著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

全国の訪問看護師数は約4万2千人!2025年まで10万人以上が必要

kameko
看護師スタッフkameko

平成29年7月13日、厚生労働省が発表した衛生行政報告例(就業医療関係者)によれば、2016年度末の時点で4万2245人の看護師が訪問看護師として働いていることが分かりました。

ここ数年、訪問看護師の数は増え続けていますが、2025年問題を見据えるとまだまだおぼつかない数字であると言えます。

 

訪問看護師の推移2010年~2016年

近年における訪問看護師数の推移

※【近年における訪問看護師数の推移】データ参照元:厚生労働省(平成22年衛生行政報告例平成24年衛生行政報告例平成26年衛生行政報告例平成28年衛生行政報告例

2010年(平成22年) 約3.2万人
2012年(平成24年) 約3.3万人
2014年(平成26年) 約3.7万人
2016年(平成28年) 約4.2万人

2010年に比べ、約1万人ほど2016年度の訪問看護師数は増えていますが、日本看護協会、日本訪問看護財団、全国訪問看護事業協会が示す「訪問看護アクションプラン2025」まで10万人ほど訪問看護師が足りないことが分かっています。

 

訪問看護師の2025年問題とは?


パンダ君

数字だけ見ると、順調に増え続けているように見えるけど?


myicon

そうね、でもこの増え方じゃ、2025年までにあと10万人も増えるかどうか・・


パンダ君

そもそも、なんで2025年までにあと訪問看護師10万人も増やさなきゃいけないの?


myicon

パンダ君!まずはそこを質問してくれなくちゃ!


パンダ君

肝心なところが抜けてたー(テヘ!)


myicon

そうよ、日本の未来がかかっている話なんだから、しっかりしてよね!


パンダ君

僕の未来もだよね!了解!


myicon

じゃ!まずは「2025年問題」についてなんだけど、これは何のことか分かる?


パンダ君

そ・・・それくらい分かるよっ!


パンダ君

たぶん・・・ちょ~高齢化社会になるからでしょ?


myicon

ざっくりだな・・・(さすがパンダ・・・)


myicon

2025年には4人に1人が後期高齢者になって、超高齢化社会を迎えるから、それまでに社会保障制度に見直しをかけていかなきゃならないっていう話でしょ。


パンダ君

・・・・それが言いたかったんだよね!


myicon

(パンダ君分からなかったな・・・)


myicon

で、ここからが本題なんだけど、「訪問看護アクションプラン2025」っていうのは聞いたことないわよね?


パンダ君

訪問看護アクションプラン?まったく分からないよ・・・


myicon

簡単に言うと、2025年の訪問看護が目指すべき姿と、その達成に向けたアクションプラをまとめたもので・・・


パンダ君

目指すべきすがたねぇ・・・うんうん。


myicon

そのアクションプランを元に、2025年には15万人の訪問看護師がいなければ、在宅医療は支えられないだろうという予想が立てられているのよ。


パンダ君

なるほど!だからあと10万人以上も増やす必要があったのか!


myicon

そ!だから具体的な数字がでてるのよね。


パンダ君

全国に70万人も潜在看護師がいるんだから、その人達が復職したら簡単に解決する問題なのに。


myicon

それね、口で言うのは簡単なんだけど、実際のところはなかなか難しいのよ・・・


パンダ君

そっかー。でも、これを機に潜在看護師の人が少しでも訪問看護に興味を持ってくれるといいなぁ。


myicon

そうね!まずはそこから期待していきましょ♪


パンダ君

僕らも訪問看護師の記事を強化しないとね!


myicon

そうだね、看護師ライターの方は訪問看護の経験って結構多いからね!


パンダ君

じゃあ頑張っていこう!ちなみに、「訪問看護」はカテゴリーでまとめてあるから興味が合ったらチェックしてね。

 

「訪問看護アクションプラン2025」について

訪問看護アクションプラン2025

訪問看護アクションプラン2025」とは、日本看護協会・全国訪問看護事業協会・日本訪問看護社団法人の3団体が2025年に向けた訪問看護師の在り方とその実現に向けたプランを共同で提言しているものです。

 

4つの柱を元に構成されている

なお、このアクションプランは以下の4つの柱を元に構成されています。

  1. 訪問看護の量的拡大
  2. 訪問看護の機能拡大
  3. 訪問看護の質の向上
  4. 地域包括ケアへの対応

今回のニュースでは、主に「訪問看護の量的拡大」について触れましたが、訪問看護業界では2025年を迎えるにあたり、他にも沢山の課題があるとが分かります。

 

まとめ

年々、訪問看護師の数は増え続けてきているとは言え、本文でも伝えた通り、今後の日本社会を支えるためにはまだまだ心もとない数であるには違いありません。

どうしたら、より多くの看護師・潜在看護師が訪問看護に興味を持ってくれるのか、新卒看護師の導入も含め、併せて考えていく必要がありそうです。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師ニュース

(公開日:)(編集日::2018年04月05日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。