愛媛県4病院が看護学生向けに合同就職説明会を開催!県外流出を食い止める狙い

愛媛県4病院が看護学生向けに合同就職説明会

2017年1月26日、愛媛大学医学部付属病院にて、同病院・HITO病院・南松山病院・済生会松山病院の4病院が同学部看護学科の看護学生(3年生)60名に向け、合同就職説明会を行いました。

愛媛県では2006年の診療報酬改定以降、深刻な看護師不足に陥っており、同県としては看護師の県外流出を少しでも食い止めたい意向です。そのため、これまでも愛媛看護研修センターなどで2000人以上を対象とした合同説明会を行うなどとして様々な対策を打ってきたのですが、残念ながら看護師は減り続けているのが現状です。なお、看護師の離職率は全国平均で9%程度ですが、愛媛県では10.6%となっています。

また愛媛大学の看護学生は毎年約半数が県外の病院へ就職していたこともあり、今度は地域の病院が直接、県内の看護学生の元へ訪ね地域病院の魅力を伝えていこうと動き出したのでした。

看護師向けの病院合同就職説明会について

看護師向けの病院合同就職説明会は全国各地で行われています。例えば東京都だと、東京ビックサイトのような規模の大きい会場で行われているものもあります。合同説明会では、有名な大規模病院から個人病院まで多数の病院がエントリーしています。

各病院のブースには採用担当者が配置されており、気になる病院があればその場で病院の詳しい情報を得ることができます。このように、参加者はたった1日で複数の病院の情報を効率的に知ることができるのです。

また、詳しくは「看護師求人の合同説明会を活かすポイント」の記事もチェックしてみてください。

 

合同説明会への参加で「特典」がつくこともある

病合同説明会によっては、参加特典としてクオカードがもらえたり、無料ランチが提供されたり、教材の割引券をもらえるものもあります。また、看護学生向けの国家試験対策講座や、患者接遇マナー・面接時のマナーなどのマナー研修に無料で参加できる場合もあります。有名な民間企業が行う病合同説明会では特に、このような特典が準備されていることが多い傾向にあります。

新卒の看護師から、転職を検討している中途の看護師まで大勢の看護師が利用していますので、転職を検討中の方はこれを機にぜひ覗いてみてください。

 

看護師ニュースのまとめ

2016年1月26日、愛媛大学医学部付属病院で同学部看護学科の3年生達へ向け、県内の4病院が合同説明会を行いました。愛媛県では看護師の離職率が全国平均よりも高くどこの病院も深刻な看護師不足に悩まされており、看護師の県外流出を少しでも食い止めようと開催されたものです。

看護師不足の解消においては潜在看護師の復職支援にフォーカスがあたることが多かったのですが、地方にある病院の場合は、看護学校を卒業した看護師の県外流出を防ぐ対策も、同様に注力していかなければならないようです。看護師不足解消は過疎化した地域の活性化にも繋がっていますから、地方病院はそうした役割も自負しながら、魅力ある病院作りを意識する姿勢が求められます。

 

 

 

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。