著作者

azuki

現役看護師

azuki

( 看護師 )

新人看護師でもアルバイトができる求人とは

azuki
現役看護師 azuki
新人看護師でもアルバイトができる求人

新人看護師がアルバイトを考える際は、「自分のキャパに合うアルバイトを選ぶ」「しっかり心と身体を休ませる」という選択が大切です。

そこで今回は、新人看護師でも始めやすい看護師資格を活かしたアルバイト求人をご紹介します。

1.新人看護師でもできるアルバイトの求人

健康診断のスタッフでアルバイトをする新人看護師

新人看護師が看護師と名乗ってアルバイトをするには、まだ知識・経験不足が心配ですが「これができる」「これを学びたい」という自信や意欲があるとアルバイトも探しやすいです。

新人看護師でもできるアルバイトの求人にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

 

健康診断のスタッフ

健康診断での看護師の主な仕事は、問診・身体測定・血圧測定・採血です。

採血が1番不安に思われがちですが、「体調が悪く血管が細い」「脱水をおこしている」等の患者とは異なり、しっかりとした血管があり採血しやすいため、採血が極端に苦手でなければ新人看護師であっても十分対応することができるでしょう。

詳しくは、看護師の巡回健診アルバイトを始める前の注意点!をご覧ください。

 

ポイント!

ポイント

健診は、基本的には勤務している方々の会社に健診車などで訪問して健康診断を行うため、何らかの症状を訴えて患者が来院する病院などとは異なり、ほとんど同じ業務を繰り返すことになります。

 

施設やデイサービスの身体介助

単発であっても患者に合わせたケアの方法が身につくと一石二鳥ですよね。

施設やデイサービスでは、入所者の身体介助のアルバイトを単発で募集していることがあり、特別な医療処置が必要ないため体力に自信のある新人看護師におすすめのアルバイトです。

 

身体介助経験は日々の看護に活かすことができる

入所者によって要介護度が異なり持病がある方もたくさんいるため、入所者全員が同じケアでいいとは限りませんがケアの方法が難しい入所者の場合は、ケア方法を施設のスタッフが教えながら一緒にケアするため、それほど心配しなくてもいいでしょう。

どのような入所者に、どのような工夫をしてケアしているのか学び、日々の看護に活かすこともできます。

 

補足説明!

ポイント

身体介助とは、入浴介助・清拭・おむつ交換・トイレ介助・食事介助などを行うことです。

 

訪問入浴のスタッフ

訪問入浴は、介護スタッフと2~3名で在宅療養をしている利用者の自宅を訪問し、専用の湯船で入浴介助をします。

訪問入浴での看護師の役割は、入浴前の利用者の体調チェックのために血圧や体温測定を行い、褥創などの処置がある場合は創傷処置も行います。

詳しくは、訪問入浴における看護師の仕事内容と注意点についてをご覧ください。

 

創傷処置経験が無くても教えてもらえる

配属された部署によっては、創傷処置自体経験したことのない新人看護師の場合でも最初のうちは先輩看護師がついて教えてくれるため、それほど心配する必要はありません。

 

ポイント!

ポイント

訪問入浴の看護師は、利用者の健康管理を行うのが主な役割で入浴介助には携わらないという職場もあるため、体力に自信のない新人看護師でも働きやすいでしょう。

 

イベントの救護スタッフ

看護師のアルバイトの中でも人気があるのがイベントの救護スタッフです。

イベント救護スタッフの仕事内容は、擦り傷などの軽傷程度であれば、準備されている消毒薬やガーゼなどを使って応急処置をし、必要があれば病院搬送の判断をします。

詳しくは、イベントナースへの看護師転職7つのポイントをご覧ください。

 

1人で対応することはない

体調不良を訴える参加者には注意が必要で、場合によっては、心疾患や脳血管疾患などの命に関わる急変をおこす恐れがありますが、救護スタッフも1人だけで対応するということはないため、不安なときには他の看護師にも教えてもらいながら対応することができます。

 

学習塾の先生

看護の仕事とは少し離れますが、勉強が得意な新人看護師にぜひおすすめしたいのが、学習塾の先生のアルバイトです。

学習塾に通う学生の中でも、看護系の学校に入学したいと思っている多くの高校生に対して、看護師として看護学校に入学するためのノウハウを指導します。

 

補足説明!

