著作者

ゆりか

現役看護師

ゆりか

( 看護師 )

NICU(新生児特定集中治療室)の経験が活かせる看護師の転職先とは

ゆりか
現役看護師 ゆりか
NICUの経験を活かして働く看護師

NICUは、特殊な診療科であるためNICUの看護師は転職しにくいと言われますが、NICUで勤めた貴重な経験を活かせる職場があるはずです。

以下、NICUの経験が活かせる看護師の転職先について紹介していきます。

1.NICUの経験が役立つ診療科や施設

小児科でNICU経験を活かす看護師

NICU経験のある看護師は、「早産」「低体重」「病気を抱えて生まれてきた赤ちゃん」等の看護経験をすぐに活かし、比較的ギャップが少なく働くことができる乳幼児や産前の看護に転身する人が最も多いです。

それでは、NICU経験が役立つ診療科や施設について詳しく見ていきましょう。

 

小児科でNICU経験を活かす

0歳や1歳過ぎの乳児へのケアは、概ねNICUで習得しているため、家族への接し方もNICUでの「赤ちゃんや両親との関わりにおける経験」が活かせるでしょう。

他にも、小児科での「点滴や検査等を子どもが怖がらずに受けられるような工夫」「小さな子どもへの優しい語り掛け」等は、NICUでの勤務時の経験が役立ちます。

 

補足説明!

ポイント

NICUのある病院は小児科も診療していることがほとんどであるため、院内で患者の申し送り等で行き来することがよくあり、同じ病院内での異動もよく見受けられます。

 

産科でNICU経験を活かす

産科は、院内の異動で小児科に次いで多く見られ、助産師資格を持っていなくても施設によっては看護師でも産科で勤務することができます。

NICU経験のある看護師は、「早産」「低体重」「心疾患」「染色体異常」等を抱えて生まれてきた赤ちゃんの看護を経験しているため、妊婦である患者や出産後の患者へ赤ちゃんの状態をイメージした具体的な声掛けや配慮ができるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

赤ちゃんの状態把握や身の回りの世話もひと通りできるようになっているNICU経験のある看護師は、ベビー室を担当しても困らないでしょう。

 

乳児院でNICU経験を活かす

NICU経験のある看護師は、乳児院で「赤ちゃんの身の回りの世話」「日常を安心して過ごせる工夫」等、NICUで行ってきたことを取り入れながら働くことができるでしょう。

 

赤ちゃんのための社会福祉について学ぶことができる

主に1歳未満の乳児が過ごす乳児院では、赤ちゃんへのケアや愛着形成についてのフォロー等、これまでのNICU看護や学んだことが重宝され、育ち行く赤ちゃんのための社会福祉について学ぶことができます。

 

保育園でNICU経験を活かす

保育園には、0歳からの乳児がいるため「乳児への関わり方」「健康チェック」においてNICUでの経験が基となります。

バイタルサインのチェックにおいても正常と異常の見極めを行い、病気が流行する時期は特に集団生活を送る子ども達の体調をいち早く見分けることができるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

保育園では、NICUでの勤務に比べてゆったりと1人1人の子どもに向き合うことができ、「赤ちゃんだった小さな子が大きくなって卒園していく」成長の過程を見ることができるところはメリットと言えます。

 

2.看護の幅を広げる成人の診療科

成人のICUで働くNICU経験のある看護師

NICUで一般的な成人看護技術の習得の機会は、なかなかありませんが思い切って挑戦して自分自身の看護の幅を広げることもできます。

最近では、看護師を対象とした復職セミナーを実施している施設もあるため、NICU以外の職場で働くのが心配である場合は受講してみるのも1つの手段です。

以下では、転職後に比較的戸惑いの少ない診療科をご紹介します。

 

成人のICUで働く

「モニタリング」「チューブ管理」「医療機器の取り扱いにおける注意点」等は、成人であってもNICUとほぼ同様です。

そのため、成人よりも状態の変動をきたしやすい小さな赤ちゃんの集中看護をしてきたことは、成人のICUの患者に対しても、より低侵襲のケアを提供することができるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

成人のICUでは、NICUで培った小さな変化も見逃さない細やかな観察眼を発揮することができます。

 

呼吸器内科で働く

NICUでは、ほとんどの赤ちゃんが呼吸器や補助の機械を用いて呼吸管理を受けており、その経験が成人の呼吸器内科でも応用されるため、成人の呼吸器内科でもNICUでの看護経験が役立ちます。

 

注射や点滴は焦らず習得できる

呼吸器内科では、注射や点滴を行う機会もありますが急性期の職場や外来の内科処置室等即戦力を必要とする職場に比べると、先輩に教わりながらゆっくりと習得していくことができるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

命の始まりの喜びや弱さをNICUで看てきたため、終末期の患者に対しても、命の尊厳を大切にする意識は継続して活きてくるでしょう。

 

3.まとめ

NICUの看護師は、細やかな気配りや観察眼、集中ケアと家族支援を行ってきた経験を持っているため、

  • 小児科
  • 産科
  • 乳児院
  • 保育園

等で経験を活かすことができるでしょう。

また、逆に成人看護にチャレンジして看護の幅を広げることも良いでしょう。

転職は、初めは誰でも不安を抱きますが、すぐに慣れなくても徐々に知識や技術が身に付いて、これまでの経験が随所で活かされるでしょう。

転職を考えているNICU経験のある看護は是非参考にしてみて下さい。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

実習先の総合病院のNICUで1年間、地元の総合病院でNICUや内科病棟で9年間勤務しました。そのうちの2年間は、夜勤や教育等も担いながら、育児との両立でした。EPA(日・印経済連携協定)に基づくインドネシアからの看護師の実地教育も担当しました。旅と本が大好きです。
かつて、インドのマザー・テレサの施設「死を待つ人の家」でボランティアを経験したこともあります。現在は育児に専念していますが、子どもが大きくなって来て、「また看護の仕事がしたい。」と思い、復職を考えています。
色々な思いや経験を、皆さんと共有させて頂けたらと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ゆりか
(公開日:)(編集日::2017年08月03日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。