著作者

はるぽん

正看護師

はるぽん

( 看護師 )

新人看護師におすすめの病院とは?今後の選択肢を狭くしないで

公開:、更新:2018年07月06日
新人看護師 病院 おすすめ

新人看護師におすすめの病院

せっかく新人看護師が転職をするなら、自分のやりたいことを明確にするのはもちろんですが、今後の看護師人生の選択肢を狭めないような病院選びをすることをおすすめします。

ここでは基本的に看護師として一人前になり、ライフスタイルの変化に伴って働き方を変えたり、転職したり、今後の選択肢を狭くしないように、という前提で新人看護師におすすめの病院について解説していきます。


はるぽん

本文に入る前に少し私のことを紹介します。私は新人看護師時代に転職を経験しました。当時私が転職を決意した背景には、最初に働いていた病院で経験できる看護技術が少なかったことが挙げられます。このまま、数年この病棟で勤務すると異動した時にきっと自分は何もできなくて困ると考えました。その後、私が就職先として選択したのは700床くらいの総合病院で、地域の中核病院、がん拠点病院でした。そこでは救命救急、集中治療室などに配属され、忙しく疲れる時もありましたが、今思えばあの時の経験があったからこそ、現在、結婚して子どもを産んでも働けていると感じています。

1.新人看護師におすすめの病院の「特徴」

新人看護師

これから看護師として様々な経験を積んでいかなければならない新人は、以下の特徴をもつ病院がおすすめです。

 

(1)プリセプター制度など新人教育が整っている

新人で転職するにはやはり、新人教育制度がしっかりしている病院を選ぶ必要があります。

特に、プリセプター制度を利用して新人を育てていこうという施設は、毎年、新人を受け入れ、1人前の看護師を育てて行くということにも力を入れています。

やはり新人看護師はそのような場所で、きちんとした初期教育を受けられるということが、一番大切です。

 

(2) 複数の診療科がある

複数の診療科

複数の診療科があるということは、新人看護師が色々な経験をするためには必須です。

医師は診療科で専門を決めますが、看護師は診療科ごとの専門はありません。

平均寿命が延びている現在、一つの診療科だけで完結する患者も少なくなってきています。

看護師は疾患を診るのではなく、人を看るので、患者の全体像を把握できる能力を身につけるために、複数の診療科がある病院へ転職を考えた方が良いです。

 

(3)キャリアアップルートがある

新人看護師の場合は、将来の選択肢を増やすために、キャリアアップルートがある病院を選んでおいた方が良いです。

看護師のキャリアアップは大きく分けて

  • 認定看護師を取得
  • 専門看護師を取得
  • 主任や師長を目指す

くらいでしょうか。

例えば、もし自分が認定看護師を取得したいと思った時に、一旦退職せず病院にサポートしてもらいながら資格取得を目指せるのか、そういった実績があるかは、把握しておいた方がいい項目です。

 

(4) 同期がいる

同期の新人看護師

新人看護師時代は、誰しもが涙なしに語れない時期です。

同期がいるということは、

  • 辛い気持ちを聞いてもらったり
  • 悩みを相談したり
  • 一緒に勉強したり
  • 喜びを分かち合ったり

といったようなメリットがたくさんあります。

同期は看護師人生の中で一番の宝になるはずです。

 

2.新人看護師におすすめの病院について

新人看護師におすすめの病院

一言で「病院」と言っても、様々な種類の病院がありますから、上記の内容を踏まえて、病院毎に「新人看護師へのおすすめ度」をまとめてみました。

なお、ここでは、以下のように「おすすめ度」を★で表記しています。

  • 『おすすめ度「高」』→★★★
  • 『おすすめ度「中」』→★★☆
  • 『おすすめ度「低」』→★☆☆

 

【病院毎に新人看護師への「おすすめ度」を比較!】

【病院の機能別】
病院の種類  おすすめ度
地域医療支援病院  ★★★
特定機能病院  ★★★
急性期病院  ★★★
慢性期病院  ★★☆
ケアミックス病院  ★★★
【病院の専門別】
病院の種類  おすすめ度
精神科病院  ★☆☆
結核病院  ★☆☆
リハビリテーション病院  ★★☆
【病院の規模別】
病院の種類  おすすめ度
大規模病院  ★★☆
中規模病院  ★★☆
小規模病院  ★☆☆
クリニック  ★☆☆

 

(1)地域医療支援病院:★★★

地域医療支援病院

地域医療支援病院には、入院施設を持たないクリニックなどでは診断、治療できない患者さんを診るという役割があります。

このように地域の中核病院としての役割をもつので、規模もある程度大きく、実施可能な検査や治療も多いのが特徴です。

そのため、そこで働くスタッフの数も多く、毎年4月になれば定期的に新人の採用がある病院がほとんどです。

 