ポイント

いくつかの学校を受験したという看護師は、それぞれの学校の試験内容の特徴や受験対策に関しても細かく指導すると非常に喜ばれるでしょう。

 

2.新人看護師がアルバイトするデメリット

アルバイト先で知識や技術の未熟さを実感する新人看護師

新人看護師は、これから臨床での様々な知識や技術を一気に吸収する大事な時期でもあるため、自分自身が思っている以上に心と身体が疲れていることがあります。

そのため、休日にアルバイトをして過ごすと、疲労が蓄積し心と身体が壊れてしまう場合があることがデメリットと言えるでしょう。

新人看護師がアルバイトをする、その他のデメリットについて以下に紹介していきます。

 

知識や技術の未熟さを実感する

本業の病院勤務中は、新人で勉強している最中であることを隠す必要もありませんが、アルバイト先によっては看護師という資格を持っている以上、周囲から頼れる存在とされます。

そのため、本業では「できなくて当たり前」だったのが、「何でできないの?」と言われてしまうこともあり、そのような体験を重ねると看護師のやりがいや魅力を失ってしまう恐れがあります。

 

職場とは違った方法を身に付けてしまう

同じような医療処置でも、病院ごとに使う物品や方法が異なることはよくあるため、まずは自分の働く病院の方法をしっかり身につけることが大切です。

 

ポイント!

ポイント

アルバイト先で違った方法を身に付けてしまうと、本業ではある意味誤った方法を行ってしまうことになり、先輩から指導を受けてしまうことになりかねないため、本業での方法を身につけましょう。

 

必要以上の自信が事故につながる

本業では新人看護師であり、まだまだ指導を受け成長をしていかなければならない立場であるため、注意を受けることや、思うようにいかずに悔しい思いをすることもあるでしょう。

指導や注意を受ける反面、新人でありながらアルバイト先で様々な経験を積むことは、看護師としての自信を持つことができますが、本業の職場で勝手な自己判断や誤った解釈をして、事故を起こす恐れがあります。

 

3.新人看護師がアルバイトする際の注意点

看護師の基礎を学ぶ新人看護師

アルバイトとは言え、医療資格を持っているためしっかりと責任を持って仕事をしなくてはならないため、アルバイト先を探すときには自分のレベルに合った仕事内容かどうかを見極めて探すようにしましょう。

アルバイトの面接時には、「できないことはできない」とはっきり言うことも大切です。

新人看護師がアルバイトをする際の注意点について、以下で見ていきましょう。

 

アルバイト先での環境だけを見ない

新人の頃は、先輩の目が怖くて肩身の狭い思いをしながら働かないといけない状況もあり、アルバイトとして気楽に働ける環境が良く見えますが、本業となる職場では新人看護師を育てるための看護教育を整えており、新人看護師はそこで看護師としての基礎を学んでいくことができます。

「アルバイト先で教えてもらった方がやりやすい」「アルバイトの方がしっかり評価してくれる」と思わず、とにかく基礎を学ぶ気持ちで多くのことを吸収していくようにしましょう。

 

4.まとめ

看護師の仕事に限ったことではありませんが、どの仕事も社会人として責任を持つことが重要であり特に看護師は、人の命に直接関わる仕事でもあるため、尚更責任を持たなくてはなりません。

看護師の責任と言うと、

  • 社会人としての礼儀を身に付けること
  • 患者の看護に支障がないよう自分自身の体調管理をすること
  • 知識、技術を身につけること
  • 全てにおいて確認を怠らないこと

等、様々な形があります。

看護師としての責任を持つ大切さを理解した上で、「本当に副業としてアルバイトをする必要があるか」「本業に支障をきたさないか」等を考えましょう。

アルバイトを始めたいと考える新人看護師は、是非参考にしてみて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

高校卒業後、大学に進学したものの将来の方向性に悩み中途退学。その後、学生時代から勤めていたアルバイト先で看護師という仕事に魅力を感じ、社会人経験を経て看護師になりました。

看護師としての経験はまだ浅いですが、他の職種での経験を活かした視点で、どんなときも患者さんを思った優しさのあるケアができる看護師になることを目指しています


カテゴリー:新人看護師の転職・ノウハウ看護師パート・非常勤

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:azuki
(公開日:)(編集日::2017年08月16日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。