著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師が内定の保留と採用辞退 をする時のポイント

kameko
看護師スタッフkameko

転職活動をしていると、あまり良くない病院や施設の噂を耳にすることもあると思います。それが内定が出る前なら、簡単にお断りすることもできるのですが、内定がすでに出てしまっていると、どうしていいのかわからないという看護師もいるでしょう。ここでは、内定を保留にしたり、内定辞退する際の方法や注意点をご紹介します。

1.そもそも内定の保留・内定の辞退ってどういうこと?

看護師内定の保留・取消

看護師でも他の職業でも、転職活動をしていて内定がもらえるのは、とても嬉しいものです。しかし、時にはその内定を辞退せざるをえない時もあるでしょう。ここでは、どんな理由で内定を保留したり、辞退するケースがあるのかを見ていきたいと思います。

 

内定の保留とは

同時並行して面接を受けた病院があり、どちらか一方が第一志望ということもあります。内定はほしいけど、できれば第一志望の職場に就職したいというのが本音ですよね。

内定の保留とは、複数の病院の採用面接を受けていた場合、第一志望の病院の内定結果が出るまで、すでに内定を出している病院に「待った」を要求することです。

 

印象を悪くさせないためにも迅速な対応を心がけること

基本的には、内定を貰ったら、こちらからその内定を承諾することになりますが、その承諾を出すまでに「時間がほしい」と申し出ることになります。内定が出たのに、返事を出さないのは、採用側の病院にも迷惑なもの。できるだけ早く返事をするのが、一般的なマナーです。

 

内定の辞退とは

内定を辞退するのは、内定を貰ったのに、「働くことができません」と採用を断ることです。複数の病院の面接を受けていて、同時に内定をもらった場合には、どれかひとつの病院に入職を決めることになります。

また、内定を辞退する場合は、自分の意志とは関係なく、現職の職場から引き止めにあうなど、外的要因で事態をしなければいけないケースも多くあるようです。

 

内定承諾後に断るのは出来るだけ避けること

看護学校での就職活動を例に出すと、新卒採用で内定が出た場合、内定承諾後に断ることは、学校の評判を下げ、その後の後輩たちの就職活動にも影響を及ぼすと言われています。

 

ポイント!

ポイント

内定承諾後の事態を避けるためにも、内定を保留するという申し出をすることは、とても意味があります。

 

2.看護師がトラブルなく、内定を保留や辞退する方法

看護師内定保留取し方法

転職活動をしていると、どうしても色んな病院に魅力を感じて、選べないという人も多いものです。

内定を貰ったからといって、必ず就職しなければいけないわけではありませんし、「内定を断れないから…」という理由で、内定を承諾してしまうと、後に後悔する可能性もあります。そのため、基本的にはじっくりと考えて返事をしていいものです。

それでは、どうしたらトラブルなく、内定保留や内定辞退をできるのか、ご紹介していきます。

 

看護師が内定を保留する方法と注意点

採用の最終面接を終えて、しばらくすると内定の結果を知らされます。これは、直接病院に採用面接を申しこめば病院から、転職エージェントが仲介していれば、転職エージェントから連絡が来ることがほとんどです。無事、内定が告げられたら、基本的には内定を受け入れるかどうか、返事をします。

内定を保留できるのは、他の病院を平行して受けている場合や、内定を通知されて、以降に提示された雇用条件に、不審な点や不満があった場合は、内定を保留できるのが通例です。

 

内定保留の猶予は病院によって違う

基本的には、待ってもらえても10日以内に返事をするのがマナーとされており、病院によっては、数日しか猶予が与えられない場合もあります。

 

内定保留の本当の理由はオブラートに

場合によっては、内定保留の理由を尋ねられることがありますが、「検討したい部分がいくつかあるので」などと返事をしましょう。第一志望が別にあることなどは、決して口にしないよう、気をつけてください。

 

ポイント!