新人看護師が安心して教育を受けながら成長できる

毎年新人を受け入れるということは、新人看護師の教育もある程度マニュアル化されており、新人が安心して教育を受けながら成長できる病院と言えます。

また、診療科も複数で、様々な臨床経験ができるのも、新人に転職をオススメするポイントです。

 

(2)特定機能病院:★★★

特定機能病院のほとんどが「大学病院」です。大学病院と民間の病院で一番違うのは医師の数です。

特定機能病院は最新の治療の現場を経験して色々な知識を得るには良い環境が整っています。

特定機能病院一覧」のページで、全国にある特定機能病院を見ることができます。

 

スタッフの回転が早いため、新人採用の枠が多い

高度な医療を提供するため忙しく、結婚、出産を機に退職する看護師も多く、スタッフの回転も早いため、新人採用の枠も多く、新人教育、継続教育が充実しています。

 

(3)急性期病院:★★★

急性期病院

急性期病院は、忙しく体力のいる病院です。夜勤でも何事もなく落ち着いていることが少なく、緊張感を持って仕事をする必要があります。

私の経験上、皆、「新人看護師のうちに忙しいところを経験していた方が良い」と思います。

実際、40代で救命センターに配属になった先輩も「心の底からそう思う」と言っていました。 →体験談

 

(4)ケアミックス病院:★★★

ケアミックス病院とは、一つの同じ病院施設内で、急性期病棟・回復期病棟・療養病棟など、従来、複数の機能をもった病棟をもつ病院のことを指します。

そのため、最初は急性期病棟の経験を重ねたい、次は在宅復帰や社会復帰をする患者にしっかりと寄り添った看護をしたい、という希望が、転職をしなくても叶うことになります。

ケアミックス病院はその特徴から、病院の規模も中規模以上の施設が多く、教育体制も整っており、経験の浅い新人看護師にもおすすめできます。

 

(5)慢性期病院:★★☆

慢性期病院

看護師も人間ですので、慌ただしいことが苦手な人も必ずいます。患者さんとじっくり関わりたい、在宅へ帰るための看護をしたいなど明確な目標があれば、慢性期病院も新人看護師におすすめできます。

ただ、急性期病院は忙しいから嫌という理由で慢性期を選択するのでは、再び途中で転職をすることになるでしょう。

そして、慢性期病院に入院している患者も長年、疾患と付き合っているので、こだわりが強い人もいたり、若い看護師には心を開かない患者もいたりして、新人だから、若いからという理由で少し辛い体験をすることもあるかもしれません。

 

(6)リハビリテーション病院:★★☆

リハビリテーション病院では診断治療はすでに終了しており、社会復帰、在宅復帰する患者を看護することになります。

その仕事内容は介護的な要素が多く、医療的な知識を身につけるという側面から見るとやや新人看護師には不向きです。

それでもリハビリがやりたい、今後もずっと続けられるという確固たる決意があれば、新人看護師であっても転職は可能です。

 

(7)大規模病院(300床以上):★★☆

大規模病院

大きいからと言って、新人看護師の教育制度などが整っているわけではなく一概におすすめできる訳ではありません。

しかし、病床数の多い病院のメリットはスタッフ数も多いということです。

万が一人間関係に悩んだり、配属先の病棟でやっていけないと思った時でも部署を移動させてもらえたり、転職以外の選択肢があります。

また、4月に新人を採用する人数も多いと配属先に同期がいて、一緒に成長していけるというメリットもあります。

 

(8)中規模病院(100床~300床程度):★★☆

中規模病院は、自分が希望する診療科があり、質の高い医療を提供している病院であればおすすめできます。

しかし病院説明会などに参加し、新人教育をどのようにしているか、その後のキャリアアップはどのように進んでいくかなど、しっかりと確認を取った方が良いです。

また、中規模病院の場合は配属先に同期がいない場合もあるので、よほど自分の信念がしっかりしている新人看護師でなければ向いていません。

 

(9)精神科病院:★☆☆

精神病院
「精神科看護がしたくて看護師になりました」という新人看護師であれば問題はないとは思いますが、基本的にはあまりおすすめできません。

ここでは、経験できる看護技術が少なすぎます。

精神科の規模によっては、精神疾患の急性期で、清潔や排泄のセルフケアができない患者にたいしての援助はありますが、特殊なため、もし、次に精神科でない場所で勤務することになった場合、とても苦労すると思います。

 

(10)結核病院:★☆☆

結核患者の減少に伴って、結核病院という施設はほとんどなくなっています。

結核に特化した場所に就職しても、今後の選択肢が少なくなってきます。結核病床がゼロになることはありませんが、今後、転職する際には特に強みになる経験ではありません。

 

(11)小規模病院(20床~100床程度):★☆☆

小規模な病院はアットホームでいいかもしれませんが、その分診療科も限られ、スタッフ数も少ないので、毎年新人看護師が就職してくるとは限りません。

当然、新人教育が整っていないのであればあまりおすすめできません。

 

補足説明!

