鳴り響くアラーム音・・・夜勤が辛いと思った看護師の対処法

夜勤 辛い 看護師 対処法

看護師の夜勤は、私は辛いと思います。

色々な辛さはありますが、とにかく長時間病棟にいることって辛いですよね。

ずっと、鳴り響くアラーム音、ナースコール、緊急入院等の電話など・・・・。

鳴り響くアラーム音 ナースコールは辛い

私は看護師として夜勤を終え、帰宅しても耳に残るほどでした。

そして夜勤が辛いと思う看護師は多く、皆様だけではありません。

現役看護師、元看護師を対象に当サイトで「看護師が大変なことって何ですか?アンケート調査」では、夜勤が辛いことを看護師たちは一番に上げています。

看護師が大変なことアンケート結果
夜勤(不規則な生活)37.8%
職場の人間関係18.9%
医療ミスをしないこと10.8%
委員会の仕事10.8%
新人看護師の指導8.1%
医師への対応6.2%
お局看護師の対応5.2%
患者への対応2.2%

どれも看護師であれば共感できる大変さや辛さではないでしょうか。

そして、もし今夜勤が辛くてどうしようか悩まれている場合は、以下のような方法で対処することを推奨します。

 

対処法1「夜勤が辛いと自分が思う原因を探すこと」

夜勤が辛いと自分が思う原因を探すこと

夜勤は、勤務人数も少なくその分受け持つ患者の数は多いので、辛くて当たり前です。

しかし、辛いと思う原因を探し、それを1つ1つ解決していくことで夜勤を乗り越えていけるようになります。

 

対処法2「夜勤を頑張った分自分にご褒美を上げること」

看護師のご褒美

夜勤をすれば病院側が「夜勤手当」という名の手当もつけてくれているので、頑張った分だけ自分へご褒美もあげてモチベーションをあげることも大切です。

 

対処法3「夜勤の日の生活スタイルを模索すること」

夜勤の日の生活スタイル

自分が1番過ごしやすいと感じる、夜勤の日の生活スタイルを自身で試行錯誤しながら作ってみる努力も必要です。

 

対処法4「体調管理には特に気を付けること」

体調をみている看護師

人の寝ている時間に、働くことは心身ともにとても負担がかかります。

そのため自分の体調管理はしっかり行い異常があれば早めに責任者や話しやすい相手に相談をし、心身のバランスを崩さないようにしましょう。

 

対処法5「自分に適した職場を探してみること」

nikkinnnomidehatarakukangosi

日勤のみの案件もたくさんあるかと思うので、どうしても夜勤が辛くなったら自分に適した職場を探すことも良いでしょう。

実際に、私は子どもを産んで育休明け時、子育てと両立しながら夜勤は出来ないと思い夜勤のない外来へ志願しました。

なお、転職して日勤のみの看護師の求人情報を探す場合は「看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング」で看護師専用の転職サイトを活用してみてください。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

対処法1:夜勤が辛いと自分が思う原因を探すこと

夜勤の仕事が辛い看護師

そもそもなぜあなたは夜勤が辛いと思うのでしょうか。

ただ漠然と「夜勤が辛いんだよなぁ」と思ってうなだれるよりは、いっそのこと辛い原因を明確にした方が改善策も見えて前に進めます。

例えば私の場合、夜勤が辛いと思う最大の原因は

  • 「急変や緊急入院があったらどうしよう」と夜勤に入るたびに緊張すること
  • 暇な夜勤は睡魔と闘わなければならないこと

の2つでした。

そして、以下のように対処することが乗り越えてきました。
 

夜勤が辛い原因1:夜勤に入るたびに緊張すること

特に若手の看護師は、夜勤に入るたびに緊張して仕方がないのではないでしょうか。

私も、新人看護師時代は緊張しすぎて夜勤前はろくに寝られませんでした。
 

ベテラン看護師をしっかり頼りましょう

夜勤は必ずリーダークラスのベテラン看護師と中堅、経験年数浅めなどちょうどよい力になるようにシフトを組んでいるはずです。

ですから若手看護師はベテラン看護師に思いっきり頼ればいいのです。

下手に1人で抱え込もうとしてしまうから、余計に夜勤への緊張感が高まってしまうのです。

 

