著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

訪問看護師の半数が暴力を経験!転職するには覚悟が必要

公開:、更新:2018年07月03日

訪問看護師の半数が暴力を経験ニュースをまとめ

「全国訪問看護事業協会」が2018年6月21日に発表した実態調査結果によると、現役訪問看護師の半数が身体的・精神的暴力を経験していることが判明しました。

また、身体的・精神的暴力だけではなく、「利用者からのセクハラ」も、半数の訪問看護師が経験していました。

【調査結果の概要】

  • 「精神的な暴力」は約53%
  • 「身体的な暴力」は約45%、
  • 「セクハラ」は約48%

※協会に加盟する事業者の看護師と管理者が、これまでのトラブルの有無を項目別に回答した結果。
※「訪問看護師、心身の暴力を半数が経験 セクハラも 事業者団体が初の全国調査」から引用。

近年、利用者からの暴力・暴言・セクハラの被害の報告が相次いでいることを受け、全国訪問看護事業協会は今回の大々的な実態調査を実施しました。

今回の調査結果を受け、同協会は、暴力への予防や対応策をまとめた本をまとめる方針を示しています。

【目次】を開く

1.現役訪問看護師へ「暴力」の実態をインタビュー

訪問看護へのインタビュー


スタッフ

今回のニュースを受け、当サイトでは、現役訪問看護師の方へ暴力の実態について詳しくお話しを伺いました。

お話を伺った看護師:「あおいロワイヤル」さん

看護専門学校卒業後、大学病院の集中治療室(ICU・CCU)で8年間勤務。出産・育児休暇を経て復職しましたが、夫の転勤のため退職。
その後、興味のあった在宅看護に携わりたいと考え転職し、現在は看護師が立ち上げた小規模訪問看護ステーションに在籍する現役訪問看護師2年目。

 

(Q)半数が暴力を経験していると聞いて、どう思いましたか?

特に「驚くこと」ではないですね。

むしろ、半数だけしか被害に遭っていないのだな、と思いました。

 

『実際、半数以上のスタッフが「暴力」を経験しています。』

私のいる訪問看護ステーションでは、実際、半数以上のスタッフが「暴力」を経験しています。

暴力のある患者に訪問したときは、訪問する度に大なり小なり暴力が起こるので、件数として数えれば1人の看護師がかなりの数を経験していると思います。

 

(Q)利用者から受けた「身体的」な暴力について教えてください。

認知症患者が処置を拒否して、大声をあげたり手足をバタつかせているとき、「やめろー!」と言いながら頭や顔を叩かれたり、爪を立てて掴まれて傷を作ったことがあります。

他のスタッフは腕に噛み付かれて歯型がついたこともあります。

 

「身体的な暴力は日常的にあります。」

病院では安全確保のために処置中の手足の拘束をすることがありますが、在宅療養では命に関わる重要な管などではない限り、身体拘束は行いませんし、薬を使って鎮静をすることもありません。

認知症などで病識のない患者や、理解力が乏しい患者は拒否行動が身体的な暴力になることが多いので、身体的な暴力は日常的にあります。

 

(Q)利用者から受けた「精神的」な暴力について教えてください。

「自分の息子を騙して家に乗り込んできた」「帰れ!こんな女のどこがいいんだ」など勘違いで敵視されて訪問する度に暴言を言われたことがあります。

「下手くそ」など看護師としての能力を否定することだったら自分が原因ですが、それ以前に看護師として認識して貰えず、訪問する目的や、やらなければならないケアについて理解して貰えていないこと自体が精神的に辛かったです。

 

(Q)利用者から受けた「セクハラ」について教えてください。

入浴介助のときに「裸で一緒に入ってくれないと入浴しない」と言われたり、「いいお尻をしてる」「抱かせてくれ」と言われたりすることがありました。

訪問が終わって帰るときの挨拶に握手をしたら、その手を引き寄せてキスをされそうになったこともあります。

 

「からかって反応を見て楽しんでいます。」

ほとんどは本気ではなく、からかって反応を見て楽しんでいます。

冗談の中で出てくるものですが、立派なセクハラです。

 

(Q)職場では、暴力への対策を立てていますか?