ポイント

ですが、3次救命救急センターなど、病床数は少なくても専門的で高度な医療を提供している施設もあります。そういうところで、自分のやりたい看護と一致している場合はおすすめです。

 

(12)クリニック:★☆☆

クリニック

クリニックでは基本的に新人看護師を採用するところは少ないのではないでしょうか。

それは新人教育が整っていないこと、即戦力を求めているからです。

また、クリニックは医師が経営者であるため、経営のことを考え必ずしも看護師が働きやすい場所とは限りません。

極端なことを言えば、クリニックに看護師1人だけという場合もあります。あまり経験のない新人看護師が、きちんとした教育も受けずに、働く場所ではありません。

 

3.転職する新人看護師の病院選びは失敗できない

新人看護師

ある程度大きな規模の病院では、新人指導のカリキュラムが整っており、それに沿って新人看護師は一人前になっていきます。

1人前になる前に1~2年のサイクルで転職を繰り返すと、雇用先への印象の悪さもありますが、何よりも看護師として半人前のままになってしまいます。

そのため、転職する新人看護師の病院選びは失敗できないのです。

 

最低でも3年から5年位は勤務するつもりで病院を探すこと

新人看護師が転職する病院を選ぶ際には、

  • なぜ退職しようと思ったか
  • 現在の職場でどこが自分に合っていなかったのか

をきちんと分析して、次は最低でも3年から5年位(日々のリーダー業務や、チームリーダなどを務め、新人指導ができるようになるまで)は勤務するつもりで病院を探さなければ、転職をする度に今後の自分の看護師人生の選択肢が狭まっていくことになります。

 

新人看護師の病院選びには「看護師転職サイト」を利用しよう

新人看護師転職サイト!おすすめ

新人看護師の病院選びに「看護師転職サイト」を利用してほしい理由は、主に以下の2点です。

  • 数ある病院の中から、新人看護師に合った病院をピックアップしてくれるため
  • 自分の貴重な時間を使わずに転職活動を進められるため

いざ、新人看護師が病院を探そう、「ここの病院はどうかな?」と思ってホームページを見てみても、イマイチ良くわからなかったり、教育制度に言及していなかったりすることがあります。

一つずつメールや電話で問い合わせて見学に行って・・・。ということをしていると、とても時間と労力がかかります。

しかし、看護師転職サイトを利用して担当者に勤務地や条件を伝えると、自分1人だけでは把握しきれない沢山の病院の中から、新人看護師に合った病院をすぐにピックアップしてもらえるのです。

 

ポイント!

ポイント

新人看護師の転職活動は、ただでさえ慣れていない仕事と両立しながら進めていかなければなりません。

そのため、求人探しから面接日の設定まで行ってくれる転職サイトを利用すれば、貴重な時間を使わずに済み、心身共に大分負担が減るはずです。

 

まとめ

看護師という仕事はその気になれば定年まで、さらにはパートとしてでも70歳近くまでクリニックで働き続けられる方もいます。

長く仕事に携わろうと思うと、新人の若い時から選択肢を減らしてしまうのはとても勿体無いことです。

女性の場合は特にライフスタイルの変化があるので、結婚、出産を経ても働けるようにと思うならば、新人看護師で自由が効くうちに、多少辛くても、しんどくてもたくさんの経験ができる病院や、部署を希望すべきでしょう。

看護学校を卒業後、普通に総合病院に就職しましたが、「何でもできる看護師」を目標に、もっと自由に自分の意思で色々な分野の看護を学びたく、派遣での仕事を経験。その経験のおかげで看護師の仕事が前よりも大好きになり、結婚して子どもを持っても看護師として働いています。
現在は総合病院でライフワークバランスを大切に勤務しています。その傍ら、今までの私の転職の経験や、職場選びの考え方が少しでも皆さんの転職成功のヒントになればと思い、看護師ライターをしています。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
年齢 ・広島県/34歳
職務経験 ・総合病院(3施設) ・精神科病院 ・個人病院(入院施設あり)
・海外旅行添乗看護師 ・海外医療ボランティア(手術室) ・夜勤専従看護師
診療科経験 ・救命救急 ・集中治療室(ICU・CCU・HCU) ・中央手術室
・耳鼻科・頭頸部外科 ・精神科 ・総合内科 ・外科


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】


関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。