著作者

sayo

現役看護師

sayo

( 看護師 )

新人看護師が感じるストレスの対処方法!これでみんな乗り切った

sayo
現役看護師sayo
新人看護師が感じるストレスの対処法

新人看護師が働き始めると「慣れない人間関係」「ハードな仕事内容」「患者との関係」等から日々ストレスを抱える事が多いですが、その対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。

新人看護師が感じる多くのストレスは、先輩看護師も同じように抱えた後に乗り越え今があると考え、あまり深く悩みすぎないことが大切です。

この記事では、新人看護師が感じるストレスをどのように乗り切れば良いのかについて説明していきます。

1.働くことで感じる新人看護師のストレス

働くことでストレスを抱える看護師

新人看護師は、学生から社会人になり、働くことによって多くのストレスを抱えます。

働くことで抱える多くのストレスをどのように対処していけば良いのか、以下で見ていきましょう。

 

思い描いていた看護師と現実が異なる場合のストレス対処法

「将来は看護師になりたい」と看護師になった人の中には、理想と現実が違うためにストレスを抱える場合があります。

看護師の仕事は、患者の病気と向き合い患者が治るためにケアをするというイメージが強いですが、実際は雑務が多く、ケアと言っても排泄のケアも多く大変な仕事が多くあります。

理想と現実が異なる場合のストレス対処法としては、まず目の前の仕事を1人前にできるように覚えることです。

1人前の仕事ができるようになって初めて、患者のために何ができるか自分で計画を立ててケアにつなげていく余裕が生まれます。

 

補足説明!

ポイント

新人看護師は、自分の思い通りにできなくて当たり前であるため、目の前のことを少しずつこなしていくことが自分の理想に近づく方法です。

 

交代勤務というストレスの対処法

看護師は、多くが2交代勤務や3交代勤務ですが看護学生の頃は、多くの人が夜に働くという経験がないため、初めは慣れずに体調を崩すこともあります。

交代勤務によるストレスの対処法としては、体調を崩さないためにしっかり仕事の前後で休息をとることです。

夜勤の勤務中には仮眠休憩もありますが、なかなか眠れないこともあるため仕事の前後で寝るようにしましょう。

交代勤務は、連続勤務が短くなり慣れると交代勤務の方が楽に感じることも多いですが、慣れるまでは、それぞれの勤務時間で仕事内容も違い覚えることも増えるため、大変に感じるでしょう。

 

2.新人看護師が仕事で感じるストレス

仕事でストレスを感じる新人看護師

新人看護師が仕事をする中で感じるストレスとは、どのようなものがありどのような対処法があるのでしょうか。

以下で確認していきましょう。

 

仕事量が多いという仕事のストレスの対処法

看護師が行う仕事内容はとても多く、点滴や検査など時間厳守なものも多く、時間配分が上手にできない新人看護師にとって1日の仕事を時間内に終わらせることは非常に難しく残業時間が増えてしまいます。

残業時間が増えることでプライベートの時間が減りストレスが増え、さらに自分の仕事が時間内にこなせていないため、次の勤務時間帯の人に迷惑をかけて感じるストレスもあります。

仕事量が多いことによるストレス対処法としては、1日の仕事の中で優先順位をつけ、時間厳守なものを必ず優先し時間配分を考えて仕事をすることです。

先輩看護師がどのように時間配分しているのかを聞くことや、学ぶことも大切です。

 

補足説明!

ポイント

時間厳守ではない患者のケアや患者からの要望については、全て患者の言う時間通りに行うのではなく、自分の仕事量も考慮して患者に待ってもらうように依頼する勇気も必要です。

 

ミスを起こせないという仕事で感じるストレス

看護師として命に関わる仕事を行う場合、「ミスできないというプレッシャー」「医者や患者や先輩看護師からミスはするなという圧力」等を受けることもあり、非常にストレスを感じます。

看護師を続けていく中でミスできないプレッシャーによるストレスから逃げることはできないため、自信を持って行える程の経験を積みストレスを対処しましょう。

 

不安があるうちは先輩看護師に見てもらう

「ミスしたらどうしよう」と不安があるうちは、先輩看護師に依頼し見てもらいながら行うことが良いです。

何度も依頼し先輩看護師に嫌な顔をされても、「ミスするよりはマシだ」と開き直って自分自身のために自信がつくまで一緒に行ってもらいましょう。

 

3.新人看護師が人間関係で感じるストレス

人間関係でストレスを感じる新人看護師

新人看護師が人間関係で抱えるストレスや、その対処法についても合わせて紹介していきます。

 

女性社会という人間関係のストレスの対処法

看護師は、ほとんどが女性で年齢も幅広く付き合い方が難しい場面が多くあり、新人看護師がストレスを感じやすいことの1つです。

陰口や悪口を職場で言われる場合や、看護師の中での派閥やグループ等もあり特に新人看護師は、先輩看護師に何も言えない立場で、派閥やグループに無理に巻き込まれやすいことから注意が必要です。

派閥に巻き込まれた時は、まずは誰かに相談することが大切で同期入社の同僚や、2年目看護師など年齢の近い人がお勧めです。

他の人の陰口を吹き込まれることや強要される場合は、深入りせずにその場凌ぎであしらうことも必要です。

 

ポイント!

