著作者

sayo

現役看護師

sayo

( 看護師 )

新人看護師の転職におすすめできる病院とは

sayo
現役看護師sayo
新人看護師の転職におすすめできる転職先とは

新人看護師が転職する際に病院を選ぶことは、経験が浅いためどのような病院が良いのか判断できず、転職に失敗してしまうことがあるでしょう。

新人看護師が仕事を継続して1人前の看護師として成長するには、教育と相談しやすい職場が必要であるため、福利厚生がしっかりした病院を選ぶことが必要です

この記事では、新人看護師におすすめできる病院を紹介していきます。

1.新人看護師転職は教育制度が整っている病院がおすすめ

教育制度の整っている病院へ転職する新人看護師

新人看護師が転職する際には、1人前の看護師になるために教育制度が整っている病院をおすすめします。

教育制度が整っている病院が新人看護師の転職の際に、おすすめの理由について説明していきます。

 

1人前の看護師になるためには経験と教育が重要

病院では、「疾患や治療の種類が多い」「患者によっては同じ疾患や治療でもたどる経過が違い、それぞれの患者に対応が必要」等があるため、新人の看護師が1人前になるには、経験と教育がとても重要です。

病院で働く看護師は、命に関わる仕事であり経験だけでなく根拠を含めた看護が必要になるため、日々の業務をしながら先輩看護師による教育が必要です。

 

教育制度が整っていない病院は避ける

プリセプター制度や新人看護師全体の教育制度が整っていない病院の場合は、「不安や分からないことがあっても誰に聞いても良いのか分からず困る」といったことがあるため、事前に教育制度について調べておきましょう。

 

教育する側も熱心に指導してくれる

教育制度が整っている病院の場合は、教育する側の看護部や同じ職場の先輩看護師も仕事内容の1つとして「新人看護師の教育」があるため、新人看護師が成長していないと教育する側の責任になることもあり、教育する側もより一層熱心になります。

 

先輩看護師は成長できるように働きかけてくれる

教育制度が整っている病院では、教育する側の看護師が出勤日ではなくても、「他の先輩看護師にサポートや教育を依頼してくれる」等、親身になって新人看護師が成長できるように働きかけてくれるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

教育してくれる先輩看護師は、新人看護師にとって一緒に悩みを共有して頼りになるため、仕事を継続していく上で必要な存在です。

 

2.新人看護師転職は若手看護師が多い病院がおすすめ

若手看護師が多い病院へ転職する新人看護師

若手の看護師が多くいる病院に新人看護師が転職すると、「悩みが相談しやすい」「上下関係が少ない」等があるため、おすすめできると言えるでしょう。

それぞれについて以下に、詳しく説明していきます。

 

年が近く悩みが相談しやすい

若手看護師が多い病院の場合、自分と歳の近い看護師が多いため悩みや苦労を共感できる部分が多く気軽に相談でき、一緒に解決することができます

看護師の仕事を長く続けるためには、仕事に早く慣れるために勉強するだけでなく悩みを相談できる相手が必ず必要です。

 

上下関係が少ない

ベテランの看護師が多い病院は、上下関係がとても厳しい場合があり「不安なことがあっても聞きづらい雰囲気がある」等、スムーズに人間関係を構築することが難しくなるため、上下関係が少ない若手看護師が多い病院がおすすめです。

 

ベテラン看護師が多い場合

ベテラン看護師が若い時代は、「教育制度が今ほど整っていなかった」「今より厳しい時代で働いてきた」等があるため、悩みを相談しても親身になってもらえず流されて終わる場合もあることを把握しておきましょう。

 

3.新人看護師転職は規模が大きい病院がおすすめ

大きい病院へ転職する新人看護師

規模が大きい病院では、新人看護師にとって経験できる幅が広く、たとえ職場と合わなくても病院内での異動が可能ということがあるため、転職する際にはおすすめです。

新人看護師の転職には、規模が大きい病院がおすすめできる理由について詳しく見ていきましょう。

 

経験できる幅が広い

病院の規模が大きいと様々な診療科があり、扱う疾患もとても多くなるため経験できることがとても多いです。

新人看護師に対して先輩看護師は、当たり前のように色々指導してくれることもあり若いうちに様々な経験を積むことができるため、どの病院に転職しても役に立つでしょう。

 

補足説明!

ポイント

ベテラン看護師になると様々なことを経験していることが当たり前のように言われ、分からないことでも聞きづらくなるため、若い時に色々なことを経験できる大きな病院に就職すると良いでしょう。

 

病院内での異動が可能

規模が小さい病院の場合は、職場が合わないと続けることが困難になりますが、規模が大きな病院の場合は、職場と合わなくても病院の中に様々な病棟があるため、同じ院内で異動することが可能です。

 

補足説明!

ポイント

規模が大きな病院の場合は、病棟での仕事に慣れて「新しい診療科での経験を積みたい」と思った時にも病院を辞めずに病棟を異動すると経験を積むことができるでしょう。

 

4.おすすめできない新人看護師の転職先病院

新人看護師にお勧めできない転職先

新人看護師が転職する際には、おすすめできない病院があります。

新人看護師は、どのような病院への転職を避けるべきなのか、以下で紹介していきます。

 

残業が多いのに残業代が出ない病院

看護師は、病院によっては残業時間がとても多い職種ですが、新人看護師は1人前の看護師としての仕事ができないため残業をしていても認めてもらえず残業代が出ない病院がありますが、このような病院は避けましょう。

新人看護師が1人前の仕事が十分にできなくても、教えてもらいながら責任ある仕事をしているため残業代が出るのは当たり前の権利です。

 

ポイント!

ポイント

残業することは全て新人看護師が悪いわけではなく、忙しくない病院では、新人看護師でもきちんと終了時間で帰ることができるため、残業代が出ない病院はおすすめしません。

 

年休が取れない病院

看護師は、人材不足の病院も多く入院施設のある病院だと夜勤の人数も必要になり、1日の人数を確保するため休みが取りにくい場合があります

そのため、毎月決まっている8日間の休みは取れても1年間に取得できる年休を取らせてもらえないことがあります。

 

ポイント!

ポイント

新人看護師は、立場が弱く「年休を取ることはできない」と言われたら抗議することは難しいですが働く上での権利であるため、「年休が取りやすい病院」「年休取得率が高い病院」を選びましょう。

 

5.まとめ

新人看護師が転職する際には、自分に合った病院を選ぶためにも「病院と自分の間を取り持ってくれる」「自分の要望を代わりに伝えてくれる」看護師の転職会社を利用がおすすめです。

転職を考えている新人看護師にとって、この記事が病院を選ぶ際に役に立てば幸いです。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。
私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。

保有資格 ・正看護師 ・保健師
出身/年齢 ・京都府/31歳
職務経験 ・大学病院(混合病棟) ・訪問入浴 ・デイサービス ・ショートステイ ・健診
診療科経験 ・脳神経外科 ・呼吸器内科 ・腎臓内科 ・放射線治療科
・皮膚科 ・麻酔科 ・血液内科 ・内分泌内科

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:新人看護師の転職

(公開日:)(編集日::2018年03月21日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。