らずだなと思っても普段お世話になっているからと言えずに我慢してしまうことが多いです。

さらに外部から来る業者の方も取引先の看護師なので大きなことは言えません。

看護師という名前の力は世間知らずを正すには悪影響を与えているのです。

 

ポイント!

ポイント

実際、一般企業に勤めて社会人1年目の子たちが世間知らずだと怒られているのを見ると、看護師はいかに周囲から甘やかされて育っているのだということがよく分かります。

 

(3)看護実習で世間を知った気になっているから

看護実習で世間を知った気になっているから

看護師が世間知らずと言われる理由でが「看護実習で世間を知った気になっている」ということです。

前述したように看護師はアルバイトを学生時代にしていた人が少なく、看護実習が初めて見る世間という人も少なくありません。

そのため、実習を経験して「学内以外の人間と触れ合った=これが社会や世間のすべて」と思い込んでしまいそのまま就職してしまうのです。

しかし、実習は学生が気持ちよく勉強できるように病院側が思考を巡らせ優しく、人間としてできている患者を受け持たせてくれます。

そのため多少の無礼は目をつぶってくれる人が多いのですが、そのことに気づかずに過ごし、結果的に実習で全てを知った気になって世間知らずになってしまうのです。

実習中であれば本当に世間知らずである場合は先生などが注意をしてくれますが、先生に注意されずに育ってしまうと、自分の関わり方は完璧だと思い込んでしまうのも一因となるかと思います。

 

(4)職種が全く違う人と触れ合う機会が少ないから

職種が全く違う人と触れ合う機会が少ないから

一般企業などの社会人であれば外部の人間と電話や直接の対面で関わることが多く、職種が違う人と触れ合う機会もたくさんあります。

しかし、看護師は他職種といっても触れ合うのは医師やリハビリスタッフ、ヘルパーなど同じ医療職者

つまりは同じ医療業界でかつ、世間知らずもの同士なので、世間を学ぶ機会は少ないです。

 

社会人経験があるスタッフも分かっているけど注意はしない

極たまに社会人経験を経て看護師やヘルパーになったスタッフがいるとその対応が世間知らずであるかどうかを客観的に評価してくれるのですが、世間知らずの人数の方が多い分最終的に長いものに巻かれる精神で、注意もしてくれなくなります。

そのため、どんどん看護師は世間知らずになっていくのです。

同じ年数働いていても例えば電話の応対1つでも看護師と一般企業の職員ではその対応に大きく差があるように感じます。

 

(5)社会人のマナーを学ぶ機会が無かったから

社会人のマナーを学ぶ機会が無かったから

世間知らずと言われる看護師は、社会人のマナーを学ぶ機会が無く、一般企業の新人ならば何週間あるいは何カ月もかけて社会人としてのマナーを学びます。

しかし、看護師の場合社会人としてのマナーを学ぶ機会はせいぜい1日程度

しかも挨拶の仕方や患者への言葉使い程度で頭の下げ方や電話対応や外部からのお客様や患者の家族への対応の仕方を事細かに教えるということはありません。

そうなれば、社会人としてのマナーがそもそも分からないため世間知らずと言われてしまうのも無理もないように感じます。

 

2.世間知らずを脱するにはどうすればいい?

世間知らずを脱するにはどうすればいい?

これらのことを踏まえたうえで世間知らずを脱するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

(1)社会人経験を経ている看護師の真似をする

1番手っ取り早くできるのが社会人経験を経て看護師になっている人の真似をすることです。

そうすれば社会人としてのマナーを理解することができます

家族や患者との関わりは看護師経験が長くなっている人は、どうしても看護師としての関わり方に戻ってしまっているかもしれませんが、電話応対や外部の企業の人への関わり方などは何年たっても染みついているため自然と社会人の頃のやり方が出てしまうという人が多いようです。

その人たちの対応の仕方をまず見ることで自分がいかに世間知らずであったかを理解することができるはずです。

 

(2)社会人としてのマナー本を読んでみる

社会人としてのマナー本を読んでみる

社会人経験を経ている看護師がいない場合は社会人としてのマナー本を読んでみるのも手です。

特に新卒向けのマナー本は優しく書いてあるものが多く、確認しやすい内容となっています。

例え看護の現場では実践できなさそうな内容であっても知っていればいつか実践できる日が来るかもしれず、世間知らずと言われることも少なくなるかもしれません。

 

(3)新聞などの世間の情報に目を向ける

看護師として新聞を読んでいる人はどれぐらいいるでしょうか。

新聞の大きな文字を見るだけでも、世間の流れや起きている現状を把握することができます。

雑誌や漫画ではなく、世の中の情報を取り入れる努力をしてみてください。

 

補足説明!

ポイント

今では、アプリで簡単にニュースが読めます。芸能ニュースだけではなく政治・経済などのニュースを朝の時間で確認するだけでも違ってきます。

 

(4)いろいろなお店に足を運び店員から学ぶ

周りに社会人経験のある看護師もいないし、本を読む暇もないという方はいろいろなお店に足を運んでみましょう。

電気屋さんやアパレルショップ、アミューズメントパークやレストラン、高級なショップに足を運ぶのも良いです。

ここで学んでほしいことが店員さんの態度です。

店員さんが世間知らずであった場合そこの商品が売れないどころかお客さんからのクレームが入り商売どころではなくなります。

そのため、商売をしているところは社会人としてのマナーをしっかりと教育している場合が多く世間知らずと言われるような行動をとる人も少ないはずです。特に高級な商品を取り扱うお店やレストラン、デパートの昼間の店員はしっかりと社会人としてのマナーを叩き込まれている人やベテランが多いためその対応はとても勉強になります。

 

補足説明!

ポイント

人と関わる仕事で、毎日違う人と関わる店員さんのやりとりこそ世間知らずと呼ばれないためのヒントがたくさん隠されているはずです。

 

まとめ

世間を知るための教育を受ける機会が少ない看護師ですが、教えてもらってないからは社会人では通用しません

自分から積極的に学びに行くことで世間知らずと呼ばれなくなるのではないでしょうか。

そして病棟であなた1人だけでも世間を知っているとなればたちまち病棟やスタッフの評価もあがるはずです。周りに同調せずまずはあなた自身から世間知らずを治してみてはいかがでしょうか。


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・神奈川県/20代後半
職務経験 ・総合病院 ・クリニック ・介護老人保健施設 ・デイサービス
・健診センター ・イベントナース・夜勤専従看護師
診療科経験 ・脳外科 ・神経内科 ・内科 ・皮膚科 ・整形外科

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。