著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

脳神経外科に看護師転職|求人を探す前に注意する事

kameko
看護師スタッフkameko
脳神経外科に転職

脳神経外科に看護師転職をする前に注意することは以下の通りです。

  • 脳神経外科病棟において求められる看護のスキルは他科と比べても多く、術後に急変するリスクも高いこと
  • 患者のかすかな意識レベルの変化や呼吸の状態など、日々の変化に気づく洞察力が最も必要なこと
  • 限られた時間の中で臨機応変に動くことが求められること
  • 体力を使うわりに他科と比べ報酬に大きな差はないこと
  • 残業手当がしっかりつく病院に転職すること
  • 転職後(配属後)勉強する必要があること
  • 肉体的にはハードであること

脳神経の病気を抱える患者の多くは、意識障害にあり全介助を必要とします。意識はあっても身体的な障害に不都合があり、不安や焦り、絶望を抱えた心理状態の患者も多い事から看護は単純ではありません。

患者に対して、脳神経外科で働く看護師はどのようなスキルが求められるのかを転職する前に確認してほしいことを説明していきます。


★そろそろ転職しよっかなぁっと思ったら★

現看護師の口コミ

口コミランキング

1.脳神経外科の患者の特徴と看護師に求められるスキル

脳神経外科 特徴 スキル

病院によって異なりますが、脳血管障害や脳腫瘍、頭部外傷の術後の患者が多く入院しています。

コミュニケーションがとれない患者や、意識障害にある患者が「人工呼吸器」「心電図」などのモニターや、「IVH」「バルーンカテーテル」を使用しながら、ほぼ全介助の状態の中、ベッド上で療養しているイメージです。

そのため脳神経外科で働く看護師は、以下のようなスキルが必要になります。

 

(1)基本的な看護業務ができることは必須条件

他科と同じく、脳神経外科でも基本的な看護業務が求められます。

  • バイタルサインのチェック
  • 医師の診療の補助
  • 清潔ケア(清拭・洗髪・口腔ケア)
  • 食事介助
  • 経管栄養
  • 排泄介助
  • 体位変換や褥瘡の処置
  • 予防・点滴や採血など

これらの看護業務のほかに、脳神経外科で必須になる観察項目は以下の通りです。

  • 瞳孔と対光反射の観察
  • 各種モニターチェック(心電図、ICPモニター、Aラインモニターなど)
  • ジャパン・コーマ・スケール(JCS)やグラスゴー・コーマ・スケール(GCS)を使用し意識レベルを観察

これらの仕事ができないと、脳神経外科で働くこと、転職することは難しいといえます。

 

(2)患者の状態を知るための鋭い洞察力が必要

患者が話せる状態にある場合は、苦痛や療養するうえでの不便さはないかなど、会話をしながら情報収集することができますが、脳神経外科では多くの場合患者との会話が出来ないため、言葉での情報収集が行えません

患者のかすかな意識レベルの変化や呼吸の状態などの、日々の変化に気づく洞察力が看護師には求められます。

 

(3)緊急対応が多く冷静な判断スキルが必要

脳神経外科では、年齢関係なく急変が起こりやすく場合によっては緊急手術になることがあります。もしくは急変した事により重症化し人工呼吸器をつける事態になることもありますので、一刻を争う時でも焦らず冷静に判断出来る能力が看護師には必要です。

 

ポイント!

ポイント

どんな時でも医師の指示を聞き逃さず今自分がすべきことは何か、他の看護師の動きも見ながら瞬時に理解しなくてはなりません。

 

(4)看護師として医師に上申するスキル

脳神経外科の患者は、人によって左右の麻痺も違いますし、脳疾患でも梗塞であるか出血であるか、それによっては内服も変わってきます。患者の異変に気が付いた時は医師に間違えることのないよう上申します。

もし意識障害を起こした患者は自分で異変を伝えることが困難なので、これらをまとめて分かりやすく上申する必要があり、看護師としての能力は問われます

 

