著作者

ねこニャーゴ

現役看護師

ねこニャーゴ

( 看護師 )

新卒看護師でも美容外科クリニックに就職・転職できる?

ねこニャーゴ
現役看護師 ねこニャーゴ

美容に興味のある看護師であれば「新卒看護師でも美容外科クリニックに転職できるのかな?」と考えたことがありますよね。

結論からお伝えすると新卒看護師でも受け入れてくれる美容外科クリニックは少数ですが存在します。(もちろん第二新卒・既卒でも可能です。)

美容外科クリニックで4年間、新人教育を担当していた経験から、新卒看護師が美容外科クリニックに転職を希望するとき参考になる情報をまとめてみました。

1.美容外科クリニックに転職することは可能だが制限される

美容外科クリニックに転職することは可能だが制限される

新卒看護師でも美容外科クリニックに転職することは可能ですが、転職先はかなり制限されます。

その理由は、美容外科クリニックの多くは、臨床経験2年以上の看護師を求めていることが多いからです。

臨床経験2年以上の看護師を条件に出している理由は、基本的な看護技術・知識がある看護師を求めているからです。

 

美容外科クリニック側の本音

美容外科クリニック側の本音

美容外科クリニックの本音として、基本技術や知識がゼロの看護師に教える手間は省きたいところでしょう。

入職した看護師を早く即戦力として使いたいというのもあります。

ただし全くないということはないので、人材紹介会社もしくは自分でクリニックに直接連絡をして採用担当者と話をすることで面接可能になる場合もあります。

 

新卒看護師の美容外科クリニック求人はどんな条件

新卒の美容外科クリニック求人の募集要項例をご紹介します。

資格 正看護師
雇用形態 正社員(常勤)
業務内容 手術室でのオペ介助、診療補助、医療レーザー照射
(新卒の場合はレーザー脱毛専門看護師になる場合があります)
研修/教育 ・プリセプター制度(研修3~6ヶ月 ※その間は有期契約)
・スキルアップ研修あり
月給 月給30万円~35万円(研修期間中は月給28万~32万円)
賞与昇給 ・賞与年2回(7月、12月)
・短期業績手当年4回(2月、5月、8月、11月)
福利厚生 ・社会保険完備(健康保険、厚生年金、労災、雇用保険)
・産休/育児休暇あり、制服貸与、退職金制度(正社員勤続3年以上勤務)
・時間外手当、交通費支給(上限3万円)
勤務時間 ・実働8時間、休憩1時間 ※繁忙期残業あり
休日 ・週休2日制(月9~10日休み/シフト制)
・年間公休110日

新卒看護師の方は、上記のような募集要項になります。

制限されるポイントとしては、「業務内容」にあります。経験のない新卒の看護師は、美容外科クリニックに勤める看護師同様の仕事は行えないケースが多いです。

 

2.新卒看護師でも美容外科クリニックへ転職できる理由

新卒看護師でも美容外科クリニックへ転職できる理由

一般的には新卒看護師は転職先の選択肢に美容外科クリニックを入れないことが多いかと思いますが、どうしても美容外科クリニックに転職したい場合、少数ですが受け入れてくれるクリニックはあります。

新卒看護師が美容外科クリニックに転職できる理由は3つあります。

 

(1)新卒の教育制度が整っている美容外科クリニックがあること

美容外科クリニックは、全国にクリニックがある大手美容外科グループなどは教育制度が整っています。病棟の新人研修ほどではありませんが、先輩看護師が数か月間知識や技術の指導をしてくれます。

大手美容外科クリニックは営業方針的には色々な問題点が指摘されることはありますが、新人教育制度は個人クリニックとは比較にならないほどしっかりしています。

 

注意点!

ポイント

ただし医師の質や技術等は個人クリニック・中堅クリニックの医師のほうが高い場合も多く、経験を積んだ看護師の中には、数年で他美容外科クリニックへ転職する人もいます。

 

(2)病棟の経験とは違う仕事が求められること

病棟看護師と美容外科クリニックでは看護師に求める技術や知識は異なります。病棟と共通している求められる技術は点滴、採血程度です。

そのため、病棟や臨床経験がなくても、新卒看護師が美容外科クリニックへ転職できる理由となります。

 

補足説明!