夜勤こそ、わからないことを自分だけで解決しようとしない

夜勤は受け持ち人数も多く、忙しいので質問もしにくいです。しかし、わからないことを自分だけで解決しようとすると、特に夜勤はインシデント・アクシデントにつながりかねません。

わからないことは、その都度確認をして納得してから自分の行動をする。

そんなことを繰り返すうちに夜勤への過度な緊張感はなくなってくるはずです。
 

夜勤が辛い原因2:暇な夜勤は睡魔と戦わなければならないこと

忙しい夜勤は肉体的に辛いですが、あっという間に時間が過ぎていきます。

逆に、特に何も起こっていないいわゆる「今日、落ち着いているね」という夜勤は、時間が長くて眠くなってしまい睡魔と戦わなければならないので、それはそれで辛いものです。

 

勤務時間外にやるような仕事に手を付けてみる

私は、この落ち着いている夜勤のときに

  • 係の仕事
  • プライマリーの看護計画の見直し
  • サマリーの作成

などをしていました。

せっかく病棟にいるのにボーとしているのも、もったいないのと思っていたのと、勤務時間外にそれらをどうしてもやりたくなかったのです。
 

暇な夜勤は考え方次第で有意義な時間になりえる

プライマリーの情報をパソコンで開いてじっくり見直してみることや、たまたま当直医がそのプライマリーの担当医のときには、チャンスとばかり、いろいろ医師からも病状や治療方針を聞くことで、暇な夜勤は考え方によってはものすごく有意義な時間になります。

 

対処法2:夜勤を頑張った分自分にご褒美をあげること

夜勤明けの看護師のご褒美

鳴り止まないナースコールの対応、まさかの急変対応、落ち着かない不穏患者への対応などで「激務の夜」を過した日には、必ず自分にご褒美をあげてください。
 

(1)共に夜勤を戦ったメンバーと昼から飲む

お酒が好きな看護師であれば、頑張った夜勤の「明け」の日は、共に夜勤を乗り越えた戦友のスタッフと昼から飲んじゃいましょう。

そこで「昨日はすごかったね!」なんて、お互いたたえ合うことで、疲れは一気に吹き飛んでしまいます。

ただし、酔った勢いで、患者の個人情報を大声で言ってしまうようなことは絶対に避けてくださいね。

 

(2)マッサージに行って熟睡する

頑張って動きまわった夜勤明けの日は、首も肩も腰もパンパンですから、私はよく「マッサージ」にも行っていました。

夜勤明けですから、マッサージで気持ちよくなると、当然のように熟睡してしまいます。

「マッサージで熟睡」なんて、最高の贅沢ですよね。

でも、夜勤を頑張った日にはこれくらいの贅沢なご褒美をあげていいはずです。

 

(3)明けの3連休で旅行の予定を入れる

私は年に何回か、明けの3連休を取得し、3日間でいける海外(韓国や香港)や、国内旅行をしていました。

美味しいものや綺麗な景色、温泉など思いっきり楽しめることを自分へご褒美にすると「まだまだ頑張ろう」と思えました。

 

対処法3:夜勤の日の生活スタイルを模索すること

夜勤のある生活の過ごし方を模索する看護師

「夜勤の仕事」というよりも「夜勤のある生活」自体が辛いと感じている看護師もいるでしょう。

そういった場合には、夜勤の日の自分なりの生活スタイルを模索しましょう。

私は、以下のような工夫をして、夜勤がある生活を乗り越えていました。
 

(1)明けの日はなるべく予定を入れる

「明けの日は、帰宅後すぐ眠り、起きると夕方。その晩は眠れない。また、次の日日中寝てしまう」なんていうのは、よくある話です。

私は、夜勤がある生活でも睡眠サイクルがなるべく崩れないように、明けの日はなるべく予定を入れて、友達とご飯を食べに行くことや、出かけるようにしていました。
 

仮眠程度のお昼寝はした後に出かけましょう

とはいっても、明けの日の眠気。我慢できませんよね。

仮眠程度のお昼寝はして、夜ご飯の約束をして必ず昼過ぎには起きると良いでしょう。

 

(2)夜勤ギリギリまで寝られるよう家族に協力してもらう

一人暮らしの頃は夜勤ギリギリまで、ベッドで過ごし出勤していましたが、結婚後主人が起きると自分も目が冷めてしまい、夜勤中、睡魔に襲われることが多々ありました。

そこで私は、夜勤の日は主人が出勤するときも「起こさない・話しかけない・カーテン開けない」を実行してもらいました。

 

思わず別の効果もありました!