(5)家族と円滑なコミュニケーションスキル

今まで普通に会話出来し、働いていた人でも突然疾患を発症して(くも膜下出血など)倒れてしまい緊急手術となることがあります。手術後は寝たきりとなり会話も出来なくなり、社会復帰出来るまで時間がかかることが多いです。

これらのことが突然起きてしまうと残された家族が一気に全てを受け入れることは難しく、先ずはお金のこと、今後について考えなければならないことは沢山あります

このような時には家族が何も分からないまま話を進めることの無い様気持ちに寄り添い、円滑に転院の手続きが出来るように働きかける能力が求められます。

く麻痺や歩行障害が残ったりとこれからの人生が変わってしまうこともあります。

 

2.脳神経外科で働く看護師のやりがい

脳神経外科 やりがい 看護師

意識がない・コミュニケーションがとれないからといって患者に声をかけない事はもちろんありません。言語障害の改善には個人差があるものの、脳の自然回復とともに発症後2~3か月ぐらいまで急速に進むと言われています。

患者の側に近寄ったら必ず大きな声で声をかけて表情や動作に変化がないかを観察します。また、少しでも意識のある患者には今日は何月何日か今は何時かなど時間の感覚を取り戻せるように関わる事もポイントです。

そういった看護を繰り返していると徐々に回復に向かっている事がわかるようになり、それが看護師としての「やりがい」へとつながります

 

患者と意思疎通できた時に喜びを感じる

脳神経外科の看護師を続けていると、患者が苦痛な状態や排便時などを表情で示したり、何か言おうと口を動かしたりする動作が分かるようになってきます。少ない変化かもしれませんが、脳機能の回復のサインとして、この少ない変化こそ私の看護師としてのやりがいにつながって行きました。

少しでも意思疎通がとれたら、意思がきちんと伝わっていると必ずこちらも示す事で次第に意思疎通も増え、やがて表情や口の動きで患者が何を伝えたいのかわかるようになります。

 

3.脳神経外科で働く看護師の平均年収・平均給与

脳神経外科で働く看護師の平均年収・平均給与

脳神経外科は手術や急変が多く、神経を使うような治療が必要になります。そのため脳神経外科に特化した病院などでは、看護師の平均年収が高めに設定してある病院もあります

仕事が多く責任が重い反面給料が高い

看護師の年収としては400万円以上で、新卒看護師でもこれくらいの金額を受け取れるようになっていることが脳神経外科で働く看護師の特徴です。

急変などで長時間の勤務になる可能性があり、残業が増えることから、看護師の年収も上がりやすいといえます。

その分、仕事への責任は他の診療科に比べて重く、高度な看護スキルが必要となります。

ポイント!

ポイント

脳神経外科は長く務めることで年収はアップしやすといえますが、その忙しさから一定の年齢でドロップアウトする看護師も多いです。

 

4.脳神経外科に転職する看護師のメリット

脳神経外科メリット

脳神経外科に転職する看護師のメリットは、まず専門的な看護スキルを身に着けることができるということです。脳神経に関する疾患の知識などは脳外科で学ばなければ分からいことが多いです。

 

残業が多い分、給与も高い

脳の場合は状態によっては一刻も早く処置を行う必要があるため、看護師も気を抜くことができません。緊急の事態には残業などが発生しやすくなります。仕事はハードですが、年収が高いのはメリットだといえるでしょう。

 

他の部署や他の科からの信頼が厚い

意識のない状態でモニターや全身状態をチェックして介助を行う脳神経外科の看護師は、看護師のスキルの点で他の部署からも信頼が厚く、別の病院や科に転職する場合も、脳神経外科での勤務経験があるということで優遇されるケースもあります。

脳についての専門知識だけでなく、摂食・嚥下障害看護のスキルや、脳疾患の場合のリハビリができるのは役に立つことも多いうえ、認定看護師を目指す人は脳神経外科で培ったスキルが役にたつケースもあります。

 

ポイント!