ポイント

できれば「◯日後までに返事をします」と、期限も伝えたほうがいいでしょう。もちろん、保留を認めてもらったら、感謝の言葉を忘れずに伝えましょう。

 

看護師が内定を辞退する方法と注意点

内定の結果を受け取ったら、なるべく早くに辞退を申し出るのが大切です。あとあと辞退を告げると、相手の病院はその間、採用活動ができない場合もあり、そうなると、病院側にとっては大きなロスを被ることになります。

内定辞退のお知らせは電話が訪問で

また、直接採用面接に応募したなら、内定辞退はメールなどではなく、電話でお断りをするのがマナーです。必ずしも訪問して断る必要はありません。しかし、もし、間に紹介者がいるような場合、必要性があるのであれば直接訪問するようにしましょう。

 

内定辞退の理由を尋ねられたら・・・

内定を辞退する際は、理由を尋ねられる場合があります。その際、理由は、ありのままに応える必要はありません。「募集時の労働条件と相違があった」などの理由は、採用側の落ち度を指摘することになりますので、出来る限り、当たり障りなく、相手を刺激しないような言葉を選ぶことが必要です。

 

ポイント!

ポイント

自分から内定辞退の理由を言う必要はありません。

「勝手をして申し訳ありませんが、この度は辞退させていただければと思います。貴重なお時間を割いてしまい、大変申し訳ありませんでした」などの言葉で、相手のはからいに十分に感謝をするようにしてください。

 

3.内定承諾後の辞退がやむをえない時の注意点

看護師内定承諾後の取消

通常、内定を承諾したら、さっそく契約に入ります。就業規則や契約条件を提示され、それにサインをして提出することで、いよいよ働けることになります。

 

募集要項の記載と契約内容が違う?!

しその際、募集要項に記載されていた条件と違う契約内容になっていることがあります。この場合は「契約条件が著しく違う」という理由で、内定承諾後にもお断りを入れることができます。

現在の職場に不満があり、さらによい労働条件で働きたいと考えている人がほとんどでしょうから、契約内容に大きな違いがあるのは、ある意味採用側のルール違反です。あまり角の立つ言い方は避けたほうがいいですが、契約内容が違う点をさり気なく伝え、内定後でも辞退をするようにしましょう。

 

引き止めにあい、現在の職場に留まる時は・・・

中には、現職での引き止めにあい、内定を辞退する人もいるでしょう。ただ、この時、本当に現在の職場にいた方がいいのかはきちんと考える必要があります。引き止める際に、「昇給させる」「役職を与える」といった甘い言葉をかけられる時もありますが、それが本当に実現するかどうかはまた別の話であることをお忘れなく。

4.転職のトラブルを防ぐには転職サイトの活用を!

看護師転職トラブル

転職活動をするナースの中には、自身で求人案内を見て、面接に応募する人も多いかもしれません。しかし、実際にこの内定保留や内定辞退のやり取りをするのは、精神的にもとても負担が大きいものです。そんな時は、転職サイトに登録し、仲介して貰うのが一番です。

転職サイトのコンサルタントに第一志望の病院を伝えておけば、複数の病院から内定をもらった際にも、保留の調整などはコンサルタントが行ってくれます。辞退をする際にも、気を使った電話連絡をする必要はほぼないと言っていいでしょう。

転職サイトについての詳細は優良な転職サイトを見つけるのに比較すべき4つのポイント看護師転職サイトを選ぶときに失敗しないための5つのポイントをご確認ください。

まとめ

転職はただでさえ気を使い、ストレスも多いものです。その上に、内定の保留や辞退等について対処する必要が出てくると更に神経を消耗してしまいます。その際は、自分1人で抱えこまずに上記に書いてあることを参考にし、転職経験のある先輩や転職サイトのコンサルタントにも積極的相談するようにしていきましょう。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師転職に必要な知識


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

1件の返信

  1. […] 「看護師が内定の保留と採用辞退 をする時のポイント」を確認の上、丁寧に対応しましょう。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。