身体的な暴力に対しては、家族の協力を得たり2人体制で訪問したりして暴力を受けないよう抑制する対応策をたてています。

セクハラ発言や暴言などの言葉の暴力に対しては、自分が不愉快になったときに管理職に話をすると聞いてはくれますが、実質何も対応をしてくれません。

そのくらい聞き流せ、いちいち真面目に受け止めていたら看護師は務まらないという暗黙の心得のようなものがあります。

 

「高齢と言っても力のある男性もいる」

特にセクハラに関しては、高齢と言っても力のある男性もいるので、大きな被害を受ける前に1人で訪問せずに2人体制で訪問するなどの対策が必要になると思います。

 

(Q)訪問看護師は病院看護師よりも危険が多いと思いますか?

病院看護師よりもずっと訪問看護師の方が危険は多いと思います。

訪問看護では病院や施設などと違って、患者や家族の住む自宅へ伺って看護を行うので、患者や家族のテリトリーに入る分立場が弱くなります。

 

「助けを呼べない閉鎖的な空間というのは何かしらの「暴力」が起こりやすい。」

ほとんど1人で訪問するので助けを呼べない閉鎖的な空間というのは何かしらの「暴力」が起こりやすいと思います。

暴力を受けていても目撃者がいないですし、逃げにくい状況なので、繰り返されやすいです。

 

2.これから訪問看護へ転職したい看護師へ


スタッフ

「あおいロワイヤル」さんから伺った話を考慮すると、訪問看護の現場は今回の調査結果が語る実情よりも、深刻なのかもしれません。訪問看護への転職を検討されている方は、こうした「実態」に目を背けることなく、予めそれなりの覚悟を持っておいた方が良いのではないでしょうか。

 

自分の身は自分で守る覚悟を持っておこう

自分の身を守る看護師病院のように「逃げ場」がない訪問看護の現場では普段から、

  • 1人でケアするのが「危ない」と思ったら、家族に協力を依頼する
  • 訪問看護師と家族だけでは対応しきれないと判断した場合は、早めに管理者に相談する
  • 利用者からのセクハラや言葉の暴力などに対しては、毅然とした態度で接する

などのようにして、自分の身は自分で守る覚悟を持って、仕事に励む必要があることを覚えておきましょう。

また、以下のような書籍に目を通し、利用者からの「暴力」に日頃から備えておくのも良いでしょう。

 

ただし、過度に恐れる必要もない

ただし矛盾するようですが、どこの看護の現場でも大なり小なり「危険」は伴うわけですから、過度に恐れる必要もないでしょう。

 

面接の時に、信頼できる管理者であるか見極めよう

面接する看護師

少しでも「安全な」環境で働きたいと思うのであれば、面接の時に、その訪問看護の管理者が信頼できる人であるか、しっかりと見極めましょう。

実際に利用者から暴力を受けた時、相談してもまともに取り合ってくれなかったり、最悪の事態に備えて一緒に対策を考えてくれなかったりするような、いざという時に守ってくれないような管理者の元で働くのは危険です。

 

信頼できる訪問看護の管理者を見抜くには

信頼できる訪問看護の管理者を見抜くには、面接で以下のポイントをチェックするようにしましょう。

  • 第一印象が良い
  • 面接を受けている看護師が話しやすい雰囲気を作ってくれる
  • 面接を受けている看護師の経験や将来の展望に興味を持ってくれている
  • 目線をそらさず、しっかりと目を見て話してくれる
  • 現場で働く訪問看護師の事を良く把握している

参考文献:「面接中に良い上司を見抜く12の方法

上記の項目を満たす管理者であればスタッフ思いの管理者である可能性が高いため、暴力を経験するようなことがあっても1人で抱え込むような事態にはならないでしょう。

 

注意点!

ポイント

もし、看護師転職サイトの担当者にオススメされたり、好条件の訪問看護求人であったりしても、あなたが「この管理者は信頼できない」と思ったら、その職場への転職は避けた方が良いです。

 

3.まとめ

「全国訪問看護事業協会」の実態調査により、半数の看護師が身体的・精神的暴力を経験していることが分かりました。

実際に、現役訪問看護師の方へインタビューしてみると、現場ではもっと多くの看護師が暴力やセクハラなどの被害に遭っている可能性があることが伺えました。

同協会では今後、訪問看護師が受ける「暴力」について具体的な対策を練っていく方針ではありますが、現時点では1人1人の訪問看護師が意識して気を付けていくしかありません。

そのため、これから訪問看護師を目指す場合には、自分の身は自分で守る覚悟を持ち、いざとなった時に守ってくれるような信頼でできる管理者がいる事業所を見つけるようにするようにしましょう。

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】


関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。