ポイント

ずっと同じことをしているだけでは取り残される業界のため年々新しい施術メニューが登場します。変化にどんどんついていける柔軟な考え方が出来ることも求められるので、新卒看護師でも美容が好きで営業に興味のある看護師には向いている職場環境です。

 

美容外科クリニックでも日々勉強は必要です

病棟では患者様ですが美容外科クリニックでは患者様はお客様であり、社会的地位の高い人や芸能人などが多く通院する美容外科クリニックでは、特に高い接客技術が必要です。

さらに、美容医療も日々進化しており、使用する機器や薬剤・化粧品等もエビデンスがあるものが多く出てくるため常に臨床とは異なる勉強が必要になります。

 

(3)経験者を嫌がる美容外科クリニックもあること

他美容外科クリニックで教育を受けた(変な癖のついた)看護師を雇うなら、何も知らない新卒看護師を雇い「自分のクリニックで一から教育した方が良い」考える美容外科クリニックも少数ですがあります。

経験者を嫌がる美容外科クリニックも存在するため、新卒看護師でも転職が可能といえます。

 

3.迷いがある場合3年は一般病棟で働いた方が良い理由

迷いがある場合3年は一般病棟で働いた方が良い理由

ここまで読み進めてみて、やはり今は辛いけれどもう少し病棟で経験を積んだ方が良いかもと思った方は、新卒看護師の段階で転職をしない方が良いです。

その理由を3つ説明していきます。

 

(1)一般病棟の経験が3年以上あると転職先の選択肢が増える

看護師の職場は病院・クリニック・特別養護老人ホーム・企業等様々です。

この中で病院の病棟勤務の看護師が、一番仕事内容は大変ですが、看護師としての技術・知識は向上します。看護師の基礎となる病棟勤務を最低でも2~3年続けた後、転職活動をした方が転職先の選択肢が増えます

なぜならば、転職する際の求人募集要項に、「臨床経験3年以上」や「看護師歴3年以上」を求められるケースがあるからです。

そのため、今後の看護師として人生やキャリアを考えて、病棟勤務の経験を3年以上は積んでおくことをお勧めします。

 

もし、新卒看護師で美容外科クリニックが合わなかった場合

もし、新卒看護師が美容外科クリニックに転職後、合わないと感じて退職してしまった場合は一からやり直しです。

基礎教育制度を中途の看護師にも適応してくれる病院に入職しても大変苦労するでしょう。

病棟勤務希望で面接した場合、美容外科クリニックの経験年数が5年以上あっても経験値として見てくれる面接官は少ないといえます。

なぜ美容外科クリニックに転職したいのか明確な理由がない場合、転職に失敗してしまうおそれもあります。現状の業務内容が辛すぎて他に逃げたい気持ちが強いだけの場合は、他の病院への転職も視野に入れたほうが良いかもしれません。

私の後輩は7年間美容外科クリニックに勤務した後、今後の自分のキャリアを考えるともう一度病棟勤務に戻った方が良いと考え退職しました。面接では、美容外科クリニックの業務内容は一切聞かれず、前の病院でどのような業務をしていたのかという聞かれ方をしたそうです。

 

(2)経験者は「売り手市場」、未経験者の実際

看護師は売り手市場と言われていますが、美容外科クリニックは臨床経験2年以上・採血点滴技術が出来ることなど一定の条件を求めてきます。

中には看護師免許を持っているだけで良いという転職先もありますが、大多数のクリニックでは基礎教育を修了している看護師を求めています

そのため、ずっと美容外科クリニックに勤務する場合を除いて、基礎的な看護技術を学んだ方が無難といえます。

 

(3)女性のライフステージの変化が今は見えない

看護師になる人は女性が圧倒的に多いため、今後、結婚・妊娠・出産でライフスタイルが大きく変化しますが、現時点でライフイベントが計画的に決まっている新卒看護師は少ないのではないでしょうか。

そのことを考えると新卒看護師で年齢が若いうちに経験を積み、ライフスタイルに合わせて仕事を変化できる選択肢を多く持つことが大切だと思います。

 