ポイント

いずれにしても、看護師としてステップアップする中で、経験しておいて損はありません。責任は重く、体力的にもハードな仕事ですが、徐々に快方に向かう患者さんのケアを行う仕事には十分なやりがいがあります。

 

5.脳神経外科に転職する看護師のデメリット

脳神経外科のデメリット
脳神経外科に転職するデメリットとしては、まず専門的なことを覚えるのが大変です。専門的な機器の扱いは、当然普通の看護師は出来ませんので、配属されてから危機の扱いや数値の状態、など覚えることがたくさんあります。

 

一人前になるためには勉強は欠かせない

こういった機器は用途によって何種類もあって、病気によって使う機器は違いますし、注意すべき数値がどの程度なのかは人によって異なります。

患者さんひとりひとりの状態に合わせたケアを行うことが必要であり、一人前になるにはかなり勉強しなければならず、常に命の危険があるため責任も重大です。

 

体力的にハードな面もある

高い専門知識を必要とする一方で、脳神経外科で働く看護師は体力的にもハードなのもデメリットでしょう。意識がない患者さんが多かったり、意識があっても体が十分に動けない人が多いため、介護的な仕事もしなければなりません

体位変換を行ったり、入浴やトイレの介助を行うのも大変ですが、脳に疾患がある患者だけに、身体を動かすときにも注意が必要ですから、病気について理解している看護師が行う必要があります。

 

ポイントをチェック!

ポイント

いずれにしても、脳疾患がある人の介助やリハビリについての知識や経験は役に立つことも多いので、身につけておくといいのは確かです。また、体力的にハードですが、やりがいのある仕事であり、脳神経外科を希望する人も少なくはありません。

 

6.脳神経外科への看護師転職体験談

azukiさん【現役看護師体験談】

看護師azuki

私が転職で脳神経外科を選んだ理由は、珍しい脳血管奇形や脳腫瘍などの周手術期を含む急性期から回復期に向かう患者の看護に携わりたいと思ったからです。ここでは実際に脳神経外科で働いた私の体験をもとに、感じたことなどお話しします。

 

脳神経外科の仕事へのイメージは「やりがいのある仕事」だった

まず最初に私が脳神経外科に抱いていたイメージについてお話しします。

  • 少しでも後遺症を残さないようにケアにも細心の注意が必要
  • 後遺症が残っても残存能力を生かして患者の社会復帰する患者を支援できる
  • 急性期の病態から回復期への変化の過程で患者から得られるものが大きい

脳は人の命を左右する重要な部位であり、看護にも特別な知識や技術が必要です。脳神経外科で働くことは、やりがいにつながる看護ができるだけでなく、脳という部位を集中して学ぶことでスキルも上がると考えていました。

 

脳神経外科で働く前に学びを深めるための参考書も購入した

脳神経外科における社会復帰の支援とは、幅広い年齢層の患者を指します。その他にも脳神経外科に入院する患者は、神経内科的な疾患や認知症の患者も多いです。そのため、私は脳神経外科で年齢問わず多くの疾患、患者に出会い、学びを深めるための準備として参考書を購入して学習もしました。

 

実際は脳神経外科病棟には脳神経外科疾患の患者がいない

実際に脳神経外科で働き始めてみると、当初私がイメージしていた脳神経外科とはまったく違う病棟であることに気が付きました。

  • 整形外科の患者や肺炎の患者が多い
  • 脳梗塞疑いで点滴加療したら退院できるような自立した患者が多い
  • 脳神経外科・神経内科が対応するような患者も数人ほどしかいない

上記が私が勤務した脳神経外科の状況です。本当に大きくイメージとかけ離れていて驚きました。

 

常勤の医師が脳血管奇形や脳腫瘍などに対応できないことが理由だった

後からわかった話ですが、脳神経外科という診療科があり脳神経外科病棟もあるものの、常勤の医師が脳血管奇形や脳腫瘍などの特殊疾患に対応できないよいでした。そのため、外来で脳血管奇形や脳腫瘍のような疑いのある患者は他の病院を紹介していたのです。

 

ポイント!

