著作者

clover

現役看護師

clover

( 看護師 )

神経内科専門病院で働く看護師の仕事内容とスキル

clover
現役看護師 clover

神経内科専門病院は、「病状に変化が少ない」「長期的に患者・家族と関わりたい」と考えている看護師にお勧めの病院です。

神経内科専門病院とは、脳・脊髄・神経・筋肉に病気があり、体が不自由になる病気を扱うところで、回復が難しく長期療養を余儀なくされる以下の病気の患者が大勢入院しています。

脳血管疾患 ・脳梗塞
・くも膜下出血など
神経筋疾患 ・筋萎縮性側索硬化症ALS
・パーキンソン病PDなど

今回は、神経内科専門病院で働く看護師の仕事内容やメリット・デメリット等について説明していきます。

1.神経内科専門病院で働く看護師の仕事内容

慢性期の看護をする神経内科専門病院で働く看護師

障害が重度・進行が進んでいる患者は、人工呼吸器や酸素吸入器・心電図モニターをつけているため神経内科で働く看護師は、医療機器の管理を行います。

接続や設定を1つでも間違えると死に直結するおそれがあり、医療機器の管理は非常に重要であるため、

  • 医療機器の仕組み
  • 患者に必要な医療機器は何か
  • 患者に起こり得る合併症とは何か

等の理解が必要です。

医療機器が接続されていても、安全・安心に日常生活の介助をしていくことを忘れてはなりません。

 

慢性期の看護をする

神経内科の病気では、積極的な治療法がないことも多いため「体が不自由な分の介助をしていく」という慢性期の看護がメインとなります。

一般的には、以下の介助を行います。

食事 ・経口食事介助
・胃瘻や経鼻などから経管栄養
排泄 ・オムツ交換
・膀胱留置カテーテル
・排便コントロール(下剤や浣腸、適便)
保清 ・入浴介助
・清拭
・洗髪
・口腔ケア
その他 ・服薬管理
・睡眠ケア

 

補足説明!

ポイント

患者の症状の進行度により、患者自身ができることが多い場合は部分介助、少ない場合は全介助が必要となる場合があり、患者の中には意識が無く寝たきりの方もいます。

 

患者へ精神的ケアをする

患者によっては、原因不明の病気や不慮の事故で長期入院せざるを得なくなった患者は、病院内で他の患者をみて「自分も同じように進行が進んでいく」「寝たきりになる」と考える場合があるため、精神的ケアも仕事内容の1つです。

 

レクリエーションや病気の受容サポートをする

神経内科専門病院で働く看護師は、患者が長期入院の中での楽しみが見出せるように、レクリエーションをすることや患者に病気の受容をサポートしていくことで精神的ケアにつながります。

 

ポイント!

ポイント

神経内科専門病院の患者には、身体が不自由になっても頭や心等の精神面は正常な場合があります。

 

2.神経内科専門病院で必要な看護スキル・知識

患者とコミュニケーションを取る神経内科専門病院で働く看護師

神経内科専門病院には長期療養中の患者が多いため、看護師は家族とのコミュニケーションを求められる場面が多いです。

神経内科専門病院では、患者の状態が変わらないこと・進行していくことを家族が理解すると共に看護師は、家族の心に寄り添うことが必要です。

 

高いコミュニケーション能力が必要

神経内科専門病院に入院している患者は、

  • 話しにくい症状がある場合
  • 人工呼吸器をつけていると言語的コミュニケーションが取れない場合

等があるため、非言語的コミュニケーションで患者が何を訴えているのかを理解することが必要です。

患者とのコミュニケーションの積み重ねにより、患者の訴えもスムーズに理解していくことで深い信頼関係が生まれるでしょう。

 

患者の表情・目の動きで訴えを読み取る

患者の言いたいことがわからず、イライラしてしまうこともあるかもしれませんが、患者の表情や目の動きでYES・NOを読みとくことが大切です。

 

ポイント!

ポイント

自分の意志を思うように表出できない患者に、尊重する気持ちと思いやる気持ちを持ちましょう。

 

患者の個別性を見極める力が必要

最近の病院では、ある疾患に対して計画や手順が決められているものがありますが神経内科では、病気が同じでも患者によって症状の出方や進行具合が異なるため、当てはまらない病気が多いです。

そのため、その日の患者の状況をみて「介助すべきところ」と「そうでないところ」を見極めていくことが必要です。

 

3.神経内科専門病院で働く看護師のメリット・デメリット

多くの職種と関わる神経内科病院で働く看護師

神経内科の病院に入院する患者は、日々の生活の中で病状が大きく変わることはないため、看護師の毎日の療養の介助は基本的に同じ作業をします。

神経内科専門病院は、患者の入退院が少なく、最初は経過の長い患者の個別性に合わせて覚えることが多いですが、徐々に個別性の高い継続看護が長期的にできるようになります。

 

神経内科専門病院で働く看護師のメリット

神経内科専門病院では、長期的に患者と関わるためチーム医療・介護を患者が中心となってできることが神経内科専門病院のメリットと言えるでしょう。

身体的介助が多く在宅医療とも関連が高い神経内科専門病院では、看護師同士や医師の他に、

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 医療ソーシャルワーカー

等と関わることができます。

 

神経内科専門病院で働く看護師のデメリット

神経内科専門病院の患者は、「入退院が少ない」「長期療養」「コミュニケーションが取りづらい」等が多いため、合わない患者と出会う可能性があります。

 

新しい治療法・検査に触れる機会は少ない

神経内科専門病院は、治療がメインではないため他の診療科に比べると、看護師が新しい治療法や検査に触れる機会は少ないと言えます。

 

繰り返しの業務に物足りなさを感じる場合がある

患者に変化が少なく、病院のタイムスケジュールや業務が大きく変わることがないため、同じことの繰り返しに物足りなさを感じる場合があるでしょう。

 

4.まとめ

患者にとって、変化や刺激の少ない入院生活の中で看護師との触れ合いは、楽しみの1つと感じてもらえることも多く、楽しみや嬉しさを共有することもできる病院と言えるでしょう。

神経内科専門病院へ転職を考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

大学病院勤務後、海外に1年語学留学をし、その後、病院やクリニックを経て、現在某企業に勤務しています。旅行が好きで、一時は病院夜勤専従やクリニック非常勤、飲食店アルバイトなどトリプルワークをしながら、合間をぬって旅行をしていました。現在も1人旅や家族旅行をちょこちょこしています。今の仕事に行きつくまでの情報を提供し、役立てていただければ嬉しいです。


カテゴリー:各病院看護師求人の特徴


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:clover
(公開日:)(編集日::2017年07月21日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。