著作者

亀岡 さくみ

看護師・運営者

亀岡 さくみ

( 看護師 保健師 )

【速報】「安い?下がっている?」2017年看護師平均年収は4,782,700円!

公開:、更新:2018年04月10日

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」により、看護師の「きまって支給する現金給与額(月の給料)」「年間賞与その他特別給与額(ボーナス)」の金額が発表されました。

「きまって支給する現金給与額(月の給料)」の12ヶ月分と、「年間賞与その他特別給与額(ボーナス)」を足すことで平均年収を算出した結果、2017年の正看護師の平均年収は4,782,700円となります。

正看護師の平均年収2017年

准看護師は、4,056,800円です。

准看護師の年齢別の平均年収2017年

正看護師は前年(2016年)の480.9万円より、2017年は約2.6万円下回る結果となりました。

看護師の平均年収の推移

また、全体の平均年収の491万円と比べて、正看護師は年収が下回る結果となりました。

平均年収の比較と推移


看護師ぺこみ

ぺこみ:「働く女性の平均年収と比較すると、やっぱり看護師の年収は高いよね。」


看護師かめこ

かめこ:「そうね、でも2017年は1976年から比較すると、過去最高の平均年収で約377.8万円よ。」


看護師ぺこみ

ぺこみ:「おーすごいね。働く女性にも頑張ってほしいね。」


看護師かめこ

かめこ:「男女の賃金格差も、2017年が最小値なのよね。もちろん女性の平均年収にも女性看護師も含まれているから、頑張ってほしいね。」


看護師ぺこみ

ぺこみ:「もっと看護師の平均年収について知りたいよ!」


看護師かめこ

かめこ:『詳しいデータに関しては「看護師平均年収と給料を色々比較!」にまとめているから、こっちで確認してね。』

 

看護師の平均年収は「安い?下がっている?」


看護師ぺこみ

ぺこみ:「看護師の年収は下がっているのかな。僕看護師を続けていくことに不安になっちゃったよ。ちょっと年収や給料安いなーって思ってたし。」


看護師かめこ

かめこ:「(決して安くないと思うけど。)・・・そうね。全体の平均年収と比較すると、2017年の調査結果では、下がっているように見えるわね。上のグラフを見ると、すごく下がっているように見えるかもしれなけど、私は変わらないと思うの。」


看護師ぺこみ

ぺこみ:「確かに、そこまで大きな変動はないよね。」


看護師かめこ

かめこ:「看護師は好景気や不景気の波を受けにくい職業だし、賞与だって普段から一定額を貰えている分、大きな変動はないわよね。」


看護師ぺこみ

ぺこみ:「本当だ!看護師の賞与ってもういくら貰えるか決まってる場合が多いね。」


看護師かめこ

かめこ:「そう、医療関係以外の仕事は好景気や不景気で賞与は大きく変動しちゃうの、もちろん自分の成績にもよるしね。」


看護師ぺこみ

ぺこみ:「僕、看護師で良かった。仕事が出来なくても賞与しっかり貰えるもんね。」


看護師かめこ

かめこ:「・・・・(いや、そういうことじゃなくて。)」

 

女性の職業別年収ランキング!看護師は18位

平成29年賃金構造基本統計調査で、職業別でかつ女性限定にした場合、看護師の平均年収は18位となりました。

結果は以下の通りです。

順位 職業 平均年収
1位 公認会計士・税理士 1044.2万円
2位 医師 1041.6万円
3位 大学教授 969.1万円
4位 大学准教授 823.4万円
5位 大学講師 657.7万円
6位 記者 651.9万円
7位 歯科医師 618.5万円
8位 高等学校教員 602万円
9位 弁護士 593万円
10位 研究者(自然科学系) 577.2万円
11位 一級建築士 560.9万円
12位 電車運転士 560.5万円
13位 社会保険労務士 549.7万円
14位 航空機客室乗務員 546万円
15位 薬剤師 526万円
16位 電車車掌 515.4万円
17位 獣医師 489.1万円
18位 看護師 477.1万円
19位 システム・エンジニア 474.4万円
20位 各種学校教員 470.2万円

(平成29年賃金構造基本統計調査/厚生労働省区分の女性127職業の内上位20位)


看護師ぺこみ

ぺこみ:「女性の看護師だけだったら、平均年収は477.1万円になるんだね。127つの職業の中で18位だったら悪くないんじゃない!」


看護師かめこ

かめこ:「そうね、男性看護師の方が少し年収は高いわね。でも、やっぱり景気に左右されずにない職業だから毎年上位よね。看護師みんな頑張ってるわ。」

 

都道府県別の平均年収は京都府が1位!最下位は宮崎県

都道府県別の看護師平均年収(2017年)

都道府県別の看護師平均年収上位の都道府県は、

  • 年収1位:京都府 541.39万円
  • 年収2位:東京都 532.34万円
  • 年収3位:山梨県 524.04万円

となり、ワーストの都道府県は、

  • ワースト3位:長崎県 414.85万円
  • ワースト2位:鹿児島県 406.37万円
  • ワースト1位:宮崎県 395.87万円

となる結果になりました。

さらに詳しくは「都道府県別の看護師平均年収と給料(2017年)」を確認してください。

 

まとめ

【大規模病院との看護師年収差について】
大規模病院と年収40万円以上の格差(看護師)

今回の厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」で分かったその他のこととして、スタッフ1,000人以上の規模の病院であれば、看護師の平均年収は5,053,200円、999名~100名のスタッフであれば、4,643,500円となり、大規模病院との年収格差は約40万円あります。

 

【年齢による看護師年収の差について】

50代後半(55歳~59歳)看護師の平均年収は5,716,800円。20代前半から、50代後半までの看護師年収は伸び続けている結果になりました。

正看護師の年齢別平均年収・給料・賞与データ


看護師ぺこみ

ぺこみ:「やっぱり僕は看護師を続けるよ!」


看護師かめこ

かめこ:「(そうなの?)そうね、看護師は需要が安定していると言えるし、たとえ人工知能化(AI化)が進んでもなくならない職業だとも言われているからね。」


看護師ぺこみ

ぺこみ:「そうか!僕は人工知能より優れてるのか!なるほど。」


看護師かめこ

かめこ:「いや・・・そうじゃなくて・・・(つづく)」


都内の日本赤十字医療センターで3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして「はたらきナース」を運営中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職、仕事、生活をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師・保健師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
SNS Facebookプロフィール
出身/年齢 ・東京都/30歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。