4.「後悔しない自信」があるのなら美容外科クリニックへ就職しよう

「後悔しない自信」があるのなら美容外科クリニックへ就職しよう

ここまで読み進めてみても、「やはり私は美容外科クリニックへ就職・転職したい!」という強い希望がある人は思い切って就職してみても良いと思います。

最低限以下の点に注意して転職活動を行うことをおすすめします。

 

(1)我慢できるのであれば「1年」は一般病棟で経験を積んでおこう

我慢できるのであれば「1年」は一般病棟で経験を積んでおこう

新卒看護師は臨床経験を最低でも1年積んでから美容外科・皮膚科への転職を検討したほうが転職先の幅を広げられます。

新卒看護師時代の病棟勤務は、業務内容・人間関係ともに大変で心が折れそうになる人も多いです。

しかし、今後看護師として働いていくためにとても大切な経験になります。これから看護師免許を使って仕事をしていきたいのであれば今は頑張り時です。

また、臨床経験3年以上あると美容外科クリニックに採用されやすく、逆に臨床経験の少ない新卒看護師は履歴書でお断りされることもあります。

 

(2)必ず教育制度を確認して整っている美容外科を選ぶこと

必ず教育制度を確認して整っている美容外科を選ぶこと

新卒看護師が転職する美容外科クリニックは教育制度の整っているクリニックにした方が良いでしょう。

ただし入職してみて雰囲気がどうしても合わないこともあります。

その時は思い切って他の美容外科クリニックに転職することで上手くいくこともあります。

実際に私の後輩で初めて勤めた美容外科クリニックの人間関係が合わず1週間で退職し、私の勤務先の美容外科クリニックに入職してきた看護師がいます。聞くと本気で社内いじめに合っていたようなので彼女の場合は我慢せず転職をして成功したパターンといえます。

 

(3)先輩からのアドバイス

臨床経験1年未満を受け入れる美容外科クリニックはそう多くはありませんが面接官に貴方の強い思いを伝えることで採用される可能性はあります。

私が美容外科クリニックへ転職したのは新卒看護師ではなかったですが、美容医療に携わりたいという強い思いがあり、子どもが3歳の時に美容外科クリニックに転職しました。

子どもが小さく手のかかる時期の転職活動は難航しました。

事前に自分で4件ほど気になるクリニックに電話で問い合わせし、子持ちでも面接可能か確認することもありました。

面接官になぜ美容外科クリニックで働きたいのかという思いを伝えたところ、熱意に負けましたと採用していただき今に至ります

条件的に不利でもなぜ自分は美容医療に携わりたいのかを面接官に理解出来るように伝えることが出来れば採用される可能性は高くなると思います。

美容外科クリニックに関しては「美容外科クリニック求人|転職する前に確認すべき7つの事」がまとまっていますので、内容も合わせて確認しておきましょう。

 

5.まとめ

新卒看護師が美容外科クリニックへ転職するのは、臨床経験を3年積んでからの方が転職先の選択肢は広がります。

どうしても現状が辛く、臨床経験1年未満で転職せざるを得ない場合は、他の病院も視野に入れつつ受け入れてくれる美容外科クリニックを探す方法もあります。

人間関係で悩み美容外科クリニックへの転職を希望している人は今一度自分の行動や言動を振り返ることや周りの人を客観的に見る様にするなど視点を変えてみる方法もあります。

また、美容外科クリニックへ転職後上手くいかず、退職してしまった人は合わないということを早く知れて良かったという開き直りも大事です。

前向きに転職活動を続けて、自分にあった職場を探してくださいね。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



7年間エステティシャンとして働き、その経験から根拠のある美容医療に携わりたいという思いで看護師になりました。都内看護学校を卒業し総合病院に勤め、現在は美容皮膚科、美容外科の看護師として勤務しています。小学1年生の母で育児と家事と仕事が上手く回る方法を常に研究し実践中です。

美容医療の求人・実際の職場環境や非常勤看護師としてデイサービスや老人ホームなどに勤務した経験を元に情報発信していきます。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
年齢 ・東京都/30代
職務経験 ・総合病院 ・美容クリニック・デイサービス ・老人ホーム
診療科経験 ・婦人科外科 ・呼吸器内科 ・消化器内科 ・美容皮膚科 ・美容外科

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:美容クリニック新人看護師の転職

(公開日:)(編集日::2018年04月17日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。