著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

「第3回クリスマスロビーコンサート」開催!青森県の市民診療所で看護師らが演奏披露

kameko
看護師スタッフkameko
青森県の市民診療所で「第3回クリスマスロビーコンサート」

2016年12月9日、青森県のつがる市民病院で「第3回Xmasロビーコンサート~つながろう、地域と~」が開催されました。当日は、同市にあるデイサービスセンターの利用者30名が招待され、つがる市民診療所の看護師・検査技師・事務スタッフ・元職員の計11名がクリスマスソングなどの演奏を披露しました。

さらに、つがる市のマスコットキャラクター「つがーるちゃん」がサンタクロース姿でゲスト参加し、会場を盛り上げました。「クリスマスロビーコンサートの案内PDF」はこちら

つがーるちゃん
(つがーるちゃん自己紹介:つがるブランド推進会議・つがる市地域ブランド対策室様より)

コンサートは、市民診療所の看護師や職員で構成されたバンド「ズボンスターズ」の演奏から始まり、オープニングでは、去年つがる市合併10周年記念事業で製作された「つがる市民音頭」が披露されました。

続く歌謡コーナーでは現・元職員が吉幾三の津軽平野や石川さゆりの津軽海峡冬景色などを熱唱し、次にレディースサンタがクリスマスの代表曲「ジングルベル」「サンタが街にやってくる」「もろびとこぞりて」「赤鼻のトナカイ」を歌いました。

そして最後は「きよしこの夜」でフィナーレが飾られ、コンサートは大盛況のうちに幕を閉じました。

コンサートに参加した男性(66)からは「温かい雰囲気で楽しかった」と喜びの声が聞かれ、「ズボンスターズ」のメンバーである山谷智事務長は「(デイサービスセンターの利用者に)喜んでもらい満足のいく結果だった。今後も市民と共に歩む診療所を目指し、いろんな方を呼んでサービスしたい」と話しています。

Xmasロビーコンサート開催の背景

今年で3回目となる、つがる市民診療所主催の「Xmasロビーコンサート」は、会計や診察を待つ利用者のために同市の旧成人病センターで毎年行われていた職員手作りコンサートを引き継いだものです。

今年のロビーコンサートは、地域の方々とさらに交流を深めていくためにテーマを「つながろう、地域と」とし、初めて同市のデイサービスセンターの利用者を招いたのでした。

 

看護師ニュースのまとめ

今月9日、青森県のつがる市民診療所で、職員による「Xmasロビーコンサート」が開催されました。コンサートでは、看護師らで結成されたバンドメンバーによる演奏や歌が披露され、同市のマスコットキャラクターもゲスト参加し、会場を盛り上げました。

病院や施設などで、このように職員によるコンサートが行われるケースは珍しくありません。もちろん、こうしたコンサートは利用者や患者さんのために行われているものなのですが、特技を披露できる職員としても、同じくらい楽しい時間が過ごせているのではないでしょうか。

ブラック病院を口コミ

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師ニュース


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年10月05日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。