著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師でICU勤務に向いていないのはこんな人!

kameko
看護師スタッフkameko
看護師でICU勤務に向いていないのはこんな人!

病院の中でも容態の悪い患者が入ることが多いICU(集中治療室)。昏睡状態の患者や、容態が急変する可能性のある患者などが入院し、治療を受けます。特殊な環境での仕事になるため、やはり、働く看護師にも向き不向きがあるようです。ここでは、ICUに向いていない看護師のタイプをご紹介します。

 

1.素早く判断ができない看護師はICUに向いていない

ICU看護師素早く判断できない

ICUの病棟には、救急救命センターなどから移送されたり、未だ昏睡状態で今後の容態の見込みが立たない患者などが入院していることが多いです。いつ、容態が変化するかもわからず、24時間体調の変化を観察する必要があります。

容態が急変すれば、すぐに処置を行わなければいけませんが、一分一秒と争うケースも多いです。その中で看護師は、正しい判断をし、必要な処置を的確に行う必要がでてきます。看護技術が優れていることも重要ですが、緊迫した状況では、たくさんの知識と経験が必要です。

 

プレッシャーに負けるようでは・・・

患者の容態が急変したにもかかわらず、知識不足や経験不足などで、素早く判断ができないようでは、ICUの看護師は務まりません。緊迫した状態でパニックに陥ってしまう看護師では、患者を救えない可能性も出てきます。例えベテランの看護師でも、プレッシャーのかかる状況で的確に働けない方は、ICUには向いていないと言っていいでしょう。

 

的確な判断をするためには観察力が必要

ICUには、昏睡状態で口の利けない患者も多いです。また、昏睡状態でなくても、容態が急変し、急に苦しみだすなど、患者自身が自分の状況を伝えられないこともたくさんあります。意識がなくなってしまうこともある中で、ICUの看護師は、患者の状態を察知する観察力が必要になるでしょう。

 

2.ストレスに弱い看護師はICUに向いていない

ICU看護師ストレス

ICUは、容態がいつ急変してもおかしくない患者が多く入院しています。そのため、一般病棟などと比べると、人の死に出くわすことも多く、精神的な負担になることも多いでしょう。

もし、精神的なストレスに弱いと感じているのなら、ICUで看護師として勤務することはとても酷なことだといえます。看護師の使命感に燃えてICUでの勤務を希望する人もいるかもしれませんが、一度冷静に考えて、ICUで働くことでもたらされる精神的ストレスを、具体的にイメージしてみましょう。
 

3.コミュニケーション能力が低い看護師はICUに向いていない

ICU看護師コミュニケーション

昏睡状態の患者が多かったり、患者の家族が病室に入れないなど、特殊な病棟環境であるICU。一般病棟と比べて、患者や見舞客などの対応が少ないと思われがちですが、人とのコミュニケーションが全くないわけではありません。
 

急変時には他のスタッフとの連携が必須

患者の容態が急変すれば、他の看護師や医師などと連携して、処置をいます。医師や他のスタッフたちと連携するには、必ずコミュニケーションが必要です。

日々の容態について報告したり、的確に、手短に、相手に状況を伝えることが重要になり、それが上手くいかなければ、人の命を左右する可能性もあります。

 

ポイント!

ポイント

看護師の中には、人と接することが少ないからICUを希望するという人もいますが、必ずしもコミュニケーションが必要ないわけではないと把握しておきましょう。

 

ICUの看護師は家族ケアも重要な役割

集中治療室に入る患者の容態は、とても不安定です。そのため、患者家族も不安を感じていることが多く、たくさんのストレスを感じています。その家族たちに、病状を説明することは、とても苦労が多いです。不安な気持ちを取り除きながら、詳細に説明するケースもあるでしょう。

容態が回復する見込みがあればいいのですが、大抵は容態がどうなるのか、先行きが不透明です。そのような希望の薄い説明を家族にするのは、想像するだけでも胸が締めつけられます。

 

ポイント!

ポイント

ICUの看護師として、看護業務を行うだけであればいいのですが、こういった家族への対応も任される可能性があることを、事前にきちんと知っておくことが大切です。

 

4.経験の浅い看護師は、ICUですぐに活躍できない可能性も

ICU看護師経験

転職などをきっかけに、ICUでの勤務を希望する看護師も多いかもしれません。そこでまず知っておいてほしいのは、ICUに入る患者は、交通事故などの外傷が重いために入院している患者や、心筋梗塞などの急な大病のために入院している患者、とにかく様々な症状を抱えているということです。
 

幅広い分野での経験があれば即戦力にもなりえる

そのような環境のICUで的確に働くには、多くの診療科で働いた経験が活かされることがあります。転職や異動などをきっかけに、複数の診療科を経験していれば、ICUでもその広い知識が役立つことでしょう。
 

経験の浅い看護師はそれ相応の努力が必要

逆に、看護師としての勤務経験が短い看護師や、看護師経験は長いものの、経験したことのある診療科が少ない場合は、ICUでの仕事は務まらない可能性もあります。あらゆる病状の患者に臨機応変に対応するには、とにかく多くの知識と経験が必要になります。

 

まとめ

ここまで、ICUに向いていない看護師の条件などを見てきました。まとめると、以下のような条件になります。

・判断の遅い人
・的確に判断できる知識や経験がない人
・洞察力や観察力がない人
・人が亡くなることへのストレスに弱い人
・コミュニケーション力がない人
・協調性がなく、他のスタッフと連携を測れない人
・看護師経験が少ない人

見てみると、看護師としての基本的なスキルが充分に備わっていて、それに加えて、知識や経験が豊富であることが、ICUの看護師には求められているかもしれません。患者さんの状況を察知する能力も必要になりますので、他者への細やかな配慮ができることも、ICUの看護師として働くには大切になるかもしれませんね。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師の勤務形態別転職

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年06月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。