著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

西九州大が2018年4月に新設!訪問・在宅看護師の養成に力を入れる地域看護学部の設置

kameko
看護師スタッフkameko
西九州大が2018年4月に新設!訪問・在宅看護師の養成に力を入れる地域看護学部

2016年12月13日、永原学園西九州大学は2018年4月に佐賀県小城市で開設される地域看護学部の校舎起工式を行いました。地域看護学部は、在宅を前提とする地域包括ケアを担う人材を育成する4年制の学部です。

学校法人永原学園西九州大学公式サイトはこちら)

地域看護学科が設置されている看護系大学は多いですが、訪問・在宅看護師の養成に力を入れる地域看護学部の設置は全国でも非常に稀な取組です。同大学は2年前から地域看護学部の開設に本格的に乗り出しました。当初は実習先の確保が課題となっていましたが、県内と長崎県佐世保市で目途がつき、この度、起工式まで辿りついたのでした。

また、小城市も同学部の開設に前向きな協力姿勢を見せており、国と県と合わせて13億4400万円の補助を行う他、学部が開設される公民館跡の市有地を30年間無償貸与する方針です。

なお、学部の教員数は助教授・助手含め30名(2016年11月30日の時点で一旦募集は締め切り)、募集学生人員は90名を予定しており、今後は学生の確保が大きな課題となります。

地域看護学とは?QOLの向上に寄与する学問

地域看護学とは、地域で暮らす様々な健康レベルにある人々のQOLの向上に寄与する学問であり、以下の実践領域で構成されています。

  • 行政看護
  • 産業看護
  • 学校看護
  • 在宅看護

今回紹介させていただいた西九州大学では、地域に求められている分野として「在宅看護」に力を入れた地域看護学部を展開していきます。

 

地域包括ケアを支える「在宅看護学」

在宅看護学では、在宅で療養されている方とその家族を支える援助方法・制度について学び、また、在宅での療養を支える訪問看護に関する具体的な方法を習得します。

これまで、学生のうちから訪問看護を系統的に学べる大学はほとんどなく、新卒で訪問看護ステーションへ就職する人はごく僅かでした。しかし、地域包括ケアの充実が急務となった今、地域を支える看護師の育成に注力する大学が増加傾向にあります。

 

看護師ニュースのまとめ

今月13日、佐賀県の北九州大学は、地域包括ケアを担う人材を育成する地域看護学部の開設にあたり、校舎起工式を行いました。同学部は来年3月に文部科学省へ設置許可を申請する方針であり、2018年4月に開講する計画です。学生の定員は90名としており、編入の受入れについてはまだ情報公開されていないため、希望される方は直接同大学へお問い合わせください。

訪問看護師不足についてはどこの自治体も課題としているところであり、今回の西九州大の取組は非常に画期的なものだと言えます。そして今後の西九州大は、日本の訪問看護師育成についてリードしていく役割が求められていくのではないでしょうか。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師ニュース

(公開日:)(編集日::2018年03月28日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。