ポイント

本当に気の合う人とだけプライベートでも付き合い、合わない人とは仕事上だけの関係と割り切って付き合うようにすると良いでしょう。

 

医者との関わりという人間関係のストレス対処法

医者は、プライドが高くコミュニケーションをとることが難しい人が多いですが、医師とのコミュニケーションが上手く取れないと良い看護にはつながらないため、患者を看護する上で医師との連携は必ず必要です。

そのため、医師との関係で感じるストレスの対処法としては、先輩看護師に相談することが1番です。

長年一緒に働いていると、医師それぞれの性格やコミュニケーションの取り方などの接し方がわかるようになるため、まずは先輩看護師からどのように関われば良いのかアドバイスをもらうとコミュニケーションが取りやすくなりストレスが軽減できます。

 

補足説明!

ポイント

新人看護師は若いため、上の立場の医師から「電話番号を聞かれる」「食事に誘われる」等のセクハラ・パワハラのような話もあり、そのような場合は、副師長や師長など強い立場の人に相談することが解決策です。

 

患者との関わりという人間関係のストレス対処法

病棟には様々な患者がおり、理不尽なことで怒られることやセクハラされることもあるため、新人看護師は患者との関わりでストレスを感じることはとても多いです。

新人看護師は、特に患者からも見ていて年齢や仕事ぶりから経験が少ない看護師ということが分かるため立場が弱いことがわかり、患者も文句が言いやすく攻撃対象として狙われやすいです。

男性患者や高齢者の患者は、看護師を都合の良いお手伝いのように扱う人も多いですが、そのような患者からのストレスの対処法としては1人で抱え込まないことです。

ストレスとなっている原因を先輩看護師に相談して「自分の関わり方が悪かったのか」「どのようにすれば良いのか」アドバイスをもらい、患者からのセクハラや強い圧力などについては、師長や担当医に対処してもらうことが必要です。

 

補足説明!

ポイント

どうしてもストレスを強く感じ、関わることが絶対にできないと感じる患者に対しては、担当から外してもらうことも先輩看護師との相談次第で可能な場合もあります。

 

プリセプターとの関わりという人間関係のストレス対処法

プリセプターは、新人看護師の教育係であり先輩看護師の中で1番身近な相談相手になりますが、プリセプターとの相性が悪く、ストレスを抱える場合もあります。

新人看護師がプリセプターとの関わりでストレスを感じる場合は、まずプリセプターに対する態度を変えることが大事です。

プリセプターと性格が合わなくても深く考えずに、切り替えてプリセプターから教わることをしっかりメモして自分自身でわからないことを積極的に質問することがプリセプターとの人間関係を構築する1番の方法です。

 

新人看護師が仕事に慣れるスピードにも影響を及ぼすほど、プリセプターという存在は新人看護師にとって重要ですが、相性が悪くても新人看護師がプリセプターを変えてもらうことはできません。

 

4.新人看護師がプライベートで感じるストレス

プライベートでストレスを感じる新人看護師

新人看護師として働き、プライベートで感じるストレスの対処法について紹介していきます。

 

友達や彼氏と時間が合わないというプライベートのストレスの対処法

交代勤務の看護師は、休みが不規則なため友達や彼氏等と予定が合わないことが多いことから、私生活での人間関係がうまくいかずストレスに感じることがあります。

友達や彼氏等との時間が合わないプライベートに対するストレスの対処法としては、まず看護師という仕事を理解してもらうことです。

 

予定を合わせたい日は休み希望を出してみる

新人看護師は、休み希望がなかなか出しにくいですが、「どうしてもこの日の予定を合わせたい」という日を決めて、勇気を持って休み希望を出してみると良いでしょう。

 

まとめ:ストレスを乗り切るために

看護師として仕事を始めると、慣れない人間関係や仕事から日々ストレスを感じますが乗り切るためには、1人で抱え込まず、誰かに相談して話を聞いてもらうことが1番の解決策です。

話を聞いてもらうだけで楽になることやアドバイスをもらえることもあり、仕事でのストレスは「仕事に慣れる」「人間関係を構築する」等で軽減します。

この記事が、少しでもストレスを感じて悩んでいる新人看護師の役に立てば幸いです。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。
私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:新人看護師の転職・ノウハウ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:sayo
(公開日:)(編集日::2017年11月20日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。