ポイント

脳出血、脳梗塞に関しても医師が対応できる範囲までの患者しか入院しないため、実質は他科の患者も受け入れる混合病棟と変わりがありませんでした。

 

混合病院になった理由は常勤医師の異動の多さ

どうして脳神経外科疾患患者が少ないかといえば、常勤医師の移動が多く、不在になるため非常勤の医師が脳神経外来を担当することになっていたためです。病院側は、脳神経外科に空床をつくらないために他科の患者を入院させ混合病棟にせざるを得なかったのです。

 

元々は脳卒中センターとして機能していた病院だった

病院にはもともと、脳卒中センターができるという話で、周辺で要請のあった脳神経外科疾患の疑いがある患者は、優先的に救急搬送されてくるような病院でした。しかし、脳卒中センターの設置、維持にはある程度の実績が必要らしく、結果的に脳卒中センターは継続できず、脳神経外科疾患の患者が救急搬送されてくることもなくなりました。

 

ポイント!

ポイント

脳神経外科は医師によって大学病院などの医局に所属しているため、医師の都合ではなく医局の指示で転勤になることも多々ありました。

 

最終的に脳神経外科にやりがいを見いだせず私は他の診療科を選択

脳神経外科に興味を持ったのは、救急外来に所属していた頃に患者から言葉にしようのない感動や感謝、やりがいを感じた経験からでした。だからこそ、脳神経外科が自分のモチベーションが続くような環境ではなく半年ほど勤めて異動することにしました。

 

脳神経外科を選択したことは間違いではなかったと思える

今となっては少しの期間ではあるものの脳神経外科で脳疾患について学べたことは今の自分の糧になっていると感じています。そのため、脳神経外科を選択したことが間違っていなかったと思えます。

 

どのような病院なのかしっかり調べないと転職は失敗する

私の場合、脳卒中センターという名前に勝手に期待を膨らませ、実際の病院の事情はひとつも確認していませんでした。たとえば、内科や外科といってもその病院が力を入れている疾患、得意な手術などがあります。それは、脳神経外科も同じです。今回の転職で得た経験は、病院について自分で下調べをしないと転職は失敗する、ということです。

 

脳卒中センターへの転職を検討している看護師に伝えたいこと

脳卒中センターへの転職を考えている看護師は下記の5点と、どのくらい前に設置されたものなのか、需要はどうかということも調べておくことをお勧めします。

  • 実際にどのような疾患を扱っているのか
  • どの程度の患者数が入院しているのか
  • どのような手術を何件行なっているのか
  • 医師の人数や常勤・非常勤は何人いるのか

脳神経外科といっても受け入れられる疾患が軽度なのか重度なのかは病院によって違います。その点も注意が必要です。

 

ポイント!

ポイント

病院を探す前に、まず自分がどんなことを学びたいのかを明確にして、適当な脳神経外科を見つけてください。

 

まとめ

脳神経外科 看護師 まとめ

日々の観察の中で患者のわずかに出す脳機能の回復のサインに気がつく事ができれば、それは徐々にやりがいへとつながります。過酷な病棟勤務を続けるために看護助手に協力してもらい、体力の負担の軽減をはかる事も大切な事です。

障害の状態にある患者の立場を理解せずに安易な気持ちで「がんばりましょう」と発言する事は患者のリハビリ意欲の低下につながる場合もあるので注意が必要です。

これらを踏まえ、過酷な勤務体験でしたが確実に自分にプラスになるいい経験になった事を改めて実感しています。スキルを身に着けたいと考えるプラス思考の方に特におすすめの職場と言えます。

看護師求人サイト口コミ

  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング

全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

カテゴリー:看護師に人気の科


この記事がお役に立てれば「フォロー」お願いします。
最新情報をお届けします。



応援メッセージを書く


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

病院・診療科別の看護師メリット・デメリット

病院・施設の看護師転職メリット・デメリット一覧 診療科別の看護師転職メリット・デメリット一覧

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「kameko」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年06月13日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


2 コメント・感想

  1. […] 脳神経外科 […]

  2. […] 道へ進んでみるのもいいのではないでしょうか。また、現在脳神経外科への転職検討している看護師の方は脳神経外科に看護師転職|求人を探す前に注意する事も併せてご参照ください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。