上記のルールを主人に徹底してもらうことで、夫は「自分のことは自分でやる」の習慣もつき、未だに朝は自分の身支度は私を頼らずに出勤していきます。

対処法4:体調管理には特に気を付けること

休日の女性看護師

若い頃は、夜勤がある生活でも無茶できたかもしれませんが、アラサーとなれば体力の低下を実感するはず。

「なんだか体力的に夜勤が辛くなってきた」と思ったら、日々の体調管理を見直しましょう。

 

(1)予定を入れ過ぎない

休日に予定を入れ過ぎると、なかなか疲れがとれず、看護師の仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます。

私が以前一緒に働いていた同僚に、夜勤をこなしながら「副業」もしていた看護師がいるのですが、無理がたたって倒れてしまい、周囲が大迷惑したことがありました。

「休日」を充実させるのはとても大切なことだと思いますが、たまには「何の予定もない日」を作って、心身共に自分を休ませてあげましょう。

 

(2)お菓子ばかり食べずにきちんと食事する

看護師って、食事をおざなりにしてお菓子ばかり食べてしまう人が多いです。

そうやってストレスを解消しているフシもあるのですが、そんな食生活では免疫力が低下して、夜勤がある生活は年齢と共に乗り越えていけなくなってしまいます。

看護師にこんなことを言うのもなんですが、お菓子ばかり食べてないで、きちんと食事をして健康な身体を維持してください。

 

注意点!

ポイント

「最近、風邪を引きやすいな」なんて思った時は、食生活を見直すチャンスです。

「1日1個、ヨーグルトを食べる!」でもいいので、出来るところから食生活を改善し、体調管理に目を向けていってください。

 

対処法5:自分に適した職場を探してみること

師長に相談する看護師

「夜勤が辛い!」と思った時、誰しも「転職」の2文字が頭をよぎるでしょう。

もし、以下のような問題が出ているのであれば、自分に適した他の職場を探すのも、選択肢の1つです。

  • 睡眠障害や体調不良などで心身の状態が良好に保てない
  • 家事・育児と夜勤のある生活の両立が難しくなってきた

ありがたいことに、看護師には、働ける職場が沢山あります。

ですから、夜勤によって心身共にボロボロになってしまう前に、以下のような行動をとっていくようにしましょう。

 

まずは師長に相談してみる

転職するのは時間も労力もかかりますから、まずは師長に相談して

  • 外来へ異動できないか
  • 日勤常勤の勤務形態に変更できないか

打診してみましょう。

タイミングが良ければ、すんなり上記のような希望を受け入れてくれるようなこともあります。
 

日勤のみで働ける職場への転職

夜勤が辛い看護師の対処法の最終手段は、日勤のみで働ける職場への転職です。

そして、どうせ転職するのであれば、この際、色んな職場を見てみて「ここなら楽しく働けそう!」というところを見つけましょう。

もし、日勤のみで働ける職場のイメージがつかないようであれば、「看護師の仕事が楽な職場6選!夜勤に疲れた看護師必見です」の記事も参考にしてみてください。
 

まとめ

2交替・3交替によっても夜勤の勤務時間帯が異なるため、辛いと感じる感じ方も変わってくるかと思います。

私は、良くも悪くも2交替しか経験したことがないので、夜勤というと夕方から病棟に入り、翌朝9時に勤務終了という長時間勤務のイメージが強いです。

そのためこでお話させていただいたのは2交替の夜勤のお話になりますが、「辛い夜勤」を乗り越えるための秘訣を何か1つでも見つけていただければ嬉しいです。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。